ホーム ブログ iOS12/11 バッテリー減り早い対処法

iPhone XS/XR/X/8バッテリー節約

【解決】iPhone XS/XR/X/8、iOS12/11 バッテリー減りが早い/異常消費などのバグ不具合障害の対処法:22個

iPhoneを使っていると、朝は充電が100%だったのに、夕方には20%・・なんてことがないか?電池が一日持たない、あるいは電池の減り早いと感じている人が多いのではないでしょうか?最新のiPhone XS/XR/X/8にしても、ありえることだ。
電池の持ちが悪くなったら、外出すると、すごく不便だ。外出先などでも充電できるように、充電ケーブルや外部バッテリーを持っておくのが手段の一つだが、万が一忘れたら、困っている。また、iPhone XS/XR/X/8バッテリー交換して改善できるが、iPhone 7の状況によれば、購入1年以内、またはiPhone向け保証サービス「AppleCare+ for iPhone」の保証期間内なら無償で、それ以外は通常9400円(税別)がかかる。しかし、バッテリーの交換は複雑で時間がかかるので、したくない方も多いでしょう。できれば、もっと簡単な方法があったら、よかった。
また、最近iOS12にアップデートしたユーザーによって、Twitter上だけでも国内外を問わずおびただしい数のiOS12アプデ後のiOS12 電池異常消費報告があがっている。一体どういうことだろうか?
そこで、本記事ではiOS12 バッテリー減り早い・激しい、及びiPhone XS/XR/X/8バッテリー消費異常などの問題に対して、原因と対処法をお届けする。実は、バッテリーの交換がしなくても、iOS12デバイスやiPhone XS/XR/X/8の設定や使い方を見直すことで、iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ちさせる可能性がある。ぜひ下記の部分で紹介する22個のiOS12デバイスをバッテリー持ち時間増やすための方法を最後まで目を通してください。

合わせて読む :iOS12アップデートによる不具合の原因と対処法

iPhone XS/XR/X/8バッテリー持ち時間増やすため、欠かせないツール

よく分析して見れば、iOS12 電池異常消費や、iPhone XS/XR/X/8バッテリー消費異常、あるいは減り早いなどの不具合が様々な原因がある。どの対策にしても、どの状況にしても、事前にデータのバックアップが大事だ。


iPhone X/8バッテリーを長持ち

DearMob iPhoneマネージャーおすすめ

デバイスを長く使うと、反応速度の遅いだけでなく、様々な原因で、例えば、iPhoneの容量とか、電池の使用率の高いアプリを利用するとか、バッテリーの減りも早くなってしまった。万が一、日常生活でのiPhoneデータのバックアップが非常に重要だ。
ここで、iPhone内のほぼ全てのデータのバックアップに対応できる一新のソフト「DearMob iPhoneマネージャー」おすすめする。写真や音楽、ビデオ、メッセージ、連絡先、アプリ、アプリ内のデータなど全部対応する。しかも、欲しいデータだけをバックアップするか、丸ごとバックアップするか自由に選択できる。非常に便利だ。

Part1、iOS12にアプデして、iOS12 バッテリー減り早い・異常消費の原因は?

iPhone X/8バッテリーを長持ち

9月19日に、iOS12が正式的に配信されていて、一刻早くiOS12の新機能を体験したいと思って、すぐiOS12にアップデートしたユーザーが決して少なくない。
が、報告された不具合が多すぎて、その数多くの不具合の中に、「iOS12 電池の減り早い」という報告が次から次へと出てきて、ネットでの声も上がっている。
Yahoo知恵袋より:
ーiOS12にアプデしてからバッテリーの減りが早くなりました。考えられる原因はなに?
ーiOS12にしてからバッテリーの減りが異様に早いです。治せる方法がありますか?
ーiOS12アップデートしたところ、電池の減りがぐっと早くなりました。
Twitterより:
ーiOS12にアップデートしたら、明るさ勝手に調節されて、バッテリーの減りが早い。
ーiOS12にしてからの変化。バッテリーの消費が加速、2時間web繋ぐと20%切る。
ーiOS 11バッテリーの減りが異常だ!5時間何もしてないのに35%減った。

