ホーム iOSデータ転送 iPhoneにWordを転送する方法

Word共有

【2018完全版】パソコンからiPhoneにWordを転送、共有する六つ方法を詳解!

 

iPhoneとパソコンでWordを同期

今回はパソコンからiPhoneにWordを転送、共有する方法を詳解していきます。メールでパソコンからiPhoneにWordを送ることができるのが周知のことですが、パソコンのワードをiPhoneに送る方法は他に一体何がありますか?本記事では全部紹介します。どの場合でも、楽にパソコンからiPhoneにワードファイルを転送したい方は必見です。

iPhoneにPDFデータを入れる四つの方法!PCとiPhoneのPDF転送を簡単に!

PC とiPad・iPhoneのExcelやWord、PDF等のファイルをやりとりできるソフト
PCとiPhoneのファイル転送

DearMob iPhoneマネージャー

DearMob iPhoneマネージャーはドラッグ&ドロップするだけで、Mac・Windows PCとiPhone・iPad・iPodのデータを高速&双方向に転送できる専門のデータ転送ソフトである。

一般の写真やビデオ、音楽、連絡先だけではなく、iPhoneの「ファイル」にあるエクセルやWord、テキストファイルも双方向で転送できる。高速な転送速度とストレスなく使い方はその特徴である。iPad・iPhoneにワードファイルを転送したい方は、ぜひDearMob iPhoneマネージャーを使ってみよう。

【目次】
方法@、パソコン用のiOSデータ転送ソフトでパソコンからiPhoneにWordを転送する(おすすめ度:★★★★★)
方法A、メールでパソコンからiPhoneにWordを送る(おすすめ度:★★★★)
方法B、iOS端末対応USBでWordをパソコンからiPhoneに転送する(おすすめ度:★★★)
方法C、iTunesを利用して、パソコンからiPhoneにWordを同期する(おすすめ度:★★★)
方法D、LINEを経由して、パソコンのワードをiPhoneに送る(おすすめ度:★★)
方法E、クラウドサービスを使って、パソコンからiPhoneにワードファイルを保存する(おすすめ度:★★)

方法@、パソコン用のiOSデータ転送ソフトでパソコンからiPhoneにWordを転送する

パソコン用のiOSデータ転送ソフト「DearMob iPhoneマネージャー」を利用することで、パソコンのワードをiPhoneに送ることができます。iPhoneにワードファイルを転送できる方法の中に、一番お進めるのはこれです。

超役に立つiOSデータ転送ソフト〜DearMob iPhoneマネージャー

DearMob iPhoneマネージャーはパソコンとiPad・iPhoneの間で、写真や音楽、ビデオ、PDF、エクセル、ワード、着信音、連絡先等の殆どのファイルを双方向でやりとりできる専門のiOSデータ転送ソフトです。ただ数クリックで、ファイルの転送が完了です。複数のファイルを一括転送するも可能なので、便利度が高いです。DearMob iPhoneマネージャーは使い勝手が良いし、転送スピードも速いです。iPhoneデータの上書きされることもないので、安全・安心にパソコンとiPhoneの間でファイルを共有することができます。特に有難いのは一旦、このソフトを手元のパソコンにインストールしたら、iTunesなしでもWi-Fiなしでもファイルの転送ができます。容量の制限もありません。

それでは、今すぐ「DearMob iPhoneマネージャー」をダウンロードして、パソコンからiPhoneにWordを共有しましょう。

iPhoneマネージャーiPhoneマネージャー

DearMob iPhoneマネージャーで、パソコンからiPhoneにWordを転送する手順

ここから、DearMob iPhoneマネージャーを利用して、パソコンからiPad・iPhoneにエクセルファイルを保存する操作手順を詳しく説明します。

Step1、DearMob iPhoneマネージャーを起動し、iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。iPhone側で「このコンピューターを信頼しますか」が表示されるので、「信頼する」をタップします。

Step2、主画面の「ファイル」をクリックし、「Pages」アプリをダブルクリックします。

パソコンからiPhoneにWordを共有

Step3、iPhoneに送りたいWordファイルをパソコンからドラッグ&ドロップすると、iPhoneにWordファイルが転送されます。これで完了です。

(上部の「ファイル追加」>Wordファイルを選択>「開く」ボタンをクリックする手順に従って操作しても、パソコンからiPhoneにWordファイルを転送することができます。

パソコンのワードをiPhoneに送る

方法A、メールでパソコンからiPhoneにWordを送る

メールでパソコンからiPhoneにWordを送る

パソコンのワードをiPhoneに送る方法はときたら、みんな誰でも知っているのはメールでしょう。Wordをメールに添付して、自分宛に送信すると、iPhoneでWordを受信することができます。受信したメールからWordをダウンロードしたら、iPhoneにワードファイルがされます。後は、Wordアプリやファイルのpagesアプリで編集することも可能です。

確かに、メールを使って、パソコンからiPhoneにWordを送るのは簡単で、とても便利です。ただし、ネットのない環境では使えません。また、大量のWordファイルを一括送れない可能性があるので、ご注意ください。

方法B、iOS端末対応USBでWordをパソコンからiPhoneに転送する

USBでWordをパソコンからiPhoneに転送

現在のところ、パソコン対応のUSBだけではなく、iOS端末対応可能なUSBもたくさんリリースしました。パソコンとiPhoneの両方にも直接接続できるので、パソコンからiPhoneにWordを共有することも簡単にします。iOS端末対応USBによって、それぞれ専門のアプリが必要です。パソコンからiPhoneにWordを転送する操作もアプリによって異なります。

iOS端末対応USBでWordをパソコンからiPhoneに転送すれば、USBケーブルや Wi-Fi環境は必要ありません。この方法はとても便利ですが、iOS端末対応USBを買いたくない方は他の方法を利用してもよいです。

方法C、iTunesを利用して、パソコンからiPhoneにWordを同期する

iTunesはiPhoneのデータ管理ソフトとして、パソコンからiPhoneにWordを同期することができます。ただ、以下の2つの条件が満たす必要があります。

※パソコン上のiTunesは最新バージョンです。

※お持ちのiPhoneは最新バージョンのOSを搭載しています。

上記の条件を満たす場合、以下の手順に従って操作すれば、パソコンからiPhoneにWordを共有することができます。

Step1、パソコン上のiTunesを起動し、iPhoneをUSB ケーブルでパソコンに接続します。

Step2、iTunes でiPhoneのデバイスアイコンをクリックし、左側でApp を選択します。すると、共有できるアプリが全部表示されます。

Step3、「Pages」アプリを選択してから、パソコン上のWordファイルをドラッグ&ドロップすると、そのWordファイルがiPhoneに転送されます。後はiPhoneの「ファイル」下の項目から「Pages」アプリを開いて閲覧することができます。

(「ファイルを追加」ボタンをクリックして、iPhoneに同期したいWordファイルを追加することもできます)

iTunesでパソコンからiPhoneにWordを同期

iTunesを利用して、パソコンのワードをiPhoneに送る場合、注意すべきなところがあります。それはiPhone側のデータが上書きされることがよくあります。また、「iTunesのアプリが表示されない」等のエラーが頻繁に起こります。iTunesに慣れてしまう方はあまり問題ないですが、パソコンやiTunesの操作などに馴染みのない方はこの方法をオススメしないです。

方法D、LINEを経由して、パソコンのワードをiPhoneに送る

LINEを利用すれば、画像や動画を送れるだけではなく、WordやExcel、PDF等のファイルも送ることができます。次は、LINEを経由して、パソコンのワードをiPhoneに送る手順を簡単に説明します。

Step1、PC版のLINEをインストールして、ログインします。

Step2、トーク画面でクリップアイコンをクリックし、エクスプローラーが表示されるので、iPhoneに送りたいWordファイルを選択して「開く」ボタンを押します。

パソコンからiPhoneにWordを転送

Step3、iPhoneでLINEアプリを開き、先ほど送信したWordファイルの下にある「ダウンロード」をタップします。これで、パソコンからiPhoneにワードファイルが保存されます。

上記の手順に従って操作すると、パソコンからiPhoneにWordを転送することができますが、一つ注意すべきなとことがあります。それは、トークに送られたファイルをダウンロードできる期間は送られてから7日間になるんです。それ以降になるとダウンロードできなくなるのでご注意ください。

方法E、クラウドサービスを使って、パソコンからiPhoneにワードファイルを保存する

クラウドサービス(onedrive、Dropboxなど)を使用しても、パソコンからiPhoneにワードファイルを保存することができます。クラウドサービスによって、操作が異なりますが、大体以下のようです。

Step1、クラウドサービスOnedrive、またはDropboxにログインしてiPhoneに移行したいワードファイルをアップロードします。

Step2、iPhoneのApp StoreからOnedrive、またはDropboxアプリをダウンロードして、同じアカウントでログオンします。

Step3、先ほどアップロードしたファイルをタップして開くと、そのまま閲覧することができます。iPhoneにワードファイルを保存したい場合、本体にダウンロードすればOKです。

現在、クラウドサービスは数多いですが、殆ど無料で使えるストレージが制限されているので、ご注意ください。また、 ネットなしの環境では、ワードファイルをダウンロードすることができません。従って、ストレージ不足やネットなしの環境も、パソコンからiPhoneにWordを共有したい方は、この方法は諦めた方がよいです。

最後

以上はパソコンからiPhoneにWordを転送する六つの方法を紹介しました。

DearMob iPhoneマネージャーを使って、パソコンからiPhoneにワードファイルを転送するのは意外と便利でしょう。他の方法は容量制限やデータの損失、面倒ください等、それぞれのデメリットがあります。DearMob iPhoneマネージャーの場合、一切心配いりません。それに、ワードだけではなく、PDFやエクセル、写真、ビデオ、音楽、ボイズメモ等、任意のファイルをPCとiPhone間で共有することができます。早速以下のボダンで無料ダウンロードして活用してみましょう。

早速、Windows、或いはMac用のDearMob iPhoneマネージャーの無料版をダウンロードして試す↓↓

iPhoneマネージャーiPhoneマネージャー

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

お役立ち情報

DearMob iPhoneマネージャー

iTunes代替ソフト〜超高速にiPhone/iPadのデータバックアップ・転送・管理!

 

2018新型iPhone特集

新型iPhone XS/ XS Mac/ XRのスペック、価格、機種変の手順及びデータ移行方法を一気にわかる。

iPhone音楽マネージャー

iOSデバイスとPC間、音楽を自由に転送・管理できる専門ツール!フリー!

 

 

最新情報・人気記事

  1. 1

    【無料】iTunes代替フリーソフトおすすめ8選!iTunes以外のソフトでデータを転送・管理!

  2. 2

    【決定】第69回NHK紅白歌合戦2018(2019) の司会者・出演者・曲目・曲順・放送時間など

  3. 3

    【解決】iOS 12にアップデートできない・iOS 12のアップデートが終わらない/進まない時の対策!

  4. 4

    【比較】どっち買うべきか?2018新型iPhoneの比較:スペック・デザイン・価格など!

  5. 5

    【機種変更】旧iPhoneからiPhone XS/XR/X/8にデータを移行・引き継ぎする方法

iPhoneワード共有〜DearMob iPhoneマネージャー

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー