カンタン解決!iTunesでバックアップできない時の対策を説明

iPhoneやiPad、Macユーザは、音楽や動画、画像などデータのバックアップと言えば、まず思う出すのはアップル社のiTunesでしょう。

でも、iTunesを使うと、なんかエラーでバックアップできないこともよくあります。さて、今回はiTunesでバックアップできない時の対策を説明します。パソコン初心者でも大丈夫です。

     

一、iTunesでバックアップする前に、バックアップの対象にならないデータを確認

iTunes バックアップでは、デバイスのほぼすべてのデータと設定情報がバックアップされますが、以下のデータは iTunes バックアップの対象にはなりません↓↓↓

◆iTunes Store および App Store から入手したコンテンツ、または Apple Books に直接ダウンロードした PDF
◆iTunes から同期したコンテンツ (読み込んだビデオや写真、MP3 や、CD、ブック、など)
◆iCloud にすでに保存されているデータ (iCloud 写真、iMessage、テキスト (SMS)、マルチメディアメッセージなど)
◆Apple メールのデータ
◆Face ID や Touch ID の設定
◆Apple Pay の情報と設定内容
◆アクティビティ、ヘルスケア、キーチェーンのデータ (これらのコンテンツをバックアップするには、iTunes でバックアップを暗号化する必要があります。)

二、iTunesでバックアップできない時の対策を詳しく説明

次は、iTunes バックアップ できない時の解決策を詳しく説明します。操作手順を複雑に感じる方がいれば、一番カンタンな方法を見てください。

1. iTunesはiPhoneやiPadを認識しない

読み書き中にエラーが発生して、iTunesでバックアップできない場合、以下の内容をもう一度確認してください

@iTunes/iPhone/iPadの再起動
一度電源を落として再度起動しなおしてあげることで処理速度やデバイスの問題があっさり解決されたなんてことはよくあることです。

AiTunes/iOSのアップデート
iTunesやiPhoneのソフトウェアバージョンが古いためにエラーが発生している場合もあります。
最新バージョンの iTunesや iOS にアップデートしてもう一度試してみてください。

B接続ケーブルの確認
接続ケーブルは障害発生しますか?純正品ですか?問題なく充電やデータ転送が可能なケーブルがありますが、データ認識ができません。

Cセキュリティソフト/ウィルスソフトが原因かも
iTunesでバックアップする時にウィルスソフトが干渉してしまっている可能性があります。iTunesはiPhoneやiPadを認識しなく、バックアップできない場合、セキュリティソフト/ウィルスソフトを終了して試してみてください。

2. パソコンの容量を確認してください

iTunesをCドライブにインストールしますか?そうであれば、Cドライブに空き領域を確認してください。容量不足でiTunesバックアップができません。

ヒント:Mac空き容量の確認:Appleアイコン⇒このMacについて⇒ストレージ⇒Macの空き領域とクリックする

3. 「iTunes バックアップ できない セッション」の解決策

例えば、「セッションが失敗したため、iPhone”○○○”のバックアップの作成ができません」、「セッションを開始できなかったため、iPhone”○○○”のバックアップの作成ができません」のようなエラーメッセージが表示される場合、次の方法を試してみてください。

@Windowsユーザはアップルの公式サイトではなく、マイクロソフトのストアから最新バージョンのiTunesをダウンロードします。WindowsパソコンにiTunesを再インストールしたら、iTunesでバックアップ処理を試してみましょう。

A最新バージョンiTunesを再インストールしてもバックアップできない場合、
1)iTunesのバックアップの進捗インジケータをクリックします。
2)iTunesのバックアップの進捗インジケータを移動します。

4. 「iPhone”○○○”はiPhoneの設定が完了ていないため、バックアップを作成できませんでした」の解決策

このようなメッセージが表示された場合、iPhoneの設定を開きます→言語と地域の設定画面を開きます→言語を日本語、地域を日本に設定します。

5.「 iTunes バックアップ できない、バックアップボタンがグレーアウトしている」の対策

実は、「今すぐバックアップ」ボタンがグレーアウトとなるのはバックアップが進行中のようです。いつまでも終わらなければ、左の項目を選んで同期しない設定にするとか中止してiTunesを再インストールするか、iTunesでバックアップを再度試してみてください。

ヒント:どうしてもわからない場合、Apple サポートにお問い合わせの上、ご相談ください。

三、「一番カンタン」iTunesより使いやい&高性能のバックアップソフトを試してみては

iTunesはアップル社の純正品ですが、エラーが頻発しているので、使っても口コミが悪いです。iTunesでバックアップできない時、前述の解決方法で解決できるが、見ても複雑だな―という感じです。

実は、iTunesより使いやい、高性能のバックアップソフトが多くあります。iTunesの代わりに、バックアップを手軽くできます。

ここでは、バックアップソフト「DearMob iPhoneマネージャー」を例としてどうやって簡単にバックアップするかと詳しく解説します。

ヒント:DearMob iPhoneマネージャーのバックアップ機能のメカニズムがiTunesと全く同じです。DearMob iPhoneマネージャーでバックアップされたデータもiTunesバックアップの保存先に保存されたので、iPhoneやiPadの復元にとても便利です。

まずは、「DearMob iPhoneマネージャー」をダウンロードしてインストールしてください。(100%安全・ウイルスなし)↓↓↓

  • STEP.1

    USBケーブルでiPhone/iPad/iPodなどのiOS端末をパソコンに接続してください。iOS端末とパソコンを初めて接続する時、iOS端末に「このコンピューターを信頼する…」という画面が表示されます。「信頼」をタップしてください。  

  • STEP.2

    DearMob iPhoneマネージャーのメインフェイスにある『バックアップ』タグをクリックすると、下記の画面になります。画面下部の中央にある「今すぐバックアップ」ボタンをクリックすると、今接続されるiPhone/iPad/iPod内のデータバックアップが開始します。少し時間をかかりますので、少々お待ちください。

     

  • STEP.3

    バックアップが終わると、画面上部にある「バックアップファイルを復元」タグをクリックしてチェックできます。iTunesでバックアップできない問題を簡単に解決します。

    ⇒合わせて読みたい:DearMob iPhoneマネージャーの詳しい使い方

この記事を書いた人:鹿島湊

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。