モバイルセキュリティ企業Wanderaが計50,000人のユーザーを対象として行われた調査結果によると、iOS12ではiOS10の約2倍のスピードでバッテリーが減少していることが分かりった。また、、iOS10ではバッテリー残量が100%から0%になるまでの時間が平均して240分だったのに対し、iOS12は96分に過ぎなかったそうだ。Wandoraは「原因の一部としてSpotlight検索の再インデックス化や、その他のデータ組み換えが行われている」との見解を示している。 また、Twitterのツイートをみて分析したところでは、iOS10からiOS12への大型アップデートなので、内部キャッシュの最適化が行われていて、大量にCPUでバッテリーが使われているのではないかという声があった。 もしも、iOS10.2以前のiOSからのアップデートですと、ファイルシステムがAPSFへ変更となるので、そこでも処理が行われていると思われる。 これらのことから対策としては、そのまましばらく我慢して落ち着くのを待つという解決方法しかなさそうだ。内部処理が終われば異常なバッテリー消費は収まるでしょう。

iOS12 電池異常消費だとしても、対処法があるので、ご安心ください。そこで、次はiOS12デバイス、iPhone XS/XR/X/8バッテリー節約小技をまとめてご紹介する。

Part2、iPhone XS/XR/X/8バッテリー節約裏技@〜効率的な充電方法

iPhoneのバッテリーはリチウムイオンバッテリーを使っている。リチウムイオンバッテリーは継ぎ足し充電するために適しているバッテリーだ。

◆やってはいけない充電方法:
・充電して満タンになったまま端末を放置;
・バッテリーを使い切ったまま端末を放置;
・充電が満タン近くでもこまめに充電;
⇒ かなりの長時間放置をするときは端末の電源をオフにしておきましょう。
電源オフにするのはちょっと・・・という方は、満充電のまま放置することを控えるよう意識してみてください。

◆充電するタイミング:
おすすめのタイミングは残り20%〜90%の充電をキープする方法だ。月に1度は充電100%から0%になるまで使い切ってから満充電すると良い。
iPhoneのバッテリーを制御しているチップをリフレッシュすることが出来る。

そこで、次はiPhone XS/XR/X/8バッテリー節約するため、22の設定方法まとめて紹介する。もしiPhone XS/XR/X/8バッテリー減り早いことが発生したら、ぜひそれらの方法を試してみてください。

Part 2、iPhone XS/XR/X/8バッテリー節約裏技A〜iPhone XS/XR/X/8節電のための設定

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定1:一部分のデータをパソコンにバックアップ

iPhone XS/XR/X/8には、大量のデータが保存されていて、例えば、ビデオ、音楽、写真、電子書籍、アプリなど。それらのファイルデータを開く、あるいはアプリ更新する場合、データをダウンロードすることで、iPhone XS/XR/X/8のバッテリーを消費する。
というわけで、iPhone XS/XR/X/8節電のために、まず一応あまり使わないデータをバックアップしよう。個人的には、「DearMob iPhoneマネージャー」というデータバックアップするには最高のソフトおすすめする。ワンクリックほどの手軽さで、データをバックアップして、管理できる。 ダウンロードして使って見てください。完全フリーだから!!

iPhoneマネージャーiPhoneマネージャー

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定2:最新のソフトウェアにアップデートする


Appleのソフトウェアアップデートには先進的な節電技術が含まれていることが多いので、あなたのデバイスが最新バージョンのiOSを搭載していることを常に確認してください。

iPhone XS/XR/X/8節電操作手順:
iOS 5以降を使っている場合は、「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」と選択すると、アップデートが必要かどうかを確認できる;
アップデートが利用できる場合は、デバイスを電源につないでワイヤレスでアップデートするか、コンピュータに接続し、最新バージョンのiTunesを使ってアップデートする。

関連記事:iPhone/iPadのiOSソフトウェアをアップデートする方法

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定3:iCloudの同期項目を減らす


iCloudによる同期でバッテリーを消耗するので、iPhone XS/XR/X/8バッテリー減り早い可能性がある。そういう場合、iCloudの同期の項目を減らして、必要な項目以外はオフにすることをおすすめする。
オフにして、iPhone XS/XR/X/8節電するには、以下のように行ってください:
1、iPhone/iPad/iPod touchのホーム画面で「設定」を開く;
2、「iCloud」をタップする;
3、同期必要のない項目をオフにすると、iCloudはそれを同期しなくなる。すると、iPhone XS/XR/X/8バッテリー節約ができる。

関連記事:iCloudの写真をパソコンに保存する方法 >>

iPhone X/8バッテリーを長持ち

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定4:バッテリー残量をパーセンテージで表示する


iPhoneの画面右上には、バッテリー残量を示すアイコンが表示されている。残量が20%を切ると赤色で表示されるが、バッテリーの状況を正確に知るには少し表示がアバウトだ。

基本的なことだが、まずはバッテリー残量を数値できちんと把握するところから始めてみましょう。

「設定」アプリからバッテリーを開く。バッテリー残量(%)を有効にすると、バッテリー残量を示すアイコンの左に残量がパーセンテージで表示される。
もちろんこれだけではバッテリーの節約にならないが、残量を数値で正確に把握できるので、バッテリー消費への意識付けにつながる。

iPhone X/8バッテリーを長持ち

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定5:アプリ別にバッテリーの使用状況を表示する


「設定」アプリからバッテリーと進んで画面を下へスクロールすると、「バッテリーの使用状況」を確認することができる。

バッテリーを使用しているアプリの一覧で使用率の大きなものから表示されるので、特にバッテリーを減らしているアプリを簡単に突き止めることが可能だ。

24時間以内と7日以内のタブがあり、タップで切り替えできる。リストの上位にあるアプリが、普段もっともよく起動しているアプリだ。また、右側にある時計アイコンをタップすると、画面上またはバックグラウンドで稼働していた時間も表示される。
これを見て、「iPhone XS/XR/X/8バッテリー減り早いのは、ゲームばかりしているせい」といった分析に役立てることができる。

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定6:アプリのバックグラウンド更新をオフにする


上記の「バッテリーの使用状況」に表示されているアプリの中には、「バックグラウンド処理」と表示されているものがある。

普段あまり起動してもいないのにバッテリーの使用率が高いアプリは、ほとんどがこのバックグラウンド処理が理由だ。バックグラウンド処理は、データ通信が利用可能な時に自動でコンテンツを更新する機能。ログを記録するアプリなどバックグラウンド更新が不可欠なものもあるが、使用頻度の低いアプリは自動更新をオフにしても構わない。

iPhone XS/XR/X/8バッテリー駆動時間を延長する設定:
「設定」アプリを起動する ⇒ 「一般」をタップ>「Appのバックグラウンド更新」をタップ ⇒ 「Appのバックグラウンド更新」のアプリの一覧の中から、使用回数の少ないアプリをタップしてオフにする。

iPhone X/8バッテリー減り早い

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定7:メールのプッシュ通知を無効にする


上述の「バッテリーの使用状況」の画面で「メール」アプリに「バックグラウンド処理」と表示されている場合、メールのプッシュ機能を無効にしてメールを手動で受け取るようにするのも一つの手だ。

iPhone XS/XR/X/8バッテリー駆動時間を延長する設定:
「設定」アプリからメール(連絡先/カレンダー)→アカウント→データの取得方法と開く。プッシュをオフにし、フェッチは15分ごと30分ごと1時間ごとまたは手動で選択し、メールの取得頻度を設定する。

