【iPhoneだけで】アイフォンにある連絡先をバックアップするにはおすすめアプリ5選!

iPhoneの機種変更時はもちろん、万が一の故障や紛失など、不測の事態に備えてやるべきことがデータのバックアップです。

特に、「連絡先」、すなわち電話帳のバックアップはとても重要です。仕事であれ生活であれ、連絡先の情報はなくしては非常に困るものです。

今回の記事では、iPhone連絡先バックアップアプリをまとめておすすめします。

<特別なおすすめ>iPhone連絡先をバックアップするPC用アプリ

ご個人的な好みによって、iPhoneの連絡先をPCにバックアップしたい方にいるようです。PC用ソフト「DearMob iPhoneマネージャー」があれば超簡単にできます。 マウスを2〜3回クリックするだけで、数秒のうち、iPhone内の連絡先情報を一括でPCに移行して保存することができます。通常なiPhone連絡先バックアップアプリより、iPhoneに負担をかけずに効率よくてサクサクと動作します。

<

「DearMob iPhoneマネージャー」を使ってiPhone連絡先をバックアップする方法

事前準備:
@.DearMob iPhoneマネージャーをパソコンにダウンロードとインストールしておきます。
A.Appleの純正ケーブルでiPhoneをパソコンと接続します。初めて接続したときは、iPhoneに「このコンピューターを信頼する…」という画面が表示されると、「信頼」をタップしたらOKです。

「DearMob iPhoneマネージャー」を使ってiPhone連絡先をバックアップするstep1-2

STEP1:デスクトップから「DearMob iPhoneマネージャー」のアイコンをタップルクリックしてソフトを起動します。

STEP2:ホーム画面にある『連絡先』タグをタップして、iPhone連絡先のバックアップ・管理画面に入ります。

「DearMob iPhoneマネージャー」を使ってiPhone連絡先をバックアップするstep3-4

STEP3:左側にiPhone連絡先内のアドレスリストが表示されて、一括か個別かとバックアップしたいものを選択します。

STEP4:画面上部のメニューバーにある「エクスポート」タグをタップすると、連絡先をPCにバックアップする作業が始まります。「完了」メッセージが出てきたら、iPhoneから連絡先のバックアップが完成します。

  • <小ワザ>
  • 1. 連絡先情報の保存形式はVCF、PDF、TXT、HTMLが利用できます。
  • 2. 連絡先を暗号化してバックアップすることもできます。操作手順は、@.「エクスポート暗号化」の前にチェックマークを入れて、暗号化設定ページに入ります。A.暗号化パスワードを入力して「OK」ボタンを押します。
<

iPhone連絡先バックアップアプリおすすめ5選!

豆知識:
iPhoneだけで連絡先をバックアップ可能なアプリは、必ずと言ってもいいほどメールや、オンラインストレージ、PCと連携して働くものです。
そうじゃないと、バックアップした連絡先のデータがiPhone以外に保存されることはできません。
これを理解してから、以下はiPhone連絡先バックアップアプリをおすすめしましょう。

1.「iCloud」

iPhoneにデフォルトで入っている「iCloud」アプリは、連絡先のバックアップにはよく使われています。

 

iPhoneがWi-Fi ネットワークに接続されていれば、連絡先のデータが自動的にオンラインストレージに保存されるので極めて便利です。

ただし、iCloudの無料ストレージ容量は5GBしかないので、写真や音楽、動画でいっぱいになってバックアップができなくなることが多いです。

例えば、iCloud空き容量不足が原因で、バックアップしたはずのデータがバックアップされなかったこともあります。

そのため、iCloudで連絡先をバックアップしたい場合、そのの空き容量をちゃんと確認する必要があります。

一般的にはiCloudでは最低限のバックアップだけに留めることをオススメします。

または、予算内でiCloudの有料プランにアップグレードするのもいいです。

  

合わせて読む:iCloudバックアップから復元できない理由と対処法|iPhone XS/XS Max/XR機種変更>>

<

2.「Dropbox」

Dropboxとは、iCloudと大体同様な働きをするオンラインストレージサービスです。

連絡先をはじめ、iPhoneやAndroid内の各種ファイルをインターネット上にあるサーバに保存することができます。

Dropboxは無料で使える容量は2GBだが、スタードガイドを完了する・Twitterアカウントをフォローする・友人に紹介して使い始めてもらうと16GBまで増やせます。

使い方もiCloudと大抵同じなので、iCloudが問題なく手軽く使える方なら、Dropboxも快適に使い始められます。

他のiPhone連絡先バックアップアプリと比べて、iCloudとDropbox最も使いやすいと言っても過言ではありません。

ただし、iCloudと異なって、ファイルを保管するだけで、一部のアプリケーションがDropboxとデータの同期を行う以外は、基本的にデータのリアルタイムでの同期は行えないとご注意ください。

<

3.「連絡先 バックアップ - IS Contacts Kit Free」

「連絡先 バックアップ - IS Contacts Kit Free」とは、iPhoneにある連絡先をバックアップするための無料アプリです。

iPhoneから連絡先の内容を抽出してエクセルフォーマットでGmailやOutlookなどに送信したり、Dropboxにアップしたりという仕組みです。

それに、基本的なバックアップ機能はもちろん、その他の便利な補充機能も搭載されています。

例えば、エクセルフォーマットで保存されるだけにあって、PCで一括編集することもできます。

また、iCloudのようにバックアップされた連絡先を新しいiPhoneへ復元することもできます。

このアプリは有料版もあるが、広告が表示されるだけで使い勝手は同じだし、何ら支障なく作業を進める無料版は十分だと思います。

<

4.「JSバックアップ」

「JSバックアップ」とは、iPhone/iPadなどのiOSデバイスの連絡先・カレンダー・画像・動画をバックアップ・リカバリするアプリです。

すでに400万以上ダウンロードをを突破してても有名です。

ドコモのクラウドストレージ「データ保管BOX」とも連携してドコモユーザ向けの快適サポートも受けられます。

バックアップ先は、iPhoneの場合、GoogleドライブとDropboxが利用できます。

JSバックアップを使ってみて感じのは、クラウドを選ぶだけで完成するって使用方法が非常に簡単だということです。

それにより、連絡先やカレンダーなどの大切なデータをとても簡単な操作で移動させることができます。

ちなみに、このアプリは iOS版はもちろん、Android版とPC版もあります。

<

5.「SA 連絡先 Lite」

「SA 連絡先 Lite」とは、iPhone、iPadやiPod touchのiOSデバイスから連絡先をエクスポートできるアプリです。

それに、Excel(.xls)ファイル、または.csvファイルの形でエクスポートできます。

ExcelファイルならOutlookのアドレス帳に直接インポートできるし、Microsoft ExcelやApple Numbersでも同様に開くことが出来ます。

csvファイルなら、Gmail側で簡単に取り込めます。

それにより、ワークシート上で簡単に電話帳を複数のグループに整理したり、個々の電話帳データを複数のグループに割り当てることができます。

さらに、DearMob iPhoneマネージャーと同様に、このアプリもエクスポート連絡先ファイルをパスワード保護できます。

バックアップされた連絡先を他人に見たくないならパスワード保護を利用しましょう。

<

まとめ

あまり苦戦せず、ネットからダウンロードして利用できるiPhone連絡先バックアップアプリが見つかります。

いずれもそれぞれの使い勝手の良さと魅力があります。

基本的に、オンラインストレージ「iCloud」と「Dropbox」は一番よく使われています。

特に、「iCloud」はダウンロードとインストールの手間も要らず、Apple IDでサインインするだけで利用できます。

そして、 iCloudが容量不足してしまって「Dropbox」もダウンロードしたら余分な容量が無料で使えるので楽です。

一方、「連絡先 バックアップ - IS Contacts Kit Free」、「JSバックアップ」、「SA 連絡先 Lite」は試す価値もあります。

いずれにせよ、自分の要望に合って好きなものを選択しましょう。 

<
 
この記事を書いた人:小林ほたる

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。