×
ホーム iPhoneバックアップ iTunesバックアップから復元できない

iTunesバックアップから復元できない時に役立つ対処法10個!2020年!

【要約】

新しいiPhoneに機種変更する際、旧iPhoneのデータをiTunesバックアップから復元しようとすると、どうしても復元できません!という問題があります。

本文は、iTunesバックアップから復元できない時の対処法を解説していく。iTunesバックアップから復元できなくて困った時に役立つソリューションが満載です。

iPhoneバックアップ・復元はより簡単・速い〜DearMob iPhoneマネージャー

iPhoneをiTunesなしでバックアップ
  • iTunes・Wi-FiなしでiPhoneを簡単・高速にバックアップ・復元できる;
  • 写真や音楽、ビデオ、連絡先ど欲しいデータのみのバックアップも可能;
  • 更に、以前iTunesバックアップされたiPhoneをそのまま復元できる;

 

iTunesバックアップから復元できなくてお困りの方は使ってみよう。

目次

1. iTunesバックアップから復元できない場合の対処法10個

iTunesからiPhoneバックアップを復元する際、復元できないトラブルがよく時々発生します。

それはなぜでしょうか?

実は、iTunesバックアップから復元ができない原因は操作ミスや互換性の問題、容量不足、不明エラー等、様々があると考えられます。

次はiTunesバックアップから復元できない場合の対処法10個をご紹介します。PCによくわからない人でも、以下の対処法を利用して、iTunesからiPhoneを復元できないトラブルを殆ど解決することができます。

対処法@:DearMob iPhoneマネージャーでiTunesバックアップから復元する(超便利)

iTunesバックアップから復元できない場合の対処法については、原因によって異なります。

しかし、専門知識がない一般人が原因を正しく探し出すのは殆ど無理でしょう。

iTunesバックアップから復元できる「DearMob iPhoneマネージャー」を使って、原因を問わず問題を一発解決することができます。

DearMob iPhoneマネージャー

DearMob iPhoneマネージャーはお手軽にiPhoneのバックアップ&復元をしたり、PCとiOSデバイスのデータ転送をすることができるツールです。以下の特徴を持っています。

★ Wi-FI・iTunes不要で、直接iPhoneを丸ごとコピーしたり、復元したりすることができる。

★ iTunesでバックアップされたiOSデバイスのファイルを認識して復元することができる。

★ iPhoneの写真や音楽、ビデオ、連絡先、着信音、ボイズメモを個別にエクスポートとインポートできる。

★ 2、3クリックだけでiPhoneをバックアップ・復元することが出来る。

★ iTunesより速いスピートでiPhoneバックアップと復元を行える。

それではDearMob iPhoneマネージャーでiTunesバックアップから復元する手順を説明していきます。

準備: DearMob iPhoneマネージャーを手元のパソコンに無料ダウンロード・インストールしてください。

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー

Step1. ソフトを起動した後、USBケーブルでお持ちのiPhoneをパソコンに接続します。iPhoneでは「iPhoneを信頼しますか」が表示されるので、「信頼する」とタップしてください。すると、iPhoneはDearMob iPhoneマネージャーで自動的に検出されます。

Step2. ソフトの主画面に、「バックアップ」アイコンを選択します。

iTunesバックアップから復元

Step3. 画面上部の「バックアップファイルを復元」をクリックすると、以前iTunesでバックアップされたiOSデバイスのファイルが全部表示されます。

Step4. その中に復元したいiOSデバイスのファイルを選択して、「今すぐ復元」ボダンだけをクリックします。そうすると、iTunesバックアップが復元されます。

iTunesバックアップから復元

関連記事:iTunes代替日本製ソフトTOP8|iPhone/iPadデータ管理を簡単に!>>

対処法A:iCloudの「iPhoneを探す」機能を無効にする

iCloudの「iPhoneを探す」機能を有効にしている場合、iTunesからiPhoneバックアップを復元することができません。皆さんはiPhone にiTunesからバックアップを復元する際、この一歩は忘れてしまう場合が多いです。

iTunesのバックアップから復元ができない問題が起こったら、iPhone 上の「iPhoneを探す」を無効にしているか確認してください。

※iCloudの「iPhoneを探す」を無効にしているか確認する方法:

iPhone のホーム画面から「設定」アプリ>「iCloud」>「iPhoneを探す」を選択します。もしかしても、「iPhoneを探す」を有効にしている場合、スイッチをオフにして、 Apple IDのパスワードを入力すればよいです。

iTunesからバックアップを復元できない

対処法B:iTunesを最新バージョンにアップデートする

iPhone にiTunesバックアップを復元する際、接続できないエラーで、上手くiPhoneバックアップを復元できないことがあります。

そのため、iTunesのバックアップから復元ができないトラブルが発生したら、更新プログラムからiTunesのバージョンは最新ではないかを確認してください。

※iTunesのバージョンのアップデート方法:

パソコン上のiTunesを起動し、上部にあるメニューバーから、「ヘルプ」>「更新プログラムを確認」の順に選択してください。お使いのiTunesは最新バージョンでない場合は、画面指示に従って、最新バージョンをダウンロードとインストールすればよいです。

iTunesのバックアップから復元ができない

対処法C:接続用のUSBケーブルを純正品に切り替える

見た目は接続が悪かったり、断線したりするケースがある場合、もちろん、接続用のUSBケーブルは問題がある可能性が高いです。

そういう時、別のUSBケーブルに切り替える必要があります。

また、見た目はUSBケーブルが問題ないですが、iTunesのバージョンも最新だったのに、接続できないエラーでiTunesからiPhoneを復元できないこともあります。そういう時の原因はお使いのUSBケーブルがApple純正のLightningケーブルではないかもしれないんです。

従来、非純正のLightningケーブルを使用する時、不明原因でiPhoneとiTunesは上手く接続できない不具合があります。iPhone にiTunesバックアップを復元する際、できる限り純正品のLightningケーブルを利用してください。

対処法D:iTunesを再インストールしてみる

USBケーブルの問題以外、iTunesソフトの不具合で接続できなく、iTunesからiPhoneを復元できないトラブルを引き起こす可能性があります。

その問題を解消するためには、一度iTunesを削除してから再インストールしてみましょう。やや面倒ですが、再インストールすることにより、iTunesからiPhoneのバックアップが復元できない問題を解決できるかもしれません。

関連記事:超かんたん!Windows10でiTunesが起動しない時の解決策を説明>>

対処法E:パソコンを再起動してみる

iTunesを起動しているパソコンに何らかの原因があるので、iTunesのバックアップから復元ができないこともあります。

一度パソコンを再起動してみましょう。再起動することで、パソコンの動作や処理が正常に働くようになり、iTunesからiPhoneバックアップを復元するのもスムーズに進む可能性があります。

対処法F:パソコン上のセキュリティソフトを一時に停止する

ウイルス侵入を防御するため、多くの方はパソコン内にセキュリティソフトを実装しています。ただし、iTunesからiPhoneバックアップを復元する際、パソコン内のセキュリティソフトを起動していると、邪魔で上手く進まないことがあります。それはセキュリティソフトとApple会社の製品との相性が悪いからです。

もしも、iTunesバックアップからの復元が失敗したら、一度パソコン上のセキュリティソフトを一時に停止してから、iPhoneの復元をやり直します。

対処法G:別のパソコンを替える

前述の通り、パソコンの不具合でiTunesからiPhoneを復元できないことがあります。

そういう時、別のパソコンを替えるのも一つの対処法です。もし、お家には1台しかパソコンを持っていない場合、友人などのパソコンを借りて、iPhoneをバックアップして、また復元してみましょう。

対処法H:iOSデバイスの十分な空き容量を確保する

iPhoneのバックアップをスムーズに復元するため、復元先のiOSデバイスは空き容量を十分に保証しなければならないです。機種変更の時、復元先のiOSデバイス(iPhone 11)はまだ使ったことがないので、空き容量は十分で殆ど問題ないです。

しかし、iTunesのバックアップから復元ができないトラブルが発生した場合、念のため、一度確認してください。

もしも空き容量は不足にはなると、一部不要なアプリやデータを削除してみましょう。

※iPhoneの空き容量を確認する方法:

iPhoneのホーム画面から「設定」アプリ>「一般」>「iPhoneストレージ」の手順で確認することができます。

関連記事:【2020年】iPhoneのストレージ容量がおかしい時に試すべき対策!>>

対処法I:最新バージョンのiOSにアップデートする

古いiPhoneから新しいiPhone に機種変更する際、両方のiOSは最新バージョンを保証しなければならないです。

もしも、iTunesを利用して、新しいiOSバージョンを持つiPhoneのバックアップをとったら、古いiOSバージョンを持つiPhoneに復元できないです。その場合、「バックアップが壊れているか、復元先のiPhoneと互換性がないために、iPhoneを復元できませんでした」というメッセージがポップアップされで、iTunes でバックアップから復元できないトラブルが起きます。

古いiPhoneと復元先のiPhoneを最新バージョンのiOSにアップデートしてから、再度バックアップと復元を行いましょう。

一番簡単な対処法はやはり、iTunes代替ソフト「DearMob iPhoneマネージャー」を使用するのです。iTunesからバックアップを復元できない問題を一発解決できるので、時間を無駄にしたくない人に最適じゃないでしょうか?

iPhoneマネージャーiPhoneマネージャー

2. 補足:iTunesバックアップから復元する方法

iTunesを利用して、古いiPhoneのデータをバックアップしたり、iPhone に復元したりすることは定番です。

iTunesバックアップを復元する作業は次のようです。

Step1. パソコン上のiTunesを立ち上げたら、iPhone をパソコンに接続します。そうすると、iTunesは自動的にiPhone が認識されます。

Step2. iTunes主画面の左上のデバイスアイコンを選択し、サイドバーから「概要」をクリックします。

Step3. 後は、「バックアップ」欄の下にある「バックアップを復元」をクリックします。

Step4. 「iPhoneの名前」で復元したいバックアップを選んでから、「復元」をクリックします。それで、iTunesからiPhoneバックアップを復元することができます。

iTunesバックアップ復元 iPhoneのバックアップを暗号化していた場合、暗号化を解除するためのパスワードを入力する必要があります。

iTunesからiPhoneバックアップを復元

【メモ】「iTunesを使ったのは面倒ください」という人はiTunesの代わりになる、DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneバックアップを復元しましょう。

iPhoneマネージャーiPhoneマネージャー

RECOMMENDこちらの記事も人気です。