×
ホーム iOSデータ転送 Live Photosをパソコンに保存する方法

意外と簡単!iPhoneのLive Photosをパソコンに保存する三つの方法!

「Live Photos」はiPhoneの新らしい撮影モードで、通常の写真と比べると「Live Photos」のファイルサイズが倍増で、溜まっていたらすぐ容量不足になります。だから、iPhoneの空き容量を増やすため、ライブフォトをパソコンに保存したい場合がありますよね。では、ライブフォトをパソコンに保存するには、どうしたらいいでしょうか?

今回はiPhoneのLive Photosをパソコンに保存する三つの方法を紹介しようと思います。Live Photosをパソコンにバックアップするのは意外と簡単に行けます。iPhoneのLive PhotosをPCに保存したいですが、「Live PhotosをPCに取り込みできない」といった問題が起きました。その悩みを持つ人はぜひ本ページを読んでください。

iPhoneのLive Photosをパソコンに転送・保存する超便利なツール!

Live Photos 保存

DearMob iPhoneマネージャー

ドラッグ&ドロップするだけで、iPhoneとPC間双方向でデータを転送することができる。転送速度は業界1位!

カメラロール、自撮り写真、スクリーンショットだけではなく、Live PhotosをPCに保存することも意外と簡単に実現できる。

「Live Photos」とは

Live Photos は、シャッターで切った前後の1.5秒の動画、つまり3秒の動画が撮影できるという機能で、iPhone 6s 以降で使えます。

写真画像を動画として保存されて、タップすると動くので楽しいです。ロック画面などの壁紙に設定できるので、とても便利です。

ただし、Live Photosを撮影する時に注意すべきなことがあります。それは、普通の写真に比べると、Live Photosはストレージ容量を2倍消費することです。.jpegと.mp4ファイルを組み合わせてLive Photoの効果を構成しているので、容量が大きくなります。

複数のLive Photos をiPhoneに保存したら、ストレージ容量の減りが速いです。

補足:iPhoneのLive Photosをパソコンで再生することができすか?

iPhoneで撮ったLive Photosの再生はiOS 9以上のiPhoneやiPadなど限定されています。Live Photosをパソコンで再生する場合、jpgの静止画とmovの短い動画になります。つまり、Live Photosをパソコンで再生することができません。

関連記事:2019年|iPhoneの写真が一部パソコンに移行できない・取り込めない時の対処法

Live Photosをパソコンに保存する三つの方法

上に述べたように、大量にLive Photosの写真を撮影したら、iPhoneのストレージ容量がなくなります。容量不足を解消するために、USBやパソコンに大切なLive Photosを保存したほうがよいです。

次はLive Photosをパソコンにバックアップしたい人のため、Live PhotosをPCに取り込みする三つの方法を紹介します。Live PhotosをPCに保存できないと困っている人も参考にしてください。

方法@〜DearMob iPhoneマネージャーで、Live Photosをパソコンに保存する(超便利)

最初に一番便利なLive Photos保存方法をご紹介したいです。それはデータ転送の専門ソフト「DearMob iPhoneマネージャー」で、Live PhotosをPCに保存するのです。

DearMob iPhoneマネージャーとは

DearMob iPhoneマネージャーはパソコンとiPhone、iPadの間、写真を始め、音楽、着信音、動画、PDFファイル、電子書籍、連絡先、ブックマーク等のあらゆるデータを双方向で転送できる専門ツールです。DearMob iPhoneマネージャーはライブフォトをパソコンに保存できるだけではなく、以下の特徴も持っています。

Live Photos バックアップ

●jpg、png画像だけではなく、Live Photos、GIF、HEICの画像や写真をそのまま転送することができます。サイズの変更や画質の劣化は一切ありません。

iPhoneにあるHEICの写真をjpgに変換して、PCに保存することができます。変換ソフトが不要で、超便利です。

●撮影日時で表示されるから、写真の管理がとっても楽なんだ。

●動作がサクサクで快適!iTunesより断然使いやすい。

●高速の写真転送速度を持っていて、100の写真を数秒でエクスポートされました。

●写真エクスポートの時、暗号化して写真をエクスポートすることができるし、暗号化なしでファイルをエクスポートすることもできます。他人に見られたくない時に役立ちます。

●Live Photosをパソコンに保存するだけではなく、PCに保存したLive PhotosをiPhoneに入れることも可能です。

 

他に、DearMob iPhoneマネージャーはウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアは一切含まれていない安全なソフトで、以下のボタンをクリックしてダウンロードすれば、無料で試すことができます。

早速、DearMob iPhoneマネージャーでLive Photosをパソコンにバックアップするやり方を見てみましょう。

iPhoneデータ管理iPhoneマネージャー

■準備として、以下のボタンでソフトをお持ちのパソコンに無料ダウンロードしてください。

Step1、Live PhotosをPCに保存するには、まずDearMob iPhoneマネージャーをお持ちのパソコンにダウンロード&インストールします。

Step2、DearMob iPhoneマネージャーを立ち上げ、USBケーブルでお使いのiPhoneをパソコンに接続します。

Step3、インタフェースで「写真転送」を選択します。そうすると、iPhoneにあるすべての写真をロードされます。

Live PhotosをPCに保存

Step4、パソコンに保存したいLive Photos(JPGとMOVの二つのファイル)をチェック入れて、上部の「エクスポート」をクリックしてください。数秒で選択したLive Photosがエクスポートされます。エクスポートが終わったら、保存場所を自動的に開かれます。

ヒント:大量の写真を一括選択して転送することができるので、時間や手間を大幅省く。

以上です。

2019年7月30日開始!

【DearMob 4周年のプレゼントキャンペーン】

開催期間:2019年7月30日(火)〜2019年8月30日(金)まで!!

応募方法:キャンペーンページにて「プレゼントをゲット」ボタンをクリックするだけでOK!

詳しくはこちら ↓↓

⇒DearMob 4周年記念!DearMob iPhoneマネージャーとVideoProcを無料プレゼント

- 特典 -

iOSデータ管理ソフトーDearMob iPhoneマネージャーのライセンスコード(無料プレゼント)

多機能動画処理ソフトーVideoProcのライセンスコード(無料プレゼント)

→ 今すぐ応募しよう!

方法A〜iPhone付属のusbケーブルで、Live Photosをパソコンに取り込む

iPhone付属のusbケーブルで、Live Photosをパソコンに取り込むことができます。

ただし、お使いのパソコンにiTunesのインストールが必要です。写真データがバラバラに並んていてるので、大量の写真があると、見つかりにくいです。また、iPhoneからパソコンに写真を取り込みできないエラーが頻発して要るので、オススメしません。

Windows版

Live Photosをパソコンに取り込む

Step1、 iPhone付属のusbケーブルで、iPhoneをPCに保存します。そうすると、iPhoneのアイコンが見えます。

Step2、 iPhone > Internal Storage > DCIM > 1**APPLEの順番にアクセスしたら、LivePhotos を構成したJPGとMOVファイルを見えます。

Step3、 パソコンに保存したいLivePhotoを見つけて、JPGとMOVの二つのファイルをパソコンにコピーします。そうすると、Live Photosをパソコンにバックアップするのは完了します。

関連記事:iPhoneの写真がパソコンに見れない時の対処法を徹底的にご紹介

Live Photos 保存

Mac版

Step1、 iPhone付属のusbケーブルで、iPhoneをMacに保存します。

Step2、 Finderを開いてアプリケーション>イメージキャプチャの順番にクリックします。イメージキャプチャは、自動でiPhoneの写真を読み込みます。

Step3、 パソコンに保存したいLivePhotoを見つけて、JPGとMOVの二つのファイルをパソコンに移動すればよいです。

以上はWindowsとMacでLive Photosを保存する流れです。OSバージョンによって、操作は違うとこがありますが、大体同じです。

方法A〜iCloudを経由して、ライブフォトをパソコンに保存する

ご存知のように、iPhoneで「iCloudフォトライブラリ」をオンにしたら、iPhoneで撮影した大量の写真は自動的にiCloudにフルアップロードされ、パソコンにダウンロードして保存することができます。Live Photosにも対応するので、iCloudを利用すると、Live Photosをパソコンに保存することができます。

ただし、iCloudは保存期間が最大で30日間、1000枚までとなっているので気をつけてください。

iCloudでiPhoneのLive Photos をパソコンに保存する方法

Live Photos 保存

Step1、iPhoneの「設定」>アップルID>「iCloud」>「写真」でiCloudフォトライブラリをONにします。すると、Live Photosを含める写真や動画は全部iCloudにアップロードされます

Step2、 パソコンのブラウザで「icloud.com」をアクセスして、iPhoneと同じアップルIDを入力してログインします。

Step3、 「写真」アイコンを選択して、パソコンにバックアップしたいLivePhotoを見つけて、JPGとMOVの二つのファイルをパソコンにダウンロードします。そうすると、iCloudでLive PhotosをPCに取り込みできます。

iPhoneのLive Photos をiCloud写真にアップロードしてから、パソコンに取り込み、保存することができますが。

関連記事:【iCloud容量不足解決】3つの方法でiCloud写真をパソコンに保存・取り込む・移行

最後

以上はiPhoneのLive Photos(をパソコンに取り込む三つの方法です。その中に、一番おすすめな方法やはりDearMob iPhoneマネージャーで、Live Photosをパソコンに保存する方法です。理由は以下の三つあります。

1、方法@と方法Aの場合、写真がバラバラに並んていてるので、大量の写真があると、見つかりにくいです。

2、方法Aは時間制限があり、目的なLive Photosが見つからない場合があります。

3、方法Bは操作は超簡単で、Live PhotosをPCに取り込みできない心配が要りません。また、入手すると便利です。

Live Photosをパソコンにバックアップしたい方はDearMob iPhoneマネージャーをダウンロードして使ってみてください。

早速、DearMob iPhoneマネージャーの無料版をダウンロードして試そう↓↓

iPhoneマネージャーiPhoneマネージャー

RECOMMEND・当サイトの人気記事

ホーム | 会社概要 | お問い合わせ | ニュース | プライバシーポリシー | ユーザー規約 | サイトマップ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc. All rights reserved.
Apple、Appleのロゴ、AirPlay®、 Apple TV®、Mac®、iPhone®、iPad®及びiTunes®などはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。

DearMob 4周年記念企画

  1. 無料配布

Live PhotosをPCに保存するソフト〜DearMob iPhoneマネージャー

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー