×
ホーム iPhoneバックアップ iCloudバックアップから復元できない

iCloudバックアップから復元できない理由と対処法|2020年度

【要約】

せかっくiCloudでバックアップを取ったのに、「iCloudからiPhoneバックアップが復元できない」「iCloudの復元が終わらない」の不具合が発生することがあります。

今回はiCloudからiPhoneを復元できなくて困っている人のため、iPhoneをiCloudバックアップから復元できない理由と対処法を詳解していきます。

DearMob iPhoneマネージャー:超便利なiPhoneバックアップ・復元ツール!

iCloudバックアップから復元できない
  • iPhone、iPad、iPod touchを丸ごとにバックアップ・復元できる!
  • 写真・ビデオ・音楽・連絡先・メッセージ・電子書籍・ボイズメモ、着信音、ブックマークなどのデータを個別にバックアップすることも可能!
  • iPhoneやiPadのバックアップ・復元に必要なのは、わずか2、3クリック。iTunesよりも断然使いやすい!
目次

1. iCloudバックアップから復元できない理由

iCloudバックアップからiPhoneを復元したものの、「途中で止まった」「正常に終わらないかった」「復元が不完全になる」…なんで話もよく聞きます。

一番多いのは新しいiPhoneに機種変更する時です。もちろん、iOSのアップデートや、リセットした時にもあります。

では、iCloudからiPhoneを復元できないトラブルを起こる理由は何でしょうか?

調べてみると、iCloudからiPhoneバックアップが復元できない原因は様々です。例えば、

■ WIFIに接続されていない、或いは接続されたWIFIは不安定になる;

■ 正常な電源に接続していない;

■ iPhoneのストレージが足りない;

■ ご利用のiPhoneのiOSバージョンが古い ;

■ 古いiPhoneでiCloudバックアップが完了しない ;

■ iCloudのバックアップが別のApple IDで行われる ;

■ サーバー関係のエラー;

iCloudからiPhoneバックアップが復元できない

2. iCloudバックアップから復元できない時の対処法

次は、CloudからiPhoneバックアップが復元できない原因に応じて、効果的な対処法を詳解します。早めにチェックしましょう。

■iPhoneをiCloudバックアップから復元できない時の対処法〜その1

前述の通り、WIFIに接続されていない場合、iCloudからiPhoneバックアップを復元できないのは当然です。もし、WIFIの接続が問題ない場合、接続されているWIFIは不安定で、通信速度が遅くなる可能性もあります。

【対策】

最初にご利用のiPhoneはWIFIに接続されていないか確認してください。

または、接続されているWIFIを1回オフにしてから、オンにオンにしてみます。そうすると、iCloudでiPhoneを復元できない問題が解決出来るかもしれません。

それでもダメな場合、もっと安定且つ高速のWIFI回線に切り替えてください。

■iPhoneをiCloudバックアップから復元できない時の対処法〜その2

iPhoneをiCloudで復元する時、サイズによって時間が異なります。iCloudバックアップのサイズが大きい場合、かなり時間がかかります。iPhoneがしっかり充電されているないと、途中で電源が切れ、iCloudからiPhoneバックアップを復元できないトラブルを起こります。

【対策】

ご利用のiPhoneをしっかり充電されているか確認してください。できれば、電源を接続してiCloud復元を行いましょう。

■iPhoneをiCloudバックアップから復元できない時の対処法〜その3

ご利用のiPhoneは空き容量が足りないと、iPhoneをiCloudから復元できないです。

また、iCloudでバックアップを復元しましたが、容量不足で、写真や動画、連絡先などのデータを消えたこともあります。

【対策】

ご利用のiPhoneの空き容量を一度チェックしてください。

iPhoneの空き容量を確認する方法:

iPhoneのホーム画面から「設定」アプリ>「一般」>「iPhoneストレージ」の手順で確認することができます。

空き容量が足りない場合、不要なデータやアプリなどを削除してから、再度iCloudからバックアップを取ったり、バックアップを復元したりしてください。

■iPhoneをiCloudバックアップから復元できない時の対処法〜その4

iPhone 機種変更の際、古いiPhoneをiCloudできちんとバックアップしていないことでiCloudからiPhoneを復元できない原因の一つです。

【対策】

一度設定からiCloudバックアップがしっかり完了しているか確認します。

iCloudバックアップを確認する方法:

