5KPlayer > スマホマネージャー > iOS 11からiOS 10へダウングレード/戻す方法

超簡単なiOS 11からiOS 10.3.3に戻す方法〜ダウングレード不具合・エラー・失敗を回避

iOS 11アップデート不具合が頻発!iOS 11ダウングレードしたい!
米国時間9月19日(日本時間9月20日)に、iOS11が正式的に配信されていた。一刻早く画面録画、QRコード読み取り、片手キーボード、クラウドストレージ管理アプリ「ファイル」など様々な新機能を体験したいユーザーが、配信されたら、すぐiOS11にアップデートしていた。
が、iOS11に出てきた不具合が多い。
例えば、iOS11アップデート後、「動作が重くなった」「なんか動きモッサリ」など、iPhoneの動きが遅くなったという報告がTwitterを中心に多数寄せられている。さらに、「Safari使ってたら、本体めっちゃ熱くなる」「iOS11にしてから熱がこもる」など、不具合と見られる現象もみられる。
というわけで、 iOS 11へのアップデートが、後悔していて、前バージョンのiOS 10に戻したいと思っている方が多い:

ーiOS11がでたのでアップデートを行ったところ充電の減りが異常に早かったので、iOS11から10にダウングレードしようとしました。
ー本日出たios11を10.3.3にダウングレードする方法を教えてください。動かないアプリがあり困っている。
                                                   ーーYahoo知恵袋より
そのほかに、iOS 11アップデートによって、容量不足とか、バッテリー使用時間が短いとか、古いiPhoneやiPadを使っていると、新しいiOSだと動画がもっさりして重いとか。とにかく、iOS 11アップデートに伴っている不具合が次から次へと報告されて、安全性と信頼性のある前のバージョンに戻したい方が増えてきた。また、iOS 10に慣れているユーザーはiOS 11の新機能は少し使いづらいということがあるかもしれない。そんなとき、「iOS 11からiOS 10へダウングレードしたい」というユーザー少なくない。
ということで、本記事ではiOS 11ダウングレードする方法について紹介したいと思っている。過程で、万が一、「iOS 11ダウングレードできない」不具合が発生したらどうするを事前に考えて、それなりの対策を提供している。そうすれば、初心者でも、素人でもストレスなく自分でもできる。だからこそ、ぜひ最後まで目を通してください。


INDEX:
◆ iOS 11ダウングレード前の注意事項
◆ iOS 11ダウングレード前の事前揃え
◆ iOS 11からiOS 10に戻す手順


関連記事:
iPhone8・iPhone X不具合・バグなどをまとめ|iPhone8・iPhone X不具合への対処法お届け

データ損失なしでiOS 11からiOS 10に戻す方法

皆さんは、iOS 11 アップデートしたか。待望のiOS 11だが、バッグが多くて、不慣れな部分も多いらしい。元のOSに戻すと、今デバイスで保存されるデータやファイルなどが紛失可能性もある。どうすれば、データ損失なしでiOS 11からiOS 10に戻すことができるのでしょうか。ここで、DearMob iPhoneマネージャーというiOSデータバックアップ&管理用フリーソフトを皆さんにお薦めする。簡単にiOSデバイスでののデータをバックアップして、データの失いを心配しなくてもいい。

iOS11データバックアップ
5kplayerダウンロードwin版 5kplayerダウンロードmac版

Part1、iOS 11ダウングレードする前の注意事項と準備の説明【要チェック】



iOS 11ダウングレード

● 注意事項
1、iOS 10.3.3へのみダウングレードはでき、それ以降のバージョンは非対応;
2、ダウングレードはAppleがサポートしていない方法なので、失敗してもサポートは受けられない。このような心配がダウングレードだけだとしても発生する;
3、期間限定
iOSのダウングレードは、Appleがダウングレードの許可を終了してしまうとできなくなる。新しいiOSが公開されて数週間以上経過すると出来なくなってしまう可能性があるので注意。
4、AppleがiOS 10.3.3に署名し続けている限りiOS 11からiOS 10にダウングレードできる;
5、iOS 11バージョンダウンする前には、必ずiPhoneやiPadのバックアップを行ってください。

関連記事:iOSデバイスデータバックアップするには、最高なバックアップフリーソフトおすすめ


iOS 11ダウングレード

iOS 11ダウングレードする前に、必ず!iPhone/iPadデータをバックアップ!

「DearMob iPhoneマネージャー」があればあなたのデータはいつもそばにある! 

◆ Widows&Mac OSでiPhone/iPad/iPodデータを自動的にバックアップ;
◆ データ紛失・消失を防ぐために、完璧なiOS 11からiOS 10に戻す対策を提供;
◆ iOS 11ダウングレード前、iOS機器内のデータをしっかりと守れる。


iOS 11からiOS 10へダウングレードする前には、何か不具合があった際に復旧できるようにダウングレード対象のiPhoneやiPad、iPod touchなどiOSデバイスのバックアップを取ることを忘れないようにしましょう。その際は、iCloudバックアップといった便利なものもあるが、データを丸っとバックアップ出来るiTunesによる「iPhoneによるバックアップを暗号化」でのバックアップがオススメする。

iOS 11ダウングレード

Step1:「iOS 10.3.3ファームウエア」をダウンロードする:

@、まずは、「iOS 10.3.3ファームウエア」をダウンロードする必要がある。
iOSファームウェアは機種によってダウンロードファイルが異なるので、「:Choose a product」から使っているデバイス(iPhone、iPad、iPod touch)のモデルにあったものを選んでダウンロードする必要がある(ここではiPhone)。
IPSW downloadのページ:https://ipsw.me/
A、「Choose an iPhone」からダウングレードしたいiPhoneのバージョンをクリックする;
B、「Choose a version」からダウングレードしたいiOSの最新のバージョンをクリックする;
C、ダウンロードボタンをクリックすると、iOSのファームウェアのダウンロードが開始される。適当な場所にダウンロードする。 だいたい20〜30分ほどかかるようだ。


Step2、「iPhone/iPadを探す」をオフにする:
iOS 11をiOS 10にダウングレードするために、「iPhone/iPadを探す」をオフにする必要がある。iPhone/iPadの「設定」アプリから「iCloud」を選択して、「iPhone/iPadを探す」のスイッチをオフにする。
@、[設定]アプリから[設定]→[iCloud]と進み、「iPhoneを探す」設定画面を開いて「iPhoneを探す」のトルグボタンをオフにする;
A、「Apple IDパスワード」が求められたら「パスワード」を入力し、[オフにする]ボタンをタップする。「iPhoneを探す」をオフにし、「iPhoneを探す」が「オフ」になっていることを確認する。



iOS 11をiOS 10にダウングレード

iTunes使わずに、簡単にiOSデバイスデータをバックアップする方法

ほかのデータバックアップツールと比べて、DearMob iPhoneマネージャーは
1、超便利ーーiTunesより、超簡単にiOSデバイスデータをバックアップできる;
2、安全性ーー既存のデータを失うことなく、データを個別にプレビューしたり、選択したり、移行したりすることができる;
3、多種類ーー電話帳、写真、音楽、プレイリスト、ビデオ、アプリ、メモ、ブックマーク、ブックとカレンダーなどすべてのデータを移行できる;
4、最自由ーーiPhone、iPadとiPodの間、iOSデバイスとパソコンの間、さらにiOSデバイスとiTunesの間に、データを自由に移行する。

ホーム | 会社概要 | お問い合わせ | ニュース | プライバシーポリシー | サイトマップ

Copyright © 2017 DearMob, Inc. All Rights Reserved.
All other products or name brands are trademarks of their respective holders. All logos, trademarks and images relating to other companies that may be contained wherein are applied in the Internet that are not used for commercial use. DearMob's software is not developed by or affiliated with such companies.

データバックアップにこれが最高〜DearMob iPhoneマネージャー