5KPlayer >AirPlay > アイホン8不具合&デメリットまとめ

【機種変更】iPhone8の辛口レビュー|本音のメリット・デメリット

2017年は、初代iPhoneが発売されてから、10周年となっている。10周年の記念モデルとして、iPhone8の発売がすごく注目されている。「iPhone8」は、2014年のiPhone6以来のデザインやスペック刷新が予測されていることもあり、発売を待ち望んでいるユーザーが数多くいる。しかも、そのデザイン刷新される「iPhone8」の発売後、iPhoneのアクティブユーザー数が現在の8億台から、2019年には10億台を突破する、と予想されている。
上記から見れば、iPhone8への機種変更するユーザーが決して少なくないと予想できる。けれども、全てがそんなに完璧ではない。iPhone歴史上で最大の更新であるiPhone8にも不具合とか、バグなどが一切ないとは言えない。ということで、本文では一応ネットでのiPhone8最新情報によって、iPhone8不具合とか、iPhone8バグとか、iPhone8評判などについて予想する。最新情報が入ってから、すぐ更新する。iPhone8への機種変更しようと思っているユーザーにご参考ください。


乞食速報:
iOS11新機能/変更点・iOS11 iOS10違いについてまとめ

WinX/MacX MediaTransーー「iPhone8」機種変更に備えろ!

スマートフォンを最新機種、例えば「iPhone8」に変更する時に、連絡先、メッセージ、写真、アプリなどデータの移行をしなければならないよね。購入したばかりのiPhone8はきっとスムーズに操作できる。しかし、使っているうちに、iPhone8不具合がよく発生する。例えば、はどんどん遅くなったり、不要なデータまたはキャッシュが日々積んだりして、使いにくくなっている。そこでiPhone8を快適に使うため、定期的にメンテナンスする必要がある。というわけで、WinX/MacX MediaTransがきっと役に立つ。
iPhone8に保存した写真、ビデオ、音楽をパソコンに転送したり、削除したりして、バッテリーを長持ちさせる可能!とにかく、起こられるiPhone8バグを気楽的に解決できる〜!

iPhone8評判
5kplayerダウンロードwin版 5kplayerダウンロードmac版

ハードウェアによるアイホン8不具合:技術の制限か機体スペースの制限か


iPhone8不具合

iPhone8不具合その1:OLEDディスプレイによる誤動作

今のところのリーク情報をまとめると、iPhone 8は3モデル展開でその内の1モデルが湾曲OLEDディスプレイを搭載するとのこと。さらに興味深いのは新型iPhoneは新しいセンサーテクノロジーにより端末のどちらからでもタッチも反応するとのこと。
つまり、ディスプレイ自体はフロントパネルのみだが、端末裏面にもタッチセンサーを搭載。これにより、バックパネルをタッチすることでも何らかの操作が行えるということだと思われる。ただ、現段階でアップルがiPhone 8にこの両面センサーを採用するかは未定とのことだ。確かに端末を持っている方の手でバックパネルから操作を行えればかなり便利な部分もあるとは思うが、誤動作などはしないのでしょうか。
しかも、有機ELディスプレイの加工や製造が困難なのでコストが高いので、大量生産も困難になる。だからこそ実用化から長い年月を経ても一部の携帯機器などで細々と使われる状況となっている。

アイホン8不具合

iPhone8不具合その3:充電スピードが遅くなるかもしれない

iPhone8はワイヤレス充電に対応するのではないかという情報もある。すでにApple Watchがワイヤレス充電を製品化していることを考えると、いずれiPhoneにもLightningコネクタ経由の充電ではなく、ワイヤレスで充電ができるようになっても不思議ではありませんよね。
ただ、充電スピードが遅くなってしまわないかなどの問題点もあるのでどうなるでしょうか。

ソフトウェアによるアイホン8不具合:バックアップできない

機種変更する前に、まず使っているiPhoneのデータをバックアップする必要がある。大きく分けて、二つの方法がある。1つはiCloudの利用、もう1つはiTunesの利用だ。前者は、Wi-Fi環境が必須でiCloudの容量次第ではすべてをバックアップすることはできない。後者は、PCやMacに接続してバックアップを取るのでPC側の空き容量次第になる。どの方法にしても、注意事項が分からなければ、iPhone8不具合が発生する可能性が大きい。そこで、次の部分によって、iPhone8へ機種変更、失敗しないバックアップ方法を紹介する。ぜひ参考して見てください。


iPhone8デメリット

iPhone8バグその1◆ iCloudを使ってバックアップできない

iOSのアップデートや新しいiPhoneへの機種変更の場合、iCloudを使ってデータをアックアップするのが、自動的に実行してくれ、バックアップデータをインターネット上(iCloud上)に保存してくれる、無料で使用できるので、そういう方法を選ぶ方が多いよね。けれども、何か不具合が発生して、iCloudでバックアップできない場合もある。

分析して見れば、原因は以下のいくつかがある:
・iCloudの容量オーバー
・原因不明のエラーによるもの

iPhone8バグ解決方法>>


関連記事:iPhone8で、容量不足などの原因で、iCloudバックアップできない/失敗する時の対処法


iPhone8デメリット

iPhone8バグその2◆ iPhone8とiTunesが同期できない

iCloudでどうしてもバックアップできない場合、操作が少し複雑だが、iCloudの代わりに、iTunesでバックアップするのを選ぶユーザーが決して少なくない。しかし、iTunesとてパソコンで動作してるプログラムだ。プログラムであるかぎり、何らかの問題でトラブルが発生することもある。そのために、iPhoneとiTunesが同期できない状況もよく発生する。
分析して見れば、iPhone8とiTunesが同期できない原因は:
・USBポート、USBケーブルなどのハードに問題
・iPhone本体に問題 ★★
・iTunesのソフトウェアに問題
・操作方法に問題

iTunes iPhone8同期できない・認識しない解決方法>>


iTunesとiCloudの2つの方法には、以下のいくつかの欠点がある。ご注意ください。
1、iTunesとiCloudのどちらも、iPhone 6/6s/7/7 Plus全体のデータをバックアップするしかない。データを個別に選択&プレビューすることはできない。
2、iTunes、iCloudを使って、iPhone 6/6s/7/7 Plusにデータを移行すると、iPhone 6/6s/7/7 Plus上に既存のデータが上書きされる。
3、iCloudとiTunesは、重要な一部のデータだけをバックアップ&移行する。
4、iCloudの容量は、5GBまで無料で保存するので、容量不足になりやすい。
5、操作が複雑で、時間と手間がかかる。


iPhone8データバックアップ

簡単・安全的な古いiPhoneデータをバックアップする方法

ほかのデータ移行ツールと比べて、WinX/MacX MediaTransは
1、超便利ーー直接古いiPhoneから機種変更の新しいiPhone8にデータを移行することができる;
2、安全性ーー既存のデータを失うことなく、データを個別にプレビューしたり、選択したり、移行したりすることができる;
3、多種類ーー電話帳、写真、音楽、プレイリスト、ビデオ、アプリ、メモ、ブックマーク、ブックとカレンダーなどすべてのデータを移行できる;
4、最自由ーーiPhone、iPadとiPodの間、iOSデバイスとパソコンの間、さらにiOSデバイスとiTunesの間に、データを自由に移行する。

ホーム | 会社概要 | お問い合わせ | ニュース | プライバシーポリシー | サイトマップ

Copyright © 2017 DearMob, Inc. All Rights Reserved.
All other products or name brands are trademarks of their respective holders. All logos, trademarks and images relating to other companies that may be contained wherein are applied in the Internet that are not used for commercial use. DearMob's software is not developed by or affiliated with such companies.

機種変更前に必ずデータバックアップ〜WinX/MacX MediaTrans

X