ホーム ブログ カメラロール動画が見れない対策

iPhone&iPadカメラロールの動画が再生できない・見れない時の対策|完璧に解決

★質問1:iPhoneのカメラロールに保存していた動画が再生できなくなりました。自分で撮影したものも、送られてきて保存したものも同様です。原因はなんなんでしょうか?直す方法はありますか?
★質問2:iPhone6sからiPhone8に機種変更した後、clipboxでダウンロードしてカメラロールに保存していた動画が見れなくなりました。直す方法を教えてください。

カメラロールの動画が見れない

上記のように、「急にiPhoneカメラロールのビデオが再生できない」「機種変更した後、iPhoneカメラロールの動画が見れない」といった問題に出会った人は意外に多いみたい。

というわけで、本文はカメラロールの動画が再生できない・見れない時の対策をまとめて紹介しようと思います。iPhone&iPadのカメラロールに保存した動画が見れないと悩んている人は要チェックしてください。

iPhone・iCloud容量不足?iPhone内の大切な動画・写真をPCにバックアップ!
iPhone音楽データ管理

DearMob iPhoneマネージャーという万能のスマホマネージャーは iPhoneとPCの間で、動画や写真、音楽、PDFファイル、連絡先等を双方向で転送することができる。機種変更時のデータ移行でも、日常のデータバックアップでも、とても役に立っている。


iPhone・iCloudの容量が足りない場合、無料のDearMob iPhoneマネージャーを使って、予めiPhone内の大切な動画・写真等をPCにバックアップ・転送しよう!

目次

(一)、iPhone/iPadカメラロールの動画が再生できない時の基本対策

◆1.1、iPhone&iPadを再起動してみる

iPhoneカメラロールが見れない 

急にiPadやiPhoneカメラロールに保存していた動画が再生できなくなった場合、最初にiPhone&iPadを再起動してみましょう。理由がわからないですけど、デバイスの再起動で、カメラロールの動画が再生できない問題が一部解決できます。

  • >iPhone&iPadを再起動する方法

    1. スリープボタンを長押して、「スライドで電源オフ」を左から右にスライドします。

    2. スリープボタンをAppleロゴが現れるまで長押して、iPhoneを再起動します。

  • ◆1.2、cookieのキャッシュを消去してみる

    Cookieの邪魔で、iPhone&iPadカメラロールの動画を正常に再生できない時があります。従って、iPhoneに保存した動画が再生できない場合、cookieのキャッシュを消去してみます。

    >cookieのキャッシュを消去する方法

    1. 設定からsafariを開きます。

    2. 「cookieのデータを消去」を開きデータを消去します。

    (二)、iPhone/iPadカメラロールの動画が再生できない原因別に対策

    iPhone&iPadカメラロールのビデオが再生できない場合、メモリ不足、動画形式の未対応、iCloudの設定など様々な原因があると考えられます。

    次はカメラロールの動画が見れない時の対策を原因別に紹介します。基本対策をためしてもダメな場合、お助けになると思います。

    ◆2.1、本体のストレージ容量不足で、カメラロールの動画が見れない時の対策

    カメラロールの動画が見れない

    写真やビデオをいっぱい保存されるとき、ストレージ容量不足が発生しやすいです。iPadやiPhone本体の容量が不足と、iPhoneで撮影した動画が再生できないとか、iPhoneに保存した動画が再生できないとか、不具合が生じます。

    従って、カメラロールのビデオが見れないケースがあったら、デバイス本体は数GBの空き容量があるかチェックしてください。

    もし、iPad&iPhoneのストレージ容量が足りないなら、不要なアプリやデータの削除や、動画・写真等のファイルをパソコンに移行することで、問題を解決できます。

    DearMob iPhoneマネージャーを使って、動画等のデータをパソコンに取り込む

    専門のiOSデータ転送・バックアップソフトとして、DearMob iPhoneマネージャーはPCとiPhone・iPadの間で、動画や写真、音楽、連絡先、ボイズメモ、着信音、PDFファイル、書類等、多様なデータを個別にやり取りできます。また、iPhone・iPadのデータを丸ごとにバックアップ・復元することもできます。機種変更やデータ移動など、様々な場面に役立ちます。

    使いやすいのは特徴です。簡潔な設計と使いやすさはその特徴です。初心者の方にもストレスなく使えます。

    iPhoneのストレージ容量が足りないと、DearMob iPhoneマネージャーを使って、iPhone/iPad内の大切な動画・音楽・写真・PDFファイル等をバックアップしましょう。

    Windows、或いはMac用のDearMob iPhoneマネージャーの無料版をダウンロードして試す↓↓

    iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー

    >「DearMob iPhoneマネージャー」でiPhoneの動画等をパソコンに転送するやり方

    ステップ1、インストールした「DearMob iPhoneマネージャー」を立ち上げ、付属のUSBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。すると、iPhone側では、「このコンピューターを信頼しまうか」というメッセージが表示されます。「信頼する」をタップしてください。

    ステップ2、主画面上の「ビデオ」を選択します。

    ステップ3、パソコンに転送したい動画を選択し、「エクスポート」をクリックしてください。後は完了を待つとよいです。

    YouTube アップロード 拒否

    以上の手順に従って操作すれば、快適にカメラロールの動画をパソコンに保存することができます。

    ◆2.2、ファイル形式の未対応で、カメラロールのビデオが再生できない時の対策

    clipboxなどでダウンロードした動画をカメラロールに保存しましたが、再生できなくなりました。

    そんな人がいますね。

    ご存知のように、iPhone対応可能な動画形式が限られるので、ファイル形式の未対応はclipboxからカメラロールに保存したビデオが再生できない原因だと思います。そういう時、三つの方法で解決できます。

    @、動画のファイル形式をiPhone対応可能な形式に変換する。

    A、動画のファイル形式に対応できる動画再生アプリを導入する。

    B、iPhoneのカメラロール動画をPCで再生する。

    ◆2.3、iCloud設定や容量不足で、カメラロールのビデオが見れない時の対策

    @、また、無料で使えるiCloudの容量は5GBだけです。iCloudフォトライブラリーを利用すれば、すぐに足りなくなります。カメラロールの動画が見れない場合、iCloudの容量は問題ありませんか?

    iCloudの容量を確認する手順:「設定」>「iCloud」>「容量」の順番にタップします。

    iCloudの容量は問題もない場合、時間をおいて、iCloudを再度サインアウトしてみてください。容量が足りない場合、不要なデータを削除したり、容量をしたりすることで、空き容量を増やしてください。

    カメラロールの動画が再生できない

    A、iCloudフォトライブラリーの「iPhoneのストレージを最適化」のチェックを入れている場合、iCloudフォトライブラリの最適化を利用中です。iPhoneの容量が足りないと、カメラロールにある動画がiCloudへ自動的に保存されます。

    その原因で、カメラロールから動画を再生できない可能性があります。

    対策としては、「iPhoneのストレージを最適化」前のチェックを外して、「オリジナルをダウンロード」を選びます。

    その後、2時間ぐらい放置すれば、動画が見れるようになります。

    ご注意:安定なネット環境を接続する必要があります。

    B、iCloudへ動画のバックアップを取ったら、iPhone上の動画ファイルが自動的に削除されるのはiPhone独特のバックアップ機能です。一旦動画が削除されたら、カメラロールから見れなくなります。

    そういう時の対策について、iCloudからiPhoneのカメラロールに動画を戻すだけです。

    C、iCloudフォトライブラリーを有効にする場合、iPhoneのカメラロールという項目はなくなり、”全ての写真”という項目が作成されます。

    従って、iPad&iPhoneカメラロールが見れない場合、iCloudフォトライブラリーを有効したのか確認してください。有効にしている場合、無効にしてみてください。

    ◆2.4、iOSのアップデートやiPhoneの機種変更で、カメラロールの動画が再生できない時の対策

    最新iOSのアップデートにしたら、「iPhoneで撮影した動画が再生できない」「iPhoneに保存した動画が再生できない」「iPhoneカメラロールが見れない」なんて問題に出る可能性があります。原因が考えられると、最新バージョンのiOSは動作が不安定で、不具合がよくあるからです。

    また、iPhoneの機種変更で、iPhoneからiPhoneにデータをバックアップして復元しましたが、カメラロールのビデオが見れなくなる問題も頻繁に発生します。特に、最近iPhone XS/XS Max/XR/X/8へ乗り換える人が多いので、カメラロールの動画が見れないと困っている人が少なくないです。

    iOSのアップデートやiPhoneの機種変更でカメラロールの動画がみれない問題を発生しないように、予めDearMob iPhoneマネージャーを使って、カメラロールの動画をパソコンにバックアップしたほうが良いと思います。

    【MEMO】

    「DearMob iPhoneマネージャー」はiPhoneデータ転送用の無料ソフトで、動画や写真、音楽、連絡先、アプリ、ボイズメモ、電子書籍等、たくさんのファイルをサポートします。iPhoneのデータをバックアップ・移行したい方はぜひ無料の「DearMob iPhoneマネージャー」を一度試しみましょう。

    Windows、或いはMac用のDearMob iPhoneマネージャーの無料版をダウンロードして試す↓↓

    iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー

    まとめ

    本記事はiPad&iPhoneカメラロールの動画が見れない時の対策をまとめて説明しました。

    「iPhoneで撮影した動画が再生できない」「Clipboxなどでダウンロードしてカメラロールに保存した動画が再生できない」なんて問題に出会った人にお役に立てば幸いです。

    RECOMMENDこちらの記事も人気です。

     

    DearMob iPhoneマネージャー

    iTunes代替〜高速にiPhoneバックアップ・転送・管理!より簡単・安全!