【iOS14不具合】iOS14アップデート中・利用中のiOS14バグとその解決策

いよいよiOS14アップデートが開始!

2020年新バージョンのiOS14が予定通りにアップデートを提供しはじめました。今は開発者向けのベータ版のiOS14にアップデートできます。今回のベータ版は一般ユーザーも簡単にインストールできるようになりました。それからは次々とiOS14不具合の報告があります。

今回のiOS14は新機能満載で、一日も早く利用したくなります。実はiOS13の不安定の後に、iOS14は安定性に重視しています。例えiOS14が不具合あってもiOS13と比べてずっと不安定のわけではありません。安心してiOS14アップデートしていいと思います。

といっても、iOS14バグが解決できればより一層の楽しみです。ではこれからiOS14不具合とその解決策をご紹介してあげます。

<

iOS14対応機種一覧

今年の新機種はもちろんiOS14を標準として搭載しています。そのほかに、ご覧の機種が対応できます。昨年のiOS13が対応できるiPhoneさえであればすべてiOS14にアップデートできます。iPhone5、iPhone6、iPhone6 Plusは昨年も対象から外されたということです。

  • ・iPhone 12 (5G)/iPhone 12 Pro (5G)
  • ・iPhone 9/iPhone SE 2
  • ・iPhone11 Pro/iPhone11 Pro Max
  • ・iPhone XS/iPhone XS Max
  • ・iPhone XR
  • ・iPhone X
  • ・iPhone8/iPhone8 Plus
  • ・iPhone7/iPhone7 Plus
  • ・iPhone6s/iPhone6s Plus
  • ・iPhone SE(第1世代/第2世代)
  • ・iPod touch(第7世代)
<

iOS14不具合情報おまとめ

リカバリーモードに固まりました

iOS14にアップデートされたiPhoneは使ったら、クラッシュしてリカバリーモードになってしまう報告があります。しかもこの場合に、何かのiOS14バグによってリカバリーモードになったきり、固まった状態になるそうです。リカバリーモードになったiPhoneはなにもできずに利用不可のままになります。

通話やテキストメッセージの送受信ができなくなりました

iOS14安定性について実は心配が要りません。だいたいのiPhoneが普通に利用できますが、iOS14不具合で一部の機能が利用できなくなることがあります。通話やテキストメッセージの送受信など、基本的な機能が影響を受けることが多いそうです。

データがまるごとに保存されません

iOSバージョン変更する時に個人データまたはアプリデータがすべて保存できる保証はそもそもありません。普通にはデータの損失がありませんが、確率が低くても損失の可能性があります。iOS14にアップデートしたり、iOS14からiOS13にダウングレードしたりする時に、iPhoneに保存されたデータとアプリ登録情報などのデータが保存されないことがあります。

動作が非常に重くなりました

今のベータ版はiOS14新機能を提供するだけの程度です。動作が重くなったりするのもしょうもないことでしょう。また、iOS14対応機種から外された古い機種がありませんが、スペックが原因で古い機種での動作が重いこともあります。

<

iOS14不具合解決策ご紹介

iPhoneからデータをバックアップします

iOSバージョン変更する度にデータ損失の恐れがありますからバックアップが必要になります。データは煩雑ですが、便利なiPhone同期ソフトを利用すればバックアップ作業は煩雑なことではありません。

究極的なiPhoneバックアップツール-iOS14アップデートに不可欠!

DearMob iPhoneマネージャー:予めの設定が不要で、 1クリックでiPhoneを丸ごとにバックアップしたり、復元したりすることができる。写真や音楽、ビデオ、着信音、連絡先等15種類のファイルを個別にバックアップすることも可能。また、Wi-Fiなくても使える。機種変更の時、簡単かつ快速にiPhoneバックアップを・復元をするなら、これがオススメ!

iPhoneを再起動します

iPhoneが固まった時にはまず、強制再起動します。大体の場合には解決できますが、再起動した後に、iOS14にアップデートしたか元のiOS13のままになるかと場合によって違います。

iPhoneを再起動して、iOS14になった場合に、無事にお使いできると思います。しかし、iOS14アップデートが失敗した場合に、もう一度アップデートするかどうかと、ご慎重に決めたほうがすすめます。

代わりになる機能を利用します

iOS14不具合で一部だけの機能が利用できない時に、iOS13にダウングレードしても惜しいです。実はテキストメッセージなどの機能は、ネット通信で実現するほうがやすいし便利です。そもそもiMessageかLineがある今はテキストメッセージを使う時は少ないです。

iOS14からダウングレードします

iOS14バグで仕方なく、使い続けることがどうしてもできない場合もあります。iOS13にダウングレードするしかありません。iOS14アップデートと同じく、iOSバージョン変更する時に必ず、iPhoneのデータをバックアップしてください。iOS13は今安定であっても、iOS14の安定性が原因で紛失する恐れがあります。

この記事を書いた人:シロ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。