ざっくり言うと、プッシュとは常に(メールが届いているか)サーバーに問い合わせ、ほぼリアルタイムで(新着メールなどを)受け取る仕組み。またフェッチとは、一定間隔または手動にてサーバーに問い合わせることだ。

複数のアカウントがある場合、重要なものだけプッシュ通知で受け取り、あとはフェッチにするといった設定も可能だ。

iPhone X/8バッテリー減り早い

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定8:画面の明るさを調整する


ディスプレイ画面の明るさは、iPhone XS/XR/X/8バッテリーにかなり影響する。ストレスにならない程度に明るさを落としておきましょう。「明るさの自動調節」をオフにすればさらに節電効果がある。

iPhone XS/XR/X/8バッテリー持ち時間増やす操作手順は:
@、ホーム画面から「設定」を起動し、「画面表示と明るさ」をタップする;
A、画面表示と明るさの画面では、バーをスライドして明るさを調節できる。明るさの自動調節はオン(緑)からオフ(白)にしましょう。

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定9:「低電力モード」を有効にする


iOS 9から新しく追加された低電力モードを使うと、iPhoneのバッテリー残量が少なくなってきた時に、簡単にiPhone XS/XR/X/8バッテリー駆動時間を延長することができる。バッテリー残量が20%になった時と、さらに10%まで下がった時に、iPhoneがあなたにお知らせし、ワンタップで低電力モードに切り替えられるようにする。もしくは「設定」 > 「バッテリー」の順に選択して低電力モードを有効にすることもできる。

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定10:Live壁紙、ダイナミック壁紙を使用しない


iPhoneのホーム画面やロック画面では、iPhone標準の壁紙のほか、自分の好きな画像に設定することができるが、Live壁紙やダイナミック壁紙は、通常の静止画の壁紙よりもiPhone XS/XR/X/8バッテリー減り早いのだ。

iPhone XS/XR/X/8バッテリー駆動時間を延長するには、ホーム画面から「設定」を起動し、「壁紙」をタップ ⇒  「壁紙を選択」をタップし、カメラロールの静止画の画像、またはAPPLE WALLPAPERの静止画の壁紙を選択する。

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定11:Wi-FiやBluetoothをオフにする


Wi-Fiは、実は使ってないときでも、オンにしているだけで勝手に無線LANを探して接続しようとする。使わないときはこまめにオフにすることがiPhone XS/XR/X/8節電につながる。またBluetooth機能をオンにしていると、使用していない間もバッテリーを消費している。こちらも使わない時はオフにしましょう。

Wi-Fi:
ホーム画面から「設定」を起動し、「Wi-Fi」をタップする。オン(緑)になっているのをタップし、オフ(白)にしましょう 画面下部から上にスワイプして呼び出す「コントロールセンター」でも、オン/オフの切り替えが可能だ。

Bluetooth:
ホーム画面から「設定」を起動し、「Bluetooth」をタップする。こちらもオン(緑)になっているのをタップして、オフ(白)にしましょう 画面下部から上にスワイプして呼び出す「コントロールセンター」でも、オン/オフの切り替えが可能だ。

iPhone X/8バッテリー持ち時間増やす

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定12:位置情報サービスを無効にする


位置情報サービスは、カーナビ代わりにマップを使う際などに便利な「GPS」機能のことだ。これも、オンにしていると使ってない間でも位置情報を常に取得しているので、多くの電力を消費する。
地図で現在地を確認する程度なら消費電力が大きく増えることはないが、使わないときはオフにしましょう。

iPhone XS/XR/X/8バッテリー持ち時間増やす設定:
「設定」 > 「プライバシー」 > 「位置情報サービス」をオフにする。
ただしアプリによっては、位置情報サービスをオンにしていないと正常に機能しない場合がある。

iPhone X/8バッテリー駆動時間を延長

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定13:不要な通知を無効にする


今では、ほとんどのアプリが通知機能を利用する。不要な通知を無効にすることにより、ロック画面が表示される回数を減らし、iPhone XS/XR/X/8バッテリー節約できる。

iPhone XS/XR/X/8バッテリー駆動時間を延長するための通知の設定は、「設定」アプリから通知で行う。アプリごとに通知のオンオフやスタイル、ロック画面に表示するしないなどの設定ができる。
通知が不要なアプリは、「通知を許可」をオフにしましょう。

メールやメッセージなどでバッジだけ表示したい時は、「ロック画面に表示」をオフにしたり、通知バナーやダイアログを「なし」にするといった具合に、通知の機能を個別にオン/オフすることも可能だ。

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定14:電波の弱い場所では機内モードを活用する


機内モードを有効にすると、iPhone XS/XR/X/8バッテリー駆動時間を延長することができる。

特に圏外や電波の弱い/不安定な場所にいると、iPhoneがより強い信号を探すため、バッテリーを消耗してしまう。このような時はコントロールセンターを開き、機内モードをオンにするのが有効でしょう。

とはいえ、機内モード中は電話やネットワークなど電波を利用する機能がすべて使えなくなる。連絡を待っている時などは注意が必要だ。

iPhone X/8バッテリー節約

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定15:自動ダウンロードを無効にする


「自動ダウンロード」がオンになっていると、アプリのアップデートやダウンロードが自動でおこなわれる。便利な機能だが、外出時にiPhone XS/XR/X/8バッテリー減り早いことを防ぎたいなら、更新は「手動」でおこなうといいでしょう。

方法は「設定」アプリからiTunes & App Storeを開いて、自動ダウンロードの項目をオフにする。またモバイルデータ通信をオフにし、Wi-Fi接続時のみ自動ダウンロードをおこなうことも可能だ。

ただし、iTunes Matchを利用している場合は、データ通信を利用したストリーミング再生ができなくなるため、あらかじめ楽曲をダウンロードしておく必要がある。

同じ画面の「おすすめAPP」は現在地に関連するアプリをロック画面などに表示する機能だが、必要なければ自分のAppとApp Storeともに無効にしておくといいでしょう。

iPhone X/8節電

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定16:自動ロックまでの時間を短く設定する


iPhoneを操作しないと一定時間経過後、ディスプレイが自動的に消灯するが、この時間を短くすることでバッテリー消耗を節約できる。ディスプレイの点灯時間を抑えることができるからだ。

iPhone XS/XR/X/8バッテリー駆動時間を延長する方法は「設定」アプリから画面表示と明るさ→自動ロックと進む。自動ロックまでの時間を「30秒」や「1分」など、なるべく短めの時間に設定しておくことをおすすめする。

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定17:SiriやSpotlight検索をオフにする


iPhoneのパーソナルアシスタント機能である「Siri」や、ホーム画面を下にスワイプして呼び出して様々な情報を検索できる「Spotlight検索」ですが、バックグラウンドなどで処理をおこなっているためバッテリーを消耗する。普段から利用していなければ、設定をオフすることで節約できる。

Siriは「設定」アプリからSiriと進んで、Siriのスイッチをオフにすることで無効化できる。

またSpotlight検索は、「設定」アプリから一般→Spotlight検索と進んで、Siriの検索候補の項目をオフにする。さらに下部の検索しなくてもいい項目も外しておきましょう。

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定18:視差効果を減らす


アイコンを押すとアイコンが飛び出てアプリ画面に移動するような視差効果があるが、これをオフにすることによってiPhone XS/XR/X/8節電することが出来る。さらに、視差効果をオフにすると、動作もより速くなる。
iPhone XS/XR/X/8バッテリー持ち時間増やすための操作手順:
1、iOSデバイスで、「設定」アプリを起動する;
2、「一般」 > 「アクセシビリティ」の順にタップする;
3、「視覚効果を減らす」を「オン」にする。

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定19:着信時の設定を見直す


メールや電話などの着信時に、ライトがついたりバイブレーションが振動する設定にしていると、その分電池を消費する。不要なものはオフにしてしまいましょう。
iPhone XS/XR/X/8バッテリー持ち時間増やすための操作手順:
ホーム画面から「設定」を起動し、「サウンド」をタップする。バイブレーションをオン(緑)からオフ(白)にする。

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定20:診断/使用状況データを送らない


自動送信する設定にしていると、定期的にアップルに診断/使用状況データが送られる。その分やはり電池が消費されるので、不要であればオフにしましょう。
iPhone XS/XR/X/8バッテリー持ち時間増やすための操作手順:
1、ホーム画面から「設定」を起動し、「プライバシー」をタップする。下にスクロールして「診断/使用状況」をタップする;
2、そして「送信しない」をタップしてチェックマークを入れましょう。

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定21:フェイスダウン検知機能を活用する


iOS 9以降を搭載したiPhone 5s以降のiPhoneでは、机などに置く際に画面を下向きにしておくだけでバッテリー消費を抑えることのできる「フェイスダウン検知(Facedown detection)」機能が搭載されている。
iPhoneの画面を下向きにして置いておくと、それを画面の上に配置されているセンサーが感知して、通知が来ても画面をオンにしない機能だ。通知が頻繁に届く人なら、その度に画面をオンにせずに済むのでそれなりの省電力効果を期待できる。

iPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ち設定22:モバイルバッテリーを利用する


Appleは2015年12月、iPhone 6s用のバッテリー内蔵ケース「iPhone 6s Smart Battery Case」を同社オンラインショップで発売た。価格は1万1800円(税別)で、iPhone 6やiPhone 7とも互換性がある。

カラーバリエーションはチャコールグレーとホワイトの2色。通話は最大25時間、LTEによるインターネット利用は最大18時間、ビデオ再生は最大20時間に延長されるとしている。バッテリー節約とは異なるが、外付けバッテリーを持っていることの安心感は大きいでしょう。

iPhone X/8バッテリー持ち時間増やす

最後

もし以上の方法でiPhone XS/XR/X/8バッテリー消費異常状態が改善できないなら、しばらく放置するのをおすすめする。新しいiOS 11にアップデートされたら、お使いのiPhoneが新しいシステムを慣れるまで、少し時間がかかる場合はある。その過程に、一時的にiPhoneのバッテリーの消費が激しくなるかもしれない。


いかがでしょうか?以上はiOS 11を搭載したデバイス、iPhone XS/XR/X/8バッテリー消費異常の場合、電池を節約し、駆動時間を延長させる対策だ。どのぐらい覚えていたのか?お使いのiPhone/iPad/iPod touchおよび最新のiPhone XS/XR/X/8バッテリー減り早い不具合があったら、、以上で紹介するiPhone XS/XR/X/8バッテリーを長持ちさせる方法をご試してくださいね!

iPhoneマネージャーiPhoneマネージャー

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

お役立ち情報

DearMob iPhoneマネージャー

iPhoneバックアップ機能が最高!音楽・連絡先・アプリなどをとことん管理できるプロのマネージャー

 

 

2018新型iPhone特集

新型iPhone XS/ XS Mac/ XRのスペック、価格、機種変の手順及びデータ移行方法を一気にわかる。

iPhone音楽マネージャー

無料でiPhone、iPad、iPodのiOS端末とPC/Macの間に音楽が高速に管理・転送!

 

 

iPhone/iPadの最新情報・人気記事

  1. 1

    Apple 2018新製品まとめ:新型iPhone XS/XS Max/XR/iOS12など

  2. 2

    2018年のiPhone XR 最新情報:新機能・発売日・デザイン・価格・色など

  3. 3

    iOS 12新機能・対応機種・ベータ版・リリース日・変更点などをまとめ

  4. 4

    どっち買うべきか?2018新型iPhoneの比較:スペック・デザイン・価格など!

  5. 5

    【機種変更】旧iPhoneからiPhone XS/XRにデータを移行・引き継ぎする方法

iPhoneデータバックアップするには〜iPhoneマネージャー

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー