ホーム iOSデータ転送 iPhoneにPDFを入れる方法

iPhoneにPDFデータを入れる四つの方法!PCとiPhoneのPDF転送を簡単に!

PCで読みきらないPDF電子書籍やビジネスファイルをiPhoneに転送すれば、いつでもどこでも読み続けます。しかし、どうやって、PCからiPhoneにPDFを転送しますか?

今回は、パソコンのPDFをiPhoneに送るのがうまくいかない人のため、PDFからiPhoneにPDFデータを入れる四つ方法をまとめて紹介していきます。PCからiPhoneにPDFを転送する操作手順から各方法のメリットとデメリットまで詳しく説明するので、どの方法は自分に合ったのか分かりやすいです。PCからiPhoneにPDFファイルを保存して、困っているなら要チェックしてください!

iTunesを使わずに、PCからiPhoneにPDFファイルを無料転送する方法

iPhoneにPDFデータを入れる

DearMob iPhoneマネージャーはiOSデバイスとPC/Macの双方向にデータ転送ができるソフトである。写真や音楽、ビデオ、連絡先、PDFファイル、テキスト、ブックマーク等、様々データ種類に対応し、転送速度や安全性にも類似品より遥かに優れる。
DearMob iPhoneマネージャーを利用したら、数クリックだけの簡単操作でPCからiPhoneにPDFデータを入れることができる。特にiTunesが面倒くださいと思った人はぜひ「DearMob iPhoneマネージャー」を使ってみてください。

目次

方法@、DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneにPDFデータを入れる

PCからiPhoneにPDFを転送する時、iTunesを利用することは最も一般的な方法を考えられてますが、データが上書きされる可能性があります。従って、iTunesを使ってより安全な方法はiOSデータ転送の専用ソフト「DearMob iPhoneマネージャー」を利用するのです。

DearMob iPhoneマネージャー

DearMob iPhoneマネージャーはパソコンとiPhone、iPadの間、画像、音楽、ビデオ、PDFやテキストなどのあらゆるデータファイルを双方向で転送できるiTunes代替ソフトです。

このソフトを利用すれば、非常に簡単な操作により、大量のパソコンのPDFをiPhoneに一括して転送して保存できます。iTunesと違って、誤操作のことで、データの紛失を引き起こすリスクが一切ありません。転送スピートも誇っています。数秒でパソコンのPDFをiPhoneに移すことができます。

次はDearMob iPhoneマネージャーでiPhoneにPDFファイルを保存する操作を説明します。

Step1、準備として、ソフトをお持ちのパソコンに無料ダウンロード&インストールします。

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー

Step2、ソフトを起動し、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。

※iPhoneとパソコンを初めて接続する場合、iPhoneに「このコンピューターを信頼する…」という画面が表示されます。そういう時、「信頼」をタップしてください。

Step3、ソフトのインタフェースにある「電子書籍」アイコンをクリックして、上部のメニューバーから「電子書籍追加」を選択します。すると、PCからiPhoneに転送したいPDFファイルを追加することができます。または、直接パソコン上のPDFファイルをドラッグ&ドロップして追加することもできます。

Step4、PDFファイルの追加が終わったら、右下方の「同期」ボタンをクリックします。数秒でパソコンのPDFファイルをiPhoneに移すことができます。そのPDFファイルはiPhoneの「iBooks」に保存されます。

PCからiPhoneにPDFを保存

ここまで、DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneにPDFデータを入れる操作は終わります。

すごく簡単でしょうか。

「同期」するだけで、直接PCからiPhoneにPDFを保存できるという点が非常に魅力的です。しかも、PDFだけでなく、epubファイル、写真、ビデオ、音楽、着信音などのデータ転送もできます。個人的には、この方法を一番お薦めします。PCからiPhoneにPDFファイルを転送したいなら、ぜひDearMob iPhoneマネージャーをダウンロードしてやってみてください。

合わせて読む:DearMob iPhoneマネージャー評判・評価・ロコミ・レビュー一覧

方法A、iTunesでパソコンのPDFをiPhoneに移す

PCからiPhoneにPDFを転送する方法ときたら、iTunesが一番よく使われているでしょう。確かに、パソコンに保存しているPDFファイルをiTunesに追加した後、iPhoneとiTunesを同期することで、パソコンのPDFをiPhoneに転送することができます。具体的な操作手順は次の通りです。

Step1、iTunesを起動し、パソコン上のPDFファイルをドラッグ&ドロップして、iTunesに追加します。(またはiTunes左上のアイコンから「ファイルをライブラリに追加」を選択し、PDFファイルを選択して追加します。)

※iiTunesの管理画面の左側にある「ブック」ライブラリの「PDF」タブから、先ほど追加追加されるPDFファイルを確認できます。

パソコンのPDFをiPhoneに転送

Step2、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続してから、iTunes右上に表示される「iPhone」をクリックします。すると、iPhoneの同期設定画面が表示されます。

Step3、左側の「ブック」タブを選択して、「ブックを同期」にチェックします。

Step4、iTunesの「ブック」ライブラリ内のすべての電子書籍やPDFをiPhoneに同期したい場合、「すべてのブック」をチェックします。もし、iTunesの「ブック」ライブラリ内の特定のPDFをiPhoneに同期したい場合、「選択したブック」をチェックします。そして、「ブック」欄にライブラリ内のブック一覧が表示されるので、iPhoneに転送したいPDFを選択すればよいです。

Step5、画面下部にある「適用」或いは「同期」をクリックすることで、PCからiPhoneにPDFを転送することができます。

Step6、iTunesでPCのPDFをiPhoneへ転送して終わったら、iPhoneの「iBook」アプリで閲覧できます。

パソコンのPDFをiPhoneに移す

以上の手順に従って操作すれば、理論的にPCからiPhoneにPDFデータを入れることができます。

しかし、不明エラーで、iPhoneにPDFファイルを保存できない不具合が時々あります。また、iTunesを利用して、PCからiPhoneにPDFを保存する操作が複雑と思う人が多いです。なので、普段iTunesをあまり使用しない人はこの方法をおすすめしないです。

合わせて読む:iTunes代替フリーソフトおすすめ8選!iTunes以外のソフトでデータを転送・管理!

方法B、メールでパソコンのPDFをiPhoneに送る

メールでパソコンのPDFをiPhoneに転送することが知っていますか。実は電子メールの添付ファイルとして、PCからiPhoneにPDFファイルを送ることができます。操作手順は次のようです。

Step1、パソコンで電子メールを新規して、PDFファイルを添付ファイルとして追加します。

Step2、iPhoneで使える電子メールのアドレスを入力して送信します。

PCのPDFをiPhoneに保存

Step3、iPhoneの「メール」アプリで、PDFが添付されている受信メールを開き、添付されているPDFファイルをロングタップして、「iBooksで開く」を選択します。

Step4、「iBooks」アプリに切り替わり、そのPDFファイルが表示される同時に、「iBooks」アプリに保存されます。「iBooks」の PDF一覧で確認できます。

PCのPDFをiPhoneに転送

以上は電子メールを使って、PCからiPhoneにPDFファイルを保存する方法です。

操作から見ると、複雑とは言えないですが、複数のPDFファイルを転送する場合、一つずつ操作しなければならないので、ちょっと面倒くさいです。なので、iPhone付属のUSBケーブルを持っていなくて、臨時的にPCからiPhoneにPDFを転送したい場合、この方法をお薦めします。

方法C、iCloud DriveでPCのPDFをiPhoneへ転送する

iTunesとメールの他に、iCloud DriveでパソコンのPDFをiPhoneに送ることもできます。iCloud Driveはクラウドストレージサービスとして、様々なファイルを保管できる上、パソコンとiPhone、iPadの間でファイルのやり取りができます。なので、PCからiPhoneにPDFファイルを保存したい場合、iCloud Driveでも簡単に実現できる。やり方は以下の通りです。

Step1、パソコン上のブラウザーでiCloud.comにアクセスし、iPhone側と同じApple IDでサインインします。

Step2、後は「iCloud Drive」のアイコンを選択します。すると、iCloud Driveのページが表示されます。iPhoneへ転送したいPDFファイルをドラッグ&ドロップして、パソコンからiCloud Driveにアップロードします。ここまで、PC側の操作が終わります。

Step3、iPhoneには、「iCloud Drive」アプリを開いたら、先ほどアップロードしたPDFファイルが表示されます。タップして開くと、iOS標準のシンプルなPDFビューアーで表示されます。

Step4、iPhone本体に保存する場合、右上のダウンロードアイコンをタップして、「PDFをiBooksに保存」を選択したら、パソコンのPDFを「iBooks」に保存して、いつでも閲覧できます。

iCloud Driveを利用して、PCからiPhoneにPDFを保存する操作は以上です。PCのPDFをiPhoneへ転送したい時、これは選択じゃないでしょうか?

でも、「iCloud Drive」のストレージ容量は制限があります。最初の5GBは無料ですが、容量追加が有料です。iCloudの容量が不足なら、使えなくなるので、ご注意ください。

最後に

いかがでしょうか?

以上は、パソコンからiPhoneへPDFファイルを転送する方法をまとめていました。パソコンソフト「DearMob iPhoneマネージャー」のほうが圧倒的に効率的です。

ちなみに、DearMob iPhoneマネージャーはPDFファイル以外に、写真、ビデオ、着信音、連絡先、EPUD電子書籍、他のファイルなどiPhone/iPad/iPodデータをバックアップ・転送・管理する可能となります。

早速、Windows、或いはMac用のDearMob iPhoneマネージャーの無料版をダウンロードして試す↓↓

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

iPhoneにPDFを入れるフリーソフト〜DearMob iPhoneマネージャー

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー