ホーム iOSデータ転送 iPhoneからiPhone(iPad)へ動画を共有

動画共有

【2018】iPhoneからiPhone(iPad)へ動画を転送・共有する六つ方法まとめ!

iPhoneで撮ったビデオ、ネットからダウンロードした動画などを他のiPhone(iPad)に送る時が時々ありますよね。例えば、機種変更の時、iPhoneからiPhoneへ動画を転送する必要があります。iPadの大画面でiPhoneの動画を楽しみたい時、iPhoneからiPadへ動画を転送する必要もあります。自分のiPhoneの動画を友達と家族のiPhoneやiPadに転送してシェアすることも少なくないでしょう。では、どうすればiPhoneからiPhone(iPad)に動画を移動することができますか?

本文はiPhoneからiPhone(iPad)へ動画を転送・共有する方法をまとめて紹介しようと思います。皆さんのご参考になれば幸いです。

合わせて読む:iPhone&iPadカメラロールの動画が再生できない時の対策

iPhone/iPadの写真や音楽、動画、PDF等のデータ転送・管理可能なソフト
iPhoneからiPhoneに動画を送る

DearMob iPhoneマネージャーオススメ!

 

ドラッグ&ドロップするだけで、どのiOSデバイスとPC/Macの双方向にデータを簡単に転送することができます。写真や音楽、ビデオ、PDFファイル、テキスト、連絡先等、対応のデータ種類は様々です。しかも、データ転送速度や安全性にも類似品より遥かに優れています。

お手軽にiPhone/iPadデータの転送や整理、バックアップを行うなら、DearMob iPhoneマネージャーを強くお薦めします。

パソコンなしでiPhoneからiPhone(iPad)へ動画を転送する方法

パソコンを持っていない場合、iPhoneからiPhone(iPad)に動画を移動したいならどうすればいいでしょうか。次はパソコンなしでiPhoneからiPhone(iPad)へ動画を送る五つの方法を紹介します。

iPhoneからiPhoneへ動画を転送

@AirdropでiPhoneからiPhone(iPad)へ動画を転送する

パソコンなしで、iPhoneからiPhoneへ動画を転送するときたら、最も簡単な方法はやはりAirdropを利用するんです。「写真」アプリ(カメラロール)から直接操作できるので、わかりやすくてお手軽です。ただし、一つの条件はAirDropを利用する時、「Wi-Fi」と「Bluetooth」を有効にしなければならないです。やり方は次の通りです。

1、iPhone(iPad)のコントロールセンター」から「AirDrop」をタップして、「すべての人」を選択する。

2、送信側は転送したい動画を選択・表示します。画面下部の「アクション」>「タップしてAirDropで共有」欄の「相手の名前」または「相手のiPhoneの名前」を選択すると、動画の転送が開始します。

3、受信側には受信通知画面が表示されるので、「受け入れる」をタップしてください。しばらく待って、iPhoneからiPhone(iPad)に動画が転送されます。

iPhoneからiPhoneへ動画を転送

A「iCloud写真共有」でiPhoneからiPhone(iPad)へ動画を共有する

iPhoneの「iCloud写真共有」機能を利用すれば、写真だけではなく、iPhoneからiPhone(iPad)へ動画を共有することもできます。基本手順は次のようです。

1、iPhone(iPad)の「iCloud写真共有」機能を有効にします。

2、送信側のiPhoneには共有したい動画を選択して、シェアシートの「iCloud写真共有」を選択します。アルバムに名前をつけ、招待ユーザーを指定し、共有アルバムを作成します。後は「投稿」をタップすればよいです。

3、招待される側のiPhone(iPad)は参加依頼が受信されます。「参加」をタップしてください。そうすると、共有の動画を見ることができます。

合わせて読む:iCloudの写真をiPhoneに戻す時に役立つ方法

BGoogle ドライブでiPhoneからiPhone(iPad)へ動画を移す

Google ドライブは写真や動画等、様々なファイルを保管できるオンラインストレージサービスです。Google ドライブの保存容量は 15 GB までは無料なので、とてもありがたいです。Google ドライブを利用して、iPhoneからiPhone(iPad)へ動画を移すことも可能です。操作は大体2ステップです。

1、iPhoneの動画をGoogle ドライブにアップロードしてバックアップします。

2、他のiPhone(iPad)にGoogle ドライブを登録して、先ほどバックアップされた動画をダウンロードすればよいです。

ヒント:Google ドライブの無料容量を超えると、購入する必要なので、ご注意ください。

合わせて読む:Googleフォトとは?無料で使える?Googleフォト使い方の詳解!3分で分かる!

iPhoneからiPhoneに動画を移行

CLINEやFaceboo等のSNSでiPhoneからiPhone(iPad)へ動画を送る

LINEやFacebookなどのSNSでiPhoneからiPhone(iPad)に動画を共有することもできます。送信側は写真を追加して送信すればよいです。受信側は送信した動画を保存したい場合、LINEやFacebookの保存機能を利用してください。LINEだったらチャットへ送信してLINE Keepによって保存することができます。Facebookでは「非公開アップロード」機能で保存できます。

メリットは、大きいサイズの動画及び複数の動画を転送するのがちょっときついです。

合わせて読む:【最新】Clipboxの動画をパソコンに保存・バックアップする方法|ClipboxからPCへ

DLightning搭載USBメモリーでiPhoneからiPhone(iPad)へ動画を移行する

iPhone/iPadに直接接続できるLightning搭載USBメモリーを持っているなら、Lightning搭載USBメモリーでiPhoneからiPhone(iPad)へ動画を共有するのもとても便利です。最初に、iPhoneの動画をLightning搭載USBメモリーへ移動します。後はLightning搭載USBメモリーから他のiPhone(iPad)へ移すだけです。かなり手間を節約出来るので、とても便利です。ただし、Lightning搭載USBメモリーを持っていない方にお薦めしないです。

iPhone iPad 動画 共有

以上はパソコンなしで、iPhoneからiPhone(iPad)へ動画を転送する方法です。どれが一番おすすめのか言いにくいですが、次はパソコンなしでiPhoneからiPhone(iPad)へ動画を共有する方法をお薦めるシーンです。ご参考ください。

●パソコンを持っていない

●共有したい動画サイズが比較的に小さい

●Wi-Fi環境を整える

●iCloudとGoogle ドライブだったら、空き容量が充実

●動画の数が少ない

合わせて読む:【裏ワザ】iPhone iPadで写真を共有(同期)・転送する四つの効果的な方法

パソコンを経由しで 、iPhoneからiPhone(iPad)へ動画を転送する方法

パソコンなしでiPhoneからiPhone(iPad)に動画を移行する方法について、何れも制限などがあります。皆さんのニーズに満足できないと思います。無制限にiPhoneからiPhone(iPad)に動画を移すには、やはりパソコンで行う方がよいです。

関連記事:iTunes代替フリーソフトおすすめ8選!iTunes以外のソフトでデータを転送・管理!

パソコンを経由しで 、iPhoneからiPhone(iPad)に動画を移動する方法ときたら、iTunesは頭に真っ先に浮かべるでしょうか。確かに一般的にiTunesを利用するんですが、iTunesが意外と面倒くださいと思う人が多いです。なので、今回はiTunesの代わりになるiPhoneデータ管理ソフト「DearMob iPhoneマネージャー」を使って、iPhoneからiPhone(iPad)に動画を移動する方法をお薦めします。

DearMob iPhoneマネージャーのメリット

DearMob iPhoneマネージャーはiPhone/iPad/iPodのデータ転送・管理ソフトとして、動画を始め、写真・音楽・PDFファイル・アプリ・連絡先・ブックマーク・カレンダー等のデータ転送や管理をサポートします。iTunesと比べると、DearMob iPhoneマネージャーは以下のメリットを持っています。

iPhone iPad 動画 共有

◎PCとiPhone/iPad間の動画転送を簡単に実現できる。

◎iPhoneの「カメラロール」「ムービー」及び他の動画アプリに保存されるビデオや動画に全部対応。

◎動画転送の時、元のデータが上書きされないので、データ紛失の心配が不要。

◎品質の劣化なしで動画サイズを圧縮したり、形式を変換することができる。便利度が高い。

◎欲しい動画だけを自由に選択して、インポート・エクスポートできる。

◎複数の動画やビデオを一括追加・転送することができる。

◎操作はとても簡単で、2、3ステップだけで完了。

◎転送速度はiTunesより遥かに速い。迅速に大量の動画を転送したいならピッタリ。

◎WIFIのない環境でも動画の転送をサポートする。

又、DearMob iPhoneマネージャーは動画転送の他に、色々な機能を備えて、入手すると損しません。次はDearMob iPhoneマネージャーでiPhoneからiPhone(iPad)に動画を移行してみましょう。

合わせて読む:DearMob iPhoneマネージャー評判・評価・ロコミ・レビュー一覧

DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneからiPhone(iPad)へ動画を転送する方法

Step1.準備として、ソフトをお持ちのMac/Windows PCにダウンロード・インストールします。

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー

Step2. インストールが終わったら、ソフトを起動して、USBケーブルでiPhone (A)とパソコンを接続します。初めて接続する時、iPhoneで「このコンピューターを信頼しますか」という提示が現れます。

Step3.ソフトのインタフェースにある「ビデオ」アイコンをクリックしてください。すると、iPhoneに保存した動画やビデオが全部表示されます。

Step4.対象の動画を選択して、上部の「エクスポート」をクリックすると、iPhoneからパソコンに動画の転送を始めます。転送が完了したら、保存フォルダが自動的に現れます。

iPhoneからiPadへ動画を転送

Step5. iPhone (A)をパソコンから外して、iPhone (B)をパソコンに接続した後、インタフェースの「ビデオ」アイコンをクリックします。

Step6. 上部のメニューバーの「ビデオ追加」をクリックして、先ほどパソコンに保存した動画を追加します。

Step7.最後、右下方の「同期」ボタンをクリックしてください。そうすると、パソコンの動画をiPhoneに入れることができます。

関連記事:DearMob iPhoneマネージャー動画転送・管理の使い方>>

iPhoneからiPadへ動画を転送

ここまで、iPhoneからiPhone(iPad)へ動画を移すのが完了です。パソコンが必用ですが、操作は複雑ではないでしょう。あらゆる動画の転送をサポートするので、iPhoneからiPhone(iPad)に動画を転送できない不具合は殆どありません。パソコンを介してiPhoneからiPhone(iPad)に動画を送る方法は以下のシーンで全部対応しています。ご覧下さい。

●パソコンを持っている

●大きいサイズの動画を共有したい

●iPhoneのiCloudストレージが不足

●WIFI環境がなし

●快速に複数の動画を一括転送したい

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー

最後

いかがでしょうか?

以上は、パソコンなしでiPhoneからiPhone(iPad)へ動画を転送する方法とパソコンを経由しでiPhoneからiPhone(iPad)に動画を移行する方法とを詳しく紹介します。場合によって、選択すべきな方法が異なるので、自分の状況に応じて、iPhoneからiPhone(iPad)に動画を送る最適な方法を選んてください。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

お役立ち情報

DearMob iPhoneマネージャー

iTunes代替ソフト〜超高速にiPhone/iPadのデータバックアップ・転送・管理!

 

2018新型iPhone特集

新型iPhone XS/ XS Mac/ XRのスペック、価格、機種変の手順及びデータ移行方法を一気にわかる。

iPhone音楽マネージャー

iOSデバイスとPC間、音楽を自由に転送・管理できる専門ツール!フリー!

 

 

最新情報・人気記事

  1. 1

    【無料】iTunes代替フリーソフトおすすめ8選!iTunes以外のソフトでデータを転送・管理!

  2. 2

    【決定】第69回NHK紅白歌合戦2018(2019) の司会者・出演者・曲目・曲順・放送時間など

  3. 3

    【解決】iOS 12にアップデートできない・iOS 12のアップデートが終わらない/進まない時の対策!

  4. 4

    【比較】どっち買うべきか?2018新型iPhoneの比較:スペック・デザイン・価格など!

  5. 5

    【機種変更】旧iPhoneからiPhone XS/XR/X/8にデータを移行・引き継ぎする方法

iPhone動画転送ソフト〜DearMob iPhoneマネージャー

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー