ホーム iOSデータ転送 iMovieの書き出しエラー

iMovieで書き出しができない

【iPhone&iPad】iMovieの書き出しができない原因とその対処法を詳説!

iPhone&iPadで使えるスマホの動画編集アプリ「iMovie」は簡単に動画が撮影から、編集、YouTubeにアップまでできるツールとして名高いです。しかし、iPhone&iPadのiMovieで動画を作成したのに、「iMovieの書き出しエラー」「iMovieの書き出しが進まない」「iMovieの書き出しが終わらない」等のトラブルで、iMovieの書き出しができないです。あなたはiPhone&iPadのiMovieで書き出しに失敗したことがありませんか?

本記事ではiMovieの書き出しができない原因とその対処法を詳解しようと思います。iPad&iPhoneのiMovieで書き出しができないと、お困りの方がいたら、お役に立てるかもしれません。

合わせて読む:iPhone&iPadカメラロールの動画が再生できない・見れいない時の対策|完璧に解決

iMovieで作成した動画をWindows/Mac PCに転送できるiOSデータ転送ソフト!
PC iPhone 動画 転送

DearMob iPhoneマネージャーオススメ!

 

DearMob iPhoneマネージャーを使えば、ドラッグ&ドロップするだけで、Mac・Windows PCとiPhone・iPad・iPodのデータを高速&双方向に転送できる。ビデオを始め、写真・音楽・PDFファイル・連絡先・アプリ・ブックマーク等殆どのiOSデータの転送に対応している。

iMovieで作成して、iPhoneに保存した動画をパソコンに転送するには、DearMob iPhoneマネージャーを任せてください。

iMovieでの動画の書き出し方法

一般の場合、次の手順通りに操作すれば、iMovieで作成した動画をiPhone&iPadのカメラロールに直接書き出して保存することができます。

ステップ1、iMovieで動画の編集が終わったら、画面左上の「完了」をタップします。

ステップ2、表示される画面下の真ん中にある「共有」アイコンをタップしてください。

ステップ3、「ビデオを保存」を選択すると、書き出したい動画のサイズ(解像度)を選択します。暫く待って、動画の書き出しが完了します。iPhone&iPadの「写真」アプリで先ほど書き出した動画を確認できます。

iPhoneのiMovieで書き出しができない

以上はiMovieでの動画の書き出し方法です。

確かにiMovieは作成した動画をYouTubeや他のアプリに直接アップロードすることができることが便利ですが、時々iPhone&iPadに書き出す必要もあります。例えば、YouTubeにアップする前に、編集した動画をバックアップしたいです。或いは、あらかじめiPhone&iPadに書き出して、後は他のアプリで再び編集するためです。しかし、iMovieの書き出しエラーが起きることがあります。それはなぜでしょか?

合わせて読む:【2018年最新版】無料&簡単なiPhone動画をDVDに焼く方法:iPhoneの動画をDVDに作成して、永遠に保存

iMovieの書き出しができない原因

iMovieの書き出しエラー

iPhone&iPadのiMovieで書き出しができない原因について、主に以下の三つあります。

(1)、iPhone&iPadの空き容量が足りないので、iMovieで書き出しに失敗しました。

iPhone&iPadのiMovieで作成した動画をカメラロールに書き出す時、「容量不足で保存できません」というエラーがあります。なぜかというと、iPhoneの本体のストレージが足りなくなるからです。

(2)、起動しているアプリはメモリを大量に消費するから、iMovieで書き出しに失敗しました。

iPhoneの空き容量が十分足りるのに、「ディスクの空き領域がいっぱいです」というエラーメッセージが出た時があります。そういう時、起動していたアプリが多すぎで、メモリを大量に消費するのが原因だと考えられます。

(3)iMovieから書き出すサイズが大きすぎると、iPad&iPhoneのiMovieで書き出しができないかもしれません。

高解像度でiMovieから書き出すのは良いだけど、その代わりに動画の容量が大きくなってしまいます。そういう時、「iMovieの書き出しが進まない」「iMovieの書き出しが終わらない」というトラブルが発生する可能性があります。

もちろん、明確な原因はわからなくて、「書き出し中エラが起きました」というエラーメッセージが出た場合がありますが、iPhone&iPadのiMovieで書き出しができない原因は大体以上です。

合わせて読む:2018年簡単・無料の動画編集アプリおすすめ〜人気動画編集アプリランキングTOP10

iMovieの書き出しができない時の対処法

ここから、iPad&iPhoneのiMovieで書き出しができない対処法はエラー原因によってそれぞれ詳解します。

(1)容量不足で、iMovieの書き出しができない場合の対処法

iPhone&iPadのストレージ容量が足りないから、iMovieで書き出しに失敗した場合の対処法は以下の二つあります。

@iPhone上に不要なアプリやファイルを削除して、容量を増やす。

A画質を落として、動画をiMovieで書き出します。これで、iMovieの書き出しエラーを解決する可能になります。

注意:書き出しサイズがオリジナルの動画ファイルより大きい場合は、映像が粗くなってしまいます。

(2)メモリ不足で、iMovieの書き出しができない場合の対処法

メモリ不足でiPhone&iPadでは処理が追いつかないから、「ディスクの空き領域がいっぱいです」というエラーメッセージが出ます。そういう場合の対処法は次のようです。

まず、iPhone&iPadで起動しているアプリを閉じてることで、キャッシュメモリをクリアします。

後はiMovieを再起動したら、正常に書き出すことができるかもしれません。

(3)、サイズが大きいから、iMovieの書き出しが遅い場合の対処法

モバイルの場合、「HD-1080p」は高解像度で綺麗ですが、その分動画の容量が大きくなります。個人的には「HD-720p」でも十分綺麗です。従って、「iMovieの書き出しが進まない」「iMovieの書き出しが終わらない」等、iMovieの書き出しエラーに出会ったら、一度画質を落として、その動画を書き出してみましょう。

(4)、不明エラーで、iMovieで書き出しに失敗した場合の対処法

不明エラーで、iPhone&iPadのiMovieで書き出しができない場合、或いは、以上の方法は全部ダメだったら、iPhone&iPad上の動画をMacやwindow PCに転送して、パソコン版のiMovieで編集したり、保存したりすることはいい選択です。基本的な方法は次の通りです。

@、iOSデータ転送ソフトを使って、iPhone&iPadの動画をパソコンに転送します。

iMovieの書き出し

ここでは無料且つ簡単な操作で、iPhone&iPadの動画をパソコンに転送できるソフト「DearMob iPhoneマネージャー」を使っています。

■DearMob iPhoneマネージャー

PCとiOSデバイスの間、動画を始め、写真や音楽、PDFファイル、書類、ボイズメモ、連絡先、ブックマーク等のデータを双方向で転送できるiOSデータ転送の専門ソフトです。DearMob iPhoneマネージャーを使えば、iPhone&iPadの動画をパソコンに取り込むのは超簡単にできます。使いやすさと転送速度の速さはその特徴です。iPhone&iPadの動画がパソコンに取り込めない問題に完璧なソリューションを提供します。従って、iPhone&iPadの動画をパソコンに転送したい時、DearMob iPhoneマネージャーを強くお薦めします。続いて、やり方は簡単に説明します。

合わせて読む:DearMob iPhoneマネージャー評判・評価・ロコミ・レビュー一覧

早速、Windows、或いはMac用のDearMob iPhoneマネージャーの無料版をダウンロードして試す↓↓

iPhoneマネージャーiPhoneマネージャー

準備:上記の「無料ダウンロード」でDearMob iPhoneマネージャーを手元のパソコンにダウンロード・インストールします。

具体的なDearMob iPhoneマネージャーのダウンロード・インストール方法はこちらへ

ステップ1、ソフトを起動し、usbケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。すると、iPhone上で「このコンピューターを信頼しますか」という警告が表示されます。「信頼する」をタップしてください。

ステップ2、下図のように、ソフトのインタフェースにある「ビデオ」をクリックすると、iPhoneに動画を入れる画面が表示されます。

ステップ3、パソコンに転送したい動画を選んで、上部の「エクスポート」を選択クリックしたら、動画のエクスポートが開始します。完了まで少々お待ちください。

関連記事:DearMob iPhoneマネージャー動画転送・管理の使い方>>

iMovieの書き出し

A、パソコン版のiMovieで先ほどの動画を編集してから書き出します。

ステップ1、編集して終わったら、上部のメニュバーから「共有」アイコン>「ファイル」を選択します。

ステップ2、タイトル、説明文、タグ、サイズを編集してから、「次へ」をクリックします。

ステップ3、保存場所を設定してから、「保存」をクリックします。すると、動画の書き出しが完了します。

iPhone Xバックアップ復元「DearMob iPhoneマネージャー」を利用して、パソコンのiMovieで書き出した動画をiPhone&iPadに転送することもできます。

iMovieの書き出し

最後の方法は少しややこしいだけど、iMovieの書き出しができない難問を解決できます。どうしてもiPad&iPhoneのiMovieで書き出しができない時にお役に立てると思います。

関連記事:iPhone動画をMacに転送して、保存・再生・編集する5つの方法>>

早速、Windows、或いはMac用のDearMob iPhoneマネージャーの無料版をダウンロードして試す↓↓

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

お役立ち情報

DearMob iPhoneマネージャー

iTunes代替ソフト〜超高速にiPhone/iPadのデータバックアップ・転送・管理!

 

2018新型iPhone特集

新型iPhone XS/ XS Mac/ XRのスペック、価格、機種変の手順及びデータ移行方法を一気にわかる。

iPhone音楽マネージャー

iOSデバイスとPC間、音楽を自由に転送・管理できる専門ツール!フリー!

 

 

最新情報・人気記事

  1. 1

    【無料】iTunes代替フリーソフトおすすめ8選!iTunes以外のソフトでデータを転送・管理!

  2. 2

    【決定】第69回NHK紅白歌合戦2018(2019) の司会者・出演者・曲目・曲順・放送時間など

  3. 3

    【解決】iOS 12にアップデートできない・iOS 12のアップデートが終わらない/進まない時の対策!

  4. 4

    【比較】どっち買うべきか?2018新型iPhoneの比較:スペック・デザイン・価格など!

  5. 5

    【機種変更】旧iPhoneからiPhone XS/XR/X/8にデータを移行・引き継ぎする方法

万能のiPhoneデータ管理ソフト〜DearMob iPhoneマネージャー

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー

PCとiPhone間で動画転送〜DearMob iPhoneマネージャー

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー