ホーム ブログ Apple 2018発表会

アップル新製品2018

Apple 2018新製品〜2018イベントで発表する新型iPhone・iPad Pro・Mac・Apple Watch・iOS 12等のアップル新製品の最新情報

周知の通り、米アップル社が年に3月〜4月の春のスペシャルイベント、6月のWWDC大会、9月の秋イベントなどの発表会がある。その場合、アップル社の次期製品に関連する情報や最新技術、ハードウエアやソフトウエアの開発などを開示する。例えば、WWDC 2017では、iOS 11&macOS High Sierraの大幅アップデート、iPad Pro、iMac Proなどの刷新が発表されて、秋イベントではiPhone 10周年記念モデル新製品iPhone Xが発表された。本当に印象的だった。
で、2018年はAppleがどうな新製品があるか?iOS 12や新watchOS、新macOSなど次期ソフトウェアが発表された。いよいよアップル秋イベントで、どの新製品が発表するのか?
実は、海外では、既にApple 2018新製品の情報が飛び交っている。例えば、iPhone SEの後継機種iPhone SE 2や次世代の「iPhone XS/XS Max」「iPhone XR」が登場するとか、ベゼルレスディスプレイの新型「iPad Pro」とか、モジュール式の新型「Mac Pro」など。更に、本当か?
というわけで、本文ではネットでApple 2018などに関する情報を網羅してApple 2018新製品をまとめてみる。新しい情報が出次第更新する。見逃せないものが盛りだくさんなので、ぜひ最後まで目を通してください。

【2018年Apple新製品の最新情報:iPhone・iPad・Mac・iOS・ほか】

Apple 2018新製品のまとめ:iPhone/iPad・Mac・iOS 12などの最新情報

iPhone 2018年新モデル(iPhone XS/XS Max/XR):発売日・スペック・デザイン・価格など

【比較】iPhoneXR・iPhone XS・iPhone XS Maxの違い!どっち買うべきか?

iPhoneXR 最新情報:新機能・発売日・デザイン・価格・色など

解説】iPhone XSとiPhone Xの違い・共通点を比較!iPhone XS買うべきか?

iPad 2018年モデル最新情報:発売日・新機能・価格・デザインなど

iOS 12新機能・対応機種・リリース日・変更点など

iPhone XS/XS Max/XRへの機種変更徹底ガイド>>

Apple 2018新製品 Part1:iPhone編

最新情報:Appleの2018秋スペシャルイベントの中で、ラインアップは有機EL+デュアルカメラ搭載の「iPhone XS」「iPhone XS Max」と、液晶+シングルカメラ搭載の「iPhone XR」という3機種が発表された。次はアップル2018のiPhone新モデルのスペック、新機能、発売日、価格などの比較表である。早速チェックしましょう。

iPhone新作2018公開日: 2018年9月12日(水)

iPhone新作2018予約日:2018年9月14日(金)

iPhone新作2018発売日:2018年9月21日(金)

iPhone 9 VS iPhone XS
iPhone 9 VS iPhone XS

追記:スマートフォンアクセサリーメーカーのOlixarから得た情報として、iPhone SEの後継モデルにあたる小型版の端末「 iPhone SE 2」が今年中に登場しないと報じた。ちなみに、Appleの秋のスペシャルイベントで、5.8インチ、6.1インチ、6.5インチの3モデルのiPhoneがは発表する同時に、iPhone X/6/6 PLUS/SEの発売が停止された。

Apple 2018新製品iPhoneについては、海外の最新情報によると、2018年には5.8インチ(既存のiPhone Xと同じサイズ)、6.1インチ、6.5インチの3機種のiPhoneが登場すると噂されている。5.8インチと6.5インチモデルには有機ELディスプレイを採用し、iPhone Xの後継機種「iPhone X Max(仮称)」的な位置付けのモデルとなるようだ。
そこで、次はアップル2018のiPhone新モデルのスペック、新機能、発売日、価格などについて詳しく紹介する。

Apple 2018新製品

◆Apple 2018新製品 iPhone@:iPhone SE 2(仮称)
◆Apple 2018発表会:秋イベント
◆発売日:2018年後半。「iPhone SE」の発売時期は2016年3月だったので、おそらくiPhone SE 2が2018年9月に発売される可能性が高い。
◆価格:
具体的な価格は明らかになっていないが、「安いiPhone」と表現されていることから、現在の価格と同じくらいになると考えられる。日本では32GBモデルが44,800円、128GBモデルが55,800円(税抜)だ。
◆スペックについて:
インドのテック系サイトのTekz24は、iPhone SE 2のスペック情報を伝えている。それによると、iPhone SE 2のプロセッサはA9から「A10 Fusion」に刷新され、2GBのRAMと32GB/128GBのストレージを搭載。背面カメラは1200万画素で前面カメラは500万画素、また1,700mAhのバッテリーを搭載するようだ。スペック的には「iPhone 7」に近い感じだ。
また、ディスプレイについては6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルもあるようだ。

Apple 2018新製品

◆Apple 2018新製品 iPhoneA:iPhone XS/XS Max(仮称)
◆Apple 2018発表会:秋スペシャルイベント(9月12日)
◆発売日:2018年9月21日
◆価格:iPhone XS(64GB)が112,800円に対して、iPhone XS Maxは最も安いモデルでも124,000円になる。
◆スペックについて:
『iDrop News』は2018年に「iPhone XS Max」が発売されると報じている。iPhone Xの画面は5.6インチだが、iPhone X Maxは6.4インチと予想されており、さっそく『iDrop News』がiPhone XS Maxのコンセプト画像も公開している。左図のようだ。
画面が大きくなったものの、スペックとしてはiPhone Xから大きな変更なしということだ。
プロセッサはiPhone Xと異なり、A12 Bionicチップを搭載するだろうと予想している。iPhone Xに使用されている有機EL画面やTrueDepthカメラが不足状態であることからして、iPhone XとiPhone XS Maxで同じチップを採用するというのはありえそうな話のように感じする。システムメモリ容量に関してはiPhone XSが3GBであるのに対して、4GBに増量されるのではないかと言われている。

WWDC 2018

◆Apple 2018新製品 iPhoneB:iPhone XR(仮称)
◆Apple 2018発表会:秋スペシャルイベント(9月12日)
◆発売日:2018年10月26日
◆価格:64GBが84,800
◆スペックについて:
噂によれば、iPhone XRには画面サイズが5.8インチで、発色が良く、低電力の有機ELディスプレイをいずれも搭載するそうだ。有機EL(OLED)ディスプレイを搭載予定だとみられており、OLEDの特性を活かした曲面ディスプレイ仕様になると考えられている。ARMの人工知能『DynamIQ』技術でiPhone9は進化して、スマホ全般の性能が劇的に向上する。3Dカメラと顔認識を組み合わせた技を採用された。
iPhone XRについて、もっと詳しい情報はこちらのページまでチェックしてください。

関連記事:【保存版】iPhone X/8時代の新定番無料アプリ22選〜iPhone X/8にぴったり

Apple 2018新製品 Part2:iPad編

iPadをはじめとするタブレット市場は、この数年間、頭打ち状態が続いています。しかし、Appleが11月初めに発表した四半期決算で、iPadシリーズの販売台数は1,030万台と、前年同期を約100万台上回った。だから、2018年のiPadモデルに更に期待されている。
アップル新製品2018の最新情報によると、2018年に第6世代iPadと第3世代iPad Proを発表されると見込んでいる。スペックや発売日、価格などの詳しい情報は以下のようだ。

◆Apple 2018新製品 iPad@:第3世代iPad Pro/iPad X
◆Apple 2018発表会:Apple秋イベント
◆発売日:2018年9月に登場する可能性がある
◆価格:14,000円〜20,000円程度
◆スペックについて:
次世代のiPad Proについては、iPhone X風デザインと有力メディアが報道されている。ホームボタンが廃止されて、ディスプレイ周囲の縁が狭いベゼルレスデザインになり、顔認証のFace IDも搭載される。また、さらに高性能化させた「A11X」プロセッサが搭載されると予測される。ディスプレイの方は有機ELディスプレイ(OLED)を採用しなく、LCDディスプレイを使用し続ける可能性がある。サイズは2017年に発売された10.5インチのiPad Proから、さらにベゼルが細くなることになりそうだ。

Apple WWDC 2018

◆Apple 2018新製品 iPadA:廉価版「iPad」〜第6世代iPad
◆Apple 2018発表会:秋イベント
◆発売日:2018年9月
◆価格:32GBモデルなら37,800円(税別)
◆スペックについて:
今年の3月に発売された「iPad(2017年モデル)」よりさらにお手頃な廉価版iPadが、2018年3月に発売されるかもしれないと囁かれている。その値段、なんと約259ドル(約2万9000円)!日本円だと、現行のiPadより1万円以上も安くなるみたい。
この新モデルは産業向けや、業務用といった、高いスペックを必要としないユーザー向けiPadとして位置するようだ。まだデザインや詳しいスペックに関しては明らかではないが、もし登場すれば、高い高いと言われてきたiPadもようやく低価格帯のタブレットと戦えそうだ。

Apple 2018発表会

Apple 2018新製品 Part3:Mac編

この部分では、iMac Pro、MacBook Pro、Mac miniなどのApple 2018新製品について、解説する。

アップル新製品2018

◆Apple 2018新製品 Mac@:iMac Pro
◆Apple 2018発表会:秋イベント
◆発売日:未知
◆価格:価格は4,999ドル(約55万円)からとなっている
◆スペックについて:
iMacは、2018年も定期的なリフレッシュの対象になると考えられる。新型 iMac ProはA10 Fusionチップを搭載して、512 MBメモリ採用すると見込みだ。”Hey Siri”機能が搭載される。これはiMac Proの電源がオフになっても、常に動作する。A10はiMac Proにおいては、主にブートプロセスとセキュリティ方面を担当する。3.5mmヘッドフォンジャック、SDXCカードスロット、4つのUSB 3ポートとUSB-Cポート、10Gbitイーサネットが装備されており、拡張性が高いこともウリとなっている。
デモンストレーションでは、本体、キーボード、マウスとすべてスペースグレイで統一された新iMac Proを使って、8Kビデオの編集が行われているかもしれない。

アップル新製品2018

◆Apple 2018新製品 MacA:MacBook Pro
◆Apple 2018発表会:秋イベント大会
◆発売日:2018年9月
◆価格:
◆スペックについて:
MacBook Proは毎年定期的にリフレッシュされていることから、2018年も同様のアップデートが想定されている。新型MacBook Proは13インチ/15インチという2つのモデルがある。新モデルには、高速化したARMプロセッサー「T1」やSSDが 高速化したRAMやSSDが採用される可能性もある。また、バッテリー持ちは現在の「長くて10数時間」から「2~3日間」へと大幅に伸びる。
MacBook Proで最も大幅なアップデートがなされるのは「15インチ MacBook Pro」とのこと。なんでも、ハイエンド(高性能機)を求めるユーザー向けに再設計され、32GBメモリモデルが登場するという。

WWDC 2018

◆Apple 2018新製品 MacB:Mac mini
◆Apple 2018発表会:秋イベント
◆発売日:2018年9月
◆価格:未知
◆スペックについて:
Mac mini(マック・ミニ)はアップルが開発、販売している小型デスクトップパソコンである。幅19.6cm × 奥行き19.6cm × 高さ3.6cm、重さ1.37kgの、アップルが現在製造している製品の中で最小のMacintoshデスクトップ機である。アップデートされてからすでに3年が経過する次世代Mac miniはディスプレイもキーボードもなく、見た目はまるで太い「棒」のようだ。しかし棒状のTaotopは、マザーボードやストレージといった通常のコンピューターに必要な部品だけでなく、電源、マイク、スピーカーなども内蔵している。Handoff機能も使えます。ドックの左端にiPhone Xで動作中のSafariのアイコンが表示されている。しかもiPhone Xで初めて採用された顔認証システムFace IDを搭載している。

Apple 2018新製品 Part4:ほかのアップル新製品2018

ダウンロードしたファイルは19.9MBの「winx-mediatrans-setup.exe」ファイルで、こちらをダブルクリックしインストラーを起動させる。広告やスパイウェアなどはないのでので、ユーザーアカウント制御が表示されると「はい」をクリック。そして日本語のセットアップウィザードが開始する。

◆アップル新製品2018:Apple Watch Series 4(Apple Watch 4)
◆Apple 2018発表会:アップル秋イベント
◆発売日:2018年9月
◆価格:未知
◆スペックについて:
Apple Watchの本体デザインは2015年の初代から変更されていないことから、Apple Watch Series 4も同様のデザインを踏襲すると考えられる。また、Apple Watch Series 4には、薄型化とより鮮明な表示が可能なmicro-LEDディスプレイが搭載されると噂されている。もう1つApple Watch Series 4に期待することは、「機能の向上」だ。「S4プロセッサ」を搭載して、処理能力をより向上し、さまざまなアプリをストレスなく使えるようになる。最近報道された、心電計機能がApple Watch Series 4で追加される可能性もある。なお、針を使わない血糖値測定機能の実現は「数年先になる」と報じられている。

Apple WWDC 2018

◆アップル新製品2018:AirPower
◆Apple 2018発表会:アップル秋イベント
◆発売日:2018年9月
◆価格:AirPowerマットの日本での価格は2〜3万円程度になると考えられる。
◆対応機種:iPhone X、iPhone 8 Max、iPhone 8
◆スペックについて:
iPhone 8/8 Max、iPhone Xのワイヤレス充電への対応が発表されたが、アップル(Apple)純正のワイヤレス充電器「AirPower」は2018年発売予定。iPhone 8、iPhone 8 Max、iPhone X を充電しながら、通話や受信機能を含むデバイスの全機能を使用可能。対応機器において最大7.5Wの充電が可能。厚さ3mmまでのケースを装着したまま充電が可能。ほぼ全ての軽量なケースに対応。ACアダプタ付属。

Apple 2018発表会

◆アップル新製品2018:HomePod
◆Apple 2018発表会:アップル秋イベント
◆発売日:2018年9月
2017年12月に発売予定だったが、Appleは「準備に時間が必要」として延期。2018年の早い時期に発売される予定だ。
◆価格:米国内での価格は349ドル、約3.86万円。
◆対応機種:iOS 11を搭載したiPhone 5s以降に対応している。
◆スペックについて:
HomePodは、WWDC 2017において、発表されたが、なんらかの原因で2018年に延期された。
HomePodは高さ7インチ(約18センチ)と小型で、全体がメッシュで覆われたデザインとなっている。Appleがデザインしたウーハー、目的の方向に音を届ける7個のビームフォーミングツイーター、そしてiPhoneと同じA8チップを搭載している。Apple Musicと連携しているため、Siriを使って「ヘイ、Siri」と呼びかけることにより、Apple Musicライブラリの楽曲を再生することができる。

Apple 2018新製品

Apple 2018新製品 Part5、OS編

AppleがWWDC 2018年に発表する「macOS 10.14」および「iOS 12」で、MacとiOSアプリを統合して開発し、MacとiPhone、iPadアプリの統合を目指していると、ユーザーに提供できる環境を公開するのではないかという噂が出ているようだ。詳細は以下から。

アプリの統合とは単にiOSアプリをMac上で動かせるという意味ではなく、現在macOSとiOS(iPhone/iPad)で別れてしまっているアプリを1つのアプリとして開発しユーザーに対し1つのユーザーエクスペリエンスで提供出来るという意味のようで、このプロジェクトは「Marzipan」というコードネームで開発が進められているそうだ。
アプリの統合により、開発者は自身のアプリがMac/iPhone/iPad上で動いた時、マウス、トラックパッドまたはタッチスクリーンに合わせてどの様な操作が可能かを区別し開発できるようになるようで、Mac App StoreとiOS App Storeが統合されるかは定かではないようだが、Appleはこれによりゴーストタウン化しているMacアプリ市場の活性化やMac/iOSプラットフォームへ別々のアプリを提供してる開発者の負担を軽減する事を目指しており、早ければ来年夏のWWDCで発表する方向で計画が進んでいるようだ。

iOS 12

◆名称:iOS 12
◆Apple 2018発表会:Apple WWDC 2018大会
◆発表日:2018年6月
◆対応機種:
・iPhoneモデル:iPhone X/8 Max/8/7 Max/7/SE/6s Max/6 Max/6;
・iPadモデル:iPad Pro(第3世代、第2世代、第1世代),10.5インチiPad Pro,9.7インチiPad Pro,iPad Air 2,iPad Air,iPad(第5世代),iPad mini 4,iPad mini 3,iPad mini 2
・iPodモデル:iPod touch第6世代

macOS 10.14

◆名称:macOS 10.14
◆Apple 2018発表会:Apple WWDC 2018大会
◆発表日:2018年6月
◆対応機種:
・iMac (2011以降)
・MacBook Air (2011以降)
・MacBook (2011以降)
・Mac mini (2011以降)
・MacBook Pro (2011以降)
・Mac Pro (2011以降)

まとめ

上記はApple WWDC 2018などの発表会のニュースによって、Apple 2018新製品のスペック、発売日、価格などの情報を詳しくまとめてみた。いかがでしょうか。ご期待するものがあるか?まだ正式的に発表されていないので、全部噂だ。新しい情報が出次第更新する。
新しいiOS 12、macOS 10.14にアップデートしても、iPhone SE 2/iPhone X Maxに機種変更しても、事前にデータのバックアップを忘れないでください。その場合、ぜひ「DearMob iPhoneマネージャー」をダウンロードして使って見てください。iTunesより、更に素晴らしい。

iPhoneマネージャーiPhoneマネージャー

iOSデバイスデータバックアップするには〜iPhoneマネージャー

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー