【iTunes】iPhone復元できないエラーが出た時の対処方法!一発で成功!

パソコンのiTunes でiPhoneのバックアップを復元する時、「エラーが発生したためiPhoneを復元できませんでした」「 iPhoneを復元できませんでした。不明なエラーが発生しました (9)。」「 iPhoneを復元できませんでした。不明なエラーが発生しました (4013)。」というメッセージが表示されて、復元がうまく進まないケースが少なくないみたいです。

その時、どうしたらいいでしょうか?

それでは、iPhone復元ができないエラー9・4005・4013・4014等が出て、iPhoneの復元が失敗した時の対処方法について紹介していきます。予期しない不明なエラーでiPhone復元ができない不具合の解消を一発で成功させます。   

1クリックでiPhoneバックアップ・復元

DearMob iPhoneマネージャーはiPhoneのバックアップをまるごとバックアップ・復元したり、パソコンとiOS端末の間での写真・ビデオ・音楽・PDF・連絡先等のやり取りも簡単にできる。iTunesでiPhone復元できないトラブルと困った時、代わりにDearMob iPhoneマネージャーでiPhone復元をしよう。

<

(一) iPhone復元できないエラー9・4005・4013・4014

iPhone復元のエラーメッセージ

iTunesでバックアップされたiPhoneのデータを復元している際、何らかの処理中にエラーが発生したら、短いメッセージとエラーコードが表示されます。例えば、

「エラーが発生したためiPhoneを復元できませんでした。」

「 iPhoneを復元できませんでした。不明なエラーが発生しました (9)。」

「 iPhoneを復元できませんでした。不明なエラーが発生しました (4013)。」

復元の際に発生しやすいエラーコードは9・4005・4013・4014があります。数字と短文だけで表示されているので、エラーの種類と内容を一目見ただけではわかりません。そのため、不明なエラーでiPhone復元ができないとき、どうすればいいかわからない方は多いです。

一体、iPhoneを復元する時のエラーコード9・4005・4013・4014の意味はなんですか?

  • エラーコード9・4005・4013・4014はほぼ、復元の作業が中断し、先の処理に進まない状態を陥ることを指します。何度を同じことをしても復元の作業が進展できません。
  • ただ、各エラーの起こった状況では微妙に違います。例えば、復元の最中にiOS端末との接続が切れたので、iPhone復元が失敗したことがあります。容量が足りないからiPhoneのリカバリーエラーが発生した場合もあります。
<

(二)iPhone復元できないエラーが出た時の対処方法(基本)

iPhone復元を行う際、エラー状況によって対処方法が異なります。しかし、PCによくわからない方や、専門知識のない方にとって、エラーの起こった状況を明確するのが難しいじゃないでしょうか?

そんな方むけ、iPhone復元ができないエラーが出た時の対処方法をまとめていました。エラーコードに気にせず、冷静に一つ一つ試すと、iPhone復元できない問題を解消することができます。

不明なエラーでiPhone復元ができない場合の対処方法について、以下をご覧下さい。

    対処法

  • @ 、お使いの iTunes を最新バージョンに更新するか、再インストールする;
  • A 、iPhone端末、又はパソコンを強制的に再起動する;
  • B 、USB ケーブルで、iPhoneとパソコンを再接続してみる;
  • C 、iPhoneとパソコンはWi-Fiとの接続を切れた後、再接続してみる。
  • D 、接続用のパソコンのUSBポートを切り替える;
  • E 、別の USB ケーブルを使って、iPhone復元をやり直す;
  • F 、セキュリティソフトを一時的に停止する;
  • G 、iPhoneを復元する前、端末に十分な容量があるのを確保する;
  • H 、「iPhoneを探す」をオンにしている場合、オフに切り替える;
  • (iPhoneのホーム画面から「設定」アプリを開き、1番上の自身のサインインを押します。「iCloud」を選択すると、「iPhoneを探す」が表示されます。それをタップし、オンをオフに切り替えてください。)
  • I 、「リカバリーモード」でiPhoneを復元する;
  • (まず、iTunesを起動し、自動同期の設定が停止されています。そして、iPhoneの電源を切り、USBケーブルでPCとiPhoneを接続、iPhoneをリカバリーモードにします。次に、PCにメッセージが表示されるため「復元」を選択し、「復元とアップデート」をクリックします。あとは、指示通り進めれば、iPhoneを復元することができます。)
  • J 、パソコンのOSは古い時、最新にアップデートしてください;
  • K 、一度iPhoneの電池が0になるまで放置した後、iPhone復元をやり直す;
  • L 、それでもダメな場合、Appleに問い合わせる;
<

(三)iPhone復元できないエラーを一発で解決する手段(100%成功)

以上の対処方法をためしても、iPhoneの復元が失敗してしまうという場合もあるかもしれません。また、一つ一つ試すのは時間が非常にかかるので、面倒くさいという人も必ずいるでしょう。

というわけで、「もう何を試してもダメだった!」「もっと効果的な対処方法が欲しい」という人は、以下の手段でiPhone復元を行うのをオススメします。

DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneの復元を行う

DearMob iPhoneマネージャーは、iPhoneバックアップ・復元の専用ソフトで、1クリックだけでiPhone・iPadをまるごとバックアップ・復元できます。また、iTunesでバックアップされたものも、DearMob iPhoneマネージャーを介して復元することができます。それに、ネット環境不要でiPhoneのバックアップと復元をサポートします。バックアップ速度や使いやすさでは、iTunesより優れています。PCとiPhone間でのデータやり取りや、着信音作成、形式変換など、iTunesにはない機能がたくさんあるので、本当に便利です。

  • 不明なエラーでiPhone復元ができない場合、最後手段としてのDearMob iPhoneマネージャーを使うと、代わりにしっかり復元することができます。

ここから、DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneバックアップから復元する方法を簡単に紹介します。

  • DearMob iPhoneマネージャーをパソコンにインストールした後、すぐ起動します。

  • USBケーブルを介して、iPhoneをパソコンに接続します。次にiPhoneのロックを解除し、「このコンピューターを信頼しますか」というメッセージから「信頼」を押します。すると、iPhoneが認識されます。

  • ソフトのインタフェースにある「バックアップ」を選択します。

  • DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneバックアップから復元する
  • 画面上部にある「バックアップファイルを復元します」をクリックすると、iTunesにバックアップされた履歴を表示さます。

  • 復元したいiPhone履歴をチェックに入れて、下部にある「今すぐ復元」をクリックします。そうしたら、iPhoneの復元が開始されます。

  • DearMob iPhoneマネージャーでiPhoneバックアップから復元する
この記事を書いた人:高木

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。