ホーム iOSデータ転送 iPhoneとiPadで写真を共有する

iPhone iPad 写真共有

【裏ワザ】iPhone iPadで写真を共有(同期)・転送する四つの効果的な方法

 

iPhone iPad 写真共有

今のところ、デジタルカメラを持っていなくても、iPhoneやiPadがあれば綺麗な写真を手軽に撮ることができるよね。記念日や旅行、祭り等の時撮った写真だけではなく、普段、ネットからダウンロードした写真・画像をiPhone/iPadにたくさん保存しているだろう。
iPhoneユーザーの中には、iPadを持っている人も結構多い。しかし、iPhoneで撮影した写真をiPadで見せたいが、どうすればよいかわからない人がいるだろう。iPadに保存している写真や画像をお持ちのiPhoneへ転送して困っている人もいる。あなたはiPhone iPadで写真を共有・同期したい時、もしくはiPhone iPadで写真を転送したい時、どうやっているのか? iPhone iPadで画像を共有する方法をまだ探しているのか? 実はiPhone iPadで写真を同期するには、様々な方法で実現することができる。本記事は使いやすくて効果的な四つのiPhone iPad写真共有・転送方法を紹介していく。iPad iPhoneで写真を共有・転送して困っている方はぜひこの記事をご覧下さい。

合わせて読む:iPhoneからAndroidへ写真を転送・移行する二つの方法を詳解!

iPhoneとiPad、iOSとPC間、写真・音楽・ビデオを双方向で移動できるツール

iBooks PDFをパソコンに保存

DearMob iPhoneマネージャー

DearMob iPhoneマネージャーはiOSとPC、iPhoneとiPad/iPod間、写真、音楽、ビデオ、PDF、電子書籍、ボイズメモなどのデータやり取りに対応しているソフトである。使いやすさ・高速はDearMob iPhoneマネージャーの最大の魅力で、類似製品に抜群している。
iPhoneの写真をiPadに同期したい!iPadからiPhoneに写真を転送したい!という人はぜひDearMob iPhoneマネージャーを利用してみてください。

iPhone iPad写真共有方法一覧>>

方法1、AirDropを使って、iPhone iPadで写真を転送
方法2、「iCloud写真共有」を利用して、iPhone iPadで写真を共有
方法3、「iCloudドライブ」を利用して、iPhone iPadで写真を同期
方法4、専門的なデータ転送ソフトを利用して、iPhone iPadで画像を転送

iPhone iPadで写真を転送する方法1、「AirDrop」

iPad iPhone 写真 共有

AirDropはApple製デバイス間で写真や映像、連絡先、位置情報などのデータをワイヤレス送信できる最強の共有機能である。iPhone とiPadで画像を同期・共有するには、AirDropは最も使いやすくて効果的にできる。次は、「AirDrop」を利用して、iPhone iPadで写真を共有するやり方をご覧下さい。

1. iPhone iPadの「AirDrop」機能を有効にする
iPhone iPadのコントロールセンター」から「AirDrop」をタップして、「すべての人」を選択する。
2. iPhone iPadで画像を転送する
送信側のやり方:
iPhone・iPadの「写真」アプリを開き、転送したい写真を選択し、画面下部の「アクション」アイコンをタップする。「タップしてAirDropで共有」欄に、「相手の名前」または「相手のiPhoneの名前」が表示されるので、選択した写真した相手をタップして選択する。
受信側のやり方:
受信側はAirDropでの写真・画像の受信画面が表示される。「受け入れる」をタップすればよい。受信した写真を「写真」アプリで確認できる。

iPad iPhone 写真共有方法じゃないだろうか?iPhone iPadで画像を転送するには、AirDropを一番お薦める。

関連記事:iPhoneの写真がパソコンに見れない時の対処法を徹底的にご紹介|2018最新

iPhone iPadで写真を共有する方法2、「iCloud写真共有」

iPhone iPad 画像 共有

「iCloud写真共有」は、共有アルバムを作成して、iMac・MacBook・iPhone・iPadなどの複数のApple製品の間に写真や動画を共有する機能である。1つ「共有アルバム」は5000件の写真や動画を共有可能。「iCloud写真共有」は同一Apple IDの複数の端末で写真の共有ができる以外、違うApple IDの複数端末で写真を共有することもできる。特に家族や友人に写真を共有するのは便利。次は、「iCloud写真共有」機能を利用して、iPhone iPadで画像を共有するやり方を見てみよう。

1、前提として、「iCloud 写真共有」機能を有効にする
iPhone、iPadでは、「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「写真」の順に選択し、「iCloud 写真共有」をオンにする。
2、「共有アルバム」を作成する
「写真」アプリを開き、「共有」→「+」の順にタップし、共有アルバム名と、招待したい相手のメールアドレスを入力して、「作成」をクリックする。「写真またはビデオを追加」をタップして、「写真」アプリから共有したい写真を一括選択して、「完了」をタップする。ここまで、「共有アルバム」の作成が完了。
3、「共有アルバム」から共有した写真を保存する
自分所有している同一Apple IDのiPhone iPad間で写真の共有する場合、「共有アルバム」から共有した写真を直接閲覧できる。また、写真を選択して、左下の「保存」ボタンをタップすると、端末本体に保存される。
違うApple IDのiPhone iPadで画像を共有する場合、招待された側のデバイスに通知が届くので、「参加」を選択すれば、「共有アルバム」から写真した写真を閲覧したり、端末本体に保存することができる。

これでiPhoneの写真をiPadに同期することができる。逆にiPadからiPhoneに写真を共有することも可能。また、自分所有している同じApple IDのiPhone iPad間もとても簡単に写真を共有できる。

関連記事:【2018】iTunes以外でiPadのデータをパソコンに移行する方法(写真・動画・音楽等)>>

iPhone iPadで画像を共有する方法3、「iCloudフォトライブラリ」

iPhone、iPadの両方も購入した方は少なくない。しかし、iPhone、iPadで撮影した写真などがiPhoneとiPadに別々に保存されているという残念なことである。なので、iPhone iPadで写真を同期して、どの機器からも閲覧したい。そういう時、「iCloudフォトライブラリ」機能を有効にすれば、iPhone iPadで写真を転送できる。やり方は以下の通り。

前提:
1、iPhone iPadは同じ Apple ID でiCloud にサインインする。
2、iPhone iPadはWi-Fiに接続されている
そして、iPhone・iPadの「設定」アプリを開き、「写真とカメラ」→「iCloudフォトライブラリ」の順でオンにする。これだけで、同一Apple IDのiPhone iPadで写真を同期することができる。ただし、「iCloudフォトライブラリ」を使って、iPhone iPadで画像を同期する場合、iCloud ストレージを消費することをご注意ください。

iPhone iPadで画像を転送する方法4、専門的なデータ転送ソフト「DearMob iPhoneマネージャー」

上述の方法でiPhone iPadで写真を共有・転送する時、様々な原因で共有できない・転送できない不具合が時々ある。そういう時、そうすればよいのか?おすすめな解決方法は専門的なデータ転送ソフト「DearMob iPhone音楽マネージャー」を利用して、iPhone iPadで写真を転送する。

合わせて読む:Tunes代替フリーソフトおすすめ8選!iTunes以外のソフトでデータを転送・管理!

「DearMob iPhoneマネージャー」とは

DearMob iPhoneマネージャーはiTunes代替ソフトを目指して開発される専門的なデータ転送ソフトである。わずか数クリックだけで、写真、音楽、ビデオ、連絡先、電子書籍、ブックマーク、メモといった多様なデータをiPhoneとiPad間、あるいはiOSデバイスとPC間で同期・転送することができる。対応データの種類は豊富の上、データ転送のスピートを誇る。iPad iPhoneで写真を共有するには、DearMob iPhoneマネージャーを任せてください。ではDearMob iPhoneマネージャーにより、iPhone iPadで写真を共有する手順を一緒に見てみよう。

準備:iPhone iPad写真共有の準備として、まず、ソフトを無料ダウンロードする。

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー

送信方のやり方

1、 ソフトを起動し、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続する。

2、 ソフトのメイン画面に入り、「写真転送」アイコンををクリックする。すると、iPhoneにある写真をすべて表示される。

3、 iPadに同期したい写真を一括選択し、上部のメニューバーにある「エクスポート」をクリックする。暫く待って、選択した写真をPCに保存される。

iPad iPhone 写真 共有

受信方のやり方

4、 iPhoneを外してから、iPadをパソコンに接続する。

5、 メイン画面の「写真転送」アイコンをクリックし、上部メニューバーにある「写真追加」/「フォルダ」を選択する。

6、 そして、PCから先ほど保存された写真をiPadに追加し、「同期」ボタンをクリックします。ここまで、iPhoneの写真をiPadに同期する作業が完了。(iPadの写真をiPhoneへ転送するには、デバイスの順番を逆にしてください)

iPad iPhone 写真 共有

この方法を利用して、iPhone iPadで写真を同期する作業はちょっとややこしいが、他の方法でスムーズにいけない時に役に立つ。また、簡単且つ高速に大量の写真を一括同期できるので、独特のメリットがある。写真以外、音楽・ビデオ・PDFファイル・連絡先・ブックマークなどの共有にも対応しているので、パソコンを持っている方に強くお薦める。

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

お役立ち情報

DearMob iPhoneマネージャー

iTunes代替ソフト〜超高速にiPhone/iPadのデータバックアップ・転送・管理!

 

2018新型iPhone特集

新型iPhone XS/ XS Mac/ XRのスペック、価格、機種変の手順及びデータ移行方法を一気にわかる。

iPhone音楽マネージャー

iOSデバイスとPC間、音楽を自由に転送・管理できる専門ツール!フリー!

 

 

最新情報・人気記事

  1. 1

    【無料】iTunes代替フリーソフトおすすめ8選!iTunes以外のソフトでデータを転送・管理!

  2. 2

    【決定】第69回NHK紅白歌合戦2018(2019) の司会者・出演者・曲目・曲順・放送時間など

  3. 3

    【解決】iOS 12にアップデートできない・iOS 12のアップデートが終わらない/進まない時の対策!

  4. 4

    【比較】どっち買うべきか?2018新型iPhoneの比較:スペック・デザイン・価格など!

  5. 5

    【機種変更】旧iPhoneからiPhone XS/XR/X/8にデータを移行・引き継ぎする方法

iPhone iPad写真同期〜DearMob iPhoneマネージャー

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー