ホーム ブログ iPhone8復元できない時の対処法

iPhone8復元

iTunes&iCloudからiPhone8復元できない・iPhone8復元失敗の完全対策|5分で解決

iPhone8の新機能を早めに体験したいから、持っているiPhone7/6s /6/se/5sからiPhone8に乗り換えようと思う人がたくさんいますね。しかし、最新のiPhone8にすると嬉しい反面、「iPhone8バックアップの復元」といった面倒なこともあります。

iTunesやiCloudで古いiPhone8のデータをバックアップして、そしてiPhone88へデータ復元するのは一般的な作業です。しかし、iTunesでも、iCloudでも、「iPhone8復元できない」「iPhone8復元が進まない」「iPhone8 復元が途中で止まった」…なんてドラブルがよく起こるそうです。そのため、本記事はiPhone8復元できない・iPhone8復元失敗時の完全対策を徹底的に解説しようと思います。iPhone8を破損して修理が必要なとき、やむを得ず初期化しなければないない時にも役たちます。iPhone8へデータ復元できないと困っている人は必見です。

機種変更の時、iTunesより使いやすいiPhoneバックアップ復元ソフト!
iPhone8バックアップ復元

DearMob iPhoneマネージャー

超爆速!iTunesとiCloudを超えたiPhoneバックアップ・復元できるソフト!
写真・音楽・ビデオ・アプリ・連絡先・メッセージ・・・殆どのiPhoneデータをまるごとにバックアップ・復元!1クリックだけの簡単操作で、旧iPhoneから新iPhoneにデータ移行する可能。しかも、iPhoneバックアップ復元時間や手間を大量節約する。iPhone 8/Xバックアップ復元の時、DearMob iPhoneマネージャーに任せ!

iPhone8復元できない時の完全対策

iPhone8のバックアップが復元する必要な時、iTunes 又はiCloudは一番多く使われています。しかし、iTunesからiPhone8バックアップが復元できないこと、或いはiPhone8バックアップをiCloudから復元できないことも少なくないです。そのため、ここからiPhone8復元できない時の対策をiTunes 又はiCloud別に紹介します。

目次:
● Part1、 iPhone8バックアップをiTunesから復元できない時の対策
● Part2、iPhone8バックアップをiCloudから復元できない対策
● Part3、iPhone8バックアップ復元できない時の最終手段

関連記事:iPhoneバックアップ確認:iCloud&iTunesバックアップ内容を確認する方法を解説!

Part1、 iPhone8バックアップをiTunesから復元できない時の対策

iTunesからiPhone8 バックアップが復元できない原因は様々です。以下は11個の対処法をまとめて紹介します。ご自分の状況に応じて参考してください。

@ 最新バージョンのiTunesにアップデートする

iPhone8へデータを復元するには、iTunes の最新バージョンが必要です。もし、iTunes は最新バージョではない場合、「これより新しいバージョンのiTunesが必要です」というメッセージが表示され、iPhone8バックアップをiTunesから復元できないです。そういう時、iTunesを最新バージョンにアップデートすればOKです。

関連記事:【2018年最新】iTunesの曲を消えた・見つからない場合の対処法まとめ!

iPhone8復元できない iTunes

A 最新のiOSバージョンにアップデートする

お持ちのiPhone8のiOSバージョンが古ければ、iTunes でiPhone8復元が進まない問題が起こります。そのため、iPhone8復元失敗の場合、お使いのiPhone8は最新のiOSバージョンではないか確認してください。最新のiOSバージョンではない時、アップデートすればOKです。

最新のiOSにアップデートする手順は次の通りです。 お持ちのiOSデバイスのホーム画面から、「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」の順にタップしてください。それから、最新バージョンにアップデートすればOKです。

関連記事:iOS 11アップデート失敗?iOS11アップデートできない時の対処法まとめ!

B 時間をおいて再度iPhone8の復元をしてみる

新しいiOSやiPhone8を発表されるタイミングでAppleサーバーにアクセスが集中しています。その場合、Appleサーバーとの通信エラーが出ていて、iPhone8復元エラーが起こる可能性があります。そういう時、しばらく待ってから、再度、iPhone8の復元を実行してみてください。

iPhone8復元できない iTunes

C お使いのパソコンやiTunesを再起動してみる

iPhone8バックアップをiTunesから復元できない時、パソコンやiTunesの再起動することによって解決する場合がよくあります。なので、「iPhone8復元エラー」「iPhone8復元が進まない」の場合、一度パソコンやiTunesを再起動してみてください。

D 空き容量を十分に確保する

容量不足のことで、iTunesからiPhone8バックアップが復元できない原因の一つです。なので、iPhone8へデータ復元する前、お持ちのiPhone8は十分なストレージ容量があることを確保してください。空き容量の確認方法は以下の通りです。

お持ちのiPhone8のホーム画面から、「設定」→「一般」→「情報」の順にタップします。「使用可能」から容量をチェックします。

容量不足の場合、不要な写真・動画・アプリなどのデータを削除して、使用可能な容量を増やします。

iPhone8ストレージ容量を増やす方法まとめ>>

iPhone8復元できない iTunes

E iPhone8とiTunesを接続するゲーブルやUSBポートを変更してみる

ケーブルやUSBポートの不良によって、iPhone8バックアップをiTunesから復元できないケースがあります。そのため、iPhone8復元失敗の時、iPhone8とiTunesを接続するゲーブルやUSBポートを変更してみると出来るかもしれません。

F iPhone8を接続するパソコンを変更してみる

パソコンとの相性もiPhone8バックアップ復元出来ない原因と考えられます。パソコンとiPhone8の相性やパソコンとiTunesの相性がよくないから、iPhone8へデータ復元できない可能性があります。なので、iPhone8 復元失敗の際、別のパソコンを変更して、iTunesからiPhone8へデータ復元してみましょう。

G お使いのパソコンのセキュリティソフトを一時停止する

パソコンのセキュリティソフトを起動している場合、Appleのサーバとの通信を障害して、iPhone8復元エラーが出る可能性があります。Appleのサーバーとの通信をうまくいけるため、お使いのパソコンのセキュリティソフトを一時停止して、iPhone8へデータ復元した後再度実行する方が良いです。

H 接続されているインターネットの安定性を確保する

接続されているインターネットの安定性が弱い場合、Appleのサーバと更新することができないです。そういう時、iPhone8復元できないのは当然のことです。念のため、安定性が良いインターネットに接続してください。無線を使っている場合は有線でつないでみます。ハブやルーターなどを利用している場合は、直接インターネット回線と接続してみましょう。

I iTunesを削除して再度インストールしてみる

iTunesからiPhone8バックアップが復元できない場合、iTunesを削除して再度インストールしてみるのも解決策の一つです。なので、iPhone8復元失敗の際、iTunesを削除した後、もう一度インストールしてみましょう。iTunes関連の Quick Time、Apple Application Support、Apple Mobile Device Support、Apple Software Update、Bonjourをすべて削除する必要です。

J iCloudからiPhone8復元してみる

色々と試したが、結局iTunesからiPhone8復元できない場合、iCloudからiPhone8へデータを復元してみましょう。これもiPhone8復元失敗の解決策の一つです。

合わせて読む:
【最新】iPhone バックアップ中断・再開方法&iPhone バックアップ中断できない対策
機種変更時、iPhoneからiPhoneにデータ移行する方法を徹底解説|iPhone X/8など

Part2、iPhone8バックアップをiCloudから復元できない対策

iPhone8バックアップをiCloudから復元できない原因別に、以下は6個の対処法をまとめて紹介します。iCloudでiPhone8バックアップを復元しようとしたが、「iPhone8へデータ復元できない」「iPhone8復元が進まない」「iPhone8復元エラー」といった不具合に困っている人は早速チェックしてください。

関連記事:iPhoneバックアップできない?iPhoneをiCloudでバックアップ・復元する方法!

@ iCloudからiPhone8へデータを復元する条件を確認する

iCloudからiPhone8へデータを復元するとき、以下のの条件を満たす必要です。

●快適かつ安定したWi-Fi環境が必要

●正確なApple ID と パスワードでサインインする

なので、iCloudからiPhone8復元が進まない・iPhone8復元失敗などの不具合が発生する場合、最初に、以上の条件を確認して、正しく設定します。

A最新のiOSバージョンにアップデートする

iTunesと同様、お持ちのiPhone8のiOSバージョンが最新ではない場合、iCloudからiPhone8バックアップが復元できないドラブルが起こる可能性があります。というわけで、iPhone8復元を失敗しないように、お使いのiPhone8を最新のiOSバージョンにアップデートしてください。

iPhone8復元できない iCloud

B お持ちのiPhone8でフォトストリームを有効する

iPhone8のマイフォトストリームをオフにしているのはiCloudからiPhone8 8へデータ復元できない主な原因です。なので、iCloudからiPhone8バックアップが復元できない場合にはお持ちのiPhone8でフォトストリームを有効すれば解決できます。操作手順は以下の通りです。

お持ちのiPhone8のホーム画面から「設定」−「iCloud」−「容量」−「ストレージを管理」−「このiPhone8」を選択し、iCloudバックアップオプションの一覧を表示されます。一番目のフォトライブラリをオンにしてください。

C iPhone8で十分なあき容量を確保する

iPhone8で十分なあき領域が使用できないから、iCloudからiPhone8バックアップが復元できない可能性があります。そのため、iCloudからiPhone8へデータ復元する場合、iPhone8で十分なあき容量を確保する必要です。

DiPhone8が電源ケーブルと接続されている

iPhone8のデータをiCloudから復元する場合、かなり時間がかかるので、電源が落ちると、iPhone8復元も止まります。というわけで、iCloudからiPhone8へデータ復元するとき、iPhone8が電源ケーブルと接続される方が良いです。

E iTunesからiPhone8復元してみる

色々とためしたが、結局iCloudからiPhone8復元できない場合、iTunesからiPhone8へデータを復元してみましょう。これもiPhone8へデータ復元できない時の解決策の一つです。

合わせて読む:
iPhone 8復元が終わらない対策&iPhone 8復元時間を短縮する方法【iTunes/iCloud】
不要なiPhone バックアップを削除したい?iTunes/iCloud バックアップを削除する方法

Part3、iPhone8バックアップ復元できない時の最終手段

最終手段〜iTunesとiCloudを代わって、DearMob iPhoneマネージャーでiPhone8バックアップ復元をする

DearMob iPhoneマネージャーはiPhoneデータバックアップ・転送・管理機能を一体にした高機能ソフトです。DearMob iPhoneマネージャーを利用すれば、古いiPhoneから新しいiPhoneにデータをまるごとに移行することができます。iTunesとiCloudの代わりになるiPhone8バックアップ復元方法として、以下のメリットがあります。

iPhoneバックアップ復元の仕方

高機能―殆どのiPhoneデータをまるごとにバックアップ復元出来る上、欲しいデータだけをバックアップすることも可能。他に、データ編集・管理、iPhoneとPCとのデータやり取りも手軽に出来る。

◎使いやすさーシンプルさとわかりやすさを誇り、1クリックでiPhone8バックアップ復元することができる。端末には特別な設定がないので、iTunesとiCloudより何倍も簡単。

◎安全性―写真や音楽・ビデオ・連絡先・アプリ・メモ・メッセージなどのデータをサポートする。バックアップ復元されたデータが紛失されない。

◎速さーiTunesとiCloud でiPhone8バックアップ復元する時間はかなりかかる。このソフトは実行したテスト結果、手間を節約出来る上、iPhone8バックアップ復元時間も短くする。iPhoneバックアップ復元時間が長いに困っている人におすすめ。

DearMob iPhoneマネージャー評判・評価・ロコミ・レビュー一覧

DearMob iPhoneマネージャーでiPhone8バックアップ復元の仕方

ここから、DearMob iPhoneマネージャーでiPhone8バックアップ復元の仕方を詳しく説明します。準備として、以下の無料ダウンロードボタンでDearMob iPhoneマネージャーをダウンロード・インストールします。

「DearMob iPhoneマネージャー」ダウンロード&インストールするガイド

※お持ちのパソコンにiTunes 11.2以上のバージョンをインストールする必要があります。

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー

古いiPhone側の操作:

ステップ1:DearMob iPhoneマネージャーを起動し、古いiPhoneとPCに接続します。iOSデバイスを初めてパソコンに接続する場合、「このコンピューターを信頼しますか」という提示が表示されます。「信頼」をクリックしてください。すると、DearMob iPhoneマネージャーのメイン画面に入ります。

iPhone 8バックアップ復元できない

ステップ2:主画面から「iPhoneバックアップ」アイコンをクリックします。表示される画面の下部にある「今すぐバックアップ」ボタンを押したら、iPhoneバックアップが開始します。少し時間をかかりますので、少々お待ちください。

※iPhoneバックアップ暗号化をしたい場合、「今すぐバックアップ」ボタンの上に「バックアップを暗号化する」の前にチェックマークを入れて、パスワードを入力すればよいです。

ステップ3:iPhoneバックアップが終わると、画面の上側にある「バックアップファイルを復元します」をクリックしてください。ここでは、先ほどバックアップされたiPhoneデータを確認できます。古いiPhone側の操作はここで終わります。

iPhone8側の操作:

ステップ1:古いiPhoneを外して、iPhone8をPCに接続します。DearMob iPhoneマネージャーのメイン画面に入り、「iPhoneバックアップ」アイコンをクリックします。表示される画面の上側にある「バックアップファイルを復元します」をクリックしたら、先ほどバックアップされたiPhoneデータは画面中央に表示されます。

ステップ2:そこから復元したいiPhoneデータの前にチェックマークを入れて、画面の下側にある「今すぐ復元」ボタンをクリックします。暫く待って、iPhone8バックアップの復元が終わります。

ここまで、DearMob iPhoneマネージャーでiPhone8バックアップ復元の仕方は全部完了です。一目でわかるので、とても簡単でしょう。

iPhoneバックアップ復元できない

まとめ

上記のiTunes、またはiCloudからiPhone8復元できないときの対処法を別々に紹介しました。iPhone8へデータ復元できない不具合が出る場合、参考になるはずと思います。個人的には、iPhone8バックアップ復元できない時の最終手段が一番おすすめしたいです。DearMob iPhoneマネージャーでiPhone8バックアップ復元をするのは、iTunes、またはiCloudからiPhone8復元できない問題を完璧に避けるからです。

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

お役立ち情報

DearMob iPhoneマネージャー

iTunes代替ソフト〜超高速にiPhone/iPadのデータバックアップ・転送・管理!

 

2018新型iPhone特集

新型iPhone XS/ XS Mac/ XRのスペック、価格、機種変の手順及びデータ移行方法を一気にわかる。

iPhone音楽マネージャー

iOSデバイスとPC間、音楽を自由に転送・管理できる専門ツール!フリー!

 

 

iPhone/iPadの最新情報・人気記事

  1. 1

    Apple 2018新製品まとめ:新型iPhone XS/XS Max/XR/iOS12など

  2. 2

    2018年のiPhone XR 最新情報:新機能・発売日・デザイン・価格・色など

  3. 3

    iOS 12新機能・対応機種・ベータ版・リリース日・変更点などをまとめ

  4. 4

    どっち買うべきか?2018新型iPhoneの比較:スペック・デザイン・価格など!

  5. 5

    【機種変更】旧iPhoneからiPhone XS/XRにデータを移行・引き継ぎする方法

iPhoneバックアップ復元用〜DearMob iPhoneマネージャー

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー