【初心者向け】パソコンを買い替えた時一番簡単な iTunesデータ移行の方法を解説!

新しいパソコンを買い替えたら、まずやるべきことはいろいろなデータの移行でしょう。

例えば、iTunesの移行はとても大事なことです。

今回の記事では、超初心者向け、古いパソコンから新しいパソコンへiTunesを移行する方法をわかりやすく解説します。

(1)パソコン買い替えiTunes移行には一番簡単な方法

DearMob iPhoneマネージャー:iTunesの基本的な機能から一歩発展させたような利便性の高くて、iPhone iPodのデータをバックアップしたり、データ移行を行うためのPC用ソフトです。

そのため、古いパソコンとiPhone iPodを同期したら、iPhone iPodを新パソコンと接続するだけで、古いパソコンのiTunesライブラリにあるメデイアファイルをすべて新パソコンへ移行できます。

それに、転送速度が圧倒的らしく、3402の曲を新パソコンに移行するに30分しかかからないそうですよ。見た目もわかりやすく使い勝手もいい、パソコンが苦手な人でも直感的に使えます。

<

具体的なやり方:

事前準備: iPhone(iPodもOK)を古いパソコンと同期します。古いパソコンから新しいパソコンへ移行したいiTunes内のメデイアファイルをiPhoneへ取り込みます。

STEP1:iPhoneをUSBケーブルで新パソコンと接続してから、DearMob iPhoneマネージャーを起動します。

DearMob iPhoneマネージャーを使ってiTunesライブラリを移行するSTEP2

STEP2:ホーム画面で「音楽管理」を押して、DearMob iPhoneマネージャーがiPhone内の曲を読み込みます。

DearMob iPhoneマネージャーを使ってiTunesライブラリを移行するSTEP3

STEP3:読み込みが終わると、iPhoneの中に保存されている曲の一覧画面が表示されました。「すべて選択」を押した後に、メニューバーの「エクスポート」ボタンを押すことで全曲を新PCにエクスポートすることができます。

STEP4:エクスポートされた曲を新パソコンにインストールされたiTunesライブラリの「iTunes Media」フォルダに入れれば完了します。

ちなみに、DearMob iPhoneマネージャーを使うと、簡単に音楽の追加や削除、エクスポート、音楽情報の編集も行うことができます。

<

(2)パソコン買い替えiTunes移行には通常な方法

パソコン買い替えiTunes移行には知るべきこと

パソコン買い替え iTunes移行って何のものを移行するかとしっかり理解しておきましょう。

古いパソコンのiTunesにあるすべての音楽や曲(iTunes Storeで買った曲も、CDから取り込んだ曲も)を新しいパソコンに保存したい場合、iTunesのライブラリを移行するだけで良いです。

ライブラリ内のデータは「iTunes Media」フォルダ内に保存されています。つまり、「iTunes Media」フォルダを新しいパソコンへ移行するのは鍵です。

ところで、パソコンの機種と搭載したOSによってiTunesの移行方法が多少異なります。例えば、WindowsからMacへ買い替える場合、及びWindowsからWindowsへ買い替える場合、iTunesの移行方法の違いは大きいです。

とりあえず、以下の内容はパソコン機種も搭載したOSも考えて、iTunesの移行方法を解説しましょう。

もっと読む:【2020年最新】X-アプリからiTunesに曲を入れる方法を詳説!意外と簡単>>

<

STEP1:古いパソコンでiTunes Mediaフォルダを整理します。

全てのファイルをiTunes Mediaフォルダに入れずに、あちこちに散らばらせておくと、データを移行する際に、煩雑でミスが起きやすいです。なので、iTunes Mediaフォルダを移行する前に、素直にフォルダの整理を実行しましょう。

やり方は以下の通りです。

古いパソコンでiTunes Mediaフォルダを整理する
  • @.iTunesを開きます。
  • A.画面左上のメニューバーの「ファイル」から「ライブラリ」をタップします。
  • B.「ライブラリを整理」を選択します。
  • C.「ファイルを統合」にチェックを入れて「OK」をクリックします

これで、iTunesで使用されているすべてのメディアファイルが[iTunes Media]フォルダーに集めます。

もっと読む:iTunesからiPhoneに同期せずに音楽を入れる超簡単な方法!iPhoneの音楽を消さず>>

<

STEP2:古いパソコンで「iTunes Media」の保存場所を確認します。

確認方法:「スタート」をクリックし、「プログラムとファイルの検索」欄にコピー&ペーストすることで、[iTunes Media]フォルダを検索することも可能です。または、iTunesソフトを起動してメニューバーから「編集」→「設定」→「詳細」を開いて「iTunes Media」フォルダの場所がチェックできます。

古いパソコンで「iTunes Media」の保存場所を確認する

デフォルトでは、「iTunes Media」フォルダは以下の場所で保存されています。

  • Windows XPの場所:C:「Documents and Settings」>「ユーザー名」>「マイ ドキュメント」>「マイミュージック」>「iTunes」
  • Windows7の場合:C:「Users」>「ユーザー名」>「Music」>「iTunes」>「iTunes Media」
  • Windows10の場合:C:「ユーザー」>「Music」>「iTunes」>「iTunes Media」
  • macOSの場合:「Library」>「Application Support」>「MobileSync」>「Backup」
<

STEP3:古いPCで「iTunes 」フォルダのバックアップを取ります。

USBメモリや外付けHDDで古いパソコンから「iTunes」フォルダをコピーします。コピー用のUSBメモリやSDカードは、保存できる容量は充分かと確認してください。空き容量が不足しているためエラーが出てデータ喪失の心配があります。

だが、どうしても十分な容量のある記憶媒体がないなら、面倒だけどiTunesの移行は一度ではなくて、数回に分けても何も問題はないです。

ここでは、「iTunes Media」フォルダではなく、「iTunes」フォルダを丸ごとでバックアップするのです。

※新しいパソコンにiTunesソフトをダウンロードとインストールしておくことを前提として、次の操作へ進みます。

<

STEP4:コピーした「iTunes 」フォルダを新PCに移行します。

コピーした「iTunes 」フォルダを新PCに移行する
  • @.そのUSBメモリや外付けHDDを新しいパソコンに接続して、「iTunes 」フォルダを新しいパソコンの任意場所にコピーします。
  • A.新PCはWindows 10なら、「Shift」キーを押しながらiTunesを起動します。Macなら「Option」キーを押しながらiTunesを起動します。
  • B.すると、「iTunesライブラリを選択」のサブウィンドウが表示されて、「ライブラリを選択」をクリックします。
  • C.古いパソコンからコピーした「iTunes 」フォルダを選択して開きます。
  • D.データの読み込みが完了するまで待ってください。

もっと読む:【一発解決】iTunesからiPhoneに一部の曲が入らない・同期されない時の対処法>>

<

STEP5:旧PCのiTunesからApple IDの認証を解除します。

今後この古いPC、またはこの古いPCにインストールされたiTunesを使い続けるつもりがないのであれば、Apple IDをサインアウトし、Apple IDの認証されたデバイスから解除するのがおすすめします。

旧PCのiTunesからApple IDの認証を解除する

操作手順:旧PCのiTunesを立ち上げて、「アカウント」>「認証」>「このコンピュータの認証を解除」します。

ところで、PCが手元になかったり、初期化してしまってiTunesを起動できなかったり場合は、以下の操作方法に従ってやりましょう。

  • @.Apple IDを管理 のページにアクセスします。
  • A.Apple IDとパスワードを入力します。
  • B.Apple IDのデバイス欄にある古いPC名をクリックし、認証を外すために「削除」をタップします。

    ご注意

  • @.上記紹介したiTunes移行方法は、音楽の再生日時や再生回数の情報は失われてしまいます。WAVファイルの場合はアーティスト名やアルバム名などの情報も引き継げられません。
  • A.新しいパソコンでiTunesにログインすれば、iTunes Storeから購入した曲をダウンロードすれば移行できます。
<

パソコン買い替え iTunes移行する際に、よく発生してしまう不具合と解決策

(1)iTunes Storeで買った曲しか入っておらず、CDから取り込んだもの消えてしまいます。

それはiTunesフォルダをコピーする前に、「ファイルを統合」を実施しなかったのが原因として考えられます。

iTunesで再生したファイルは自動的に「iTunes Media」へ保存される機能があるが、この機能を有効にしないと、iTunes Storeから購入した曲以外、CDやiPhone iPodなどの外部メデイアから取り出した音楽ファイルは「iTunes Media」へ保存されないのです。

そのままで外部の音楽ファイルを「iTunes Media」に統合しないままで移動すると、新しいパソコンにデータを移しても紛失したり再生できなかったりことが普通です。

もっと読む:iTunes代替フリーソフトおすすめ8選!iTunes以外のソフトでデータを転送・管理>>

<

(2) iPhone iPodと新PCの同期によってiTunesを移行することができません。

PCとiPhone iPodを接続して、iTunesライブラリにある音楽とビデオを同期していた場合、iTunesライブラリに同じ音楽やビデオがない別のPCと同期してしまうと、iPhoneに転送してある音楽とビデオが消えます。

 

なので、iTunesの移行を行うには、「iTunes Media」フォルダを内包する「iTunes」フォルダを古いパソコンから新しいパソコンへコピーするしかないです。

この記事を書いた人:小林ほたる

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。