ホーム ブログ iPhone高速化

iPhone&iOS 12

【iOS 12重い】iPhoneを軽くする&高速化14の方法|iOS 12端末動作遅い問題解決

ーーiOS 12にアップデートした後、iPhone 7 Plusの動作が非常に重くなってしまいました。常にというわけではなく、Twitterやソーシャルゲームなどをプレイしている際には若干以前と比べてもたつきを感じる程度ですが、ホーム画面上や、設定アプリ?
側面ボタンやホームボタンの操作などでは一分以上の遅延があり、まともに操作できない状況です。


皆さんは、新しいiOSなどへアップデートした後、あるいは日々iPhoneを使っている中で、「動作がもたついて重い」「遅くなって困っている」ということはないか。
例年通りすれば、今年はiOS 12がリリースされる。新しいデザイン、新しい通知画面、安定性の向上など、iOS11と比べると、iOS12では改善されるところは多い。
けれども、今までの経験から見れば、iOS 12デバイスが重い、iPhoneが「動作が重い」、「アプリが落ちる」といった問題が発生する可能性も依然としてある。また、新モデルのiPhoneを購入しても、最初書いたように、日々使っている中で、そのiPhone 動作遅い、重くなって困っているということもきっとあるだろう。

そこで今回はiOS12にアップグレードしていた端末、及び日々使っている新しいiPhoneが重い・動作が遅いと感じたときの対処法、iPhone軽くする方法を紹介する。今すぐ確認して見ましょう〜

合わせて読みたい:iOS12 不具合・iOS12 アップデート失敗・エラー&対処法まとめ:iOS12にアップデート前に必見!

メモリの使いすぎで、動作遅い・重い場合のiPhone軽くする方法
iPhone軽くする

新しいiOSにアップデートしたことで、iPhoneの空き容量が不足なる場合がある。また、日々使っているうちに、アプリ、動画、写真、音楽などのデータがだんだん多くなってきた。その場合、iPhoneの空き容量に迫って、動作が重くなりがちだ。だからこそ、iPhoneの空き容量を確保することが重要だ。
直接削除することで解決できるが、どうしても削除したくないデータもたくさんあるだろう。例えば、結婚のビデオとか、子供の誕生日の記念写真など。
焦ることなく。その場合は、DearMob iPhoneマネージャーを利用すれば、解決できる。iPhoneデータをパソコンに移動して保存する。その後、バックアップから復元することも可能!

◆iOS 12にアップデートした後、iPhoneが遅くなる原因

iPhoneがiOS 12にアップデートした後、または日々使っているうちに、iPhone動作遅くなりがちだ。症状としては、アプリの速度が低下になるとか、アプリが落ちるとか、動作が固まるとか。
iPhone動作遅いことが発生するのが一体なぜか?
分析して見ると、原因はバッテリーの劣化やメモリ(RAM)の空き不足のほか、アプリ単位ではデータが端末に溜まりすぎていることなどが関連していると考えられる。
iOSをアップデートしたらiPhoneの動きが全体的に遅くなったという報告は散見されており、特に古いモデルではそうした現象が顕著なようだ。たとえば、iOS 9とiOS 8.4を比較した上掲の動画でも、そうした様子を伺い知ることができる。最近では、バッテリーが劣化すると、iPhoneの強制終了を回避するためiOS(アップデート)により性能が下げられ、パフォーマンスが悪くなることをAppleも認めている。

上記は新しいiOSにアップデートして、iOSデバイスが遅くなるに主な原因だ。とはいえ、実際何が原因となっているのかを正確に特定することは現実的に難しいため、まずは以下で紹介する方法で動作が改善されるか試してみましょう。それでも効果に乏しいという場合には、iPhoneを再起動する、初期化して復元する、修理に出すといったことが必要になるかもしれない。
それでは、次は日々使っているiPhone動作遅い、及びiOS 12重いと感じる場合の対処法を紹介する。

→【iPhone 不具合】アイホンSE2 不具合・バグ・問題点まとめて、対処法をご提供〜機種変更に役立つ!

iPhone軽くする

◆iOS 12デバイスを高速化する14つの方法を紹介:iPhone動作遅いも解決

iPhone重い・iOS 12デバイス重い原因は様々あるが、本文ではなるべく便利性を損なわず、緩慢になったiPhone X/8軽くすることができる可能性のある設定や改善・解消法をまとめてみた。
もしアップデートしたiOS 12端末、及びiPhoneの動作が重くなったと感じて使い勝手に不満があるようでしたら次の方法を試してみてましょう。


iPhone軽くする対策その@、iOS 12端末の使用容量を解放

新しいiOSにアップデートする時、少なくとも1GBぐらいの空き容量が必要だ。そのせいで、アップデートした後、iPhone、iPadなどのiOSデバイスの空き容量が足りなくなる場合がある。また、ご存知のように、iOSデバイスの動作には、「空き容量」と強く関係している。iPhoneのストレージの空き容量が少なくなると、当然iPhoneの動作が遅くなってしまった。だからこそ、iPhoneの空き容量を確保することが重要だ。
次は、iPhone、またはiOS 12デバイスの空き容量を増やす方法ご紹介する。

1、使わないアプリ、動画、写真などのデータをパソコンにバックアップ
一般的に、iPhoneの空き容量を増やすには、一時的に使わないアプリ、動画、写真などの大容量のファイルを削除する方法だ。けれども、完全的に削除したら、二度と復元することができない。また、子供の誕生日で撮った記念写真など、どうしても削除したくないものがあるだろう。その場合、「DearMob iPhoneマネージャー」というツールを使えば、解決できるのだ。
アプリ、動画、音楽、写真など一時的に使わないデータをパソコンに移動して保存することができる。再び利用するには、気楽に復元することもできる。超便利だ。

2、パソコンがない場合、それらのデータを完全に削除する
写真や動画、ウェブサイトのお気に入り、遊んだアプリのセーブデータなど、iPhoneにはたくさんのデータが入っていて、iPhoneの大きなスペースを占めている。もしパソコンがない場合、iOS 12デバイスを空き容量を増やすために、それらのデータを削除しかない。

iPhone軽くする
iPhoneマネージャーiPhoneマネージャー
iPhone重い

iPhone軽くする対策そのA、使っていないアプリを完全に終了

iPhoneなどのデバイスはアプリを入れればどんどん便利に、どんどん楽しくなる。例えば、メールやLINE、カメラやSNS、ゲームなど色々なことができる。けれども、起動させたアプリはメモリ上に作業領域を確保するが、多くのアプリを起動しているとメモリ領域が不足し、iPhoneに負荷がかかり、iPhone重いなどのことが起こるのだ。実はアプリを一度起動させると、今違うことをしていても気づかないうちに、裏で動いていることが多い。なので、対策としては、今使っていないのにiOS 12端末のバックグラウンドで動いているアプリを停止することがおすすめだ。
手順:
@、動作が遅いiPhone/iPadでホームボタンを2回連続で押す;
A、いま実行中のアプリが画面に表示されるので、アプリの画像を上にスワイプする。

こうして、簡単な2歩だけで、iOS 12デバイスを高速化させる可能性がある。

iPhone軽くする対策そのB、Safariの履歴とキャッシュを削除する

iPhoneでインターネットをしているときに動作が重くなる原因にはさまざまな要因が考えられるが、ブラウザやアプリのキャッシュを削除することで改善する場合がある。ブラウザがフリーズしたり、強制終了したりする場合などにも改善が期待できるので試みるとよいでしょう。
ただし、注意してほしいのはキャッシュを削除すると、ストレージに余裕ができてネット環境が快適になる反面、iPhoneに保存されているウェブページの履歴情報を失うということになる。
手順:
「設定」アプリ→「Safari」→「履歴とWebサイトデータを消去」→「履歴とデータ消去」と進む。

それでもあまり改善が見られないときは、「リーディングリスト」の削除も試みてみましょう。「設定」アプリ→「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」→「ストレージを管理」→「Safari」→「リーディングリスト」→右上の「編集」をタップ→左端に赤いマイナスの印が出てきたらタップして削除する。

iPhone高速化

iPhone軽くする対策そのC、Facebookなど重くなりがちなアプリを再インストール

Facebookなどのような、特定のアプリにおいて起動や動作が遅い、よく落ちるといった場合は、そのアプリ内でキャッシュなどのデータが大きくなりすぎているのiPhone重いこととなる要因の一つだ。この場合の対処法としては、いったんアプリを削除し、再度インストールすると動作が軽快になることが多い。
手順:
ホーム画面でアプリのアイコンを長押しするとアイコン右上に表示される「×」ボタンをタップしてアプリを削除できる。その後App Storeへアクセスし、再びアプリをインストールすればOKだ。有料アプリを削除しても、無料で再インストール可能だ。
例えば、下図はFacebookを削除して、再インストールする前後の変化だ。この操作によって、74MB減り、動作もサクサクになった。

iOS 12端末軽くする

ただし、この方法には注意点がある。FacebookやTwitter等のように、データがクラウド上に保存されるアプリは問題ないが、データが端末にしか保存されないアプリの場合、再インストールによりデータが消えてしまう。LINEの場合はトークの履歴が消えてしまう。

人気記事:iPhoneとiPhone SE 違いを比較して、スペック・デザイン・価格などの違い・変更点を解説〜

iOS 12デバイスを高速化対策そのD、不要なアプリを削除する

普段使わないアプリのせいで、気づいたらiPhoneの空き容量がほとんどなかったなどという経験はないか?例えば、LINEのスタンプをもらうため、お店のクーポンをもらうためなんて言いながら、どんどんダウンロードしていったらすごい数になったなんて人もいるはずだ。
そんなときは、余分なアプリを削除するに限りる。ストレージの空き容量を増やすことで、動作が改善する場合がある。容量の問題だけでなく、その方がバッテリーも長持ちさせる!
手順:
「設定」→「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」から、「ストレージ」の「ストレージを管理」から、どのアプリケーションがどれくらいの容量を占めているかどうかが分かる。そこで、不要なアプリケーションがあれば削除する。
Tips:iPhoneのアプリと一口に言っても、もともとインストールされている標準アプリは残念ながら削除できない。不要かもしれないが、そこは仕方ないとあきらめてください。

iPhone動作遅い

iPhone軽くする対策そのE、必要がないAppバックグラウンド更新をオフに

何かアプリが前面で動作しているときに、背後で別のアプリが動作することを許可する「Appのバックグラウンド」は、複数のアプリを併用する方には便利な設定だ。
ただ、いくつものアプリがバックグラウンドで動いていると、本命のアプリが遅くなってしまうので、「Appのバックグラウンド更新」をオフにしておくとiOS 12端末軽くすることができる。
手順:
@、「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド更新」をタップ;
A、「Appのバックグラウンド更新」をオフ(白色)にする;
一括でオフにしても良いし、使うアプリだけ残して個別にオフにしても良い。

iPhone軽くする対策そのF、Spotlight検索の対象やSiriの検索候補の無効化

Spotlight検索の表示は、iPhoneの動作を重たくさせている要因の一つかもしれない。
そして、iOS9から登場する「Siri」という機能が搭載されて、「Siri」をオンにすることで、iPhone動作遅い可能性がある。これが必要なければ、無効化することで、動作改善して、iPhone高速化することができる。
手順:
@、「設定」→「一般」→「Spotlight検索」をタップ;
A、「Siriの検索候補」をオフにする;
B、さらに、その下にある「”調べる”の候補」をオフにしておくと、Safariの動作が軽くなる;右図のようだ。

iOS 12デバイスを高速化

iOS 12デバイスを高速化対策そのG、文字入力時の自動機能をOFFにする

普通に使っている分にはここまでする必要があるのかは分からないが、iPhoneが重すぎて困っている人は試してみてください。文字入力時の自動機能とは主に英語キーボード、アルファベット入力の際の便利機能だ。 これらをすべてOFFにして、iPhone重い問題を解決できる可能性がある。
手順:
設定→一般→キーボード→キーボードの「自動修正」、「文字プレビュー」、「音声入力」をOFFにする→続いてキーボードの「自動大文字入力」、「Caps Lockの使用」、「予測」、「ピリオドの簡易入力」もOFFにする。

iOS 12デバイスを高速化対策そのH、Wi-Fiの自動検索をオフにする

外出した時にiPhone動作遅いことが発生する原因の一つとしてあげられるのが、屋外の遅いWi-Fiに勝手につながってしまった場合だ。あらかじめ自動検索をオフにしておけば、Wi-Fiへの自動的な接続を阻止できる。
手順:
iPhoneの「設定」から「Wi-Fi」を選び、画面を下にスクロールして、「接続を確認」をオフにする。
これをオフにしても自宅のWi-Fiには自動接続しますのでご安心下さい。Wi-Fiスポットを積極的に探しにいかなくなるので、バッテリーの持ちも改善する。
なお、これだけだと、docomo、au、SoftBankが用意しているWi-Fiスポットに繋がる可能性がある。

iOS 12デバイスを高速化対策そのI、視差効果を減らす

ご存知のように、iOS7から「視差効果」が導入された。これによりアイコンがユーザに合わせて微妙に動いたり、ズームアニメーションが良い意味で気持ち悪い感じになる。もちろんいらない人からすればいらないので、意図的に視差効果を減らすをONにする人もいる。そして視差効果を減らせば、CPUやグラフィックなど端末への負担軽減が期待できて、処理速度も向上できる。
手順:
(1)iPhoneで「設定」を開いて、そこから「一般」をクリック;
(2)「一般」内の「アクセシビリティ」を選択して、「視差効果を減らす」をクリック;
(3)「視差効果を減らす」をオンにする。

そして、「視差効果」のほかに、iPhoneのドックやフォルダ、通知センターには背景が透ける視覚効果が施されており、端末への負荷が少なくないとされている。
手順: 「設定」から「一般」→アクセシビリティ→コントラストを上げると進み、透明度を下げるのスイッチをオンにする。

これだけでも、最初より少しiPhone高速化できる気がする。

iPhone動作遅い

iOS 12端末軽くする対策そのJ、不要な位置情報サービスをオフにする

ご存知のように、今やかなりのアプリケーションが位置情報の追跡のために、位置情報サービスを使用している。例えば、ある場所を探すには、位置情報サービスを有効にする必要がある。アプリの中には、アプリケーションの使用中のみならず、バックグラウンドで動作している間も、常に位置情報の許可を求めてくることがある。しかし、本当に全てのアプリケーションで位置情報サービスは必要というわけではない。その場合、位置情報サービスをオンにしていて、iPho e SE2の操作に影響がある。
というわけで、iPhone高速化するには、信頼できないアプリや不要な位置情報サービスをオフにしましょう。

手順:
「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」で、アプリケーション毎にオフにすることができる。また、すべてのアプリに自分の位置情報を知らせたくない場合は、一番上の「位置情報サービス」をオフ(白色)にしましょう。

iOS 12端末軽くする対策そのK、iOS 12をiOS 11にダウングレードする

情報によって、iOS 12がiPhone 5sにも対応しているが、結構古い機種なので、iOS 12にアップデートしてiOS 12重い不具合が発生する可能性が高い。その場合、お使いのiPhoneをダウングレードして見ましょう。
iOS 12をiOS 11にダウングレードする手順について、ここで具体的なやり方を紹介しない。詳しい手順について、下の記事までご参照ください。

→iOS12 ダウングレードする方法:iPhoneをiOS11にダウングレードするエラー・失敗を回避!

iOS 12端末軽くする対策そのL、iPhoneを再起動&強制再起動する
パソコンを長くつかっていると重くなったことがあるだろう。急に調子が悪くなったり、動かなくなったり...。そんな時に、一般的な対処法としては最起動をすると、治る時がある。パソコンと同様に、iPhoneも。iPhone重い場合、最起動することにより解決することがある。
手順:
iPhone本体右上のスリープボタンを長押しし、表示される「スライドで電源オフ」の表示をスライドし電源が切れる。その後、再度スリープボタンを長押しして電源を入れる。


iOS 12端末軽くする対策そのM、iOS 12デバイスを初期化する
もし上の13つの方法で全部解決しない場合は、最手段としては、iOS 12デバイスを初期化する方法しかない。けど、注意しなければならないのは事前にお使いのiPhoneのデータをバックアップすることだ。
iPhoneデータをバックアップするには、「DearMob iPhoneマネージャー」のお使いがおすすめする。iTunesより、操作が簡単で、ワンクリックでiPhoneでの殆どのデータをバックアップできる。しかも、ほしいデータだけバックアップしたい場合、これを使って実現できるのだ。

iPhoneマネージャーiPhoneマネージャー

そこで、初期化しても、バックアップから元通りに復元可能だ。ただし、ある程度時間がかかるので、時間に余裕のある時に作業しましょう。
手順:
「設定」>「一般」「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップし、パスコードを入力して「iPhone を消去」をタップする。

最後に

以上はiOS 12にアップデートした後、iOSデバイスが重い原因、及びiPhone軽くするには14つの方法について詳しく解説した。どの原因にしても、またはどの対策を試して見ても、万が一の実態で全てのiPhoneのデータがなくなる可能性が高い。
というわけで、日常でのバックアップが何より大事だ。その場合、ぜひおすすめする、iTunesの代わり、「DearMob iPhoneマネージャー」を使ってみてください。
ヒント:DearMob iPhoneマネージャーとiTunesの詳しい違いところについて、こちらの記事をご参照ください。

iPhoneマネージャーiPhoneマネージャー

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

お役立ち情報

DearMob iPhoneマネージャー

iPhoneバックアップ機能が最高!音楽・連絡先・アプリなどをとことん管理できるプロのマネージャー

 

2018新型iPhone特集

新型iPhone XS/ XS Mac/ XRのスペック、価格、機種変の手順及びデータ移行方法を一気にわかる。

iPhone音楽マネージャー

無料でiPhone、iPad、iPodのiOS端末とPC/Macの間に音楽が高速に管理・転送!

 

iPhone/iPadの最新情報・人気記事

  1. 1

    Apple 2018新製品まとめ:新型iPhone XS/XS Max/XR/iOS12など

  2. 2

    2018年のiPhone XR 最新情報:新機能・発売日・デザイン・価格・色など

  3. 3

    iOS 12新機能・対応機種・ベータ版・リリース日・変更点などをまとめ

  4. 4

    どっち買うべきか?2018新型iPhoneの比較:スペック・デザイン・価格など!

  5. 5

    【機種変更】旧iPhoneからiPhone XS/XRにデータを移行・引き継ぎする方法

iOSデバイスメモリを解消するには〜iPhoneマネージャー

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー