DearMob iPhoneマネージャー ホーム 動画同期・転送 動画同期・転送 PCからiPhoneに動画を転送 PCからiPhoneに動画を転送する方法

iTunesを使わずに、PCからiPhoneに動画を転送・取り込む・入れる方法ご紹介

❓ 質問:


PCでYouTube、Bilibili、FC2などの動画共有サイトからダウンロードした動画をiPhoneのカメラロールに入れたい。一番簡単な方法を教えてください。

iTunes不要!PCからiPhoneに動画を転送できるソフト

PCからiPhoneに動画を転送

iTunes代替ソフト - DearMob iPhoneマネージャー


✅ 操作が簡単!ワンクリックだけで、PCの動画をiPhoneに移行できる。

✅ PCの動画をiPhoneに移行するには、動画の画質は劣化しない。

✅ 自由度の高い動画管理機能:自動変換・自動圧縮・自動回転。

✅ 必要動画だけをiPhoneに入れ、既存のデータを上書きしない。

DearMob iPhoneマネージャーダウンロード DearMob iPhoneマネージャーダウンロード


PCからiPhoneに動画を転送すると、電車内、通勤中、通学中、暇を潰すにはいい選択だ。場所の制限がなくなり、いつでもどこでも動画を見れる。

しかし、ご存知のとおり、iPhoneではMP4、M4V、MOVフォーマットの動画ファイル形式しか再生できない。

例えば、広く使用されているAVIやWMV形式動画、YouTubeやVeohからダウンロードしたFLV動画ファイル、カムコーダで撮影する動画など、それらの動画をiPhoneに移行する前に、まずiPhoneに対応している形式に変換しなければならない。

iPhoneに動画を入れるには、iTunesの同期を使用する方法は確実だ。

けれども、iTunesは使いにくいとは思わないか?特に、初心者にとって、操作手順がやや複雑で、あまりすすめしない方法だ。

なら、iTunesを使わずに、パソコンからiPhoneに動画を取り込むために、簡単な方法があるか?

そこで、本記事ではiTunesを使わずにパソコンから動画をiPhoneに移行する超簡単な方法を紹介する。

【初心者向け】iTunesなしでPCからiPhoneに動画を転送する方法

iTunesでiPhoneで再生できないFLVやAVI、WMV、などのフォーマットの動画をPCからiPhoneに移行したい場合、まずiPhoneで再生できる形式に変換する必要がある。

しかし、わざわざ動画変換ソフトを導入し、拡張子を変換してから、iPhone PC動画同期を行うのが面倒くさいだ。

iTunesを使わずに、PCからiPhoneに動画を転送

ここで、iTunesも変換ソフトも使わずに、iTunes代替ソフトのDearMob iPhoneマネージャーでパソコンからiPhoneに動画を取り込む手順を紹介する。

まずは、下記の「無料ダウンロード」ボタンをクリックして、DearMob iPhoneマネージャーをダウンロードしてインストールしてください。

iPhoneマネージャーiPhoneマネージャー

Step1、ソフトを立ち上げ、USBケーブルを通して、お使いのiPhoneをパソコンに接続する。

iOSデバイスを初めてパソコンに接続する場合、「このコンピューターを信頼しますか」と出てくる。「信頼」をクリックすればいいのだ。

*ヒント:ソフトを起動すると、注意喚起のようなメッセージが出てくる。同ソフトはiTunesと連携して動作するタイプのものなので、デバイスのデータが勝手に消えないようにiTunes側の設定をしてやる必要がある。

Step2、「ビデオ」ボタンをクリックして、DearMob iPhoneマネージャーのビデオ同期画面が表示される。

PCからiPhoneに動画を転送

Step3、上のメニューバーにある「ビデオ追加」をクリックしてから、PCからiPhoneに転送したい動画を選択。

Step4、「同期」ボタンをクリックしたらDearMob iPhoneマネージャーでiPhone PC動画同期するプログレスが開始!

*ヒント:因みに、DearMob iPhoneマネージャーは有料ソフトであるため、体験版でインポート/エクスポートのファイル数に一定の制限があるのでご注意を。

関連記事:DearMob iPhoneマネージャー無料版について:製品版との違い・体験版制限を解除する方法

上記は、「DearMob iPhoneマネージャー」を使用して、パソコンからiPhoneに動画を取り込む手順だ。

「DearMob iPhoneマネージャー」を利用すれば、わずかの3ステップでPCからiPhoneに動画を転送することができたのだ。しかも、iPhoneで再生できない動画形式を自動的に変換してくれるし、操作もすごく簡単だ。また、動画だけでなく、音楽、画像などもiPhoneとパソコンとの間で転送できる。iPhoneの初心者でも、機器音痴でも、ストレスなくすぐ使いこなす。

【追補】iTunesでPCからiPhoneに動画を転送する方法

どうしてもiTunesを利用したいなら、次はiTunesでiPhoneへPCの動画を転送する操作手順を紹介する。

iTunesには、取り込める動画と、取り込めない動画がある。これは、拡張子(.wmvなどの.○○部分)によって違う。

iTunesに取り込める動画の拡張子は

  • .m4v
  • .mp4
  • .mov
  • .3gp
  • .3g2
  • ・・・

などがある。

それ以外の拡張子、例えばAVIやWMV、FLVなどがあるが、これらの動画をiPhoneに移行する前に、まずは動画変換ツールを利用して動画形式を変更しなければならない。

ここで、「WinX Video Converter」を利用してiPhoneで再生できる形式に変換する方法も紹介。

このソフトでは、MKV、3GP、SWF、HTML5、AVIなど多くの動画ファイルを変換できる。720pから1080pまでの高品質フォーマットにも対応可能だ。更に、お好きなオーディオ形式に変換することもできる。

まずは、WinX Video Converterで動画をiPhone用形式に変換

Step1、動画をiPhoneで再生できる形式に変換;

1、パソコンに『WinX Video Converter』をダウンロードしてインストールしてください;

iPhoneに動画を入れる

2、左側上にある「動画」ボタンをクリックして、iPhoneに入れたい動画を選択する;

3、動画をソフトに追加した後に、出力プロファイルの画面が自動的に表示されてきた。MP4に変換する場合、こういう順番:PCの通常映像 -> MP4動画。そして「Ok」をクリックしてください;

4、「参照」か「開く」をクリックして、保存先フォルダを選択してください;

5、完了したら「RUN」ボタンをクリックして、MP4への変換がはじまる。

これで、パソコンでダウンロードした動画をiPhoneで再生できる形式に変換した。

次は、iTunesを使って、パソコンからiPhoneに動画を取り込む

Step2、iPhoneへPCの動画を転送

1、iTunesをお使いのパソコンで起動 > iPhoneをUSBケーブルで接続 > 左上の「iPhone」アイコンをクリック > メニューバーに「ムービー」タブをクリックする;

2、「ムービーを同期」を選択 > iPhoneに入れたいビデオを選択 > 画面下部の「適用」ボタンをクリックすると、PCからiPhoneに動画を転送することができた(下図のようだ)。

パソコンからiPhoneに動画を取り込む

これで、iTunesでPCからiPhoneに動画を転送することができた。

関連記事:iPhoneの動画がパソコンに取り込みできない時の対処法|3分で解決できる

まとめ

いかがでしょうか?上記はPCからiPhoneに動画を転送するために、2つの方法を紹介した。

総合的に比較してみれば、やはりiTunesの代わりに、「DearMob iPhoneマネージャー」を使うほうが楽だ。機能が強大だし、操作も簡単だ。しかも、最も便利なのは、自動的にiPhoneで再生できない動画を変換できる。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

ホーム | 会社概要 | お問い合わせ | ニュース | プライバシーポリシー | ユーザー規約 | サイトマップ

Copyright © 2020 Digiarty Software, Inc. All rights reserved.
Apple、Appleのロゴ、AirPlay®、 Apple TV®、Mac®、iPhone®、iPad®及びiTunes®などはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。