ホーム iOSデータ転送 iPodからiTunesに曲をコピー

iPodの音楽をitunesへ

【無料】iPodからiTunesに曲をコピー・転送する方法|Windows 10/Mac

iPodはアップル会社が開発される携帯型デジタル音楽プレイヤーなので、音楽を聞くのはメインの使い道です。iTunesで音楽を直接iPodへ入れて、何時でも何処でも楽しめますが、逆にiPodの音楽をiTunesに転送することができません。iPodの音楽をiTunesへ入れたい場合、どうすればいいでしょうか?

実は、iPhone音楽転送の専用ソフトを利用すれば解決できます。ここでは、iPodからiTunesへ音楽を転送できなくて困る人のため、「DearMob iPhone音楽マネージャー」というフリーソフトを介して、iPodからパソコンのiTunesに曲をコピー・転送する方法をご紹介します。iPodからiTunesへ音楽を簡単に転送することが可能になるので、ぜひ見逃しないでください。

関連記事:【iPodへ音楽の入れ方】iTunes以外、パソコンの音楽をiPodへ入れる方法!

iPodの曲をiTunesに入れる

DearMob iPhoneマネージャー

ドラッグ&ドロップの簡単操作で、PCとiOS端末の間、音楽をはじめ、写真・ビデオ・連絡先・着信音・オディオブック・PDFファイルなど、殆どの重要データを双方向で転送することができる。iTunes代替ソフトを目指して開発されるのが、機能性や操作性、速度、安定性はiTunesより遥かに優れている。
iPodの曲をiTunesに入れるだけではなく、PCとiPhone・iPad上のデータをやりとりすることは全部簡単に出来る。

Windows 10/MacでiPodからiTunesに曲をコピー・転送する方法

iPodの曲をiTunesに入れたい!?

以下のような場合、iPodの音楽をitunesへ入れる必要があります。

◎ パソコンの故障や操作ミスで、iTunes内の曲が失ってしまった時、お持ちのiPodからiTunesへ音楽を転送したい;
◎ 新しいパソコンを変更した後、iPodからiTunesへ音楽を同期したい;
◎ 他人のiPodに保存している音楽を自分のパソコンのiTunesに入れたい;

しかし、著作権保護のため、iPodからiTunesに曲をコピーするのが思った通りにいけない場合が結構多いです。著作権保護を気にせず、効果的にiPodの音楽をiTunesに転送するには、「DearMob iPhoneマネージャー」というフリーソフトを介して、iPodの音楽をPCに転送してから、iTunesへ追加すればよいです。

iPodからiTunesに曲を転送できる「DearMob iPhoneマネージャー

DearMob iPhoneマネージャーはiTunesの代わりに、iPhone・iPod・iPod Touchの音楽、プレイリストを管理し、PCとiPhone・iPod・iPod Touchの間に音楽を転送するパワフルな無料ソフトです。DearMob iPhoneマネージャーはiPod音楽管理ソフトとして、次の特徴があります。

●音楽転送・管理を特化したソフトで、iPodからPCへ音楽を取り出すことに対応している。また、PCからiPodに音楽を入れることもできる。

●シンプル且つ簡潔なデザインのため、音楽の転送や削除など、殆どの操作はただ3歩で完成する。初心者やPCによくわからない人は利用ガイドを読まなくても直感的に操作できる。

●「ドラッグ&ドロップ」「すべての音楽を一括転送」「音楽フォルダ追加」「ワンクリック同期」等の便利な操作設計で作業効率が大幅に向上される。

●爆速度でiPodの音楽をPCに転送することできる。実際にテストにより、1分間で100以上の曲を転送できる。

●安定性は優れている。故障等の原因でiPodの音楽転送できない不具合はあまりない。

●WindowsとMacバージョンを用意したので、最新のWindows 10でiPodの音楽をitunesへ入れても、MacでiPodの音楽をiTunesに転送しても、全部簡単に実現できる。

iPhoneマネージャーiPhoneマネージャー

総合的に言えば、DearMob iPhoneマネージャーは機能性、操作性や安定性に群を抜いています。iPodからiTunesに曲をコピーするには、DearMob iPhoneマネージャーは不可欠です。

DearMob iPhone音楽マネージャーを介して、iPodの音楽をiTunesへ入れる操作手順

それでは、早速DearMob iPhoneマネージャーを介して、iPodからiTunesへ音楽を同期する操作方法をチェックしましょう。DearMob iPhoneマネージャーを介して、iPodからiTunesへ音楽を同期するには、大体2ステップあります。続いて、その操作手順を詳しく説明します。

準備として、「無料ダウンロード」ボタンをクリックして、DearMob iPhoneマネージャーというソフトをダウンロード&インストールします。

※WindowsとMac PCの両方に利用できます。

ステップ1、DearMob iPhoneマネージャーで、iPodの音楽をPCへ転送します。

@、 DearMob iPhoneマネージャーを立ち上げて、iPodをPCに接続します。すると、音楽管理画面に入ります。

A、 iTunesへコピーしたい音楽の前にチェックマークを入れてください。「すべて選択」前のチェックマークを入れたら、iPod上のすべての音楽が一括選択されます。

B、 上部のメニューバーにある「エクスポート」アイコンをクリックしたら、iPodからPCへ音楽を転送し始めます。音楽転送が終わったら、PC上の保存場所を自動的に現れます。音楽の確認は超便利です。

iPhoneからUSBに音楽を取り込み

ステップ2、iPodからPCへ転送された音楽をiTunesへ入れます。

@、 パソコン上のiTunesを開き、デバイスアイコンをクリックます。

A、 管理画面には、ミュージックの箇所をクリックします。

B、 先ほどiPod音楽の保存フォルダを開き、入れたい音楽をiTunesにドラッグしてすればよいです。

※ iTunes で、[ファイル] メニュー> [ライブラリに追加] または [フォルダーをライブラリに追加] と選択し、ファイルまたはフォルダーを選択して、[開く] をクリックします。こうすれば、iPodからiTunesへ音楽を同期することもできます。

関連記事:【2019年最新】iTunesの曲を消えた・見つからない場合の対処法まとめ!

iPodの曲をiTunesに入れる

iPhone Xバックアップ復元ご注意:

DearMob iPhoneマネージャーで、DRM(デジタル著作権管理)がかかっているも音楽をパソコンにエクスポートできますが、再生ができません。

最後

ここまで、iPodからiTunesに曲をコピーする作業はすべて完了です。

いかがでしょうか?

DearMob iPhoneマネージャーを介して、貴方のiPodからiTunesへ音楽を転送することができます。DearMob iPhoneマネージャーは無料で試す音楽転送ツールなので、iPodの音楽をiTunesに転送・同期する要望があれば、以下のボタンから無料でダウンロードして使ってください。

TIP:音楽以外に、写真、ビデオ、着信音、連絡先、電子書籍、他のファイルなどiPhone/iPad/iPodデータをバックアップ・転送・管理するには、更に多様な機能を持っているツール「DearMob iPhoneマネージャー」がオススメです!

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

お役立ち情報

DearMob iPhoneマネージャー

iTunes代替〜高速にiPhoneバックアップ・転送・管理!より簡単・安全!

 

新iPhone機種変更ガイド

新型iPhone XS/ XS Max/ XRに乗り換える時、データ移行やり方・注意点等を一気にわかる。

iPhone音楽マネージャー

【無料】iOS端末とPC/Mac間、音楽を双方向で転送できる専門のフリーソフト!

 

最新情報・人気記事

  1. 1

    【無料】iTunes代替フリーソフトおすすめ8選!iTunes以外のソフトでデータを転送・管理!

  2. 2

    【Windows10/8/7/&Mac】iPhone写真をパソコンへ取り込むには7つの方法!無料!

  3. 3

    【解決】iOS 12にアップデートできない・iOS 12のアップデートが終わらない/進まない時の対策!

  4. 4

    【比較】どっち買うべきか?最新iPhone XS/XR/XS Max比較:スペック・デザイン・価格など!

  5. 5

    【機種変更】旧iPhoneからiPhone XS/XR/X/8にデータを移行・引き継ぎする方法

iOS音楽転送ソフト〜DearMob iPhoneマネージャー

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー