5KPlayer >AirPlay > iOS11新機能・リリース日・変更点などの情報まとめ

iOS11新機能/変更点・iOS11 iOS10違いについてまとめ

Appleは2017年6月5日に開催した開発者会議(WWDC 17)で、今年秋にリリース予定のiOS11を発表した。さまざまな新機能が盛り込まれ、特にiPad向けの機能改善も多く含まれていたが、iOS11ではApp Storeも一新される。マルチタスク機能やドラッグ&ドロップ機能のほか、新ファイルアプリ「Files」の追加などが予定されている。
また、Appleは米国時間9月12日、AppleはSteve Jobs Theater(スティーブ・ジョブス・シアター)で新製品発表会を開催した。同社モバイルOSの次期メジャーアップデートである「iOS 11」を9月19日にリリースすると発表した。Appleは6月に開催した開発者会議「WWDC 2017」でiOS 11を発表し、その後ベータ版を公開して改良を続けてきた。これがいよいよ一般に公開されることになる。
なので、今年の大型メジャーアップデートiOS11新機能は一体どうなるのでしょうか。「iOS10からiOS11変更点はなにか」「iOS11リリース日はいつ?」「iOS11対応機種は?または、iOS11 iOS10違いは大きいか?」・・・・・・
Appleの大ファンにとって、きっとiOS11について、疑問に満ちている。というわけで、本文ではiOS11最新情報を全て網羅して、皆さんにお届けしたいと思っている。とにかく、iOS11最新情報が入り次第で、更新するから。ぜひ引き続き注目してくださいね。

INDEX:
● iOS11新機能一覧
● iOS11対応機種
● iOS11いつリリース
● iOS11アップデート
● iOS11 iOS10違い


人気記事:iOS11にアップデートすべきか?iOS11アップデート仕方・注意事項・不具合と対処法まとめ

安心・安全なiOS11アップデートフリー対策ソフトー「DearMob iPhoneマネージャー」

iOS 11にアップデート中にトラブルがあって、更にアップデートが失敗してしまったら、iOSデバイス上のデータがなくなった可能性が高い。従って、iOS 11にアップデートする前に、お使いのiPhone/iPad/iPod touchをバックアップするのが非常に重要だ。iOSデバイスをバックアップするには、フリーソフトの「DearMob iPhoneマネージャー」はおススメする。わずかの3歩で、データのバックアップができて、iTunesより使いやすい。

iOS11最新情報
5kplayerダウンロードwin版5kplayerダウンロードmac版

◆ iOS11最新情報その1#:iOS11新機能一覧


iOS11は既存のiPhoneとiPadにとってのメジャーアップデートであるとともに、デザインが刷新されたiPhone Xに初期搭載されるOSとして注目されている。
今秋一般向けにもリリースされるiOS 11では、大きく12種の新機能が発表された。コントロールセンターがカスタマイズ可能になったほか、ロックスクリーンが通知センターと統合され、一部の主要アプリのアイコンのデザインが変わるなど、デザイン面でさまざまな変更が加えられている上に、運転に集中するための運転中モード、iMessage経由でのユーザー間送金といった新機能も追加されている。またLive Photosの新しい編集オプション、Apple Musicで友人をフォローするソーシャル機能、マップでの屋内マッピング、Notesの手書き認識や文書スキャンなどの機能も導入されている。そこで、次はiOS11新機能について詳しく解説する。

          

Apple、iOS11では32ビットアプリが動作対象外と宣言

iOS10から、32ビットアプリを起動する際に警告が表示されるようになったほか、インストールされている32ビットアプリを確認できる機能が提供されていた。ということで、 Appleは、WWDC 17のセッション「Platforms State of the Union」において、iOS11では完全に64ビット環境となり、32ビットアプリがサポート対象外であることを発表した。また、macOS High SierraがMac向けの32ビットアプリをサポートする最後のOSであることも発表されている。Macでは、macOS High Sierraが32ビットアプリをサポートする最後のOSになり、2018年1月には新規アプリ申請が、2018年6月にはアップデートも含めて、32ビットアプリはサポートされなくなる。

関連記事:【iOS 11】iPhoneをiOS 11にアップデート方法ご紹介:iOS11 アップデートエラーを回避

iOS11最新情報

iOS11新機能1、コントロールセンター画面が一新

iOS11最新情報によると、Appleが開発者向けに開催したWWDC 2017の中で発表された次期iOSの「iOS 11」には、多数の新機能が盛り込まれている。中でも大きく変化したのが画面を下から上にスワイプすると表示される「コントロールセンター」で、これまでよりも多くの機能を管理できるようになっており、アプリのショートカットを配置することも可能だ。
iOS 11の進化したコントロールセンターでは、ユーザーは自由に配置するボタンをカスタム可能で、オプションで合計18個のショートカットを追加できる。コントロールセンターに配置するアイテムを追加したり削除したりするのは、iOSの「設定」から行う。

iOS11最新情報

iOS11新機能3、新しい「Files」アプリ

新しいアプリケーションはiPadにあるファイルだけでなく、iCloud Driveの中、Dropboxなどに保存しているファイルを一つのところにまとめられる。これらのファイルをチェックしたり、整理したり、管理したりすることが簡単にできる。ファイルの中で、画像やファイルの内容をプレビューしたり、複数ファイルをまとめて移動したりすることができる。また、ファイルタップを数秒間押したら、ファイルの詳しい情報が表示される。

iOS11新機能

iOS11新機能5、screen recording(画面録画)

「iOS 11」には画面収録機能「Screen Recording(スクリーンレコーディング)」が用意されている。これまではiPhoneをコンピューターに接続し、「QuickTime Player」を利用してiPhone/iPadのスクリーンキャスト(キャプチャ動画)を撮影するしかなかったが、「iOS 11」以降は数タップで自分の端末の画面内を他人に共有することができる。機能の利用も非常に簡単。

関連記事:iOS 11画面録画機能の設定方法、及び画面録画できない場合の対処法


iOS11新機能6、運転スマホ防ぐ「おやすみモード」
iPhoneに、運転に集中するための「おやすみモード」が搭載。車を運転している可能性を感知して、電話やメール、アプリなどの着信を隠す機能だ。「よく使う項目」に登録されている連絡先には、目的地に到着するまで応答できないと伝えるメッセージを自動返信も可能だ。

iOS11新機能7、片手でもタイピングしやすいキーボード
iPhoneに「QuickTypeキーボード」が登場。絵文字キーを押し、片手入力を選べば、キーボードが親指側に寄って、より入力しやすくなるというものだ。ちなみにこの機能、「片方の手にソイラテを、もう一方の手にiPhoneを持っている時」という、いかにもアップルらしいシチュエーションで説明されている。

iOS11新機能8、AR(拡張現実)
iOS 11にアップデートしたらすぐ使えるってものじゃないが、拡張現実(AR)関連のアプリやツールの開発を支援する新しいプラットフォームのだ。これはiPhoneやiPadのカメラとセンサ、ジャイロスコープといったハードウェアを総動員して、ポケモンGOライクなAR体験を実現するためのツール。つまり、今後、iOS端末ユーザはもっと面白いAR機能を楽しめるようになる。

iOS11新機能9、マルチタスキング
iOS 11では、iPad向けののマルチタスキング新機能がもっとパワフルになる。2つ目のアプリをドックから直接に開くことができる。二つのアプリをSlide OverとSplit Viewで実行する。また、アプリケーションの間でドラッグ&ドロップが使えるようになる。iPadの画面上で、フォト、テキスト、URL等なんでもドラッグしてドロップできるようになる。しかも、複数のアイテムを同時にドラッグし&ドロップすることができます。この変更点はiPadの大きなMulti-Touchディスプレイのために設定される。

iOS11新機能10、App Storeが大きく変わる!
iOS11ではApp Storeの構成が刷新され、タブ構成も変わる。毎日の新着アプリがチェックできる「Today」、ゲームアプリを集めた「Games」、そのほかのアプリを集めた「Apps」となり、「Updates」「Search」と続く。この中に、最も人気のあるカテゴリ「Game」が独立したタブになる。新しいデザインでは、新着アプリやアップデート、ゲームだけのトップチャート、ピックアップされたコレクションなどが掲載される。無料および有料のランキングは、トップ3がピックアップして表示され、すべてを見るでそれぞれのランキングを確認できる。

関連記事:【対処法あり】iOS11不具合情報まとめ:Wi-Fi&バッテリー&メール&動作遅い&アプリ

◆ iOS11最新情報その2#:iOS11対応機種


iOS11対応機種

iOS10の対応機種を参考して見れば(iPhoneはiPhone 4s、iPadはiPad 第3世代&iPad? mini、iPodはiPod touch第5世代が非対応、それ以外の機種は全て対応している)、iOS11対応機種は以下のようになっている。
iPhoneモデル:iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE, iPhone 7, iPhone 7 Plus
iPadモデル:12.9インチiPad Pro (第2世代),12.9インチiPad Pro (第1世代),10.5インチiPad Pro,9.7インチiPad Pro,iPad Air 2,iPad Air,iPad(第5世代),iPad mini 4,iPad mini 3,iPad mini 2
iPodモデル:iPod touch第6世代



そのため、正式的にiOS11がリリースされてから、iOS11へアップデートする前に、まず事前にお使いのデバイスがiOS11対応機種かどうか、確認して見てください。非対応端末なら、iOS11へアップデートできないので、注意してください。

iOS11アップデート

iOS 11アップデート前に、必ずiOSデバイスのデータをバックアップする!

iOS 11にアップデート中にトラブルがあって、更にアップデートが失敗してしまったら、iOSデバイス上のデータがなくなった可能性が高い。従って、iOS 11にアップデートする前に、お使いのiPhone/iPad/iPod touchをバックアップするのが非常に重要だ!
iOSデバイスデータをバックアップするために、DearMob iPhoneマネージャーというフリーソフトおすすめ!わずかの3歩で、バックアップできる。

iOS11変更点

iOS11変更点1、ホームスクリーン

一見、変化に気付きにくいが、iOS11(左)では、画面左上の電波強度マークが変更され、右上のバッテリーアイコンに縁取りがついている。 また、ドックに入ったフォルダには名称が表示されていない。そして、わずかにフォントが太くなり、背景が白っぽい色でも文字が読みやすくなっている。

iPhoneマネージャー

DearMob iPhoneマネージャー

「iTunesを使った管理が意外と面倒くさい」という人に最適なツール!写真転送・音楽動画管理・バックアップなどを簡単に!

  • 超高速でPCとiOS上のの写真/メディア/個人情報等を転送
  • iTunesなしで超簡単にデータを完全バックアップ・復元

詳しくはこちら

iTunesなしでiPhoneデータバックアップ・転送

DearMob iPhoneマネージャーでiPhone&iPadのデータ:連絡先、メッセージ、カレンダー、ブックマーク、ボイスメモなどをバックアップ・転送する方法を詳しく紹介する。

iTunes代替ソフトでメディアデータを転送・管理

DearMob iPhoneマネージャーを活かしてiPhoneメディア(音楽・動画・電子書籍など)をインポート・エクスポートすることができる。

【機種変】iTunes/iCloudを使わずにデータ移行

DearMob iPhoneマネージャーを利用すれば、簡単操作で古いiPhoneから最新のiPhone X/8へデータを移行することができる。

フォローする

ホーム | 会社概要 | お問い合わせ | ニュース | プライバシーポリシー | ユーザー規約 | サイトマップ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc. All rights reserved.
Apple、Appleのロゴ、AirPlay®、 Apple TV®、Mac®、iPhone®、iPad®及びiTunes®などはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。

最高なバックアップフリーソフト〜iPhoneマネージャー