【2019保存版】iCloudでiPhoneデータをバックアップできない症状と解決策をまとめて説明!

iPhone iPad端末を所有する方にとって、iCloudと関係疎くないでしょう。

他のデバイスとの共有(同期)のためでもあり、iPhoneが故障、機種変更などのバックアップの目的でも利用できるものです。

手間が掛からないので初心者にとって極めて便利です。

だが、最近「iCloudでデータをバックアップできない」という報告が続出してきます。

今回の記事では、様々な「iCloudバックアップできない」の症状と解決策をまとめて紹介しましょう。

iCloudバックアップできない問題を簡単解決

一番簡単な解決方法は、iCloudの代わりに他の便利なツールを利用するのです。例えば、PC用データ転送ツール「DearMob iPhoneマネージャー」を利用すれば、iPhoneデータのバックアップは快適にできます。iCloud以上多くのファイル種類も対応可能だし、動作もサクサクし、使い方も初心者にとっても扱いやすいツールです。

<

(1)iCloudバックアップ機能について知るべき知識

iCloudバックアップ機能について知るべき知識

iCloudを有効に設定する

iCloudはiPhoneのデフォルトで入っているアプリだが、初期設定では無効化されているため、使用する際は最初に有効に設定する必要があります。

それに、iCloudのバックアップの作成はiPhoneがWi-Fiに接続されており、充電している事が条件です。

<

iCloudでは無料で使える容量は5GBまで

iCloudにサインアップすると、自動的に5GBの無料ストレージが使えるようになります。

容量が不足してきた場合は、有料プランにアップグレードすることができます。

有料プランは50GB(月\130)、200GB(月\400)、2TB(月\1300)と3種類があります。

<

iCloudバックアップの対象となるデータ

iCloudのバックアップでは全ての項目がバックアップされるわけではありません。

アップルの公式サイトより、iCloudのサポート対象は以下の通りです。

  • アプリデータ
  • Apple Watchのバックアップ
  • デバイスの設定
  • HomeKit の構成
  • ホーム画面とアプリの配置
  • iMessage、テキスト (SMS)、MMSメッセージ
  • iPhone、iPad、iPod touch上の写真とビデオ
  • Appleサービスからの購入履歴 (音楽、映画、テレビ番組、アプリ、ブックなど)
  • 着信音
<

(2)「iCloudバックアップできない」の症状と解決策一覧

  • iCloudバックアップがオンにすることができません。

  • WiFiかiCloud側に故障が発生するかと予測されています。

    解決策

  • @.iCloudの有効化中に問題起きた場合、iPhoneを再起動、ほかのWiFiに接続(可能なら)してみます。
  • A.改善ない場合は可能ならiTunesでバックアップを作成の上、AppleCareサポートに連絡されることをお勧めします。
<
  • iCloudストレージの空き領域が不足しています。

  • ▼ それはiCloudの容量不足が原因で、各種データの保存が設定した通りに行えないということです。
    ▼ 写真やビデオを撮影したらすぐに容量が一杯になってしまう現在、大多数のユーザーはiCloudバックアップの容量が5GBを大きく超えるでしょう。

 

    解決策

  • @.容量がより大きい有料プランにアップグレードします。
  • A.iCloud内の不要なデータは断捨離します。
  • B.撮影した写真とビデオは壁等に使う必要最小限以外はGoogleフォトに保存してiPhone本体に残しません。
  • C.「DearMob iPhoneマネージャー」を利用して一部のデータをパソコンに移行してからiPhoneから削除します。

合わせて読む:【iPhone XS/XR・iOS12】容量不足などの原因で、iCloudバックアップできない/失敗する時の対処法

<
  • iCloudの空き容量がいっぱいなのにバックアップできません。

  • ▼ それはバックアップしたいものはiCloudのサポート対象外となるかと可能性が高いです。例えば、アプリならバックアップの対象外です。 ゲームのデータだけ引き継ぎなどもできないものです。
    ▼ そして、セーブデータじゃないと判断されて、すでにストアから削除されたアプリのデータもバックアップすることができません。

 

    解決策

  • @.パソコンがあれば、サードパーティー製の「DearMob iPhoneマネージャー」を利用して目標のデータをコピーして新機種のiPhone本体に復元します。
  • A.iCloudの代わりになって、Dropboxのような他のオンラインストレージサービスを利用してみてください。
<
  • 何の手がかりもなくiCloudバックアップできません。

  • 場合によって原因も違っています。iPhone本体やiOS側に何かバグや問題がある可能性が高いです。

 

    解決策

  • @.iCloud から一度サインアウトして再ログインします。
  • A.iPhoneを強制終了してから再起動するのは基本中の基本です。
  • B.iOSを最新バージョンにアップグレードします。
  • C.App Storeから純正の「Appleサポート」アプリをダウンロードして、そこから問い合わせをします。
<
  • 何の手がかりもなくiCloudバックアップできません。

  • 場合によって原因も違っています。iPhone本体やiOS側に何かバグや問題がある可能性が高いです。

 

    解決策

  • @.iCloud から一度サインアウトして再ログインします。
  • A.iPhoneを強制終了してから再起動するのは基本中の基本です。
  • B.iOSを最新バージョンにアップグレードします。
  • C.App Storeから純正の「Appleサポート」アプリをダウンロードして、そこから問い合わせをします。

    注意

  • iCloud使い方を間違えてしまって、バックアップがうまくいかない場合もあります。以下はiCloudバックアップでよくある間違いをまとめて紹介します。
  • ● Wi-Fiと接続していないか、もしくはWi-Fiと接続していたのに繋がらない状態になっています。
  • ●「iCloudバックアップ」の設定をオフにすることにしました。
  • ● Apple IDでサインインが要求されて、どのパスワードを使っていたのか忘れてしまったことはないでしょうか。

とにかく、使い方の勘違いによって生じた問題をできるだけ減らしましょう。

合わせて読む:【iPhone XS/XS Max/XR】iPhoneをiCloudでバックアップ・復元する方法!

<

(3)iCloud不要で、パソコンにiPhoneデータを保存する方法

上記書いた解決策をいろいろ試しても無駄だったら、iCloudに拘りたいがない方にとって他の方法を考えばいいと思います。

例えば、iPhone内のデータをパソコンで管理すれば、バックアップとしても使えるので便利です。

もちろん、iCloudバックアップにも、PCにデータバックアップをするにも、それぞれ良いところと悪いところがあります。

iCloudバックアップ

PCでデータバックアップ

最大容量

2TB

PCのHDD容量に依存する。

料金

5GB(無料)、50GB(月\130)、200GB(月\400)、2TB(月\1300)

無料

対象のデータ種類

10種類(上記も書いた)

基本的には10〜15種類以上

第三者の転送ツール

不要

必須

Wi-Fi

必須

不要

USBケーブル

不要

必須

使いやすさ

★★★
(Wi-Fiと接続するだけで、データが自動的にバックアップされる。)

★★
(USBケーブルでiPhoneをPCに接続して、第三者の転送ツールを経由してデータをバックアップしてくれる。)

安全性(データ紛失や情報漏れ)

★★

★★★

iPhoneに対応可能な第三者の転送ツールといえば、「iTunes」か「DearMob iPhoneマネージャー」がよく挙げられています。

使い方の簡単さを求める初心者なら、「DearMob iPhoneマネージャー」をおすすめします。

<

「DearMob iPhoneマネージャー」特徴:

  • わかりやすいUI
  • 超高速な処理速度
  • ほぼすべてのデータファイルが管理可能

iTunesよりも軽快に動作し、ちょっとした操作でiPhoneなどのiOSデバイスからデータを取り出して、高速でパソコンに移行・同期・バックアップできます。

「DearMob iPhoneマネージャー」対応ファイル

  • 音楽
  • ビデオ
  • 写真
  • メッセージ
  • カレンダー
  • App
  • ブックマーク(Safari)
  • ポッドキャスト
  • 電子書籍
  • 音声ファイル
  • 連絡先

合わせて読む:DearMob iPhoneマネージャーとiTunes&iCloudの徹底比較(一)

<

さて、DearMob iPhoneマネージャーを使ってiPhoneデータをバックアップしましょう。

事前準備:

@.このiCloudバックアップのかわりになる転送ツール「DearMob iPhoneマネージャー」をPCにダウンロードとインストールします。
A.iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続します。
B.パソコンとiPhoneをはじめて接続するときは、iPhoneに『このコンピューターを信頼する…』という画面が表示されて、『信頼』をタップします。 これで準備は完了です。 

DearMob iPhoneマネージャーの起動画面

step1:iPhoneマネージャーを起動後、ホーム画面で対応ファイルの種類によって基本的な機能5つとサブ的な機能10個が表示されます。ご要望に合って任意を選択してください。ここでは、「写真転送」をタップして次の操作を説明します。他の機能(他のファイルのバックアップ)も、だいたいその通りにやれば問題ないと思います。

DearMob iPhoneマネージャーを使ってiPhoneデータをバックアップ

step2:「写真転送」をタップすると、下図のように、iPhoneカメラロール内の写真が自動的にソフトに読み込まれて表示されます。PCへバックアップしたいものを選択します。

写真を選択するには小ワザがあります。↓↓↓

  • 画面左側のアルバムフォルダを選択すると、その中のアルバムが右側のウインドウに表示されます。
  • 画面上側の「グループ分け」を利用して、日ごと/月ごと/年ごとに写真を表示することができます。
  • 「すべて選択」にチェックを入れることで一括でバックアップすることができます。
  • Windowsで「Ctrl」キー、Macで「Command 」キーを押しながら左クリックすることで複数の写真を選択できます。

step4:「エクスポート」をクリックすればOKです。「エクスポート完了」のメッセージがで出てきたら、iPhone内の写真をパソコンに取り込む作業が完了。

  • <ヒント>
  • ● 初期設定では、転送写真は『C:\Users\\Picture\DearMobiPhoneManager』に保存されます。転送が完了すると、保存フォルダが自動的に現れるので、すぐ確認することができます。
  • ● ちなみに、DearMob iPhoneマネージャーは、写真を暗号化してエクスポートすることもできるし、自動的に形式がHEICの写真をJPGに変換してエクスポートすることもできます。

要するに、PCとDearMob iPhoneマネージャーさえがあれば、iCloudバックアップできない問題を超簡単に解決できます。

<
 
この記事を書いた人:小林ほたる

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。