ホーム ブログ iPhoneをiCloudでバックアップ・復元する方法

iPhone8

【iPhone XS/XS Max/XR】iPhoneバックアップできない?iPhoneをiCloudでバックアップ・復元する方法!

iPhoneのバックアップをiCloudで行いたい!?
万一故障や紛失、データを間違って消してしまったなど不測の事態で、iPhone上にある動画・写真・ゲームアプリなどの大事なデータを失うことを発生しないため、iPhoneのバックアップを取って置く必要があります。
iPhoneのバックアップは大きくわけて2つの方法があります。一つはiCloudの利用、もう一つがiTunesの利用です。最近、頻繁に「iCloudでiPhoneのバックアップに失敗」「iCloudでiPhoneバックアップできない」というエラーが出るようになっていました。
今回はiPhoneのバックアップに失敗しないため、iPhoneをiCloudでバックアップ・復元する方法を詳しく紹介します。iPhoneのデータをiCloudでバックアップしようとしたが、やり方がよく分からず、「iPhoneバックアップできない」「iPhoneのバックアップに失敗」といったお悩みがあった人はぜひご覧下さい。

iTunes/iCloudを超えたiPhoneデータバックアップソフトお薦め
DearMob iPhoneマネージャー

DearMob iPhoneマネージャー

DearMob iPhoneマネージャーを利用すれば、PCとiPhone iPad上の写真、音楽やビデオのやり取りできる上、ワンクリックで古いiPhoneから新しいiPhoneにデータ移行することも可能。最新のiPhone X/8にデータ移行するには、DearMob iPhoneマネージャーに任せ!
◆シンプルでわかりやすい操作画面なので、初心者も迷いなく利用できる;
◆データの安全を保証し、データの紛失は発生しない;
◆世界最速のスピードを誇る;

iPhoneのバックアップをiCloud で取るとは?

iPhoneのバックアップをiCloudでとるとは、インターネット上のセキュアな「iCloud」を保存先に使って、iPhoneのデータを保存するのです。iPhoneのバックアップをiCloudで行う特徴は以下の通りです。

◆iCloudバックアップの利用条件

Wi-Fi環境が必須です。

◆iCloudバックアップできる容量

最初の5GBは無料で、容量が足りなくなった場合は、有料プランへアップグレードすることもできます。

◆iCloudバックアップできる内容

*iPhone、iPad、iPod touch 上の写真とビデオ
*iOSデバイスの設定
*iCloudに対応しているAPPデータ
*ホムー画面とAPPの配置
*Apple Watch のバックアップ
*通話履歴
*HomeKitの構成
*iMessage、テキスト 、MMS メッセージ (バックアップ時に使っていた SIM カードが必要)
*Apple サービスからの購入履歴(音楽、映画、テレビ番組、App、ブックなど)
*着信音
*Visual Voicemail のパスワード

iPhone バックアップ iCloud

◆iCloudバックアップできない内容

*iCloud にすでに保存されているデータ (連絡先、カレンダー、メモ、マイフォトストリーム、iCloud フォトライブラリなど)
*ほかのクラウドサービス (Gmail、Exchange メールなど) で保管されているデータ
*Apple Pay の情報と設定内容
*Touch ID の設定内容
*iCloud ミュージックライブラリおよび App Store のコンテンツ

◆iCloudバックアップの対応機種

iCloudは、iPhoneやiPadなどのIosデバイスはもちろん、MacやWindows PCでも使うことができます。

関連記事:iPhone写真復元できない?消えたiPhone写真を復元する方法まとめ!

iPhoneをiCloudでバックアップするやり方

◆iCloudでiPhoneのバックアップを取る事前準備

iPhoneのバックアップをiCloudで行う場合には、Wi-fiに接続することが必要になります。

◆iPhoneをiCloudでバックアップする手順

iPhoneのバックアップををiCloudで行う時、手動と自動の種類があります。ここから、iCloud手動バックアップとiCloud自動バックアップを別々に説明します。

手動でiPhoneのバックアップをiCloudに取る

iCloudでiPhoneのバックアップを手動で取得したい場合、以下の手順に従って操作してください。

1. お持ちのiPhoneの「設定」アプリケーションを起動し、「iCloud」をタップします。

2.下にスクロールして「バックアップ」をタップします。(Appleアカウントを登録していない場合は、次の画面でAppleアカウントを入力してログインします。)

注意:Appleアカウントを登録していない場合は、次の画面でAppleアカウントを入力してログインします。

3.「iCloudバックアップ」がオフ(白)からオン(緑)にします。

4. 「今すぐバックアップを作成」をタップすると、その場でバックアップ作業が開始します。

5. 「バックアップを作成中」の表示が消えて、前回のバックアップの箇所に現在の時間が表示されたら、iPhoneのデータをiCloudでバックアップされます。

関連記事:iPhoneの曲をiTunesに入れない時の対処法>>

iPhone バックアップ iCloud

自動的にiPhoneのバックアップをiCloudで取る

自動的にiCloudでiPhoneのバックアップを行うには、4つの条件があります。

* iPhoneは電源につながっている
* iPhoneがロック中である
* iPhoneがWi-Fiにつながっている
* iCloudに必要な空き容量がある

以上の条件をすべて揃う上、iCloudの自動バックアップの設定を有効にしておけば、iPhoneのバックアップは自動で行われます。

iCloudの自動バックアップの設定を有効する操作はiPhoneの「設定」アプリケーションから、[iCloud]→[iCloudバックアップ]と進みます。そして、「iCloudバックアップ」がオフ(白)からオン(緑)にします。すると、iPhoneを放置しておくだけでiCloudでiPhoneのバックアップが作成されます。

関連記事:iPhone写真バックアップ方法〜無料・無制限のiPhone写真をパソコンへ保存する

iCloudでiPhoneのバックアップを取得してから復元するやり方

iPhoneからの機種変更・お乗換えのため、iCloudで旧iPhoneのバックアップを行われた後、新しいiPhoneにバックアップしたデータの復元を行っておく必要があります。

◆iCloudバックアップを復元する事前準備

1.iCloudでバックアップしたデータを復元する場合は、Wi-Fiネットワークに接続する必要があります。

2. iPhoneをiCloudでバックアップを復元するには、iPhoneを一度リセットする必要があります。

◆iCloudバックアップを復元する手順

iPhoneのデータをiCloudでバックアップしてから復元する手順は以下の通りです。効率的に、iCloudでバックアップしたデータを復元するために、参照して操作してください。

1.「設定」→「一般」→「リセット」の順にタップし、「すべてのコンテンツと設定を消去」→「iPhoneを消去」→再度「iPhoneを消去」をタップします。

2. Apple IDのパスワードを入力し、「消去」をタップすると 、iPhoneを初期化(リセット)されます。

3. リセット完了後、iPhoneの「設定アシスタント」で、「デバイスの設定」を選び、「iCloudバックアップから復元」をタップします。

4. iCloudにサインインし、[次へ]をタップした後、利用規約に同意します。そして、「バックアップを選択」を選び、復元したいバックアップデータを選んで、バックアップデータの復元が開始されます。

5. 「バックアップを作成中」の表示が消えて、前回のバックアップの箇所に現在の時間が表示されたら、iPhoneのデータをiCloudでバックアップされます。

6. iCloudバックアップの復元が完了したら、[続ける]をタップし、Apple IDのパスワードを入力し、位置情報サービスやTouch ID、iCloudキーチェーン、Siriの設定などを再設定しておけば良いです。

関連記事:iTunes代替フリーソフトおすすめ8選!

iPhone バックアップ iCloud

iCloudでiPhoneバックアップできない原因と対処法

iPhoneのバックアップをiCloudでとる際、上手くいかないことがあります。操作は間違っていないのいに、iCloudでiPhoneのバックアップできないのはなぜでしょうか?

iCloudのストレージに十分な空き領域がないのはiPhoneをiCloudでバックアップできない原因と考えられます。また、容量不足以外、なんらかのiCloud内部エラーでiPhoneバックアップできないことがあります。対策としては以下の三つです。

◆対策1. iCloudのストレージ(容量)を増やす

iCloudやiPhone本体のストレージ利用状況は、「設定」→「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」で確認できます。iCloudのストレージが足りない場合、「設定アプリ」→「iCloud」→「容量」→「ストレージを管理」→「ストレージプランを変更」から容量を購入して追加します。

◆対策2. iCloudにバックアップする容量を減らす

iCloudの容量が余っていない場合は、あまりに使用していないアプリケーションやデータをバックアップから外しておくことができます。下記の手順に従って操作しましょう。

iPhoneの「設定」→「iCloud」→「容量」→「ストレージを管理」→「このiPhone」の順番に選択し、バックアップしない項目のオフを設定します。

◆対策3. iCloudの代わりに、iTunesでiPhoneのバックアップを行う

iCloudでiPhoneバックアップできないなら、パソコンを利用して、iTunesでiPhoneのバックアップを行うのも対策の一つです。

iTunesでiPhoneのバックアップと復元方法>>

最後:iPhoneのバックアップをiCloud で取ろう

さて、iPhoneをiCloudでバックアップする特徴、やり方、復元方法や失敗時の対策について解説しましたがいかがだったでしょうか?iPhoneは大事な時にいつも壊れてしまい困っている人は多いのではないでしょうか?

iCloudでバックアップを取っていれば、不測の事態が起きてしまった場合簡単にデータを復元できます。また、iPhoneに機種を変更する際にもiCloudでバックアップを取っておけば、新しい機種へのデータ移行が楽に行えるでしょう。必要であれば、本記事を参照して、iCloud でiPhoneのバックアップを取りましょう。

iTunes使わず、iPhoneデータバックアップ&転送&管理方法

DearMob iPhoneマネージャー 超簡単・超爆速・多機能

  • シンプルで操作性抜群!転送速度は業界随一;
  • iTunesなしで、iPhoneとPCの間、データをやり取りできる;
  • 機種変更時のiPhoneバックアップ復元をとることができる;
  • PC上で写真・音楽・ビデオなどiPhoneのデータを管理できる;
DearMob iPhoneマネージャー

1クリックだけで軽く、速くPCとiPhone上のデータをやり取りできる。iPhoneバックアップ復元の時に役立つ!

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

お役立ち情報

DearMob iPhoneマネージャー

iTunes代替〜高速にiPhoneバックアップ・転送・管理!より簡単・安全!

 

新iPhone機種変更ガイド

新型iPhone XS/ XS Max/ XRに乗り換える時、データ移行やり方・注意点等を一気にわかる。

iPhone音楽マネージャー

【無料】iOS端末とPC/Mac間、音楽を双方向で転送できる専門のフリーソフト!

 

最新情報・人気記事

  1. 1

    【無料】iTunes代替フリーソフトおすすめ8選!iTunes以外のソフトでデータを転送・管理!

  2. 2

    【決定】第69回NHK紅白歌合戦2018(2019) の司会者・出演者・曲目・曲順・放送時間など

  3. 3

    【解決】iOS 12にアップデートできない・iOS 12のアップデートが終わらない/進まない時の対策!

  4. 4

    【比較】どっち買うべきか?最新iPhone XS/XR/XS Max比較:スペック・デザイン・価格など!

  5. 5

    【機種変更】旧iPhoneからiPhone XS/XR/X/8にデータを移行・引き継ぎする方法

iPhoneデータバックアップ用〜DearMob iPhoneマネージャー

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー