×
ホーム ブログ iPhone重い

iPhone X/8

【iOS12/iOS11 重い】iPhone XS/XR/X/8を含め、iOS 11/12端末軽くする13の対処方法

質問:
ーiOS11にしてから、スマホが少し重いです。軽くする方法などがあればおしえてください。
ーiOS11にしたらヤフー全体が重いですが俺だけですか?

iOS10などからiOS11へアップデートした後、上記のような、使っているiOS11端末の動作が重くて遅くなったと感じたことはあるか?
iOS11はiOS10より、超大作が行えると見込まれて、iOS10からアップグレードして使いたいと思うユーザーが決して少なくない。最新のiPhone X/8であれば全く問題ないはずだが、それ以前のiPhoneやiPadだと機種によってはiOS11にしたことで動作が重くなるケースが考えられる。そのため、それらのiOS 11端末軽くする必要がある。
また、新モデルのiPhone X/8を購入して、日々使っている中で、そのiPhone X/8動作遅い、重くなって困っているということもきっとあるだろう。
そこで今回はiOS11にアップグレードしていた端末、及び日々使っているiPhone X/8重い・遅いと感じたときの対処法、iPhone X/8軽くする方法を紹介する。今すぐ確認して見ましょう〜
※ちなみに:iOS11対応機種は以下の通りだ。
iPhoneモデル:iPhone 5, iPhone 5c, iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE, iPhone 7, iPhone 7 Plus
iPadモデル:iPad 4, iPad Air 1, iPad Air 2, iPad Pro 9.7-inch, iPad Pro 12.9-inch, iPad mini 2, iPad mini 3, iPad mini 4
iPodモデル:iPod touch第6世代

関連記事:
iPhone8不具合・バグ・デメリット・問題点などをまとめ|iPhone8不具合への様々な対処法お届け

メモリの使いすぎで、iPhone X/8動作遅い・重い場合の解決方法

iPhone X/8軽くする

iOS 11端末、iPhone X/8重い/遅いと感じている人、もしかしたらメモリの使いすぎが原因で動作に影響がでているのかもしれないよ。解決方法としては、iPhoneのメモリを簡単に解放して空き容量を増やすことだ。そこで、iPhoneなどiOSデバイスからパソコンにデータを転送できるソフトが必要だ。『DearMob iPhoneマネージャー』というかなり優秀&評価高いiOSデータバックアップフリーソフトがおススメする。iCloud/iTunesなしで、簡単にデータをバックアップして、iPhone X/8高速化できる。

iPhone X/8軽くする13の方法まとめ

iPhone X/8動作遅い・重い原因は様々あるが、本文ではなるべく便利性を損なわず、緩慢になったiPhone X/8軽くすることができる可能性のある設定や改善・解消法をまとめてみた。
もしアップデートしたiOS 11端末、及びiPhone X/8の動作が重くなったと感じて使い勝手に不満があるようでしたら次の方法を試してみてましょう。

関連記事: iOS11評判は?報告されたiOS11不具合やバグ一覧と対処法まとめ

iPhone X/8軽くする

iPhone X/8軽くする方法1◆ Appのバックグラウンド更新をオフにする

何かアプリが前面で動作しているときに、背後で別のアプリが動作することを許可する「Appのバックグラウンド」は、複数のアプリを併用する方には便利な設定だ。
ただ、いくつものアプリがバックグラウンドで動いていると、本命のアプリが遅くなってしまうので、「Appのバックグラウンド更新」をオフにしておくとiOS 11端末軽くすることができる。
手順:
@、「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド更新」をタップ;
A、「Appのバックグラウンド更新」をオフ(白色)にする;
一括でオフにしても良いし、使うアプリだけ残して個別にオフにしても良い。

iPhone X/8軽くする方法2◆ メモリ解放を行う

iOS 11端末、iPhone X/8遅い/重いと感じている人、もしかしたらメモリの使いすぎが原因で動作に影響がでているのかもしれないよ。メモリを解放して空き容量を増やすことによって、iPhone X/8高速化することができる。
ここで、iPhone X/8のメモリを簡単に解放して空き容量を増やす方法を紹介する。

iPhone X/8軽くする

⇒アプリ不要でメモリ解放する:
一挙にiPhone X/8のメモリを解放を行うアプリはApp Storeに多数リリースされているが、こうしたサードパーティ製のアプリを敬遠する向きもある。そこで紹介したいのが、iPhone X/8単体でメモリを解放する方法だ。手順は以下のとおり。
@、ホーム画面で電源ボタンを長押しし、「スライドで電源オフ」の画面を表示させる;
A、その画面が表示された状態でホームボタンを押し続ける(5秒くらい);
B、再びホーム画面が表示されれば、メモリ全体が解放されている;

メモリの解放をおこなうと、作業途中のアプリもリフレッシュされるため、事前に保存をしておくようにしましょう。なお、何度もメモリ解放をおこなうとバッテリー消費を早める可能性もあるので、必要以上に繰り返すことは避けたほうが無難だ。

⇒アプリでメモリ解放する
メモリ解放アプリとは無駄なメモリを解放してiPhoneの動作を軽くするためのアプリだ。ここで、5選の使い方は簡単で、人気ある無料iPhone X/8メモリ解放アプリをおススメする。

無料iPhone X/8メモリ解放アプリおススメ1:『DearMob iPhoneマネージャー』(iOS11/iPhone X/8対応)
iPhoneデバイスにある音楽・動画などのデータ、及びアプリなどをパソコンに転送することができて、写真・連絡先・SMSデータをPCに保存することも可能だ。簡単クリックでiPhoneからPCへの転送をが実現できるので、パソコンの初心者でも操作できる。そうすれば、iPhone X/8のメモリを解放して、iPhone X/8軽くすることができる。

iPhoneマネージャーiPhoneマネージャー

無料iPhone X/8メモリ解放アプリおススメ2:iMemoryGraph
メモリーの使用状況を1発でチェック出来き、アドオン購入でメモリー解放がワンタップで出来るアプリ。

無料iPhone X/8メモリ解放アプリおススメ3:Cleaner - Memory & Cache Manager
メモリの使いすぎを解消!解放することで軽快に動くスピードが戻り、動きの遅いストレスを解消してるれるアプリ。サクサク動く軽快さが快適!

無料iPhone X/8メモリ解放アプリおススメ4:iChecker ~ ファイル バッテリー WiFi容量確認
バッテリー・ストレージ・WiFiの状況をすべてアプリ一つで確認でき、見た目も気持ちイイ!フラットデザインのインターフェイスアプリ。

無料iPhone X/8メモリ解放アプリおススメ5:バッテリーPlus
ゲーム・音楽・動画。使っていて、あと何時間で切れるかが分かり、重くなったスマホを軽くしてくれる便利な機能がついており、バッテリー切れ対策の裏ワザ紹介機能もあるアプリ。

iPhone X/8軽くする方法3◆ 視覚効果を見直す

iPhone X/8には、画面の切り替えを美しく見せたり、壁紙などを奥行きがあるように表現できる効果が搭載されている。これらをオフにすることにより、CPUやグラフィックなど端末への負担軽減して、iPhone X/8高速化することができる。特に、「軽くなった」感を得られる効果が高いとされているのが「視覚効果」と「透明度」だ。
⇒視覚効果を減らす
@、重いiPhoneで「設定」アプリを起動する;
A、「一般」>「アクセシビリティ」>「視差効果を減らす」の順番にタップする;
B、「視覚効果を減らす」を有効化(緑色)にする。
⇒透明度を下げる
iPhone X/8のドックやフォルダ、通知センターには背景が透ける視覚効果が施されており、端末への負荷が少なくないとされている。
「設定」アプリから→「一般」→「アクセシビリティ」→「コントラストを上げる」と進み→「透明度を下げる」のスイッチをオンにする。
透明度を下げると見た目が変化するが、こちらもiOS 11端末軽くする、動作の大幅な改善が期待できる方法の一つとなっている。

関連記事:【完全版】iPhoneアプリバックアップできない・移行できない場合の対処法〜iPhone X/8・iOS11対応

iPhone X/8高速化

iPhone X/8軽くする方法4◆ Safariの履歴とキャッシュを削除する

Safariに残っている不要なデータを削除することでiPhone X/8高速化して、ネットの動作が快適になる。
破損したデータが残っていることがあるのでこまめに削除しましょう!
※ただし、[Cookieとデータを消去]すると、自動ログイン等を設定している場合はそれもリセットされてしまう。
※普段別のブラウザアプリを利用されている方は、そちらの履歴等の削除もしてみるとブラウジングが快適になるかもしれない。
手順:
「設定」→「Safari」→「履歴を消去」→「Cookieとデータを消去」
こうして、Safariの履歴とキャッシュを削除して、iPhone X/8遅い・重い問題を解決できるのだ。

iPhone X/8高速化

iPhone X/8軽くする方法5◆ Spotlight検索の対象やSiriの検索候補の無効化

Spotlight検索の表示は、iPhoneの動作を重たくさせている要因の一つかもしれない。
そして、iOS9から登場する「Siri」という機能が搭載されて、「Siri」をオンにすることで、iPhone X/8動作遅い可能性がある。これが必要なければ、無効化することで、動作改善して、iPhone X/8高速化することができる。
手順:
@、「設定」→「一般」→「Spotlight検索」をタップ;
A、「Siriの検索候補」をオフにする;
B、さらに、その下にある「”調べる”の候補」をオフにしておくと、Safariの動作が軽くなる;右図のようだ。

iOS 11端末軽くする

iPhone X/8軽くする方法6◆ 使っていないアプリを完全に終了させる

起動させたアプリはメモリ上に作業領域を確保するが、多くのアプリを起動しているとメモリ領域が不足し、iPhone X/8遅いということが起こりがちだ。対策としては、今使っていないのにiOS 11端末のバックグラウンドで動いているアプリを停止することがオススメだ。
手順:
@、動作が遅いiPhone/iPadでホームボタンを2回連続で押す;
A、いま実行中のアプリが画面に表示されるので、アプリの画像を上にスワイプする。

こうして、簡単な2歩だけで、iPhone X/8高速化させる可能性がある。

iPhone X/8軽くする方法7◆ 変換学習をリセットする

iPhoneの予測文字変換機能が便利だが、使えば使うほど学習機能によって蓄積される予測変換のデータが重くなっているのも事実だ。さらに、プライベートな情報がばれてしまうことでもある。そこで、定期的にキーボードの変換学習をリセットするのが必要で、iPhone X/8スピードアップできる。
「設定」→「一般」→「リセット」→「キーボードの変換学習をリセット」をタップする。その後、パスコードを入力して、「辞書をリセット」を押せば、リセット完了だ。
※ただし、当然ながら文字入力時の変換候補は初期のものに戻ってしまう。

iPhone X/8軽くする方法8◆ 位置情報サービスをオフ

GPS機能を使った地図や「ポケモンGO」などのアプリは、常に自身の位置情報を確認しているため、処理速度と通信速度に負担をかけて、iPhone X/8動作遅い可能性がある。
なので、使わない位置情報サービスはオフにしておいた方が、iOS 11端末軽くするだけでなく、通信容量の節約にも繋がる。
手順:
@、「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」をタップ;
A、「位置情報サービス」で一括オフにするか、または一覧からアプリを個別に選択してオフにする;

iPhone X/8軽くする方法9◆ Wi-Fiの自動検索をオフにする

Wi-Fiの自動検索をオンにすれば、常にWi-Fiを探している状態になる。オフにすることでiPhone X/8スピードアップに関わる。
「設定」から「Wi-Fi」を押して、「接続を確認」をオフにしてください。

関連記事:【iPhone X/8・iOS11】無料でiPhoneのデータをパソコンに移行すできるソフトご紹介

iOS 11端末軽くする

iPhone X/8軽くする方法10◆ Facebookなど重くなりがちな特定アプリをインストールし直す

特定のアプリにおいて起動や動作が遅い、よく落ちるといった場合は、そのアプリ内でキャッシュなどのデータが大きくなりすぎているのがiPhone X/8重い要因となっていることも少なくない。Facebookなどはその代表例といえる。
キャッシュクリアできるアプリを用いるのも手だが、FacebookやTwitterのようにクラウド上にデータが保存されているアプリなどでは、一度アンインストールした後に再インストールすることにより、動作が軽快になるケースがある。
アンインストールの方法は、ホーム画面でアプリのアイコンを長押しするとアイコン右上に表示される×をタップしてアプリを削除できる。その後App Storeへアクセスし、再びアプリをインストールすればOKだ。
※注意したいのは、「アプリをリセットさせる」という手段である点だ。たとえば、LINEでは端末内にトーク履歴のデータが保存されるが、この手のアプリをアンインストールすると(バックアップをとっていないと)当該データが消えてしまい、再インストール後も復元できない。

iPhone X/8軽くする方法11◆ iPhone X/8、iOS 11デバイスを再起動する

上記の設定を行っても、iPhone X/8動作遅い場合は、iPhone X/8を再起動して見ましょう。
iPhone X/8本体の電源ボタンを長押し「スライドで電源オフ」で一度電源を切ったら、再度電源ボタンを押して電源を入れることで再起動できる。
これで、iPhone X/8が再起動し、何らかの不具合で使い切られていたメモリが解放されて、動作が軽くなる。
通常の再起動と強制再起動は異なるので、ご注意ください。
「強制再起動」:iPhone、iPad、または iPod touch が全く反応しなくなった場合に限り、最後の手段として、強制再起動をお試しください。

iPhone X/8動作遅い

iPhone X/8軽くする方法12◆ 初期化

iPhoneの調子が悪くなったり、動作がやたら重いなと感じてサポートに相談すると「ご利用のiPhoneを初期化して工場出荷時に戻してください」とよく言われる。初期化とは、端末を購入時のクリアな状態にするのだ。

ご注意:
●初期設定を行うと、データが完全に消去され、すべての設定が初期値に戻る。十分ご注意ください。
●必要なデータは必ず事前にバックアップを行ってください。

@、まずは「設定」を開き、「一般」をタップする;
A、一番下にある「リセット」をタップする;
B、「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップする;
C、パスコードを設定している人は、パスコードを聞かれるので入力する;
D、「iPhoneを消去」をタップする;
E、もう一度聞いてくるので、「iPhoneを消去」をタップする;

画面が真っ白くなり、リンゴのマークと初期化の進行度を示すバーが表示され、初期化が始まる。初期化はだいたい数分から5分ぐらいで終了する。初期化が完了すると、全てがリセットされる。

iPhone X/8軽くする方法13◆ iOS 11ダウングレードする

上記の方法を試してみたら、動作の遅い/重いiOS 11端末軽くする、前よりキビキビ動作するようになったと実感できるはずだ。それでも端末の改善がみられない場合、お使いのiPhoneをダウングレードしましょう!詳しい手順については、下記の特集を参照してください。

関連:iOS 11からiOS 10にダウングレードする方法 >>


iPhone X/8メモリ解放アプリ

ほかのiOSデータ転送ソフトと比べて、『DearMob iPhoneマネージャーは

1、超便利ーーiCloudより、超簡単にiOSデバイスデータをバックアップできる;
2、安全性ーー既存のデータを失うことなく、データを個別にプレビューしたり、選択したり、移行したりすることができる;
3、多種類ーー電話帳、写真、音楽、プレイリスト、ビデオ、アプリ、メモ、ブックマーク、ブックとカレンダーなどすべてのデータを移行できる;
4、最自由ーーiPhone、iPadとiPodの間、iOSデバイスとパソコンの間、さらにiOSデバイスとiCloudの間に、データを自由に移行する。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

 

DearMob iPhoneマネージャー

iTunes代替〜高速にiPhoneバックアップ・転送・管理!より簡単・安全!

 

iPhone X/8の空き容量を解放するには〜iPhoneマネージャー

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー