【2020年完全版】iPhoneからWindows 10のパソコンに写真を取り込めない原因と対処法

  • iPhoneからWindows 10パソコンに写真を取り込めなくて、困っています。
    iPhoneで子供の写真をいっぱい撮って、iPhoneが容量不足になってしまって、カクカクしています。そして、iPhoneに保存している写真をWindows 10パソコンに移行して、iPhoneのスペースを開放しようとしたが、できませんでした。詳しい方、解決方法を教えていただけませんか。

  • Windows 10はマイクロソフト製で、iPhoneはアップル製なので、互換性が良くない原因も色々な原因があって、iPhoneからWindows 10パソコンに写真を取り込めないことがよくあります。互換性の問題は解決できないから、ここでは、ハードウェアとソフトウェアという両方の原因から解決方法を挙げます。下記の順でiPhoneからWindows 10のPCに写真取り込めない対処法を試したらいかがでしょうか。

<

ハードウェアが原因でiPhoneからWindows 10パソコンに写真取り込めない場合

まずはハードウェアに問題があるかどうかチェックしてください。ハードウェアの原因としては以下の点が挙げられます。

@ ケーブルが故障している

ケーブルがiPhoneとパソコンをきちんと接続しているかチェックしてください。再接続した方がいいと思います。特にLightning端子は小さく負荷に弱いので、気づかないうちに故障していることがあります。別のケーブルを利用しましょう。
また、ご利用のケーブルはデータ転送をサポートするかもう一度確認してください。一部のケーブルが充電だけに利用できます。データ転送をサポートしていません。是非充電とデータ転送両対応のケーブルを使ってください。もちろんアップルの純正ケーブルが一番のおすすめです。

A iPhone側の設定

信頼ケーブルでiPhoneをWindows 10パソコンに接続する時、iPhoneでは「このコンピュータを信頼しますか」というダイヤログが表示します。必ず「信頼」を選択してください。でないと、Windows 10パソコンはiPhoneの写真やビデオデータにアクセスすることができません。

ロック解除また、iOSの更新によって、iPhoneをロックしたままでは、「このコンピュータを信頼しますか?」は出てきません。なので、ケーブルでiPhoneをWindows 10パソコンに接続する前、iPhoneのロックを解除してください。また、iPhone写真をパソコンにインポートする時も是非ロックを解除された状態でやってください。

B iPhone容量不足

iPhoneに空き領域が100MB以下になったら、Windows 10フォトとエクスプローラーでiPhone写真を読み込む場合、かなりの時間がかかります。フリーズや強制終了になってしまって、iPhoneから写真をWindows 10パソコンに取り込めないことがあります。なので、定期的にiPhone写真やビデオをパソコンに移行して、スペースを解放することをおすすめします。

また、iPhoneが容量不足の状態だと、自動的にiCloudに写真をアップロードし、iPhoneに写真データが削除されてしまいます。普段iPhoneで見ている写真は実はネットを通じてiCloudにある写真データです。これを解消するには、「iPhoneストレージ最適化」の設定をオフにすればいいです。そうすることで、勝手に写真データがiCloudに移行することを防ぐことが可能です。
iPhoneでの設定方法:iPhoneで「設定」>「ユーザー」>「iCloud」>「写真」>「iPhoneストレージ最適化」の順でタップしてください。

C パソコン容量不足

iPhoneで写真を撮る時、「互換性優先」によって「.jpg」で保存した写真のサイズは「高効率」によって「.heic/.hevc」で保存した写真のサイズの2倍になります。iPhoneで保存した写真は合計数十GBかもしれません。なので、パソコンにや十分な容量があるかチェックしてください。パソコン容量不足なら、全てのiPhone写真をWindows 10にインポートすることができません。

ソフトウェアが原因でiPhoneからWindows 10パソコンに写真取り込めない場合

アンドロイドスマホなら、USBケーブルを使ってWindows 10パソコンに接続したら、エクスプローラーで写真の保存しているスマホのフォルダを開いて、移行したい写真をコピペでWindows 10のPCに保存することができます。しかし、iPhoneはiOSなので、アンドロイドスマホと違って、Windows 10はiPhoneデータを容易にアクセスすることができません。今殆どの人はソフトを使って、iPhone写真をWindows 10パソコンに取り込むのです。もし、iPhoneからWindows 10のPCに写真をインポートできない原因はハードウェアでない場合、ソフトウェアに原因があると考えられます。

一部の問題はソフトの再起動とソフトの最新バージョンにアップデートすることによって解決できます。

もし再起動しても、或いは最新のiPhoneデータ転送ソフトを使っていても、iPhoneからWindows 10パソコンに写真を取り込めないなら、続いて本文をご覧下さい。
ご利用のソフトウェアによって、解決方法も異なっています。それでは、Windows 10フォト、iTunes、iCloudに分けて対策を説明します。

取り込みたい写真をクリックしてチェックを入れてください。ートする項目をグループ化する方法を選択する」「インポート後にデバイスから項目を削除する」があり、場合によって変更できます。

@ Windows 10フォトでiPhone写真をパソコンに取り込めない

サードパーティー製のソフトではなく、Windows 10標準搭載のフォトアプリで、iPhone写真をインポートできない場合、一部はiPhoneのロックを解除することによって解決できます。もし、ロック解除しても解決できないなら、Windows 10パソコンでiPhoneのドライバを更新/さいインストールしてください。

    iPhoneドライバーの更新方法

  • a. タスクバー内にある検索窓に【デバイスマネージャー】と入力
  • b. 「最も一致する検索結果」の下にある「デバイスマネージャー」をクリック
  • c. 「ポータブルデバイス」の左にある「>」をクリック
  • d. 表示された「Apple iPhone」を右クリックして、「ドライバーの更新」を選択
  • e 「ドライバーを自動的に検索」をクリック
iPhone写真をWindows 10パソコンに取り込む
DearMob iPhoneマネージャーでiPhone写真をWindows 10パソコンに取り込む

    iPhoneドライバーの再インストール方法

  • a. タスクバー内にある検索窓に【デバイスマネージャー】と入力
  • b. 「最も一致する検索結果」の下にある「デバイスマネージャー」をクリック
  • c. 「ポータブルデバイス」の左にある「>」をクリック
  • d. 表示された「Apple iPhone」を右クリックして、「デバイスのアンインストール」を選択
  • e 「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します。」にチェックを入れたままで「アンインストール」を選択
  • f. 「システム設定の変更」画面で「はい」をクリック
  • g. 再起動後、パソコンにiPhoneを接続すれば、自動的に最新のiPhoneドライバがインストールされる

そもそもWindows 10フォトはマイクロソフト製で、iPhoneはアップル製なので、相性が良くないのです。Windows 10フォトでiPhone写真・動画をインポートする時、PC > iPhone > Internal Storageの順でクリックしたら、“DCIM”フォルダが表示されないとか、「このデバイスに到達できません」「システムに接続されたデバイスが機能していません」といったエラーが頻発して、うまく取り込むことができません。サードパーティー製のiPhoneデータ転送ソフトがおすすめです。

A iTunesでiPhoneからWindows 10パソコンに写真を取り込めない

iTunesでiPhone写真をパソコンにインポートできない原因はもっと多いのです。iTunesでの解決方法は下の文章をご参照ください。

B iCloudでiPhone写真をWindows 10パソコンに取り込めない

iCloudによって、iPhoneに保存している写真をWindows 10のPCに取り込むこともできます。ただし、Windows 10にiCloudソフトのインストールも必要です。しかし、iCloudでiPhone写真を読み込めなくて、取り込むことができません。

まず

  • a. iOS最新バージョンになっているか
  • b. iCloud写真の設定がオンになっているか
  • c. iCloudストレージの容量が不足していないか
  • d. iPhone写真のフォーマットはHEIC/HEIFであるか

という4つの項目を確認してください。

a. iOS最新バージョンは新機能の追加と同時に、色々なバグも修復したので、iPhoneを最新のiOSにアップデートしたら、iCloudでiPhone写真をWindows 10パソコンに取り込めない不具合を解決するかもしれません。

b. iPhoneで「設定」→「写真」→「iCloud写真」をオンにすれば、iPhoneで撮った写真がiCloudにアップロードします。Windows 10パソコンのiCloudアプリでもiPhone写真を見ることができます。

c. iCloudの無料版なら、5GBのデータしか保存できません。5GB以上のデータを超えたら、最新のiPhone写真がiCloudにアップロードされません。Windows 10パソコンのiCloudアプリでは、最新のiPhone写真を取り込むことができません。

d. Windows 10の標準搭載では、「高効率」モードで保存したHEIC/HEIF形式の写真を標準することができません。写真の形式を変換するか、『HEIF and HEVC Media Extensions』をインストールするか、問題を解決することができます。

C Windows 10エクスプローラーでiPhone写真をPCに取り込めない

Windows 10エクスプローラーでiPhone写真をパソコンにインポートできない場合、通常ハードウェアの方法で解決できます。もしそれでもできないなら、サードパーティー製のiPhoneデータ転送ソフトを使いましょう。

サードパーティー製iPhone転送ソフトでiPhone写真をWindows 10のPCに転送

もし、上記の対処法を全部試したが、iPhoneからWindows 10パソコンへ写真を取り込めない問題を解除していないなら、他のサードパーティー製iPhoneデータ転送ソフトを使いましょう。ここでおすすめのWindows 10用iPhoneデータ転送・管理ソフトはDearMob iPhoneマネージャーです。

互換性高いiPhoneデータ転送ソフト

DearMob iPhoneマネージャーパソコンとiOS端末の間で写真などのファイルを双方向で転送できます。
【開発者】Digiarty Software, Inc
【動作環境】 Windows 10/8/7/Vista(64 bit & 32bit)、Mac版あり
【転送ファイル】写真、音楽、ビデオ、連絡先、Podcast、電子書籍、着信音、アプリ、メッセージ、カレンダー、ブックマーク(Safari)

  • 📝特徴
  • 【簡単】 iTunesとWi-Fi、ネットワークが不要で、ケーブルでiPhoneとパソコンを接続したら、簡単に好きな写真をパソコンとiPhoneに双方向転送できます。
  • 【HEIC/HEIF対応】 Windows 10でプレビューできないHEIC/HEIF写真をjpg形式に変換可能。
  • 【高速】 業界一の高速エンジンによって、100枚の画像を僅か8秒で転送できます。
  • 【オリジナル画質】 大切な写真の画質を劣化せずに、オリジナルままで、iPhone写真をパソコンにバックアップします。

【iPhone写真をパソコンに取り込む操作手順】

❶ ケーブルでiPhoneをWindows 10パソコンに接続し、DearMob iPhoneマネージャーを起動して、左側にある「写真転送」をクリックします。
❷ 左側の「カメラロール」を選択して、右側のiPhoneで撮った写真を選択します。
❸ 上のメニューバーにある「エクスポート」をクリックしたら選択したiPhone写真をWindows 10パソコンに取り込む作業が始まります。

iPhone写真をWindows 10パソコンに取り込む
DearMob iPhoneマネージャーでiPhone写真をWindows 10パソコンに取り込む
この記事を書いた人:アキ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。