ホーム ブログ iPhoneからYouTubeにアップロードできない時の対処法

YouTubeアップロードエラー

【対策】iPhoneでYouTubeに動画をアップロードできない時の対処法を原因別に詳解!

iPhoneで撮った動画、或いは自分で作成した動画を他人にシェアしたい時、YouTubeに投稿するのはいい選択でしょう。現在のところ、iPhoneだけでYouTubeに動画を簡単にできるようになります。しかし、iPhoneの動画をYouTubeにアップロードしようとしても、「YouTubeにアップロードが失敗しました」「YouTubeにアップロードエラーが発生しました」等のiPhoneからYouTubeにアップロードできないトラブルが意外と多いです。なぜiPhoneの動画をYouTubeにアップロードできないことが起こりますか?どうすれば、iPhoneからYouTubeに動画をアップロードできない場合、どうすればいいでしょうか?

今回はiPhoneでYouTubeに動画をアップロードできない時の対処法を原因別に詳解します。iPhoneからYouTubeに動画をアップロードできなくて困っている方は必見です。

iPhoneの動画をPCに転送・バックアップしたい時に超役立つツール

iPhoneの写真同期

DearMob iPhoneマネージャー

 

DearMob iPhoneマネージャーはiOSデバイス専門のデータ転送・バックアップ・管理するソフトで、iPhone・iPad・iPodとPC/Macの間、音楽、写真、ビデオ、電子書籍、ボイズメモなどのデータを簡単にやり取りできるだけではなく、機種変更時、ワンクリックでiPhoneのバックアップ・復元をすることができる。

便利な機能が充実しているので、iPhoneの動画をPCに転送・バックアップするには、DearMob iPhoneマネージャーを任せてください。

iPhoneでYouTubeに動画をアップロードできない原因と対処法

調べてみると、iPhoneの動画をYouTubeにアップロードできない原因は様々です。原因によって、iPhoneからYouTubeに動画をアップロードできない時の対処法も異なります。従って、次はiPhoneの動画をYouTubeにアップロードできない場合の対処法を原因別に詳しく説明します。

(1)YouTubeのアップロード時間が制限しているので、iPhoneでYouTubeに動画をアップロードできない場合

iPhoneからYouTubeに動画をアップロードする時、時間制限があるっていうことが知っていますか?実は、YouTubeアカウントを取得した後、YouTubeで共有する動画の再生時間は15以内という制限があります。動画の長さが、15分を超えていると、iPhoneからYouTubeにアップロードできないエラーが発生します。もし、YouTubeにアップロードエラーが起こったら、最初に動画の長さが15を超えるかどうかをチェックしてください。

YouTubeのアップロード時間制限のことで、iPhoneからYouTubeに動画をアップロードできない場合の対処処方としては、以下の二つあります。

@不要な部分をカットしたり、動画を連番に分割したりすることで、15分を超える動画を15分以下に編集します。


AYouTubeに申請を行うことで、15以上の動画をそのままアップロードすることができるようになります。時間制限の解除を申請する手順は次のようです。

まず、YouTubeトップ画面で動画のアップロードページを開いています。

そして、「上限を引き上げましょう」というリンクをクリックし、お使いの携帯電話で、アカウントを確認します。

最後、確認が終わったら、「次へ」をクリックしてください。これで、15分の時間制限が解除されました。

YouTubeのアップロード時間制限

(2)YouTubeでサポートされていないファイル形式なので、iPhoneでYouTubeに動画をアップロードできない場合

iPhoneでYouTubeに動画をアップロードする時、動画のファイル形式のことで、YouTubeにアップロードが失敗する可能性があります。YouTube動画投稿に対応しているファイル形式は以下になります。

MPEG4、MOV、AVI、FLV、WMV、MPEGPS、WebM、3GPP

アップロードしたい動画はこれ以外の形式で保存されている場合、iPhoneからYouTubeにアップロードできないです。どうしてもその動画をYouTubeにアップロードしたい時、動画のファイル形式を変換するしかないです。

(3)インターネットの接続速度が遅いから、iPhoneでYouTubeに動画をアップロードできない場合

3G/LTE回線の場合、携帯電話のパケット制限に引っ掛かっていて、インターネット回線の接続速度が遅いから、iPhoneの動画をYouTubeにアップロードできないことがあります。安定した速度を確保できるため、iPhoneでYouTubeに動画をアップロードする場合、3G/LTE回線よりもできれば自宅Wifiを利用するのがお薦めです。 もちろん、Wifiの場合も悪い電波や混雑状況によって、YouTubeにアップロードが失敗したケースがあります。

そういう時、後でiPhoneからYouTubeに動画をアップロードしたり、もっと安定なWifiを切り替えることで解決できます。

(4)高画質なので、iPhoneでYouTubeに動画をアップロードできない場合

iPhoneのYouTubeアプリで通常のSD、HD動画だけではなく、4K動画のアップロードもサポートしています。しかし、1080pおよび4kなどの高画質な動画をYouTubeにアップロードする場合、時間がかかります。キャリア回線の場合で高画質の動画をアップロードしたら、パケット制限に引っかかって、iPhoneからYouTubeにアップロードできない可能性があります。Wi-Fiがあれば、高画質でアップロードすることがいいですが、電波の関係で途中で失敗することもあります。

だから、高画質なので、iPhoneの動画をYouTubeにアップロードできない場合、キャリア回線を電波の状況が良いWi-Fiに切り替えてください。或いは、高画質の動画を低画質でアップロードし直します。

(5)マイチャンネルの未作成なので、iPhoneでYouTubeに動画をアップロードできない場合

マイチャンネルはYouTubeにアップロードした動画を保管する場所です。YouTubeで「マイチャンネル」を作成しておかないと、iPhoneからYouTubeにアップロードすることができないです。従って、iPhoneからYouTubeに動画をアップロードするとき、最初に、マイチャンネルを作成する必要があります。ただし、初めてiPhoneからYouTubeに動画を投稿する大勢の人はこの一歩を忘れるので、YouTubeにアップロードが失敗しました。

従って、あなたは初めてiPhoneからYouTubeに動画をアップロードする場合、「マイチャンネル」をしっかり作成したのか確認してください。「マイチャンネル」を作成する手順は次のようです。

まず、PCでYouTubeにログインして、画面右上の「プロフィールアイコンを」から「マイチャンネル」を選択します。すると、「YouTubeを利用するアカウント‥・」という画面が表示されます。

そして、ここの名前を自由に変更して、右下の「チャンネル作成」ボタンをクリックします。そうしてから、チャンネルの作成が完成して、iPhoneからYouTubeに動画をアップロードできるようになります。

マイチャンネルを作成

(6)iPhoneの画面が「自動ロック」されるので、iPhoneでYouTubeに動画をアップロードできない場合

iPhoneからYouTubeに動画をアップロードできない原因の中に、iPhoneの画面が「自動ロック」されるのは主な原因の一つです。一般的に、私たちのiPhoneに「画面の自動ロック」が30秒〜5分まで設定しています。ところが、画面がロックされる同時に、通信が途切れるので、もし、iPhoneからYouTubeに動画を投稿する途中で画面ロックされたら、間違いなくアップロードに失敗します。5分まで設定しても、10以上のHD動画のアップロードは完成できません。なので、iPhoneからYouTubeに動画をアップロードしたい時は、最初にiPhoneの画面自動ロックをオフにしてください。

iPhone画面の自動ロックをオスする手順:

iPhoneのホーム画面に「設定」>「一般」>「自動ロック」>「しない」の順に選択すれば良いです。

iPhoneの自動ロックをしない

(7)YouTube側のサーバーが混雑しているので、iPhoneでYouTubeに動画をアップロードできない場合

YouTubeへのアップロードが集中して、サーバーが混雑しているので、YouTubeへのアクセスが途切れて、YouTubeにアップロードが失敗することは時々あります。 YouTubeのキャッシュをクリアすることで、サーバーとの接続がをもっと快適にすることができます。従って、サーバーの混雑で、iPhoneからYouTubeに動画をアップロードできない場合、一度YouTubeに溜まったキャッシュをクリアしてから、アップロードしてみましょう。

YouTubeに溜まったキャッシュをクリアする方法:

iPhoneのホーム画面から「設定」>「アプリ」→「YouTube」→「キャッシュの削除&データの削除」の順番に選択してください。

YouTubeのキャッシュを削除

また、キャリアを削除してもアップロードできないなら、一度スマホを再起動してみましょう。どうしようもないから、サーバー側のエラーが解決されるまで、しばらく待つしか無いです。

(8)「サーバーがファイルを拒否しました」とメッセージが表示される場合

iPhoneからYouTubeに動画を投稿しようとすると、「サーバーがファイルを拒否しました・・・」という警告が出ていて、iPhoneからYouTubeにアップロードできない場合があります。それはなぜでしょうか?動画の長さや形式が問題ない場合、原因はファイル名の一部に特殊文字が使用されているかもしれません。

対処法としては、アルファベットや数字などのテキスト文字で動画のファイル名を編集し直してからアップロードしてみてください。できない場合は、YouTubeのアカウントを一度ログアウトしてから登録し直していましょう。しばらくしてかの方がいいと思います。

YouTube アップデート 拒否

(9)「拒否されました(重複アップロード)」とメッセージが表示される場合

iPhoneからYouTubeに動画をアップロードする時、「拒否されました(重複アップロード)」というメッセージが出る場合があります。これは同じ動画をもう一度アップロードする際に発生するトラブルです。例えば、同じ動画を既にYouTubeに登録されている場合、単純にファイル名を変更して、動画の中身が同じであれば、このメッセージが表示されます。これはYouTubeがファイルの中身までしっかりチェックするんです。そういう時の対処法は動画を少し編集して、もう一度アップロードするんです。たとえば、動画の長さを変更したり、動画を圧縮したりすると、iPhoneからYouTubeに動画をアップロードできるようになります。

また、間違ってアップロードされた動画を削除した後、再度アップロードし直す時もこのエラーメッセージが出る可能性があります。原因はYouTubeアプリのキャッシュに以前のアップロード履歴や情報が残っていると考えられます。そういう時、YouTubeアプリのキャッシュを削除してから、動画をもう一度アップロードしてみてください。

著作権に引っかかる内容が含まれていると、アップロードを拒否される場合もあります。なので、動画を作る時、著作権侵害のコンテンツを回避してください。

(10)どうしてもiPhoneでYouTubeに動画をアップロードできない場合

前述の解決方法を全部試しても、iPhoneからYouTubeにアップデートできないケースもあります。そういう時、iPhoneの動画をパソコンに転送してから、パソコンでYouTubeにアップデートするのは対処法を一つです。やり方もあまり複雑ないので、試してみましょう。

@iPhoneデータ転送用のソフトDearMob iPhoneマネージャーを使ってiPhoneの動画をパソコンに転送します。

DearMob iPhoneマネージャー

専門のiOSデータ転送・バックアップソフトとして、DearMob iPhoneマネージャーは充実な機能を備えます。写真や動画、音楽、連絡先、ボイズメモ、着信音、PDFファイル、書類等、多様なデータをPCとiPhone・iPadでやり取りできます。また、iPhone・iPadのデータを丸ごとにバックアップ・復元することもできます。機種変更やデータ移動など、様々な場面に役立ちます。使いやすいのは特徴です。初心者の方にもストレスなく使えます。従って、iPhoneからパソコンに動画を簡単且つ快速に転送するには、DearMob iPhoneマネージャーを強くおすすめします。

Windows、或いはMac用のDearMob iPhoneマネージャーの無料版をダウンロードして試す↓↓

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー

「DearMob iPhoneマネージャー」でiPhoneの動画をパソコンに転送するやり方

ステップ1、インストールした「DearMob iPhoneマネージャー」を立ち上げ、付属のUSBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。すると、iPhone側では、「このコンピューターを信頼しまうか」というメッセージが表示されます。「信頼する」をタップしてください。

ステップ2、主画面上の「ビデオ」を選択します。

ステップ3、パソコンに転送したい動画を選択し、「エクスポート」をクリックしてください。後は完了を待つとよいです。

YouTube アップロード 拒否

AパソコンでYouTubeに動画をアップデートします。

ステップ1、YouTubeサイトにアクセスしてログインします。

ステップ2、ページ右上「アップロード」をクリックします。

ステップ3、アップロードするユーザーを確認し、「チャンネルを作成」をクリックします。すると、動画のアップロード画面が表示されます。

ステップ4、先ほどパソコンに保存している動画をドラッグ&ドロップすると、タイトルや説明、タグ、動画のサムネイルなどの設定画面が表示されます。

ステップ5、設定して終わったら、画面の右上「公開」をクリックしてください。

上記の手順に従って操作すれば、YouTubeに動画を快適にアップデートすることができます。

YouTube アップロード 拒否

まとめ

以上はiPhoneからYouTubeに動画をアップロードできない場合の対処法をまとめて紹介します。 iPhoneからYouTubeに動画を投稿する時、「YouTubeにアップロードが失敗しました」「YouTubeにアップロードエラーが発生しました」等のトラブルが起こったら、本文を参考にして、自分の状況に応じて、適切な対策を取りましょう。

早速、Windows、或いはMac用のDearMob iPhoneマネージャーの無料版をダウンロードして試す↓↓

iPhoneマネージャーiPhoneマネージャー

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

お役立ち情報

DearMob iPhoneマネージャー

iPhoneバックアップ機能が最高!音楽・連絡先・アプリなどをとことん管理できるプロのマネージャー

 

2018新型iPhone特集

新型iPhone XS/ XS Mac/ XRのスペック、価格、機種変の手順及びデータ移行方法を一気にわかる。

iPhone音楽マネージャー

無料でiPhone、iPad、iPodのiOS端末とPC/Macの間に音楽が高速に管理・転送!

 

iPhone/iPadの最新情報・人気記事

  1. 1

    Apple 2018新製品まとめ:新型iPhone XS/XS Max/XR/iOS12など

  2. 2

    2018年のiPhone XR 最新情報:新機能・発売日・デザイン・価格・色など

  3. 3

    iOS 12新機能・対応機種・ベータ版・リリース日・変更点などをまとめ

  4. 4

    どっち買うべきか?2018新型iPhoneの比較:スペック・デザイン・価格など!

  5. 5

    【機種変更】旧iPhoneからiPhone XS/XRにデータを移行・引き継ぎする方法

iTunes不要でiPhoneバックアップ復元〜iPhoneマネージャー

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー