ホーム iOSデータ転送 GoProの動画が見れない対処法

GoPro動画再生

【保存版】PCとスマホでGoProの動画が再生できない・見れない対策を徹底解説!

人気高いGoProを入手して、色々と素晴らしい映像を撮影しましたが、それらの映像をパソコンやiPhone等のスマホで再生すると、「音声だけが再生される」「映像が再生されない」など、スムーズにGoProの動画が再生できないことがあります。なぜGoProで撮った動画がパソコンで再生できないですか? GoProの動画がiPhoneで見れない原因は何ですか?GoProで撮影した動画が再生できない時、どうすれば良いでしょうか?
本記事はパソコン、またはiPhoneでGoProで撮った動画が再生できなくて困っている人のために、GoProの動画が再生できない・GoProの動画が見れない対策を徹底的に解説しようと思います。そのお悩みがある人はぜひ見逃しないでください。
目次:
▼Part1、GoProで撮った動画がパソコンで見れない対策
▼Part2、GoProで撮った動画がiPhoneで再生できない対策

GoProの動画をiPhoneに転送して再生する時の不可欠なツール

GoProで撮影した動画が再生できない

DearMob iPhoneマネージャー

 

ドラッグ&ドロップするだけで、PCとiOSデバイスの写真や動画、音楽、PDFファイル、連絡先、ブックマーク等のデータを双方向に転送できる。動画ファイル変換とサイズ圧縮機能を備えるので、動画の解像度や形式、サイズを問わず、パソコンの動画をiPhoneに入れることができる。

パソコンに保存したGoProの動画をiPhoneに転送して再生するには、DearMob iPhoneマネージャーを強くお薦める。

Part1、GoProで撮った動画がパソコンで見れない対策

GoProで撮影した動画をパソコンに取り込んで再生すると、スムーズに再生されないことが多いです。多くのGoProユーザーはその問題に出会ったことがあるでしょう。では、パソコンでGoProの動画が再生できない場合、どうしますか?次は、パソコンでGoProの動画が見れない問題に出会った時の対策を説明します。

関連記事:四つの方法でGoProの動画をパソコンに保存する操作手順

■GoProの動画がパソコンで見れない対策@〜再生機器(パソコン)のスペックをチェックする

GoProで撮影した動画の解像度は4Kや2.7K、1080pの場合が多いです。それらの動画を再生するには、パソコンのスペックは一定の条件を満足しなければならないです。従って、GoProで撮影した動画が再生できない問題に発生したら、最初に再生機器(パソコン)のスペックをチェックしてください。

動画の解像度によって、再生するにあたって最小限のスペックを異なります。GoProの動画をパソコンで再生するために最小限のスペックは以下の通りです。

◎1080p30fps以下のGoPro動画をパソコンで再生する場合

CPU: 2.4GHz以上のプロセッサ

メモリ: 4GB以上のメモリ

◎1080p60fps以上の動画をパソコンで再生する場合

CPU: 3.0-3.7GHz以上のプロセッサ

メモリ: 4GB以上のメモリ

グラフィックカード: NVIDIA GeForce GT650M以上

以上の条件を満たさないと、パソコンでGoProの動画が再生できない問題を発生します。特に高解像度の4Kと2.7KのGoPro動画をパソコンで再生する時、CPUとグラフィックカードはとても重要です。そのため、GoProで撮影した動画が再生できない問題に出会ったら、最初にお持ちのパソコンのスペックをチェックしてください。

■GoProの動画がパソコンで見れない対策A〜再生機器を替える

前述の通り、お持ちのパソコンのスペックは最低要件を満たせないと、GoProで撮った動画が再生できないです。その場合、再生機器を替えるのがいい選択です。一時的に他人のパソコンで使って再生することができますが、今後もGoPro の4K動画や1080pなどの動画を自由に再生するには、お持ちのパソコンを買い替えるのがオススメです。

■GoProの動画がパソコンで見れない対策B〜4Kや2.7K、Protune等の設定をオフにして、低解像度で動画を撮影する

動画の解像度を低くすることで、パソコンにかかる負担が減り、動画の再生もうまく進むことができます。従って、お持ちのパソコンは再生するにあたって最低要件を満たせない場合、再生機器を替える以外、4Kや2.7K、Protune等の設定をオフにして、低解像度で動画を撮影してください。

関連記事:Top5最高の4K動画再生ソフト2018を面々的に解説する

■GoProの動画がパソコンで見れない原因C〜お使いのメディアプレーヤーを替えて再生してみる

HEVC(H.265)はビデオ圧縮規格の一つで、聞きなれない方が多いみたいです。GoProを使って、解像度やフレームレートを上げて撮影した場合、撮影データが非常に大容量となります。撮影データ量を抑えるため、HEVCでデータが圧縮されます。そのため、GoProで撮った動画の形式は通常のMP4だけではなく、HEVCという形式があります。

しかし、HEVCに対応したメディアプレーヤーというのが意外に少ないです。知らずに対応していないメディアプレーヤーで再生すると、GoProで撮った動画が再生できない、または音声しか再生されないことがあります。例えば、Windowsの標準メディアプレーヤー「Windows Media Player」は720p 120fps以上の解像度の動画を再生することができません。つまり、Windows Media Player を使用する場合、GoProで撮った4Kや2.7KなどのHEVC動画を再生できないです。GoProの動画をパソコンに再生するには、個人的に「5KPlayer」という高機能のメディアプレーヤーを強くお薦めします。

GoProで撮った動画が再生できない

万能のメディアプレーヤー〜5KPlayer
5KPlayerは様々なコーデックを内蔵し、TrueTheater技術を採用します。4Kや2.7K、1080p等の高解像度のHEVC動画を損なしで再生する方法を提供します。だから、パソコンでGoProの動画が見れないと、5KPlayerを利用して再生してください。

関連記事:HEVC/ H.265再生ソフトが登場|無劣化にHEVC /H.265を再生する可能

iPhoneデータ管理iPhoneマネージャー

■GoProの動画がパソコンで見れない対策D〜動画変換ソフトを利用して、HEVC(H.265)動画をH.264等に変換する

HEVC対応可能なメディアプレーヤーを使用して再生する他、GoProのHEVC(H.265)動画をH.264に変換するのも対策の一つです。現在、インターネットでは動画形式を変換できるソフトやサイトはたくさんあります。パソコンでGoProの動画が見れない時、それを利用して、GoProで撮ったHEVC動画をH.264に変換して再生してみましょう。ただし、動画形式の変換によって、画質は多少劣化させるので、ご注意ください。

関連記事:2018 Top無料動画変換ソフトランキングご紹介:MP4変換が簡単

■GoProの動画がパソコンで見れない対策E〜もう一度GoProの動画をパソコンに転送して再生してみる。

GoProで撮影した動画をパソコンに取り込む途中、不明エラーで動画が壊れてしまって、再生されない可能性があります。だから、パソコンでGoProの動画が見れないと、もう一度GoProからパソコンへ動画を転送して再生しましょう。次のページにはGoProからパソコンへ動画を転送する四つの方法を詳しく説明します。間違いないように、参照してください。

Part2、GoProで撮った動画がiPhoneで再生できない対策

GoProで撮影した動画をiPhoneに転送して、再生したり、編集したりすることもできます。しかし、iPhoneでGoProの動画が再生できないこともあります。調べてみた結果、以下の二つは主な原因だと考えらます。

1、デバイスの処理能力に応じて、一部のiPhoneモデルはGoProの高解像度ファイルに対応することができません。又、GoPro のHEVC 映像を再生するには、iOS 11 .2以降が必要です。従って、互換性のことで、GoProで撮影した動画が再生できない問題を頻発しています。

2、GoProで撮影した動画のサイズが大きい場合、iPhoneに取り込んで再生できない場合もあります。原因はお持ちのiPhoneの空き容量が不足になると考えられます。

関連記事:GoPro iPhone 転送できない?GoProの動画がiPhoneに保存できない対策

GoProで撮った動画が再生できない原因が分かれば、それについて対策を紹介します。

■GoProの動画がiPhoneで再生できない対策@

GoProで撮った動画をiPhoneに再生したい時、最初にお持ちのiPhoneは十分の空き容量を保証してください。

■GoProの動画がiPhoneで再生できない対策A

iPhone でGoProの動画をスムーズに再生するには、お使いのiPhoneのiOSバージョンを最新版にアップグレードしてください。

■GoProの動画がiPhoneで再生できない対策B

お使いのiPhoneの対応解像度の上限を一度確認してください。次のページには詳しく説明します。ご参考ください。

https://jp.gopro.com/help/articles/Question_Answer/Supported-Resolutions-for-Copy-and-Share-in-the-GoPro-App

■GoProの動画がiPhoneで再生できない対策C

お使いのiPhoneは4Kや2.7Kの解像度の動画に対応していない場合、対応可能な再生機器を替えて再生してみましょう。或いは、4Kや2.7K、Protune等の設定をオフにして、低解像度で動画を撮影してしてもよいです。そうすると、GoProで撮った動画が再生できない不具合を避けます。

関連記事:【GoPro動画保存】GoProで撮った4K動画をiPhoneに保存する二つの方法!

■GoProの動画がiPhoneで再生できない対策D

お使いのiPhoneは4Kや2.7KのGoPro動画に対応していない場合、もう一つの対策は撮影した高解像度の動画をパソコンに取り込んで、iPhone対応可能な動画形式や解像度を変換した後、iPhoneで再生するんです。個人的には、「DearMob iPhoneマネージャー」というソフトを強くお薦めします。

GoProで撮った動画が再生できない

DearMob iPhoneマネージャー

このソフトを利用すれば、形式や解像度を問わず、GoProからiPhoneに4Kや2.7K、1080Kの動画を一気に転送することができます。DearMob iPhoneマネージャーはデータ転送の他、動画変換機能も備えるので、元々iPhone非対応なGoProの動画も問題なく再生することができます。これで、完璧にiPhoneでGoProの動画が再生できない問題を解決します。詳しい操作はついのページにあります。ご参考ください。

合わせて読む:DearMob iPhoneマネージャー動画転送・管理の使い方!

iPhoneデータ管理iPhoneマネージャー

まとめ

GoProで撮影した衝撃的なビデオをパソコンやiPhoneなどで自由に再生するには、一定の要件が必要です。しかし、GoProの初心者の方はよくわからないから、パソコンとiPhoneでGoProの動画を再生しようとしても、再生されないことが多いです。

以上はパソコンとiPhoneでGoProの動画が再生できない時の解決方法を徹底的に紹介しました。GoProの動画が見れないことに出会ったら、参考にしてください。

合わせて読む:【2018】意外と便利!AVCHDの動画をiPhoneに取り込み・再生する方法!

iTunes使わず、iPhoneデータバックアップ&転送&管理方法

DearMob iPhoneマネージャー 超簡単・超爆速・多機能

  • シンプルで操作性抜群!転送速度は業界随一;
  • iTunesなしで、iPhoneとPCの間、データをやり取りできる;
  • 機種変更時のiPhoneバックアップ復元をとることができる;
  • PC上で写真・音楽・ビデオなどiPhoneのデータを管理できる;
DearMob iPhoneマネージャー

1クリックだけで軽く、速くPCとiPhone上のデータをやり取りできる。iPhoneバックアップ復元の時に役立つ!

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

お役立ち情報

DearMob iPhoneマネージャー

iTunes代替ソフト〜超高速にiPhone/iPadのデータバックアップ・転送・管理!

 

2018新型iPhone特集

新型iPhone XS/ XS Mac/ XRのスペック、価格、機種変の手順及びデータ移行方法を一気にわかる。

iPhone音楽マネージャー

iOSデバイスとPC間、音楽を自由に転送・管理できる専門ツール!フリー!

 

 

最新情報・人気記事

  1. 1

    【無料】iTunes代替フリーソフトおすすめ8選!iTunes以外のソフトでデータを転送・管理!

  2. 2

    【決定】第69回NHK紅白歌合戦2018(2019) の司会者・出演者・曲目・曲順・放送時間など

  3. 3

    【解決】iOS 12にアップデートできない・iOS 12のアップデートが終わらない/進まない時の対策!

  4. 4

    【比較】どっち買うべきか?2018新型iPhoneの比較:スペック・デザイン・価格など!

  5. 5

    【機種変更】旧iPhoneからiPhone XS/XR/X/8にデータを移行・引き継ぎする方法

GoPro動画をiPhoneに保存〜DearMob iPhoneマネージャー

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー