ホーム ブログ iPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plus比較

iPhone 8/8 Plus変更点

【iPhone 8/8 Plus変更点】iPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plusの違いを比較する:デザイン・スペック・価格などまとめ

アップルは2017年9月12日(米国時間)、「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」を正式発表した。新型iPhoneとなる「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」は9月15日に予約受付を開始し、9月22日に発売することとなっている。
Appleが開催したスペシャルイベントによって、期待のiPhone 8とiPhone 8 Plusは一般のLCD液晶ディスプレイ搭載のスマートフォンで、つまりiPhone 7とiPhone 7 Plusのアップグレード版だ。そこで、問題がある:

iPhone 8/8 Plus変更点は何?iPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plusの違いはどこにあるか?iPhone 7/7 PlusからiPhone 8/8 Plusに買い換える必要があるか?

ニュースによって、iPhone 8/8 Plusを現行機種のiPhone 7/7 Plusと比べると、これまでの「S系」に近いアップデート内容となっており、基本性能の向上、ワイヤレス充電の対応などが行われている・・・・・・
そこで、本記事では外観/デザイン、スペックなどの方面から、徹底的に新機種のiPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plus比較して、アイホン 8/8 Plusとアイホン7/7 Plusの違いを早速比較してみて、詳しく解説する。機種変更するつもりある方が、ぜひ最後まで目を通してください。

関連記事:【2018年最新版】iTunes&iCloudでiPhoneバックアップできない・失敗する場合の原因と11つの対処法ご紹介


iPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plusの違いを比較
iPhone 8/8 Plusへ機種変更するには、データのバックアップが忘れないで!!

iPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plusの違い

iPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plusの違いを知っている上に、機種変更したい場合、どうしても失いたくないデータがある。例えば、家族&友達との写真とか、購入する音楽とか、ゲームアプリ&そのデータとか、連絡先など。けれども、機種変更する場合、ちょっとしたミスで、それらのデータがなくなる可能性が大きい。
解決策として、事前にデータのバックアップが大事だ。そこで、「DearMob iPhoneマネージャー」という必ず役に立つ最高のソフトおすすめする。iPhoneでの多種多様のデータをバックアップして転送することができるし、iTunesより使いやすい。

iPhone 8/8 Plus基本スペック・画面サイズ情報

本番的にiPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plusの違いを紹介する前に、まずは今年の新機種「iPhone 8/8 Plus」の基本的なスペックやデザインや、画面サイズなどの情報についてまとめてお届けする。

◆ iPhone 8

サイズは138.4mm x 67.3mm x 7.3mm、重さは148gです。「iPhone 7」より10g重くなった。ディスプレイはRetina HDディスプレイで4.7インチ、1334×750px(326ppi)。iPhone 7と同じだ。
「iPhone 8/8 Plus」に搭載するチップはA11 Bionicで、6つのコアと43億個のトランジスタを搭載している。
背面には12メガピクセルカメラ、正面には7メガピクセルカメラを搭載している。
防水・防塵にも対応(等級はIP67)。容量は64GB、256GBの2種類だ。

◆ iPhone 8 Plus

サイズは158.4mm x 78.1mm x 7.5mm、重さは202gです。「iPhone 7 Plus」に比べて14g重くなった。ディスプレイはRetina HDディスプレイで5.5インチ、1920×1080px(401ppi)。
チップはiPhone 8と同様に、A11 Bionicだ。
背面には12メガピクセル広角カメラと12メガピクセル望遠カメラ、正面には7メガピクセルカメラを搭載。カメラのポートレートモードは進化し、前景がさらにシャープになり、背景はさらに自然にぼかすことができる。
防水・防塵にも対応(等級はIP67)。容量は64GB、256GBの2種類だ。

iPhone 8/8 Plus VS iPhone 7/7 Plus、iPhone 8/8 Plus変更点と言えば、iPhone 8/Plusの目玉機能でもあるワイヤレス充電は共に対応しており、大きな違いは画面のサイズ、カメラの性能、バッテリーの駆動時間となる。 CPU(チップ)の性能差も無いようなので、動作についても殆ど違いは無いものと思われるが、RAM(メモリ)の容量については未だ明らかになっていない。 iPhone 8 Plusの画面の大きさ、カメラ性能、バッテリー駆動時間に魅力を感じられないのであれば、安価なiPhone 8を選択すると良さそうだ。
それでは、次は性能、デザイン、価格などの方面でiPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plus比較する違い、iPhone 8/8 Plus対iPhone 7/7 Plusの変更点などを詳しく解説する。

関連記事:iPhoneX iPhone7 違いを徹底比較| iPhone7 iPhoneX どっち?iPhone X 待つべき?

iPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plusの違いその@:外観・デザイン・サイズ・カメラなど

iPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plusの違い

iPhone 8/8 Plus VS iPhone 7/7 Plus、カメラ

iPhone 8の背面カメラは1200万画素のシングルレンズ。センサーや処理機能を一新し、より軽量に、そしてより電力パフォーマンスの向上が図られている。 iPhone 8 PLUSでは、背面カメラに1200万画素のデュアルレンズを採用。f/1.8の広角レンズとf/2.8の望遠レンズが搭載されている。これにより静止画撮影においては最大10倍、動画撮影においても最大6倍の光学ズームに対応する運びとなった。

カメラ自体のスペックは、iPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plus比較して、iPhone 7から大きな変更が行われていないが、画像処理関係が大きく改善されており、被写体の深度をより正確に捉え、美しく撮影できるようになった。 また、ビデオ撮影機能も大幅に強化されており、4K画質で60fpsの撮影が、1080pの画質では最大240fpsの撮影が行えるようになった。これは従来モデルの4倍ものフレームレートとなっており、スローモーション映像の撮影はより強化されたと言える。

関連記事:【SoftBank/ドコモ/au】iPhone 8初期設定・アクティベーション・使いガイドについて

iPhone 8/8 Plus VS iPhone 7/7 Plus:デザイン

デザイン面の変化として、「iPhone 8/8 Plus」の前面と背面はガラスで作られていることが挙げられる。気になるのはガラスの強度だが、これまでスマートフォンに採用されたものの中で最も耐久性のあるガラスで作られているとのこと。また、レーザー溶接されたスチール製の基礎構造と、航空宇宙産業で使われているものと同じグレードのアルミニウムによるフレームでさらに強化されているので、安心できそうだ。そして、「iPhone 8/8 Plus」はガラスで作られた背面からワイヤレスで充電が可能になった。ホテル、カフェ、空港、車などによく置いてあるQi規格のワイヤレス充電器に対応しているので、置くだけで充電できる。

iPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plus比較

iPhone 8/8 Plus VS iPhone 7/7 Plus:ディスプレイ

ディスプレイサイズは、iPhone 8が4.7インチ、iPhone 8 PLUSが5.5インチのRetinaディスプレイとなっており、サイズ感はiPhone 7シリーズのものと同等となっている。もちろん、3Dタッチ機能やトゥルートーンディスプレイに対応しており、すばらしい映像体験が保証されるスペックとなっている。
とにかく、多くのメリットがあるため、iPhoneをさらに進化させるために有機ELの搭載は必然と言えるでしょう。しかし、唯一のデメリットがある:値段が高い。

関連記事:2つの方法でパソコンからiPhone 8に音楽を移行・同期・転送・取り込む|超簡単

iPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plusの違いそのA:処理性能・スペック

そこで、次は「処理性能&スペック」上でiPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plusの違いを比較して、解説する。大体4点ある。

iPhone 8/8 Plus対iPhone 7/7 Plus

iPhone 8/8 Plus対iPhone 7/7 Plus:CPU

一言で言えば、CPU上でiPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plus比較して見れば、前者がパフォーマンス向上される。iPhone 7/7 PlusのCPUはA10で、16nmというプロセスルールで製造されている。それに対して、 「iPhone 8/8 Plus」では、搭載するチップはA11 Bionicで、6つのコアと43億個のトランジスタを搭載している。4つの効率コアはA10 Fusion(「iPhone 7/7 Plus」に搭載)に比べて最大70パーセント高速で、2つの性能コアは最大25パーセント高速。圧倒的なスピードが必要な時には、このCPUは6つのコアすべてを同時に使用可能だ。

iPhone 8/8 Plus VS iPhone 7/7 Plus

iPhone 8/8 Plus対iPhone 7/7 Plus:防水・防塵機能

iPhone 7/7 PlusはiOS初の防水性能を持っている。日本工業規格・国際電気標準会議で定められている保護等級で《7級》を取得している。水に水没させてから30分程度は耐えられる防水性能と認定されている。
防水機能を実現するためにイヤフォンジャックを廃止したiPhone7。従来のイヤフォンを使うことはできないが、LightningコネクタがDACの役割を果たすことができるため高音質だ。Bluetoothを使ったワイヤレスイヤフォンを使えば、かさばることもありませんので便利になったといえる。
iPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plus比較して、iPhone 8/8 Plusでは、そんなiPhone 7/7 Plusの防水機能がさらに強化され、防塵機能も搭載されている。等級はIP67だ。入浴中のスマホ操作だけじゃなく、プールや海水浴でのスマホ操作もできる可能だ。

iPhone 8/8 Plus変更点

iPhone 8/8 Plus対iPhone 7/7 Plus:充電方式/バッテリー

iPhone 8/8 Plusの目玉機能はiPhone Xと同じように、ワイヤレス充電機能に対応している。Lightningコネクタがあるので、もちろん有線充電もできる。
そしては、バッテリー/駆動時間の比較だ。この方面で大きな変更がない。
◆ iPhone 8
「iPhone 7」とほぼ同じバッテリー駆動時間だ。連続通話時間(ワイヤレス)は最大14時間、インターネット利用は最大12時間、ワイヤレスビデオ再生は最大13時間、ワイヤレスオーディオ再生は最大40時間だ。 高速充電に対応し、30分で最大50%充電できる。
◆ iPhone 8 Plus
「iPhone 7 Plus」とほぼ同じバッテリー駆動時間だ。連続通話時間(ワイヤレス)は最大21時間、インターネット利用は最大13時間、ワイヤレスビデオ再生は最大14時間、ワイヤレスオーディオ再生は最大60時間だ。高速充電に対応し、30分で最大50%充電できる。

関連記事:iPhone 8/8 Plusバッテリー減り早い?電池を節約、iPhone 8/8 Plusバッテリー持ち時間増やす22の方法

iPhone7s/7s PlusとiPhone8の違い

iPhone 8/8 Plus対iPhone 7/7 Plus:顔認証or指紋認証?

iPhone 8・iPhone 8 PlusはiPhone 7/7 Plusと同じように、Touch IDが使われていて、指紋認証でロック解除する。逆に、iPhone Xはフロントカメラを用いたFace ID(顔認証システム)となっている。

iPhone 8/8 Plus VS iPhone 7/7 Plus スペック比較



iPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plusどっち

関連記事:【保存版】iPhone 8時代の新定番無料アプリ22選〜iPhone8にぴったり

iPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plusの違いそのB:価格〜iPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plusどっちお買い得か?

ニュースによって、「iPhone 8/8 Plus(SIMフリーモデル)」の本体価格(税別)は以下の通りだ。「iPhone 7/7 Plus」の256GBモデルと比べると、ほぼ同じ価格だ。

● iPhone 8
64GBモデル:7万8800円(税別)
256GBモデル:9万5800円(税別)
● iPhone 7
32GB:61,800円(税別)
128GB:72,800円(税別)
256GB:94,800円(税別)
● iPhone 8 Plus
64GBモデル:8万9800円(税別)
256GBモデル:10万6800円(税別)
● iPhone 7 Plus
32GB:74,800円(税別)
128GB:85,800円(税別)
256GB:107,800円(税別)

上記の価格上で、アイホン8/8 Plusとアイホン7/7 Plusの違いを見てから、iPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plusどっち買うべきかについて、答えがすでに出てきただろう?ほぼ同じの価格で、デザイン面とワイヤレス充電で「iPhone 7/7 Plus」との明確な違いを生み出しているので、iPhone 8/8 Plusへ買い換える価値があると思っている。

関連記事:iPhone 8データ復元フリーソフトおすすめ&iPhone8バックアップ復元できない場合の対処法

iPhone 8/8 Plus最新情報:発売日と予約開始日について

そして、次は気になっているのがiPhone 8/8 Plusの発売日、及び予約開始日のことだ。まずは、iPhone今までの発売日を振り替えして見ましょう。

「iPhone 8/8 Plus」の発売日は9月22日、予約開始日は9月15日だ。iOS 11の一般公開は9月19日であることも発表された。
一方で、ワイヤレス充電が可能なAirPowerマットは2018年に登場する。


まとめ

いかがでしょうか?上記は、スペック・デザイン・発売日・価格・色などの方面から、iPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plusの違いについて、詳しく比較して、紹介した。まとめてみれば、iPhone 8/8 Plus対iPhone 7/7 Plus、iPhone 8/8 Plus変更点は以下のようになる:
・カメラ機能の更なる進化
・全面ガラス張りの有機EL搭載
・ワイヤレス充電機能の搭載
・画面の大きさ
これで、iPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plusどっち がお買い得なのか、答えが出たか?iPhone 8/8 PlusとiPhone 7/7 Plusどっちを買おうと思っても、機種変更する前に、事前にデータのバックアップが絶対忘れないでくださいね!!しかも、ぜひ「DearMob iPhoneマネージャー」を使って見てくださいね!!


iPhone7s/7s PlusとiPhone8の違い

ほかのデータバックアップツールと比べて、DearMob iPhoneマネージャーは
1、超便利ーーiTunesより、超簡単にiOSデバイスデータをバックアップできる;
2、安全性ーー既存のデータを失うことなく、データを個別にプレビューしたり、選択したり、移行したりすることができる;
3、多種類ーー電話帳、写真、音楽、プレイリスト、ビデオ、アプリ、メモ、ブックマーク、ブックとカレンダーなどすべてのデータを移行できる;
4、最自由ーーiPhone、iPadとiPodの間、iOSデバイスとパソコンの間、さらにiOSデバイスとiTunesの間に、データを自由に移行する。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

お役立ち情報

DearMob iPhoneマネージャー

iPhoneバックアップ機能が最高!音楽・連絡先・アプリなどをとことん管理できるプロのマネージャー

 

2018新型iPhone特集

新型iPhone XS/ XS Mac/ XRのスペック、価格、機種変の手順及びデータ移行方法を一気にわかる。

iPhone音楽マネージャー

無料でiPhone、iPad、iPodのiOS端末とPC/Macの間に音楽が高速に管理・転送!

 

 

iPhone/iPadの最新情報・人気記事

  1. 1

    Apple 2018新製品まとめ:新型iPhone XS/XS Max/XR/iOS12など

  2. 2

    2018年のiPhone XR 最新情報:新機能・発売日・デザイン・価格・色など

  3. 3

    iOS 12新機能・対応機種・ベータ版・リリース日・変更点などをまとめ

  4. 4

    どっち買うべきか?2018新型iPhoneの比較:スペック・デザイン・価格など!

  5. 5

    【機種変更】旧iPhoneからiPhone XS/XRにデータを移行・引き継ぎする方法

iPhone 8/8 Plusへ機種変更するには〜iPhoneマネージャー

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー