【解決済み】iPhoneバックアップがPC容量があるのにできない時の対策(iTunes)

iPhoneバックアップが容量があるのにできない
iTunesを使って、iPhoneバックアップが容量があるのにできない
  • QPC容量があるのに、iPhoneバックアップができなくて困ったことありませんか?

大切なデータを失わないように、定期的にiTunesでiPhoneバックアップを取る人は多いでしょう。

ある日「パソコンのディスク容量が不足している」というメッセージが出て、iPhoneバックアップができなくなってしまいました。 しかし、PCの空き容量は設定メニューから確認しましたが、PCのディスク容量が十分にあります。

iTunesバックアップが容量があるのにできない原因は一体なんでしょうか?そんな時、どうすればiPhoneバックアップを取れますか?

それでは、iPhoneバックアップがPC容量があるのにできないときの原因と対策をご紹介したいと思います。未だにPC容量があるのにiPhoneバックアップができない、と困った人は是非ともチェックしてください。

  • 専用のiPhoneバックアップ・転送・管理ソフトDearMob iPhoneマネージャー使って、1クリックでiPhoneをフルバックアップしたり、復元したりすることができます。また、iPhoneとPCの間で、写真・音楽・ビデオ・連絡先・PDFファイル・アプリファイル等のデータを個別的にバックアップすることが可能となっています。iPhoneバックアップにはDearMob iPhoneマネージャーが超便利です。

     

1.「PCのディスク容量が不足している」といったエラー

iPhoneバックアップを取る最中に、「このコンピュータは十分な空き領域が使用できないため、〇〇をバックアップできませんでした」といったメッセージが表示されて、iPhoneバックアップができないことがあります。

PC容量があるのにiPhoneバックアップができない

パソコンのストレージはiPhoneよりはるかに大きいですが、扱うソフトやファイル等のデータ量も多いので、PCを使う時間が経つにつれてなくなってしまいます。iPhoneやiPadのバックアップを取ることで、平気に30GB、50GBになります。特に、一つ以上のiOSデバイスのバックアップを取った場合、Cドライブの容量をかなり食います。

また、バックアップは前回のバックアップファイルを上書きし保存するようになっているので、バックアップファイルが肥大化していて、エラーが発生することがあります。

つまり、PCの容量不足は確かにiTunesバックアップができない時の原因の一つだと考えられます。

そんなときは不要なソフトやファイルを削除したり、Cドライブ以外のディスクに移動したりすることで、空き容量を増やすことができます。また、iTunesから不要なバックアップファイルを削除すると、問題を解決出来るかもしれません。

2.PC容量があるのにiPhoneバックアップができないときの原因

iTunesを使って、iPhoneやiPadのバックアップを取ると、WindowsのパソコンではCドライブに保存されます。従って、「PCのディスクが不足している」といったエラーが出ると、最初にパソコンの設定メニューからCドライブの空き容量を確認するべきです。

iPhoneバックアップがPC容量があるのにできない

もちろん、Cドライブの空き容量が足りないことが多いですが、画像のように、iTunesバックアップが容量があるのにできないケースもあります。

そういう時の原因は以下の5つがあると考えられます。

  • @、iTunesソフト本体に問題がある;
  • A、iTunesは最新バージョンではない;
  • B、既存のバックアップファイルは何かしらの悪さをして、新しいバックアップを取れない;
  • C、iPhoneやパソコン本体には何かしらの問題がある;
  • D、iPhoneのiOSバージョンは最新ではない;

3.PC容量があるのにiPhoneバックアップができないときの対策

iPhoneバックアップがPC容量があるのにバックアップできない時の原因は前述の通りです。それでは、原因に合わせて、iPhoneバックアップがPC容量があるのにできない時の対処法を説明します。

  • 1iTunesソフトを再起動して、iPhoneバックアップを取ってみる;
  • 2最新バージョンのiTunesではない場合、アップデートしてください;
  • 3iTunesから既存のバックアップファイルを削除した後、再度iPhoneバックアップをする;
  • iTunesのバックアップファイルを削除する方法>>

    iPhoneのストレージ容量を圧迫しないように、不要なiPhone バックアップを削除したほうが良いです。ここでは、iTunes/iCloud バックアップを削除する方法をまとめています。iPhone バックアップデータを削除したいなら、本文を参照してiPhone バックアップを削除しましょう。

  • 4iPhoneやパ ソコンを再起動してみる;
  • 5お使いのiPhoneを最新のiOSにアップデートしてください;
  • iPhoneをiOS12にアップデートする方法>>

    iOS12がリリースされたら、iOS 12にアップデートすべきかどうかと悩んでいるユーザーが決して少なくないだろう。そこで、本記事ではiPhoneをiOS 12にアップデートする方法を詳しく解説する。見逃さないでください!

4.それでもダメな場合の対処法〜PC容量があるのにiPhoneバックアップができない時の最終手段

@からDまでの対策をためしても、iPhoneバックアップがPC容量があるのにできない問題を改善しない場合、以下の方法を強くお薦めします。

それはiPhoneバックアップソフト「DearMob iPhoneマネージャー」を使うのです。

DearMob iPhoneマネージャーとは

「DearMob iPhoneマネージャー」は、WindowsとMacに対応したiPhoneやiPadのiOS端末のバックアップソフトです。iTunesに比べると、以下のメリットがあります。

  • @、1クリックでiPhoneのフルバックアップと復元ができる;
  • A「暗号化する」にチェックを入れるだけで暗号化できるので、セキュリティ面でもバッチリ;
  • B、PCとiPhoneの間で、写真・ビデオ・音楽・連絡先等、あらゆるデータを個別に転送が可能;
  • C、PC上の指定したフォルダへバックアップできるので、PC容量があるのにiPhoneバックアップができない心配が不要;
  • D、わかりやすいUIのおかげて、パソコンの初心者も直感的に操作できる;
  • E、iPhoneバックアップはめちゃめちゃ高速であっという間に終わる;
  • F、インターネットに接続しなくて使える;

また、「DearMob iPhoneマネージャー」はiPhoneをUSBメモリー化する とか、iPhoneの着信音を作成するとか、他に様々な便利機能を搭載します。

ここから、DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneバックアップを取る方法をご紹介します

  • STEP.1

    以下の「無料ダウンロード」をクリックして、DearMob iPhoneマネージャーをダウンロード&インストールします。

    • DearMob iPhoneマネージャーのWindows版 DearMob iPhoneマネージャーのMac版
  • STEP.2

    ソフトを立ち上げ、後はUSBケーブルでiPhoneをPCに繋ぎます。「このコンピューターを信頼しますか」と表示されたら、「信頼」をタップしてください。すると、ソフトのインタフェースが表示されます。

  • iPhoneバックアップがPC容量があるのにできない
  • STEP.3

    インタフェースにある「バックアップ」を選択し、「今すぐバックアップ」ボタンをクリックすると、iPhoneのフルバックアップが開始します。

    Tips:「暗号化する」にチェックを入れるだけで暗号化できます。

  • iTunesバックアップがPC容量があるのにできない
  • 補足:

    バックアップしたデータから復元ももちろん可能です。下に画像のように復元したファイルを選んだ後、「今すぐ復元」をクリックするだけです。

  • 【まとめ】DearMob iPhoneマネージャーさえあれば、iPhoneバックアップがPC容量があるのにできない問題を解決することができます。しかも、使い勝手や速度、機能性等には、iTunesよりはるかに優秀です。数多くのiOSデータ管理ソフトやiTunes代替ソフトの中に、DearMob iPhoneマネージャーはトップクラスなので、早速無料ダウンロードして試しましょう。

この記事を書いた人:高木

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。