×
ホーム ブログ Line引き継ぎできない・失敗時の対処法

LINE

【iPhone XS/XS Max/XR】Line引き継ぎできない・エラー・失敗場合の様々な対処法

日々進化しているSNS。ユーザー数も日々増加している。最新の調査データによると、現在日本では、利用者数が一番多いのはLINEで、FacebookやTwitterを超えて、6600万人に達する。しかも、順調に伸びている状態にある。今や生活において必要不可欠なツールとなっている。また、新たに購入したスマホに必ずダウンロードインストールするアプリとなっている。
新機種購入と言えば、皆さんは機種変更するとき、Line引き継ぎに苦労したことがあるか?とくに、2016年2月から、LINEアカウント引き継ぎ方法が変更になってから、ライン引き継ぎに関してお困りの方が多いだろう?例えば、メールアドレスやパスワードを忘れてしまったなどのエラーで、Line引き継ぎ失敗で、できないことがよく発生する。
ということで、本記事では、iPhoneやスマホを機種変したり買い替えたり、初期化するときにLINEの友達とのトーク(履歴)をバックアップしてLine引き継ぎできるようにする方法を紹介する。
iPhoneからiPhone、iPhoneからアンドロイド、アンドロイドからiPhone、アンドロイドからアンドロイドに買い換えた場合など、色々なパターンもわかりやすく紹介する。ちょっと長い文になるが、ぜひ最後まで目を通してください。

ちなみに、ユーザーのご要望に応えるため、新しい情報が出次第、すぐ更新する。だから、iPhone X/8、iOS 11、Androidの最新バージョンにすぐ対応できるので、安心してください。

関連記事: 【2018年度】LINEの写真・画像をパソコンに保存する五つの方法を徹底的に紹介!

INDEX:
◆ Line引き継ぎ事前準備
◆ Line引き継ぎする方法
◆ Line引き継ぎできない原因と対策

iPhoneからiPhoneへ機種変更際、ライン引き継ぎするにはご紹介

iPhone機種変更データバックアップ

iPhoneを機種変更した場合、古い方のiPhoneのLINEアカウントをそのまま新しい方のiPhoneに引き継ぐには、メールアドレスとパスワードを設定する作業以外、トーク履歴のバックアップすることも重要だ。バックアップをとる際、暗号化をすることで過去のトーク履歴を含めてLINEのデータを完全な形で移行することが可能だ。
そこで、そのラインデータをバックアップできる、iTunes・iCloudより更に優秀なソフトおススメしたいーーDearMob iPhoneマネージャー。LINEアプリ、及びアプリ内のデータを丸ごとにバックアップして、新しいiPhoneに移行できるのだ。iTunes・iCloudより使いやすい。iPhoneからiPhoneへライン引き継ぎできないことに悩んでいる方がぜひ使って見てください。

Line引き継ぎ一、事前準備〜iPhone・Android共通

LINEアカウント引き継ぎには、まず事前準備をしなければならない。事前準備をしないとデータが消える恐れる可能性がある。具体的な以下の4点となっている。

1. LINEにメールアドレスとパスワードの登録
まず、引き継ぎするうえで必要になる「LINEに登録したメールアドレス」と、一緒に登録した「パスワード」の確認を行う。
◆メールアドレスが未登録だった場合は、メールアドレスの登録を行ってください;
◆メールアドレスを変更する場合は、そのまま「メールアドレス変更」をタップし、必要事項を入力してください;
「パスワード」は、メールアドレスを登録した時に一緒に登録したものだ。もしもパスワードを覚えていない場合は、パスワードの再設定を行ってください。

2. 引き継ぎの許可(機種変更をする当日に行ってください)
2016年2月より導入された新しいLine引き継ぐ方法が、この「引き継ぎ許可」だ。必ず機種変更をする当日に行う。この引き継ぎ許可が必要になるのは、
●機種変更後、電話番号が変更になる場合
●Facebookログインを利用していて、スマートフォンが変更となる場合
のみだ。Facebookログインを利用しておらず、機種変更をしても電話番号が変わらない場合は引き継ぎ許可設定は必要ない。
やり方:LINEを開いて「その他」をタップ → 「設定」アイコンをタップ → 「アカウント引き継ぎ設定」をタップ → 「アカウントを引き継ぐ」をタップしオンにする;
この手順のあと、新しいスマホにLineアカウント引き継ぎすることができるようになる。

3.Lineトーク履歴引き継ぎするには暗号化したバックアップが必要
LINEアカウント引き継ぎしても、そのままだとトーク履歴は引き継ぐことができない。Lineトーク履歴引き継ぎたい場合は、暗号化された状態でバックアップし、復元する必要がある。 バックアップする方法には、パソコンで「iTunes」というソフトを利用して行う方法と、Appleのサービス「iCloud」を使ってiPhoneだけでできる方法の2つの方法がある。暗号化されたバックアップがとれれば、LINEのトーク履歴が消えることなく、新しいiPhoneにLINEを引き継ぐことが可能だ。


4.LINE(ライン)の引き継ぎできるものと引き継ぎ出来ないもの

◆引き継ぎできるもの:
・友だちリスト(グループを含む)
・ノート・アルバムに投稿した内容
・自分のプロフィール情報
・ホーム・タイムラインの内容
・購入したLINEスタンプ・着せかえ情報
・課金アイテムの購入履歴やコイン残高
・連動アプリ(LINEゲーム・LINE PLAY等)に関するデータ
※一部のアプリでは、引き継ぎができないこともあるのでその場合はLINEに問い合わせてみましょう。
◆引き継ぎ出来ないもの
・過去のトーク内容
・トーク背景
・設定していた通知音
・異なるOS間のコイン残高
引き継ぐことができないといっても、一部を除けば簡単に設定し直せるものばかりなので気にしなくてもいいかもしれないね。
※1 過去のトーク内容は別途保存する必要がある。
※2 iOSからAndroidなどの場合は引き継げない。iOSからiOSの場合の同OSの場合は引き継ぐことができる。

Line引き継ぎ二、新端末にLine引き継ぐ方法〜iPhone・Android共通

機種変更でLine引き継ぎするには、以下の2つの場合がある:
@、Line引き継ぎ iPhone
この場合、または「iPhoneからiPhoneに」と「iPhoneからAndroidに」という2つの場合がある。
A、Line引き継ぎ Android
Line引き継ぎ iPhoneと同じに、Line引き継ぎ Androidの場合は、また「AndroidからiPhoneに」と「AndroidからAndroidに」という2つの状況がある。
機種は違っているが、具体的なLine引き継ぐ方法はほぼ同じだ。それでは、新しいスマホにLine引き継ぐ方法・操作手順を紹介する。大きく分けて、3歩になっている:
新しい機種での操作 ⇒ 古い機種での操作 ⇒ 新しい機種での操作
また、注意しなければならないことがある:
Line引き継ぎには、古い機種にインストールしたLINEがちゃんと動作する必要がある! なので、新しい機種でLINEがちゃんと動作するまで、古い機種のLINEを削除(アンインストール)したり、古い機種を下取りに出さないで下さい。もし、古いスマホがもうない、壊れてしまった、LINEをアンインストールしてしまったという人は、一度このページの手順を実行してみて、それでもできなかったら、最終手段!LINEのサポートに連絡するにはに進んで下さい。

Line引き継ぐ方法Step1、新しいスマホ機種での操作
新しいスマホが用意できたら、まずそのスマホにLineをダウンロードしてインストールしてください。
Line引き継ぎ iPhoneのダウンロード:https://itunes.apple.com/jp/app/line/id443904275?mt=8
Line引き継ぎ Androidのダウンロード:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.naver.line.android&hl=ja

Line引き継ぐ方法Step2、古い機種での操作
新しい機種にLINEをダウンロードしてインストールできたら、次は古い機種のLINEで引き継ぎの操作をする。
1、LINEの設定を開く;
アンドロイドの場合は、@の「 ・・・ 」をタップし、A「設定」をタップする。右図の1のようだ。

2、「アカウントの引き継ぎ設定」をタップする;

3、「アカウントを引き継ぐ」をオン(緑色)にする;
すると、その下に「残り時間」が表示される。 このスイッチをオンにしてから24時間以内に、新しい機種で引き継ぎ操作をすれば、引き継ぎは完了する。 もし、ライン引き継ぎを中止したい場合は、オフにするか、24時間以上たてば自動でオフになる。  

Lineアカウント引き継ぎ

Line引き継ぐ方法Step3、新しい機種での操作
そして、次はまた新しい機種での操作になる。インストールしたLINEを起動する。

1、新しいスマホで「LINE」を起動し、ログイン画面が表示されたら、「ログイン」をタップする;
2、上記で確認したメールアドレスとパスワードを入力してください。「OK]をタップする;
※ヒント:LINEは、1台に1アカウントなので、新しい機種にログインすると、古い方は自動的に使えなくなる。 という警告が表示されるので、「OK」をタップする。
3、この後、電話番号の入力を求められる。入力した番号に、ショートメールで4桁の暗証番号が送られてくるので、その番号を入力する;
電話番号に変更がない場合は、Lineアカウント引き継ぎが完了する。変更がある場合も、先ほど説明した引き継ぎの許可を行っていれば、引き継ぎ完了だ。これで、新しいスマホでも、今まで通りLINEが使える。

ご注意:
Lineアカウント引き継ぎが完了後、今までとは違う機種でログインがあったことを知らせる通知が届く。もし、ライン引き継ぎをしていないのにこのような通知が来たら、乗っ取られた可能性があるので、LINE本部に相談してください。

Line引き継ぎ方法

ご注意:
1、AndroidからiPhoneへの機種変更の場合、Lineトーク履歴引き継ぎすることはできない。ただし、トークごとにテキストとして保存することは可能だ。 バックアップを保存したいトークを開き、画面右上の「∨」→「トーク設定」→「トーク履歴をバックアップ」に順にタップする。続いて、「テキストでバックアップ」をタップすると、トーク履歴がテキスト形式で保存される仕組みだ。

2、Line引き継ぎ iPhoneからiPhoneにの場合、もしパソコンがあったら、iTunesを使い、Line引き継ぐ方法が最も簡単で確実だ。
操作手順:iTunesを使い、機種変更前の端末で「ローカルのバックアップを暗号化」にチェックを入れた状態でバックアップをとる。その後、新しい端末をパソコンと繋ぎ、iTunesを使って先程のバックアップデータから復元する。復元が終わったら新しいiPhoneからLINEを起動、手順に 沿って進めていけば引き継ぎ完了だ。
しかも、この方法の良いところは「機種変更前のiPhoneを復元する」ので、LINE以外のアプリや写真など全てが完全に再現されるところ。機種変更を行うのであれば、この方法が一番だ。

Line引き継ぎ三、Line引き継ぎできない/失敗時の対策〜iPhone・Android共通

機種変更する時に、Line引き継ぎを行うプロセスでは、パスワードや2段階認証(Lineアカウント引き継ぎ設定)を忘れて、ログインできなかったり、「正常に処理できませんでした」エラーなどが発生したりして、Line引き継ぎできないケースが決して少なくない。そこで、次は機種変更時におけるLineの代表的なエラーを取り上げながら、その対処法をまとめて、皆さんと共有したいと思う。

Line引き継ぎエラー1:メールアドレスが分からない場合
最初言ったように、iPhoneにしてもAndroidにしても、Line引き継ぎするには、メールアドレスの登録が必要だ。もしメールアドレスが分からない場合、登録できなくて、Line引き継ぎ失敗になる。このLine引き継ぎできない場合、以下の2つの対処法がある。
解決策@、Facebookアカウントによる認証でLINEにログイン
これまで使っていた端末(旧端末)のLINEで「Facebook連携」が済んでいる場合は、メールアドレスが使えなくても、FacebookアカウントによってLINEにログインすることが可能だ。

解決策A、登録メールアドレスを変更・確認する
旧端末がまだ使えれば、LINEのメールアドレス登録をやり直してみるという方法がある。まだメールアドレス自体を登録していなかったという場合でも、ほぼ同じ手順でメールアドレス登録をおこなうことができる。

Line引き継ぎできない

Line引き継ぎエラー2:パスワードを忘れてしまった場合

機種変更などに伴ってLineアカウント引き継ぎする場合、メールアドレスとパスワードを入力してログインする必要がある。もしパスワードを忘れたら、もちろんLine引き継ぎできないのだ。
解決策@、ログイン画面からパスワードを再設定する
旧端末のLINEでメールアドレスとパスワードの登録が済んでいるものの、パスワードがわからなくなってしまった時は、新端末でログイン画面からパスワードを再設定しましょう。
解決策A、Facebookアカウントによる認証でLINEにログイン
パスワードを登録していなかった場合は、当然ですがメールアドレスを登録していなかった時と同じ対処法、すなわちFacebookアカウントによる認証によってLINEにログインする方法がある。

Line引き継ぎエラー3:2段階認証(アカウント引き継ぎ設定)を忘れた/できない場合

『アカウント引き継ぎが許可されていません・・・』のエラーメッセージが出る場合は旧端末側で引き継ぎの設定が完了していないことがある。この場合は旧端末がインターネット(wifiなど)に接続されているか確認してください。

解決策@、pyoko3-1_question引き継ぎ許可をONにし忘れた場合は?
電話番号を変更していない場合にはSMS認証(または電話認証)でアカウント認証をすることが可能だ。

解決策A、pyoko3-1_question電話番号を変更した+引き継ぎONを忘れた場合は?
電話番号を変更した場合には旧端末側LINE > 設定 > アカウントからあらかじめ電話番号の変更をしておきましょう。どうしても認証ができない場合には、旧機種で登録していた情報をLINEの『問題報告フォーム』に報告することでアカウントを新機種に移行できる場合がある。

Line引き継ぎ失敗

Line引き継ぎエラー4:電話番号のエラーで認証できない場合(正常に処理できませんでした等)
Lineアカウント引き継ぎする過程で、電話番号(SMSまたは音声通話)による認証ステップがあるが、「不正な電話番号です」「無効な電話番号です」「正常に処理できませんでした」などと表示されたり、認証番号を入力するとエラー表示されてしまい、ログイン(認証)できなくなることがあるようだ。
このような場合、とりあえず試したい応急処置として、「少し(1日程度)時間を置いてから再度ログインしてみる」「LINEアプリまたは端末の再起動」「LINEアプリのアンインストールと再インストール」などが挙げられる。 これらで解決できない時は、LINEへ直接問い合わせるのが近道。公式ヘルプセンターから「問題報告フォーム」へ進み、自分の利用環境やエラー内容を詳しく伝えましょう。返事を約束できるものではないとされていますが、解決に努めてくれる可能性がある。

Line引き継ぎエラー5:Lineトーク履歴引き継ぎに失敗した場合
まずは、AndroidスマホからiPhone、ならびにiPhoneからAndroidスマホへの機種変更では、Lineトーク履歴引き継ぎすることができないので注意してください。

Androidの場合:
Android→Androidの引き継ぎの場合は、移行したいトーク履歴データを旧端末でバックアップできているかがポイントになる。バックアップできておらず、すでにアカウント引き継ぎ済みで旧端末のLINEが起動できない時は、残念ながらトーク履歴の復元はあきらめねばならない。
トーク履歴のバックアップがきちんと取れている場合は、Lineアカウント引き継ぎ済みの新端末でトーク履歴ファイルを入れるフォルダを間違えているパターン、もしくはトーク履歴ファイルのダウンロードが上手くできていないパターンが少なくない。
iPhoneの場合:
iPhone版LINEのトーク履歴のバックアップはiCloudに作成される。必須の条件としてはiCloudに同じアカウントでログインしていることが必要だが、iCloudに正しくログインしている場合には電波状況LINEサーバーの不具合によってデータのダウンロードにエラーが発生している可能性がある。この場合は電波状況(Wi-Fi、4G,LTEの切り替えをする) やLINEサーバーが安定している時に再度トライしてみてください。

Line引き継ぎエラー6:引き継ぎ時に認証番号(PINコード)を書いたSMSが届かない
メールアドレスとパスワードを使って、アカウント情報を引き継ぐ場合、途中で新しいスマホに認証番号を書いたSMSが届き、それをLineに入力する操作が入る。けれども、その認証番号を書いたSMSが届かない可能性がある。このようなエラーが出た場合、以下の方法を試してみてください。
解決策@、再起動する
認証番号を入力する画面を長時間表示していると、エラーを起こす場合があるようだ。その場合は、スマホを再起動することで解決できることがある。
解決策A、Lineに問題を報告する
「問題報告フォーム」を使って、LINEのサポートスタッフに問題を報告すると、状態を確認して対応をもらえる。

Line引き継ぎエラー7:友だちリストが引き継がれない
ログインが正常に終わったのに、友だちリストが引き継がれず、友だちがひとりもいない状態になることがたまにあるようだ。本来ありえないことなので、LINEアプリかOSのエラーと推測されるが、詳しい原因はわからない。 このような場合には、LINEアプリを再インストールしてログインしなおすことで、解決する可能性がある。いったんLINEアプリをアンインストールしてのち、あらためてインストールしてみましょう。アンインストールは、
iPhoneの場合:LINEアプリのアイコンを長押しして表示される「×」を押せば、アプリが削除される。
Androidの場合:Google PlayのLINEのページから「アンインストール」を押す。


iPhoneのLINEデータバックアップ

iTunes・iCloudなしで、簡単にiOSデバイスデータをバックアップ方法


ほかのデータ移行ツールと比べて、DearMob iPhoneマネージャーは
1、超便利ーーiTunes・iCloudより、超簡単にiOSデバイスデータをバックアップできる;
2、安全性ーー既存のデータを失うことなく、データを個別にプレビューしたり、選択したり、移行したりすることができる;
3、多種類ーー電話帳、写真、音楽、プレイリスト、ビデオ、アプリ、メモ、ブックマーク、ブックとカレンダーなどすべてのデータを移行できる;
4、最自由ーーiPhone、iPadとiPodの間、iOSデバイスとパソコンの間、さらにiOSデバイスとiTunes・iCloudの間に、データを自由に移行する。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

お役立ち情報

DearMob iPhoneマネージャー

iPhoneバックアップ機能が最高!音楽・連絡先・アプリなどをとことん管理できるプロのマネージャー

 

新iPhone機種変更ガイド

新型iPhone XS/ XS Max/ XRに乗り換える時、データ移行やり方・注意点等を一気にわかる。

iPhone音楽マネージャー

無料でiPhone、iPad、iPodのiOS端末とPC/Macの間に音楽が超高速&自由に管理・転送!

最新情報・人気記事

  1. 1

    【無料】iTunes代替フリーソフトおすすめ8選!iTunes以外のソフトでデータを転送・管理!

  2. 2

    【Windows10/8/7/&Mac】iPhone写真をパソコンへ取り込むには7つの方法!無料!

  3. 3

    【解決】iOS 12にアップデートできない・iOS 12のアップデートが終わらない/進まない時の対策!

  4. 4

    【比較】どっち買うべきか?最新iPhone XS/XR/XS Max比較:スペック・デザイン・価格など!

  5. 5

    【機種変更】旧iPhoneからiPhone XS/XR/X/8にデータを移行・引き継ぎする方法

LINEアプリ&データをバックアップ〜iPhoneマネージャー

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー