【2020】iPhone初期化(リセット)できない?原因と対処法をまとめてみた!

iPhoneが盗んだり、自分のiPhoneを他の人に譲る時、個人情報保護のために、iPhoneを初期化(リセット)する必要があります。また、iPhoneに不具合が発生する時、iPhoneを初期化することで改善されることも多いでしょう。

しかし、iPhoneを初期化したいのにできません。そんなお悩みを持っている人はいますよね。

そこで、今回はiPhone初期化できない原因と対処法についてまとめてみました。iPhone初期化方法がよくわからない人や、iPhone初期化できないエラーが起こして困っている人は本文を最後まで通じてください。

<

(一)通常のiPhone初期化方法

(1)iPhoneを初期化する前にやるべきこと

iPhoneを初期化すると、iPhone内のすべてのデータや設定が消去されます。大切な写真やビデオ、ボイズメモ、ブックマーク等を紛失しないように、iPhoneの初期化を行う前、iPhoneのバックアップを行うことをお勧めします。

iPhoneをバックアップする方法は幾つあります。

パソコンを持っていない方はiCloudを使うのがいいですが、容量制限があるので、気をつけてください。また、バックアップできる項目はiTunesより少ないです。

パソコンを持つ方はやはりiTunesでiPhoneバックアップを取るのが良いです。

でも、iTunesを使うことが面倒くさくて、動作が遅いと思った方が少なくないでしょう。そんな方なら、ぜひとも「DearMob iPhoneマネージャー」というソフトを試します。

初心者向けのiPhoneバックアップソフト

DearMob iPhoneマネージャー:予めの設定が不要で、 1クリックだけでiPhoneを丸ごとにバックアップしたり、復元したりすることができる。写真や音楽、ビデオ、着信音、連絡先等15種類のファイルを個別にバックアップすることも可能です。また、Wi-Fiなくても、iPhoneのバックアップをとることができる。
使いやすくて速いのはこのソフトの特長なので、iTunesを使うことより使い勝手がかなり良い。

DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneバックアップを取る手順

  • DearMob iPhoneマネージャーをパソコンにダウンロードとインストールした後、起動します。

  • お使いのiPhoneをパソコンに接続してから、iPhone側で「このコンピューターを信頼しますか」が表示されます。「信頼」をタップすると、ソフトでiPhoneが認識されます。

  • ソフトのホーム画面からバックアップをクリックします。

  • DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneをバックアップする
  • 「今すぐバックアップ」ボタンをクリックしたら、iPhoneのバックアップが開始されます。
    ※暗号化してバックアップしたい場合、バックアップする前に、「バックアップを暗号化する」前のボックスにチェックを入れて、パスワードを設定すればOKです。

  • DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneをバックアップする
  • バックアップが完了したら、上部の「バックアップを復元」をクリックして、バックアップされたファイルの確認や復元を行うことができます。

  • DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneバックアップから復元する

(2)、iPhone単体から初期化する手順

通常、iPhone単体で初期化をすることができます。ここから、端末のみでiPhoneを初期化する手順について説明します。

  • iPhoneの「設定」アプリを開き、「一般」>「リセット」とタップします。

  • [すべてのコンテンツと設定を消去]とタップしてから、iPhoneのパスコード(四桁)を入力してください。

  • 「iPhoneを消去」を2回タップします。「iPhoneを探す」をONにしている場合、Apple IDパスワードを入力する必要があります。

  • Appleロゴが表示されると、端末の初期化が開始します。

  • 初期化が完了したら、「こんにちは」画面が表示されます。後はiPhoneの初期設定やバックアップからの復元を行えます。

  • iPhone単体から初期化する手順

※「iPhoneを探す」をONにしている場合、Apple IDパスワードを入力する必要があります。

<

(二)iPhone初期化できない原因

iPhone初期化の方法は以上のとおりですが、iPhone初期化できないトラブルが意外と多いです。

それはなぜですか?

iPhone初期化できない原因については、、主に以下の4つあると思います。

  • 1「iPhoneを探す」がオンにする

「iPhoneを探す」がオンのままの場合、iPhoneをリセットできない可能性があります。なので、iPhoneを初期化する前に、「iPhoneを探す」がオフにしたほうがよいです。

  • 2AppleIDのパスワードを忘れた

iPhoneをリセットする場合、AppleIDとパスワードが必要です。もし、AppleIDのパスワードを忘れたら、iPhoneをリセットすることができなくなります。

  • 3iPhoneのパスコードを忘れ、画面ロックを解除できなくなった

iPhoneのパスワード忘れたら、iPhoneの画面ロックを解除できなくなります。その場合、iPhone本体から初期化することができないのは当たり前のことでしょう。

  • 4iPhoneが手元にない

iPhoneを盗まれた時、または既に他の人に渡した時、iPhoneが手元にないから、iPhone本体から直接に初期化することができません。

他には不明エラーでiPhone初期化できない原因もありますが、主に以上です。

<

(三)iPhone初期化できない時の対処法

ここからiPhone初期化できない時の対処法についてまとめて紹介します。

(1)、「iPhoneを探す」をオフにしてみる

「iPhoneを探す」をオンにしたままの場合、iPhone初期化できない可能性があるので、対処法の一つとしては、「iPhoneを探す」をオフにするんです。操作手順は以下のようです。

    手順

  • @ 、iPhoneのホーム画面から「設定」を選択します。
  • A 、画面上部の「AppleID、iCloud、iTunesStoreとAppS…」>「iCloud」>「iPhoneを探す」>「iPhoneを探す(緑色のスライド)」と進みます。
  • B 、AppleIDパスワードを入力した後、「オフにする」をタップします。すると、「“iPhoneを探す”をオフにします…」と表示されます。
  • C 、「“iPhoneを探す」をオンの状態からオフに切り替わると完了です。
「iPhoneを探す」をオフにする手順

(2)、AppleIDのパスワードをリセットする

AppleIDのパスワードを忘れたから、iPhone初期化できない場合、次の手順に従ってリセットしてみましょう。

    手順@

  • 「2ファクタ認証」を有効にしているかどうかを確認する
  • 1. iPhoneの「設定」画面を開いて、画面上部のApple IDをタップします。
  • 2. 「パスワードとセキュリティ」をタップします。
  • 3. 「2ファクタ認証」を「オン」にしている場合、2ファクタ認証でApple IDパスワードをリセットします。「オフ」にしている場合、メールアドレスでApple IDパスワードをリセットします。
AppleIDのパスワードをリセットする手順

    手順A

  • 2ファクタ認証でApple IDパスワードをリセットする
  • 1. iPhoneの「設定」アプリを開いて、「iTunes StoreとApp Store」をタップします。
  • 2. 自分のApple IDを押して、「iForgot」をタッ選択します。
  • 3. iCloudにサインインしていてパスコードが分かる場合、パスコードの入力だけで、新しいApple IDパスワードの設定ができます。
  • 4. iCloudにサインインを忘れた場合、「パスワードをお忘れですか」をタップし、電話番号を入力して「次へ」をタップします。
  • 5. 入力した電話番号へ確認コードがメッセージで送信されるので、確認して入力します。
  • 6. その後、新しいApple IDパスワードを設定すれば良いです。
AppleIDのパスワードをリセットする手順

    手順B

  • メールアドレスでApple IDパスワードをリセットする
  • 1. iPhoneの「設定」アプリを開いて、「iTunes StoreとApp Store」をタップします。
  • 2. 自分のApple IDを押して、「iForgot」をタッ選択します。
  • 3. Apple IDを入力して「次へ」をタップし、「メールを受け取る」を選択します。
  • 4. 登録していたメールアドレスに確認コードが送信されるので、届いたコードを入力します。
  • 5. 新しいApp IDパスワードを入力すればリセット完了です。
AppleIDのパスワードをリセットする手順

(3)、iPhoneを強制的に初期化する

iPhoneのロックが解除できなくなった場合や、iPhoneを手元にない場合、iPhoneを強制的に初期化することで、iPhone初期化できないトラブルを解決できます。

iPhone強制初期化の方法は以下の4つあります。自分の状況に応じて選んでください。

@、iTunesのリカバリーモードでiPhoneを強制的に初期化する

    手順

  • 1. iTunesを起動した後、USBケーブルの一端をパソコンに接続して、iTunesを起動します。
  • 2. iPhoneの電源をオフにします。
  • 3. iPhoneのホームボタンを押したまま、USBケーブルをiPhoneに接続します。リンゴマークからiTunes接続の画面がiPhoneに出てくるまで待ってください。
  • 4. iTunesで下のウインドウが表示されたら、「復元」→「復元と更新」の順をクリックすると、iPhoneを強制的にリセットすることができます。
  • iPhoneのiOSが最新版になっていない場合にソフトウェアの更新が必要なので、「次へ」→「同意する」をクリックします。ソフトの更新が完了すると、自動的にiPhoneの初期化が始開始します。
リカバリーモードでiPhoneを強制的に初期化する手順

A、DFUモードでiPhoneを強制的に初期化する

    手順

  • 1. iTunesを起動した後、USBケーブルでいiPhoneをパソコンに接続します。
  • 2. スリープボタンとホームボタン(iPhone7系は音量下げるボタン)を同時に押します。
  • 3. 10秒経過したら、スリープボタンから指を離します。
  • 4. ホームボタン/音量下げるボタンを押したままにすると、リカバリーモードのポップアップがパソコン上に表示されればOKです。
  • 5. 「iPhoneを復元」→「復元と更新」の順をクリックすると、iPhoneをリセットすることができます。
  • iPhoneのiOSが最新版になっていない場合にソフトウェアの更新が必要なので、「次へ」→「同意する」をクリックします。ソフトの更新が完了すると、自動的にiPhoneの初期化が始開始します。
DFUモードでiPhoneを強制的に初期化する手順

B、Web版の「iCloud」経由でiPhoneの強制初期化をする

    手順

  • 1. Web版のiCloudをアクセスして、ログイン情報を入力してサインインします。
  • 2. 「iPhoneを探す」をクリックします。
  • 3. 強制初期化をしたいiPhoneを選択した後、「iphoneの消去」をクリックします。
  • 4. 「このiphoneを消去しますか?」というメッセージが出てくると、「消去」を選択します。これで、iPhoneの初期化が開始します。
「iCloud」経由でiPhoneの強制初期化をする手順

C、別のiOS端末でiPhoneの強制初期化をする

    手順

  • 1. 利用可能なiOS端末上から「iphoneを探す」のアプリを起動すします。すると、iPhoneを探すの設定をオンにしているiOS端末の情報が出ることができます。
  • 2. 強制初期化をしたいiPhoneを選んだら、「アクション」ボタンをタップしてください。
  • 3. 「iphoneを消去」を選択し、「このiPhoneを消去しますか」という画面が表示されるので、「iphoneを消去」をもう一度タップします。
  • 4. Apple IDとパスワードを入力してから「消去」を選択します。
  • 5. 任意で電話番号やメッセージを入力して、画面右上にある「完了」ボタンをタップします。これで、別のiOS端末でiPhoneの強制初期化をする作業が終わります。
別のiOS端末でiPhoneの強制初期化をする手順
<

以上はiPhone初期化方法、iPhone初期化できない原因とその対処法を紹介しました。

自分でiPhoneの初期化をしたいのにできない人はぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人:高木

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。