×

Windows10でiPhoneバックアップを取る方法を解説!失敗時の対処法も!

つい最近Windows10を搭載しているパソコンでiPhoneバックアップを取るという機会が増えています。

しかし、最初やり方がわからなかったとか、エラーでiPhoneバックアップがうまくいかないとか、お困りの方はたくさんいますよね。

ということで、本記事ではiTunesを介して、iPhoneバックアップをWindows10で実行する方法、または失敗時の対処法について詳しく紹介しようと思います。失敗せずに、Windows10 PCでiPhoneバックアップを取るには、ぜひとも最後まで読んでください。

iPhoneバックアップ・復元がより簡単

DearMob iPhoneマネージャー:Windows 10でiPhoneをまるごとバックアップ・復元するだけではなく、PCとiOS端末の間で、写真やビデオ、音楽、PDF、連絡先、ボイズメモ等、欲しいデータだけバックアップできる。iTunesよりはるかに使いやすい!

<

(一)iTunesを介して、Windows10でiPhoneバックアップを取る方法

iPhoneバックアップを取る方法ときたら、最初に頭に浮き出したのはiTunesでしょう。

しかし、iTunesを介して、iPhoneバックアップをWindows10で実行する操作は簡単ではありません。Windows10 パソコンの初心者ならば、操作エラーでiPhoneバックアップがうまく進まない可能性があります。

次はWindows10でiPhoneバックアップをする方法をまとめました。

  • iTunesの最新バージョンをWindows10 PCにインストール

Windows10のパソコンではiTunesを自動的にインストールされていないので、最初にiTunesをインストールする必要があります。

もし、過去Windows10にiTunesをインストールした場合、お使いのiTunesを最新のバージョンに更新してください。

  • iTunesをバージョンアップする方法
  • 「iTunes」を起動し、上部にあるメニューバーから「ヘルプ」→「更新プログラムを確認」と進みます。新たなバージョンがあれば、画面の指示に従って、最新バージョンをインストールすれば良いです。
  • 「自動的に同期しない」に設定する

iTunesの「自動同期」を有効にしている場合、iPhoneをi Tunesに接続すると、知らないうちにiPhoneとiTunesの同期が開始します。それによって、写真や音楽、ビデオ等、iPhone内の大切なデータを消えるかもしれません。

従って、iPhoneをWindows10パソコンに接続する前に、iTunesの自動同期をオフにしたほうが良いです。

「自動的に同期しない」設定方法
  • iTunesを開き、上部のメニューバーから「編集」→「設定」を選択します。そうすると、「ディバイス環境設定」という画面が表示されます。「ディバイス」に選び、「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない(P)」のチェックを入れた後、「OK」を押します。
  • これで、iPhoneとiTunesの自動同期を無効に設定されます。
  • iPhoneとWindows10 PCに接続

第三歩はUSBケーブルを使って、iPhoneをWindowsパソコンに接続することです。

Windows10パソコンとiPhoneを初めて接続すると、iPhoneのロックを解除したら、「このコンピューターを信頼しますか…」というメッセージが表示されます。「信頼」をタップしてください。

Windows10パソコンのiTunesでは、「このコンピュータがこのiPhone上の情報にアクセスするのを許可しますか? 」というメッセージも表示されます。「続ける」をクリックすると、iTunesでiPhoneが無事認識されます。

ここまでWindows10でiPhoneバックアップを取る準備が終わります。

  • iTunesでiPhoneバックアップを取る

  • iTunesでiPhoneをWindows10にバックアップする

まず、iTunesのホーム画面から「iPhone」アイコンをクリックします。

そして、「概要」を選択し、「バックアップ」下にある「このコンピュータ」をチェックに入れ、「今すぐバックアップ」をクリックすると、Windows10でのiPhoneバックアップが開始されます。

また、バックアップを暗号化したい場合、「 iPhoneのバックアップを暗号化にチェック」を入れて、パスワードを入力してください。

最後、上部の「Appleマーク」のところにバックアップの進捗を確認することができます。バックアップが終わると、また「Appleマーク」が表示されます。「最新のバックアップ」の所にも最新のバックアップの日時も表示されます。

以上はWindows10でiPhoneバックアップを取る方法です。あなたの操作は正しいか確認してください。

<

(二)Windows10のiTunesでiPhoneバックアップができない時の対処法

操作は正しいけど、Windows10パソコンでiPhoneバックアップができないというトラブルが起こりました。そんな経験をした方もいるみたいです。

そういう時、以下の対処法を試してみましょう。

対処法1、パソコンとiPhoneを再起動

Windows 10を搭載しているパソコン、及びiPhone本体は何らかの不具合が出たら、iPhoneバックアップできないトラブルが起こる可能性があります。

その場合、パソコンとiPhone端末を最起動することで、問題を解決することができます。

対処法2、Wi-Fiの接続をやり直す

iTunesを利用して、iPhoneをWindows10にバックアップする場合、Wi-Fi環境が必要です。Wi-Fiの接続が不安定になっているとか、途中で切れたとか、iPhoneバックアップができなくなります。

なので、Windows10でのiPhoneバックアップがうまくいかないと、ご利用のWi-Fiに問題があるかチェックしてください。一旦、iPhone、パソコンのWi-Fi接続をやり直してみましょう。

対処法3、iPhoneとパソコンのUSB接続をやり直す

Windows10パソコンがiPhoneを認識しない場合、iPhoneとパソコンのUSB接続に問題がある可能性が高いです。

一旦、iPhoneとパソコンのUSB接続をやり直してみます。

それではダメな場合、USBケーブルが純正品ではないと、純正品を切り替えます。USB端子が損傷した可能性もあるので、パソコンにあるほかのUSB端子を利用してみましょう。

対処法4、iPhoneとiTunesを最新バージョンに更新

iPhoneとiTunesのバージョンは最新ではないと、互換性でiPhoneバックアップできないかもしれません。

Windows10でiPhoneバックアップを取る前に、お使いのiPhoneのOSバージョンをアップデートしてください。iTunesは最新ではない場合、更新する必要もあります。

対処法5、Cドライブの空き容量を増やすか、保存先を変更する

iTunesでiPhoneバックアップを取る場合、ディフォルトはWindows10パソコンのCドライブに保存されます。

  • Windows10でのiPhoneバックアップ保存先
  • \ユーザー\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\

元々パソコンのCドライブにたくさんのファイルが保存されている場合、空き容量不足で、iPhoneバックアップできないトラブルが生じる可能性があります。

そういう場合、Cドライブに保存した不要なファイルを削除して、Cドライブの空き容量を増やすことで対処することができます。iPhone容量に圧迫する写真や動画データを一部削除して、バックアップファイルの容量を減らすことも対処法の一つです。

その他、Windows10でのiPhoneバックアップ保存先を変更することもいい選択です。

<

(三)iTunes以外の方法で、iPhoneをWindows10にバックアップする

iTunesでiPhoneバックアップを取るのは一般的な方法ですが、バックアップできない問題が頻発しているのは事実です。「iTunesを使った操作は面倒くだい」「iTunes以外のバックアップ方法が欲しい」と思った方も続出します。

そんな方のために、iPhoneの代わりになるiPhoneバックアップソフト「DearMob iPhoneマネージャー」がオススメです。

DearMob iPhoneマネージャー

DearMob iPhoneマネージャーはWindowsとMacパソコンの両方に対応、iOS端末のデータをバックアップ・復元・管理できる専門ソフトです。以下の特徴を持っています。

    特徴

  • @ iPhoneをまるごとバックアップ・復元できる;
  • A ネット環境なしでiPhoneをバックアップできる;
  • A 細かい設定が不要で、1クリックでバックアップ可能;
  • A 起動や動作速度はiTunesより速い;
  • A 暗号化バックアップや、欲しいデータのみバックアップに対応;
  • A iTunesにはない便利な機能が豊富(着信音作成、形式変換、ファウル暗号化等);
  • DearMob iPhoneマネージャーを利用すれば、iTunesの不便を解消できて、Windows10でのiPhoneバックアップがより簡単にできます。iTunes以外の方法で、iPhoneバックアップをWindows10に取りたい方、また、どうしてもiTunesを介してiPhoneバックアップができない方はぜひ試してください。

DearMob iPhoneマネージャーを使って、Windows10でiPhoneバックアップをする方法

  • インストールしたDearMob iPhoneマネージャーを起動して、USBケーブルてiPhoneをWindows10 PCに接続します。

  • iPhoneのロックを解除します。「このコンピューターを信頼しますか」と出たら、「信頼」を押します。

  • iPhoneが認識されたら、ホーム画面の「バックアップ」をクリックします。すると、バックアップ操作画面に入ります。

  • DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneバックアップをWindows10に取る方法
  • 下部にある「今すぐバックアップ」をするだけで、Windows10でのiPhoneバックアップが始まります。

    (暗号化バックアップをやりたいと、「バックアップを暗号化する」前のチェックを入れ、パスワードを入力します。あとは「今すぐバックアップ」を押せばOKです。)

  • DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneバックアップをWindows10に取る方法
  • バックアップ完了したら、上部の「バックアップファイルを復元します」をクリックして、先ほどバックアップされたiPhoneの情報をチェックできます。

  • DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneバックアップをWindows10に取る方法
<

まとめ

以上はiTunesを介して、iPhoneバックアップをWindows10で実行する方法、バックアップできない時の対処法を紹介しました。

また、iTunes以外でiPhoneをWindows10にバックアップ方法を探している方へ、DearMob iPhoneマネージャーを紹介しました。これもiTunesでバックアップできない時の最終手段としても利用されています。

DearMob iPhoneマネージャー

iTunesよりも細かなところに手が届く!iPhoneを簡単にバックアップ・復元できる。iPhoneとPC間で写真や動画、音楽、PDFファイル、連絡先等のやり取りもできる!

この記事を書いた人:高木

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。