iOS 14新機能&変更点 iOS 14アップデート準備 iOS 14アップデート実行 iOS 14アップデートによる不具合

iOS 14のリリース日と新機能と変更点と対応機種を確認

iOS4以降、Appleは毎年の開発者向けイベントWWDCで次期iOSのベータ版を発表し、発表されて数月後の9月に正式版を一般ユーザに向けてリリースしている。2019年の6月に開催されWWDC 2019で開発者向けに、iOS13を公開された。iOS 14へアップデートする前に、iOS 14のリリース日・新機能・変更点・対応機種などの情報をご覧下さい。

 

iOS 14のリリース日(日本時間)

 

2019年9月17日  iOS14の正式配信

 

iOS 14の新機能と変更点

 

iOS 14の対応機種

iOS 14にアップデートすべきか?

iOS新バージョンが配信されたら、待ちきれない、一刻早く最新のiOSバージョンにアップデートしたいユーザーが決して少なくない。その一方、「iOS 14にアップデートすべきか」、「iOS 14 アップデートできない 状況が発生すればどうするか」、また「もしiOS 14アップデート失敗したらどうするか」という声もある。次はiOS 14 アップデートするメリットとデメリットを解説する。では、一体、iOS 14にアップデートすべきか?

 

iOS 14アップデート データバックアップ

次はiOS 14にアップデートする理由とデメリットを解説する。ご参考ください。

iOS 14にアップデートする主な理由

1、新機能をすぐ体験したい
2、デバイスのパフォーマンスを改善したい

iOS 14アップデートのデメリット

1、バグがある可能性がある
2、バッテリーる可能性がの消費が激しくなある

iOS 14にアップデートする前の準備

お使いのiPhoneのiOSをアップグレードしようとしたが、不具合やバグなどを心配している方も少ないだろう。なので、失敗せずに、iOS 14にアップデートするため、アプデ前の注意点・準備をまとめてご紹介する。

1、iOS 14の対応機種を確認する

2、利用中のApple IDやパスワードを確認

3、サードパーティ製のアプリ対応状況を確認

4、十分なストレージの空き容量を確保

5、格安SIMの対応状況をチェック

6、十分な時間、電源、安定した通信環境を確保

7、iOS 14の不具合を事前に確認する

8、万が一、大事なデータをバックアップ(重要度:★★★★★) 

iOS 14アップデート前にiPhoneをバックアップする理由

周知のように、データ紛失はiOSアップグレードの時に、よく発生する不具合である。iPhoneをバックアップしないと、iOS 14アップデート後に重要なiPhoneデータをなくても仕方がない。という訳で、iPhone内に保存した大切なデータの損失を最大限に避けるため、事前にiPhoneバックアップを取った方がよい。iPhoneバックアップツールを使って、iOS 14にアップデートする前に、iPhoneを完全にバックアップしたり選択的にバックアップしたりしたら、iOS 14アップデート後に失ったデータも復元できる。そうしたら、iOS 14にアップグレードして、データの消失を心配することなく、さまざまな新機能を体験できる。

iOS 14のアップグレード前に、iTunes&iCloudでiPhoneバックアップを取る

iTunes&iCloudは一番よく使われるiPhoneバックアップサービスだが、面倒ください!エラーが頻発!使いにくい・・・といった問題が多い。iTunesとiCloudのどちらも、データを失うリスクを完璧に避けられない。

 

iCloudでiPhoneバックアップの問題

1. バックアップできるデータの種類が少ない

2. バックアップには容量が限られている

3. Wi-Fi環境がないとバックアップできない

iCloudでiPhoneバックアップできない対処法>>

 

iTunesでiPhoneバックアップの問題

1. 選択的にバックアップ出来ない

2. 非購入のデータをバックアップ出来ない

3. バックアップ途中で止まる

4. iTunes本体の不具合が多い

iTunesでiPhoneバックアップできない対処法>>

DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneをまるごとバックアップする!iTunes&iCloud不要!

iTunes vs iCloud vs dearmob

Step1:バックアップ

1クリックだけで

iPhoneバックアップ

>>

Step2:アップデート

最新のiOS 14にアップデート

>>

Step3:iPhone復元

iPhoneバックアップを復元

(iTunes不要)

• 1-クリックでiPhoneを完全にバックアップ・復元することができる
•iTunesよりはるかに自由度と便利度が高い
•必要なデータを選択バックアップ:写真・音楽・ビデオ・連絡先・podcasts・SMS・ボイズメモ・カレンダー・PDFファイル・ブックマーク

Step 1: iPhoneバックアップを取る

万が一、データの紛失を避けるため、iOS 14にアップデートする前に、iPhoneバックアップを取っておく。

@ DearMob iPhoneマネージャーをインストールしたら、実行する。

A iPhoneを完全にバックアップするため、主画面の【バックアップ】をクリックする。

ヒント: iTunesをインストールしなくても、正常に動作できる。

Step 3: iPhoneバックアップを復元

iOS 14のアップデート後、iPhoneを安全に復元するには、「バックアップ」>「バックアップファイルを復元」の順でiPhoneバックアップから復元する。

@ iPhoneを再びPCに接続して、DearMob iPhoneマネージャーを起動する。

A 「バックアップ」 > 「バックアップファイルを復元」> 先ほどバックアップしたファイルを選択> 「復元」をクリックすると、復元される。

▼DearMob iPhoneマネージャーの使い方ガイド>>

DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneを選択的にバックアップする

OSのアップグレードでデータを消えたことがよくあるので、万が一のため、iPhone最新のOSバージョン「iOS 14 」にアップデートする前に、大事なデータやファイルをバックアップした方がよい。しかし、iPhoneを完全にバックアップするのは結構時間がかかるので、必要なデータだけをバックアップできれば最高!

 

1 iOS 14にアップデートする前に、必要なデータを自由にバックアップする

周知のように、iTunesとiCloudのどちらもiPhoneデータを選択的にバックアップすることが出来ない。その場合、iPhoneデータを選択的にバックアップする可能なDearMob iPhoneマネージャーを強くお薦める。写真・音楽・連絡先・ビデオ・メッセージ・ボイズメモ・電子書籍・ブックマーク・カレンダー等に全部対応できる。

2 iOS 14にアップデートした後、iPhoneバックアップを個別に復元

iOS 14アップデートが完成したら、iPhoneをDearMob iPhoneマネージャーに接続して、必要なデータをバックアップから復元すればよい。DearMob iPhoneマネージャーさえあれば、iOS 14にアップデートの時、iTunesより何倍に簡単にiPhoneをバックアップしたり復元したりすることができる。データ損失の心配が要らない!.

Best File Manager for iOS 14 Upgrade

iOS 14アップデのiPhoneバックアップ

iTunes&iCloudの代わりになるソフト- DearMob iPhoneマネージャー

● iTunesなしで、超高速にiPhoneバックアップ・復元;
● 選択バックアップとフルバックアップの両方もサポート & 容量制限なし;
● iPhoneデータの追加・エクスポート・編集・削除等の管理にも対応;

iOS 14にアップデートする方法

iPhoneバックアップや電源、空き容量等、いろいろ準備してきた後、iOS 14へのアップグレードをしよう!iOSのアップデート方法は2通りある。一つは、iOS単体でアップデートする方法である。もう一つは、PC経由で「iTunes」からアップデートする方法である。

iOS単体でアップデートする方法をお薦める方

◆ パソコンがなくて、または使いたくない;

◆ 安定なWi-Fiネットワーク環境がある;

◆ iOSデバイスには十分な空き容量がある;

iOS単体でアップデートする操作手順 

Step1、iOS 14をダウンロードする;

@、端末を電源に接続してWi-Fiネットワークによりインターネットに接続する;
A、ホーム画面→設定→一般→ソフトウェアアップデートの順にタップして、表示される「ダウンロードとインストール」を押してパスワードを入力する;
B、その後利用条件を確認して「同意する」をタップすると、「iOS 14」データのダウンロードが開始される;

Step2、iOS 14インストールする;

@、「今すぐインストール」を押すとアップデートが開始する;
A、「アップデートを検証中」と表示されて、しばらく待つと、iPhoneの画面が表示されて、iPhoneをiOS 14にバージョンアップが完了した。

iTunesからアップデートする方法をお薦める方

◆ パソコンがある;

◆ iOS単体でアップデート出来ない

◆ Wi-Fiなし

iTunesからアップデートする操作手順 

Step1、まず使っているパソコンを最新バージョンのiTunesをインストール、あるいはアップデートする:

Mac:iTunesを起動 > コンピュータの画面上部に表示されるメニューバーから「iTunes」>「アップデートを確認」を選択 > 画面の指示に従って、最新バージョンをインストールする;
Windows:iTunesを起動 > iTunes ウインドウの上部にあるメニューバーから > 「ヘルプ」>「更新プログラムを確認」の順に選択 > 画面の指示に従って、最新バージョンをインストールする;

Step2、iPhone/iPad/iPod touchなどのiOSデバイスをパソコンに接続する;

Step3、iTunes を開いて、デバイスを選択する;

Step4、「概要」をクリックし、「アップデートを確認」をクリックする;

Step5、「ダウンロードしてアップデート」をクリックする;

Step6、iOS 14がデバイスにインストールされたら、画面の説明に従ってセットアップしてください。セットアップが終わったら、iOS 14 アップデートが完了した。

iOS 14アップデートによる不具合・エラー&対処法

毎年、OSをアップデートする時、アップグレードに失敗したり、バッテリー持ちが悪くなったり、リンゴループになったり、フリーズが多発するといった不具合が相次いで報告されている。次ではiOS 14アップデート中/後に発生する不具合・エラー情報や対処法をお届けする。

iOS14アップデート中・利用中のiOS14バグ

2020年最新のiOS14は今アップデートできるようになりました。この記事でiOS14バグとその解決策をまとめてご紹介します。
•対処法>>

iPhoneの動作が重く、遅くなる

iOS 14へアップデートした後、日々iPhoneを使っている中で、「動作が重い」「遅くなった」ということはないか?
•対処法>>

アプリが落ちる、一部のアプリが使えなくなる

最新のiOS14にアップデートした後、iPhoneのアプリが頻繁に落ちるようになったという声を度々聞くようになった。
•対処法>>

充電できない、またはバッテリーの減りが早い

iOS 14 アップデートで、iPhoneの電池の減りが激しい、電源が落ちる不具合が起きることもある。

•対処法>>

 

▼iOS14へのアップデート方法とアップデートできない時の対策をもっと知りたい>>

ホーム | 会社概要 | お問い合わせ | ニュース | プライバシーポリシー | ユーザー規約 | サイトマップ

Copyright © 2021 Digiarty Software, Inc. All rights reserved.
Apple、Appleのロゴ、AirPlay®、 Apple TV®、Mac®、iPhone®、iPad®及びiTunes®などはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。

DearMob