ホーム iOSデータ転送 iPhoneの写真をWin10へインポート

Windows10でiPhoneの写真がインポートできない場合の原因と対処法!2019年度!

周知のように、Windows 10純正の「フォト」アプリでiPhoneの写真をインポートすることができます。しかし、Windows10「フォト」でiPhoneの写真をパソコンに取り込む時、iPhoneからWin10フォトへのインポートができない不具合が時々あります。「フォト」を使用せず、直接エクスプローラの「DCIM」フォルダからiPhoneの写真をパソコンWindows10に取り込みたいですが、エラーも頻発しているようです。

Windows10のフォトで写真がインポートできない原因は何ですか?また、Windows10でiPhoneの写真がインポートできない場合、どうすればいいでしょうか?

本記事は、Windows10でiPhoneの写真がインポートできない場合の原因と対策をご紹介していきます。Windows10でiPhoneの写真がインポートできなくて困っている方は要チェックしてください。

iPhoneからWindows 10に写真を取り込める超便利なツール

iPhoneの写真が一部パソコンに転送されない

DearMob iPhoneマネージャーは、Windows 10とiOSデバイスの間で写真やビデオなどのデータをお互いに高速で転送できます。


また、iOS 11からサポートされた高圧縮画像ファイルフォーマット「HEIC」のプレビュー、エクスポート、JPG変換にも対応しています。


Windows10でiPhoneの写真が取り込めない場合、DearMob iPhoneマネージャーを使ってみよう!


無料体験版をダウンロードする
目次

Part1、iPhoneの写真をパソコンWindows10に取り込む方法!

Windows10でiPhoneの写真をインポートする方法は主に以下の2種類あります。

@、「フォト」アプリを利用して、iPhoneの写真をパソコンWindows10に保存します。やり方は次のようです。


Step1、USBケーブルでiPhoneをPCに接続し、iPhoneのロックを解除します。すると、iPhoneで「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示されるので、「信頼」をタップしてください。

Step2、Windows10の「フォト」アプリを起動し、右上の「インポート」をクリックします。

Step3、iPhoneからパソコンWindows10に移したい写真を選択する画面が表示さるので、欲しい写真を選択してください。

Step4、選択して終わったら、左下の「続行」をクリック押します。「インポートを開始しますか?」と出るので、「インポート」をクリックすればOKです。

iPhoneの写真がパソコンに一部しか取り込めない

A、エクスポローラから、iPhoneの写真をパソコンWindows10に直接保存することも可能です。操作は以下の通りです。


Step1、USBケーブルでiPhoneをPCに接続し、iPhoneのロックを解除します。すると、iPhoneで「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示されるので、「信頼」をタップしてください。

Step2、エクスプローラーを開き、「デバイスとドライブ」にあるiPhoneを選択し、「DCIM」をクリックします。

Step3、iPhoneの写真を保存している「○○APPLE」というフォルダをクリックし、フォルダ内の写真をドラッグ&ドロップしたら、Windows10でiPhoneの写真をインポートすることができます。

iPhoneの写真がパソコンに一部しか取り込めない

DearMob iPhoneマネージャー 超簡単・超爆速・多機能

  • シンプルで操作性抜群!転送速度は業界随一;
  • iTunesなしで、iPhoneとPCの間、データをやり取りできる;
  • 写真・音楽・ビデオ・連絡先・アプリ等、多様なデータ種類に対応;
  • 機種変更時のiPhoneバックアップ復元をとることができる;
DearMob iPhoneマネージャー

Part2、Windows10でiPhoneの写真がインポートできない場合の原因は?

Windows10のフォトでiPhoneの写真をインポートしても、エクスプローラーでiPhoneの写真をかパソコンWindowsに移動しても、エラーが頻発します。原因としては、以下のようなものが考えられます。

  •  お使いのケーブルはApple純正品ではなく、粗悪な社外品からです
  • その場合、iPhoneとPCの接続問題で、「iPhoneが認識できない」「このデバイスに到達できません」といったエラーが出て、Windows10でiPhoneの写真がインポートできないです。

  •  PCのUSBポートの接触不良です
  • Windows10パソコンで接続しているUSBポートに接触不良が発生したら、Windows10のフォトで写真がインポートできないエラーが出ます。もちろん、エクスプローラーからWindows10でiPhoneの写真をインポートすることも不可能です。

  • ● iPhoneのロック画面が解除されないからです
  • 「フォト」でも、エクスプローラーでも、Windows10でiPhoneの写真をインポートする時、iPhoneのロック画面が解除しなければならないです。しかし、このステップを忘れた場合が多いです。

    iPhoneのロック画面が解除されないと、iPhoneが認識されないとか、「DCIM」の写真が表示されないとか…エラが出てきます。

  • ● iPhoneのドライバが古いので、Windows10でiPhoneの写真が取り込めない場合が多いです。
  • iPhone用のドライバが古いと、iPhoneをパソコンWindows10で認識されなくて、Windows10でiPhoneの写真をインポートできなくなります。

  • ● パソコンWindows10でiTunes がインストールされていない、又はiTunesとiOSは最新バージョンではない場合、「iPhoneからWin10フォトへのインポートができない」「エクスプローラーからiPhoneの写真をパソコンWindows10に取り込めない」といったエラが発生する可能性もあります。
  •  
  •  パソコンの空き容量は不足しているから、Windows10フォトでiPhoneがインポートできないエラーが発生して失敗します。

Part3、Windows10でiPhoneの写真がインポートできない場合の対処法!

「iPhoneからWin10フォトへのインポートができない」、及び「エクスプローラーからWindows10でiPhoneの写真が取り込めない」原因は前述の通りです。

それでは、原因に基づき、Windows10でiPhoneの写真がインポートできない場合の対処法をご紹介します。

対処法@:パソコンの空き容量を十分に保証する

対処法A:操作途中で、iPhoneのロック画面が解除されないことを忘れたかを確認する

対処法B:USBケーブル、又はUSBポートを変えてみる

対処法C:iPhoneのドライバを再インストールしてみる

対処法D:iTunesとiOSを最新のバージョンに更新してみる

対処法E:iPhone、又はパソコンWindowsを再起動してみる

それでもダメな場合、iPhoneの写真をパソコンWindows10に取り込む方法を変えてみる(原因問わず、一発解決)

Win10フォトとエクスプローラーのどちらもWindows10でiPhoneの写真が取り込めないなら、iTunesより100倍使いやすいiPhone管理ツールの「DearMob iPhoneマネージャー」を使ってください。

DearMob iPhoneマネージャー

DearMob iPhoneマネージャーは最優秀のiPhoneデータ転送・管理ソフトを目指して開発されるもので、iPhoneの写真をパソコンWindows10にインポートするだけではなく、以下のメリットを持っています。

メリット

■ iPhoneの写真をパソコンWindows10にインポートするだけではなく、逆にパソコンからiPhoneに写真を入れるのも可能。

■ iPhoneにあるデータを消さずに、Windows10でiPhoneの写真を安心安全にインポートすることができる。

■ とにかくわかりやすくて、iTunes及び類似品の転送速度より速く、たとえ100枚もの4K写真データでもわずか8秒で双方向に転送が可能。しかも、画質の劣化も一切ない。

■ 一旦インストールしたら、Wi-Fiなくでも、iTunesがインストールされてなくても、写真の転送も扱えるので、とてもありがたい。個人情報やデータを漏れられる心配がいらない。

■ iPhoneで撮ったHEIC画像をJPG形式で直接エクスポートできる。パソコンWindows10でHEIC画像でを直接閲覧ができるようになる。

■ 他に、写真だけではなく、PCとiPhoneの間で、動画、音楽、PDFファイル、着信音、ボイズメモ、APPファイル、連絡先等、殆どのファイルを双方向で転送することができる。

DearMob iPhoneマネージャーは便利な機能を満載しているので、Windows10のフォトで写真がインポートできない、又はエクスプローラーからWindows10ので写真をインポートできない場合、DearMob iPhoneマネージャーを利用してください。

DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneの写真をパソコンWindows10に取り込む方法

Step1、下記のボタンをクリックして、手元のパソコンにDearMob iPhoneマネージャーをダウンロードしてインストールしてください。

iPhoneデータ管理 iPhoneマネージャー

Step2、ソフトを起動し、USBケーブルでiPhoneをパソコンWindows10に接続します。iPhoneとPC側で「このコンピューター(iOSデバイス)を信頼しますか」というメッセージが表示されるので、「信頼」を選択してください。

Step3、DearMob iPhoneマネージャーのインタフェースにある「写真転送」をクリックすると、iPhoneに保存した写真が全部表示されます。

Step4、パソコンWindows10にインポートしたい写真を選択してから、上部の「エクスポート」をクリックしてください。すると、写真のエクスポートが開始します。

iPhoneの写真がパソコンに転送できない

※HEICの画像がパソコンWindows10にインポートしたい場合、「エクスポート」の隣に三角アイコンをクリックし、「HEICをJPGにエクスポート」をクリックすればOKです。

最後に

上記はWindows10でiPhoneの写真がインポートできない場合の原因と対処法を詳しく紹介しました。Windows10でiPhoneの写真が取り込めないエラーが発生したら、本文を参考にして対策を取ってください。

「DearMob iPhoneマネージャー」を利用すれば、原因を問わずに「Windows10のフォトで写真がインポートできない」、及び「エクスプローラーからWindows10でiPhoneの写真が取り込めない」といった不具合を完璧に解決することができます。個人的ですが、写真の取り込みに困っているなら、DearMob iPhoneマネージャーがおすすめです。

人気記事

ホーム | 会社概要 | お問い合わせ | ニュース | プライバシーポリシー | ユーザー規約 | サイトマップ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc. All rights reserved.
Apple、Appleのロゴ、AirPlay®、 Apple TV®、Mac®、iPhone®、iPad®及びiTunes®などはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。

iPhone用最高の写真転送ツール〜DearMob iPhoneマネージャー

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー