Windows10フォトでiPhone写真をパソコンに取り込む方法、及び写真をインポートできない時の対策

ご存知の通り、iPhoneの写真をパソコンに取り込む方法はたくさんがあります。Webクラウドサービス(Google Drive/Dropbox/iCloud)、Appleのデータ管理アプリ(iTunes)、メール/Lineなどといった手段です。

しかし、これら手段にはデメリットがあったり、不具合がよく発生してしまったりして、使いづらいと思う人はたくさんいます。

・Webクラウドサービス:無料で使えるデータ容量は少なく、パフォーマンス低下が著しいです。
・iTunes:機能が豊富ですが、実際に使ってみると、使い勝手が非常に悪いです。
・メール/Line:セキュリティが弱いです。

だから、今回は、制限なしで完全無料で使えるWindows10の標準アプリケーション「フォト」機能を活用して、iPhone写真をパソコンに取り込む方法、及びWindows10フォトでiPhone写真をインポートできない/開かない時の対処方法も合わせて紹介していきます。

<

Windows10フォトとは

  • 【使いやすさ】★★★★
  • 【オススメ度】★★★★
  • 【開発者】マイクロソフト会社
  • 【動作環境】Windows 10 バージョン 17134.0以降、Xbox One、Windows 10 Mobileバージョン10581.0以降
  • 【アーキテクチャ】ARM、x64、x86
  • 【対応プラットフォーム】モバイルデバイス、Xbox One、HoloLens、PC、Surface Hub

【特徴】

・UIがシンプルで使い勝手が良いです。
・編集機能が多く、写真とビデオの編集、スライドショー作成、3D効果追加などが自由にカスタマイズできます。
・無料で使え、高価な専用ソフトウェアを買わずに写真や動画を管理できます。

【機能】

・写真(画像)と動画ファイルを管理します。
・写真(画像)と動画ファイルを加工・編集します。
・写真(画像)と動画ファイルを組み合わせて、1つのMP4動画ファイルに作れます。

<

Windows10フォトでiPhone写真をパソコンに取り込む方法

質問サイトでは「Windows10を使用しています。iPhoneで撮った写真をパソコンに取り込みたいのですが、枚数が多く、写真を素早くエラーなしでインポートできる安全な方法ってありますか?枚数は1000枚ほどです。お願いします。」と聞く人はいます。

以下では、Windows標準アプリケーションWindows10フォトを使って、安全且つ無料でiPhone写真をパソコンに取り込む方法についてご紹介します。

  • 📝【事前準備】:
  • ・iPhoneのライトニングケーブル(Apple純正品)
    ・iPhone本体
    ・パソコン本体(Windows10)

【iPhone側の設定】

step1:iPhoneにライトニングケーブルを挿して、パソコン本体(Windows10)にUSB端子を挿します。

step2:パソコンがiPhoneに接続してから、iPhone本体の画面に「このデバイスに写真やビデオへのアクセスを許可しますか?」というメッセージが表示されます。そこで、「許可」をタップしてください。それで、パソコンでiPhoneのデータを閲覧することが可能です。

iPhoneとWindowsとの接続
iPhoneとWindowsとの接続

【Windows10フォトを使ってiPhone写真をパソコンに取り込む】

step1:Windowsの左下の「スタート」ボタンをクリックして、左アプリケーションリストから「フォト」をクリックして、Windows10フォトを立ち上げます。

Windows10フォトを立ち上げ
Windows10フォトを立ち上げ

step2:Windows10フォトの右上にあるフォトのメニューから「インポート」をクリックして、「USBデバイスから」をクリックしてください。

Windows10フォトでUSBデバイスから写真をインポート
Windows10フォトでUSBデバイスから写真をインポート

step3:「インポートする項目の選択」画面が表示されたら、取り込みたい写真をクリックしてチェックを入れてください。

step4:「インポートの設定」をクリックして、保存先を指定します。「インポートの設定」項目では「インポート先の変更」「インポートする項目をグループ化する方法を選択する」「インポート後にデバイスから項目を削除する」があり、場合によって変更できます。

Windows10フォトで写真を選択してインポートの設定を変更
Windows10フォトで写真を選択してインポートの設定を変更

step5:全てが確認した後、左下の「選択した項目のインポート」ボタンをクリックしてiPhone写真をパソコンに取り込みます。

step6:Windows10フォトでiPhone写真をパソコンに取り込んだ後、Windowsのスタートメニューから歯車の「設定」アイコンをクリックして、「Windowsの設定」を立ち上げます。

Windowsの設定を立ち上げ
Windowsの設定を立ち上げ

step7:「Windowsの設定」画面から「デバイス」をクリックして、「bluetoothとその他のデバイス」をクリックします。「その他のデバイス」から「Apple iPhone」を選択し、「デバイスの削除」ボタンをクリックして、Windows10パソコンから安全にiPhoneを取り外します。

Windows10パソコンから安全にiPhoneを取り外し
Windows10パソコンから安全にiPhoneを取り外し

それで、Windows10フォトでiPhone写真をパソコンに取り込む作業が完了!

いかがでしたでしょうか。とても分かりやすく初心者の方でも簡単に操作できますよね。

しかし、Windowsフォトにもメリット・デメリットがあり、時々不具合が発生したことがあります。

<

Windows10フォト評判・口コミレビュー

@、【Windows10フォトのメリット】

  • ・Windows10の標準アプリケーションで、安全性が高いです。
  • ・100%無料で使えます。
  • ・使い方が簡単で、初心者の方々でもすぐに操作できます。
  • ・機能も多種多様で、写真(画像)と動画ファイルを簡単に管理できます。

A、【Windows10フォトのデメリット】

  • ・起動スピード、作業スピードが遅いです。
<

Windows10フォトでiPhone写真をインポートできない/開かない時の対処方法

「Windows10フォトの動作が遅かったり、重かったり、起動できなかったり、次へできなかったりして、うまくiPhone写真をインポートできない/開かない時は、どうすれば良いでしょうか。」と聞かれる人はいます。

対処方法の1つとして、今回は、Windows10フォトの代わりになれるアプリケーションDearMob iPhoneマネージャーをおすすめします。

Windows10フォトの代替ソフト

DearMob iPhoneマネージャーパソコンとiOS端末の間で写真を双方向で転送できます。
【開発者】Digiarty Software, Inc
【動作環境】 Windows 10/8/7/Vista(64ビット/32ビットの両方)、Mac版あり
【入力ファイル】写真、音楽、ビデオ、連絡先、ポッドキャスト、電子書籍、音声ファイル、アプリケーション、メッセージ、カレンダー、ブックマーク(Safari)

【機能】

❶、インターネットに繋がらなくても、データをサクサクと管理できます。
❷、ファイルを暗号化にしてデータをバックアップできます。
❸、端末をUSBメモリー化にする機能を持ちます。
❹、動画管理はもちろん、動画変換機能も兼ね備えます。
❺、作業速度が想像以上速く、100枚の4K写真は8秒だけで双方向に転送できます。

【iPhone写真をパソコンに取り込む操作手順】

❶、Lightning - USBケーブル経由でiPhoneをパソコンに接続します。
❷、DearMob iPhoneマネージャーを起動しメイン画面の「写真転送」をクリックします。
❸、パソコンへ取り込みたい写真を選択します。
❹、iPhone写真をパソコンに取り込む作業が始まります。

iPhone写真をパソコンに取り込む
DearMob iPhoneマネージャー:iPhone写真をパソコンに取り込む

【メリット】

  • ・動作が軽く、サクサクとデータ転送作業を進めていきます。
  • ・Windowsフォトには搭載されていない機能は多いです。
  • ・UIが直感的で分かりやすく、軽快な操作感を実現しています。

【デメリット】

  • ・無料体験版がありますが、回数制限があったり、広告もたくさん出てきます。
  • ・価格がちょっと高い気がします。
項目/製品 Windows10フォト DearMob iPhoneマネージャー
iPhone・iPad同期 ×
写真管理
音楽管理 ×
プレイリスト作成 ×
動画管理
動画編集 ×
写真編集 ×
フォーマット変換 ×
バックアップ ×
iColudバックアップ × ×
ブックマーク管理 ×
USBメモリー機能 ×
メッセージ管理 ×
連絡先管理 ×
使いやすさ
価格 無料版 無料体験版
製品版:4680円〜;
☞ 詳しくはこちら>>

終わりに

この記事では、Windows10フォトでiPhone写真をパソコンに取り込む方法、及び写真をインポートできない時の対策について紹介しました。

Windows10フォトでは写真と動画ファイルの転送と編集機能がついており、とても使いやすいソフトウェアです。見た目もシンプルで、初心者の方でもすぐに使いこなせます。

もし、写真と動画ファイルの転送と編集に気になる一方で、音声ファイルの管理、iPhone対応フォーマットに自動変換、データファイルのバックアップなど、どちらもWindows10フォトにはない機能に興味を持つ場合は、DearMob iPhoneマネージャーはとてもおすすめです。

だから、使用用途に合わせて、Windows10フォトかDearMob iPhoneマネージャーを使って、エラーなしで高速でiPhoneの写真をパソコンに取り込みましょう。

DearMob iPhoneマネージャー

新しいiPhoneへ機種変更しても、簡単&快速&一括でiPhoneの写真をパソコンに取り込むソフトウェア!こんな場合にオススメ↓↓↓

√ 複数の写真を一気でバックアップしたいとき
√ 長時間・大容量の写真を快速で転送したいとき
√ データ通信やWi-Fi不要で写真をバックアップしたいとき

<
この記事を書いた人:鈴木玲子

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。