1.iPhoneの「設定」アプリを開き、「iCloud」を選択します。

2. 「容量」>「ストレージ」の順にタップします。

3. 「ストレージ」の管理画面では、バックアップ欄の下にバックアップされたデータ情報を確認できます。

iCloudでバックアップがとれていなければ、再度、iCloudバックアップ取りましょう。

■iPhoneをiCloudバックアップから復元できない時の対処法〜その5

バックアップを取った側のiPhoneのiOSのバージョンはご利用のiPhoneのiOSバージョンより高い場合、iCloudバックアップからiPhoneを復元できないのは明らかにします。

【対策】

ご利用のiPhoneのiOSのバージョンを最新にしてください。

できれば、どちらのiPhoneを最新のiOSバージョンにアップデートするのがお薦めです。

■iPhoneをiCloudバックアップから復元できない時の対処法〜その6

認識間違いや入力間違いで、バックアップを取ったApple IDと違うApple IDでiCloudバックアップを復元しても、データは戻ってきません。

【対策】

ご入力のApple IDとパスワードが正しいか一度確認してください。

■iPhoneをiCloudバックアップから復元できない時の対処法〜その7

サーバー関係のエラーで、iPhoneをiCloudから復元できないトラブルも発生したことがあります。特に、新しいiOSのリリースの直後、世界中のiPhoneユーザーがAppleサーバーに集中してアクセスします。

【対策】

サーバー関係のエラーで、iCloudバックアップから復元できない時、待つしかないです。

最後手段:「DearMob iPhoneマネージャー」でiPhoneのバックアップと復元を改めて行う

それでは、DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneをバックアップ・復元する手順を一度説明します。

【準備】

(1)上記の「ダウンロード」をクリックして、DearMob iPhoneマネージャーを手元のパソコンにダウンロードとインストールします。

(2)ソフトを起動した後、USBケーブルでiPhoneとパソコンを繋がります。iPhone側では「このコンピューターを信頼しますか」という提示がポップアップされます。「信頼」をタップしたら、ソフトでiPhoneが認識されます。

【iPhoneのデータを丸ごとにバックアップする手順】

(1)主画面の「バックアップ」をクリックします。

(2)底部の中央にある青いボタン「今すぐバックアップ」をクリックすれば、iPhoneのバックアップが始まります。iPhoneバックアップの完了まで数分がかかるので、暫く待ってください。

iPhoneバックアップを取る

【バックアップされたiPhoneのデータを復元する手順】

(1)主画面の「バックアップ」をクリックしてから、画面の上側にある「バックアップファイルを復元します」をクリックします。

(2)画面中央のボックスから復元したいデバイス名の前にチェックマークを入れます。

(3)底部の中央にある青いボタン「今すぐ復元」をクリックすると、iPhoneの復元がすぐ開始します。完了するまで、しばらくお待ちください。

iPhoneバックアップから復元

最後

機種変更やリセットの場合、iCloudでiPhoneを手軽にバックアップすることができますが、iCloudバックアップから復元できないエラーも多いです。

以上はiCloudバックアップからiPhoneを復元できない理由とその対処法について解説しました。お困りの方は試してみましょう。

最初にiPhoneをiCloudバックアップから復元できない問題を避けるには、パソコン用のDearMob iPhoneマネージャーでiPhoneバックアップと復元をしましょう!

iPhoneマネージャーiPhoneマネージャー
  

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

  1. DearMobキャンペーン

iCloud不要でiPhoneバックアップと復元〜iPhoneマネージャー

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー