5KPlayer >AirPlay > iOS11アップデートによる不具合&対処法まとめ

iOS11にアップデートすべきか?iOS11アップデート仕方・注意事項・不具合と対処法まとめ

日本時間9月20日午前2時ごろ、iOSの最新版iOS11が正式リリースされた。さまざまな新機能が盛り込まれ、特にiPad向けの機能改善も多く含まれていたが、iOS11ではApp Storeも一新される。マルチタスク機能やドラッグ&ドロップ機能のほか、新ファイルアプリ「Files」の追加などが予定されている。iOS11の噂が始まった時、期待しているユーザーがたくさんいる。
そのため、iOS 11配信開始直後、画面録画、QRコード読み取り、片手キーボード、クラウドストレージ管理アプリ「ファイル」などの新機能を体験したい方が、待ちきれないiOS11アップデートしてみた。 その一方、現在のiOSバージョンに満足していたり、様々な原因でiOS11アップデート失敗したりしていて、最新のiOS11アップデートすべきかどうかと悩んでいる方も多いでしょう。また、もし万が一iOS11アップデートできないなら、どうすればいいのか?
・・・・・・
ということで、本記事ではiOS11アップデートしたい方向け、具体的なやり方、及びiOS 11をより良い楽しむため、最新人柱報告されたiOS11にアップデート中/後、発生する不具合・エラー、iOS11アップデートできないことをまとめて、それなりの対処法を紹介する。ぜひ最後まで目を通してくださいね。


INDEX:
◆ iOS11アップデートすべきか?メリット&デメリット
◆ iOS11アップデート仕方&注意事項
◆ iOS11アップデートによる不具合と対処法
    ● iOS11ダウンロード中エラー
    ● iOS11アップデートエラー
    ● iOS11アップデート後の不具合状況


関連記事:
iOS11不具合に不満で、iOS10にダウングレードしたいか?超簡単なiOS 11からiOS 10に戻す方法

iOS11アップデート失敗しないように、まずはデータのバックアップ

様々な原因で、iOS11アップデート不具合が起こられる。けれども、事前に予防して、発生させないようなことがある。即ち、容量不足で起こらせるiOS11アップデート不具合だ。そういう問題を解消するために、データのバックアップが必要だ。そこで、DearMob iPhoneマネージャーというかなり優秀なフリーのiOSデータ管理ソフトおすすめ。iTunesなしで、iPhone・iPod・iPadのデータを簡単にをバックアップできる。


iOS11アップデート
5kplayerダウンロードwin版5kplayerダウンロードmac版

iOS11アップデート不具合1:iOS11をダウンロード中にエラーが発生する

iOS11にアップデートするとき、iOSファイルをダウンロードしてインストールする必要がある。しかし、iOSファイルをダウンロードする途中、エラーが発生してダウンロードできない不具合・バグよく発生する。または、、iOS 11のダウンロードがかなり遅くて、普段は20分ぐらいでダウンロード済みはずだが、30分過ぎて、残り2時間ぐらいと表示される。もしそのエラーに会ったら、次の方法を参照して解決して見よう〜

iOS11アップデート不具合

◆公開してすぐダウンロードしない:リリースされた後、サーバー側に接続する人が多いから;
◆iPhoneを再起動して、iOS11アップデートできない問題を解決できる可能性がある;
◆再ダウンロードを実行する。あるいは、数日経ったらダウンロードを再開する;
◆安定また高速なWi-Fiネットワークに接続する。または、深夜でアップデートする;
◆デバイスの余計なデータを削除して、iPhoneなどの空き容量を増やす;
◆iTunes経由でダウンロードしてアップデートする。

iOS11アップデートできない

◆iOS11アップデートエラー4:iOS11アップデート失敗(文鎮化になった) 
新OSのリリース直後は、サーバーへのアクセスが集中するため、OTAでのダウンロードの場合、iOSのダウンロードの中身が欠落することがある。
多くのユーザーのiOSデバイスでiTunesに接続するように案内される画面が表示され、文鎮化状態に陥ってしまった。もしお使いのiOSデバイスもその不具合・バグが発生してアップデートができなくなったら、以下のiOS11アップデート失敗解決方法を試してください:

方法1、iOSデバイスを強制再起動する:iOSデバイスのホームボタンとスリープボタンを同時に10秒ほど長押しして、iOSデバイスを自動再起動させる。


方法2、iTunesでiOSをインストールする
ステップ1、iTunesを最新版にアップデートする:iTunesを起動する>「ヘルプ」>「更新プログラムを確認」>iTunesの最新バージョンをダウンロードしてインストールする。
ステップ2、USB ケーブルでiOSデバイスをコンピュータに接続する>方法1を参照してiOSデバイスを再起動する。リカバリモードの画面が表示されるまで押し続けてください。
ステップ3、「復元」または「アップデート」の選択肢が表示されたら、「アップデート」を選択してください。iTunes はデータを消去せずにiOS の再インストールをする。iTunes でデバイス用のソフトウェアがダウンロードされるまでお待ちください。
ご注意:ソフトウェアのダウンロードに15分以上かかってリカバリモードが終了してしまった場合は、ステップ2からステップ3までの手順を繰り返してください。また、再びこの手順まで進んできたら「アップデート」ではなく、「復元」を選択してください。
ステップ4、アップデートまたは復元が終了したら、iOSデバイスを設定する。


関連記事:iPhone7を買うべきか?それともiPhone8まで待つべきか?iPhone8とiPhone7 比較する

iOS11アップデート不具合3:iOS11にアップデート後の不具合状況/iOS11アップデート失敗

◆iOS11アップデートエラー1:電池の減りが早い
iOS10/10.1/10.2にアップデートしたら、iPhone/iPad/iPod touchは電池の使用時間が短かくなると感じているか?iOS11にアップデートした後、そういう不具合も発生する可能性がある。もしiOS11デバイスのバッテリー使用時間を延ばしたいなら、次の対策を試してみてください:
方法1、「設定」>「バッテリー」に入って、バッテリーの使用状況を確認する。大量のバッテリーを消耗しているアプリを確認いたり、閉じたり、更に削除したりなど必要があるかもしれない。
方法2、App Musicで音楽のストリーミングを停止する。オンラインで音楽をストリーミングするのは大量の電池を消耗するなら、パソコンやiTunesライブラリからiOSデバイスへ音楽を同期して聴くことをおすすめする。
方法3、電波が悪い時は機内モードに変更する。電波が悪い場合、お使いのデバイスが「通信に接続できない」と「通信に接続できる」状態に切り替えて、デバイスの電池も多く消耗される。従って、iOSデバイスの機内モードをオンにしたら電池の使いの少なくなる。
方法4、iOSデバイスを再起動する、またはiOSデバイスで「設定」>「一般」>「リセット」>「すべての設定をリセット」をタップして、すべての設定をリセットする。
方法5、もし以上の方法で電池の短い状況が改善できないなら、しばらく待つのをおすすめする。新しいiOSバージョンにアップデートされたら、お使いのiOSデバイスが新しいシステムを慣れるまで、少し時間がかかる場合はある。その過程は、電池がひどく消費されるかもしれない。

関連記事:iOS11デバイスバッテリー減り早い?電池を節約、iPhone X/8/7バッテリー持ち時間増やす22の方法

iOS11アップデート失敗

◆iOS11アップデートエラー2:Apple IDでサインインできない
iOS11にアップデートする過程には、iOSデバイスをセットアップをする必要はある。しかし、iPhone5sやiPad Airなどの一部のiOSデバイスをセットアップする時、 "アクティベーションのステップでApple ID でサインインできない。もしそのような状況に会ったら、以下の解決方法を試してみてください:

@、しばらく待ったら再びサインインする
A、iTunesでアクティベーションを続ける
B、iCloud.com でアクティベーションロックを解除する


◆iOS11アップデートエラー3:iOS11にアップデートした後通知音が鳴らない 
iOS11にアップデートしたあと、iPhone/iPadのメールやアプリ通知音が鳴らなくて困っている。その時には、どうするか?次はこの問題を解決する対処方法を5つご紹介する。
方法1、マナーモードを解除する:iOS11デバイス本体側面にある「サウンド切り替えスイッチ」を押し下げ>オレンジ色のラインが見える>マナーモードを解除した。
方法2、おやすみモードをオフにする:iOS11端末のホーム画面で指を下からスワイプさせる>コントロールセンターが出る>月マークの部分で「おやすみモード」をOFFに切り替える。
方法3、iOSデバイスを再起動する:電源ボタンを長押し>「スライドで電源オフ」を右に動かす>電源ボタンを長押ししてiOS11デバイスを再起動する。
方法4、すべての設定をリセットする:「設定」をタップ>「一般」をタップ>「リセット」を押す>「すべての設定をリセット」を選択する。
注:iOS11端末のデータの消失を避けるため、リセットする前に予めiOS11端末のデータをバックアップしてください。
方法5、Siriを起動する:ホームボタンを長押しして「Siri」を起動する。

iOS11アップデートエラー

◆iOS11アップデートエラー4:iOS11でアプリがアップデートできない
iOS11にアップデートしてから、LINEやモンスト、パズドラなどアプリがアップデート出来なくなったか?その場合は、どうすればいいのか?ここで、この問題の有効な解決方法をいくつかご紹介する。


@、しばらく様子をみる
A、アプリ側のバグのバグ修正を待つ
B、iOS11デバイスを再起動する
C、iOS11デバイス上の大容量のデータを削除する


◆iOS11アップデート不具合〜Bluetooth関連の不具合
iOS 11にアップデートしたユーザーの報告より、iPhone/iPad/iPodでBluetooth関連に不具合・バグが起きるケースが多いようだ。主に以下のような症状がある:
1)Bluetoothが自動接続できない
2)Bluetooth機器がうまく接続できない
3)Bluetoothイヤホンが使えなくなる
4)Bluetoothを利用するとバッテリの減りが異様に早い
5)Bluetoothデザリングが不安定
では、以上のようなiOS11アップデート不具合が起きたら、下の対策を試してみてください。
@、Bluetoothを一度オフにする;
A、接続先のデバイスの登録を解除する;
B、「ネットワークの設定をリセット」をする;
C、お使いのiPhone/iPad/iPod touchで全ての設定をリセットする。

iOS11アップデートエラー

◆iOS11アップデート失敗〜iOS11でWi-Fi接続ができない/不安定/遅い

iOS 11にアップデートしてからWi-Fi接続が切れる、不安定、遅いことは時々発生する。その状態になったら、以下の対処法がある:
@デバイスを再起動する;
A、ネットワーク設定をリセットする;
B、ネットワーク設定を再度入力する;
C、DNSを変更する:「設定」 > 「Wi-Fi」 > Wi-Fi接続先 > 「DNS」;
D、Wi-Fi/機内モードをオフにしてから再度オンにすると再接続される。

iPhoneマネージャー

DearMob iPhoneマネージャー

「iTunesを使った管理が意外と面倒くさい」という人に最適なツール!写真転送・音楽動画管理・バックアップなどを簡単に!

  • 超高速でPCとiOS上のの写真/メディア/個人情報等を転送
  • iTunesなしで超簡単にデータを完全バックアップ・復元

詳しくはこちら

iTunesなしでiPhoneデータバックアップ・転送

DearMob iPhoneマネージャーでiPhone&iPadのデータ:連絡先、メッセージ、カレンダー、ブックマーク、ボイスメモなどをバックアップ・転送する方法を詳しく紹介する。

iTunes代替ソフトでメディアデータを転送・管理

DearMob iPhoneマネージャーを活かしてiPhoneメディア(音楽・動画・電子書籍など)をインポート・エクスポートすることができる。

【機種変】iTunes/iCloudを使わずにデータ移行

DearMob iPhoneマネージャーを利用すれば、簡単操作で古いiPhoneから最新のiPhone X/8へデータを移行することができる。

フォローする

ホーム | 会社概要 | お問い合わせ | ニュース | プライバシーポリシー | ユーザー規約 | サイトマップ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc. All rights reserved.
Apple、Appleのロゴ、AirPlay®、 Apple TV®、Mac®、iPhone®、iPad®及びiTunes®などはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。

容量不足でアプデできない問題を解決〜iPhoneマネージャー