WindowsでHEICをJPGに変換する4つの方法まとめ!簡単・無料!

周知のように、 iOS 11 以降を搭載しているiPhoneを使って、従来の JPEG より高効率な拡張子HEICの写真を撮影することができます。

ところで、JPGに比べて、HEIC形式の汎用性が低いです。iPhoneやMacパソコンで見るのは問題ないですが、WindowsのパソコンでHEICファイルをそのまま閲覧できません。また、iPhoneで撮った写真をSNSやブログにアップロードする時、HEICをJPGに変換しないといけないです。つまり、iPhone上のHEIC写真を楽にWindowsパソコンに使えるように、HEICからJPGに変換する必要があります。

それでは、WindowsでHEICをJPGに変換する4つの方法をまとめていました。簡単に無料でHEICからJPGへの変換可能なので、自分に合ったやり方を利用してください。

<

(一)HEIC JPG変換フリーソフトを使って、WindowsでHEICをJPGで保存する

WindowsパソコンでもiPhoneのHEICファイルを手軽に見れるように、様々なHEIC JPG変換フリーソフトが登場しました。ここでは「DearMob iPhoneマネージャー」というソフトをおすすめしたいです。

DearMob iPhoneマネージャー

  • iOSデータ管理用の専門ソフトとしてのDearMob iPhoneマネージャーは多様な便利機能を備えています。iPhoneデータをパソコンに移す機能はとても優秀です。
  • 写真を始め、ビデオ、音楽、連絡先、PDF・ワード・エクセルファイル・着信音・ボイズメモなどの殆どデータをサポートし、転送作業も数クリックだけで終わります。また、転送スピートは業界一です。大容量の写真でも短い時間でエクスポートすることができます。
  • その他、iPhoneの写真をパソコンに移す時、1クリックだけでHEICをJPGに変換することができることがありがたいです。パソコンにiPhoneのHEICファイルをJPGで保存するのはこの一本で簡単にできます。わざわざWindowsに取り込んだ後から別途の変換ソフトを導入して変換する必要ないので、とても便利じゃないでしょうか?
  • WindowsパソコンにiPhoneのHEIC 画像をJPGで保存したい場合、ぜひこのソフトを試してください。
  • DearMob iPhoneマネージャーのダウンロード(100%安全・無料)

DearMob iPhoneマネージャーを使って、iPhoneからWindowsにHEICをJPGで保存する操作方法について、以下の内容をご覧下さい。

  • WindowsパソコンにインストールしたDearMob iPhoneマネージャーを起動します。

  • USBケーブルを使って、iPhoneをパソコンに接続した後、iPhoneのロックを解除し、「このコンピューターを信頼しますか」というメッセージから「信頼」をタップします。

  • ソフトのインタフェースにある「写真転送」を選択すると、iPhoneに保存した写真を全て読み込みます。

  • DearMob iPhoneマネージャーのホーム画面
  • Windowsパソコンに移したい写真を選んで、上部の「エクスポート」の隣にある三角形をクリックします。

  • 「HEICをJPGにエクスポート」と表示されるので、それをクリックしたら、HEIC ファイルを含む、iPhoneの写真がJPGでエクスポートされます。

  • DearMob iPhoneマネージャーでHEICの写真をJPGで転送
  • ヒント:DearMob iPhoneマネージャーはWindowsでiPhoneのHEIC画像をJPGに変換してからエクスポートするだけではなく、暗号化して保存したり、アルバムごとエクスポートすることもできます。もっと詳しく知りたいなら、DearMob iPhoneマネージャーの使い方をご覧ください。
<

(二) iOS内蔵コンバータを使って、WindowsでHEICをJPGで保存する

USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続することで、iPhoneの写真をパソコンに直接移すことができます。しかし、iPhoneのHEICをパソコンに取り込む時、HEIC画像はパソコンで表示されません。コピーしてからパソコンに保存しても開けません(画像のように)。

HEIC画像はWindowsパソコンで見れない

実は、撮影した「heic」ファイルをWindowsパソコンに転送する際に、ファイルの形式を変更するという iOS内蔵コンバータがiPhoneでは用意されています。それを利用すると、WindowsでHEICをJPGで直接保存することができます。わざわざWindowsに取り込んだ後からHEICをJPGに変換する手間を省くことができます。

それでは、iOS内蔵コンバータを使って、WindowsでHEICをJPGで保存する方法を説明します。

  • iPhoneの「設定」アプリを開く、「写真」をタップします。「MacもしくはPCに転送」の項目で「自動」にチェックを入れます。

  • HEICをJPGで転送する設定
  • USBケーブルでiPhoneをWindowsパソコンに接続し、エクスプローラーから「PC」→「iPhone」→「Internal Storage」→「DCIM」と進むと、「○○APPLE」というフォルダが表示されます。

  • 「○○APPLE」を開き、目的な写真をパソコンにコピー&ペーストします。そうすると、WindowsにiPhoneのHEIC画像がJPGファイルとして保存されます。

  • WindowsでHEICをJPGに転送する

    注意

  • この方法を利用する場合、目的な写真を見つかりにくいのはデメリットです。
<

(三)拡張機能を利用して、WindowsでHEICをJPGに変換する

方法1と方法2はiPhoneのHEICファイルをWindowsパソコンに転送していない時しか利用できません。すでにパソコン内にHEICファイルとして転送してしまった後、どうすればいいでしょうか?

そういう時、Windowsパソコンの拡張子機能を使って、HEICをJPGに変換することができます。

次は拡張子機能で、HEICをJPGに変換してから閲覧する方法をご紹介します。

  • Microsoft Storeより「HEIF 画像拡張機能」をインストールします。

  • HEIF 画像拡張機能
  • インストールしておけば、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。

  • エクスプローラーでHEIC画像のサムネイルが表示されるようになります。

  • 「コピーを保存」を使うことで、HEICをJPG形式で保存が可能です。

    注意

  • Windows10の場合、「HEIF 画像拡張機能」は無料でしたが、Windows7/8環境ですと120円かかります。無料でHEICをJPG形式に変換したら、「CopyTrans HEIC for Windows」がおすすめです。CopyTrans HEIC for WindowsはWindowsでHEICファイルを閲覧したり、右クリックでHEICの写真をJPEGに変換することができます。
<

(四)オンラインサービスを利用して、WindowsでHEICをJPGに変換する

    

拡張子機能の以外、HEICをJPGに変換するオンラインサービスもあります。それを利用すれば、WindowsパソコンでHEICをJPGに変換することが超簡単にできるようになります。

次は、WindowsでHEICからJPGに変換できる代表的な無料オンラインサービスを二つご紹介します。

@ HEIC to PNG

  • オンラインサービス(URL: https://heic2png.com/ja/)にアクセスして、「アップロード」ボタンをクリックします。

  • 変換したいHEIC画像を20枚内追加します。(HEICファイルをドラッグ&ドロップして追加することもできます。)

  • 追加して終わったら、自動的に正しい圧縮パラメータを選択して一つ一つファイルをアップロードして変換します。

  • 最後、変換されたファイルをパソコン本体にダウンロードします。これで、HEICからJPGへの変換が終わります。

  • オンラインでHEICをJPGに変換する

A Apowersoft HEIC JPG 変換フリーソフト

  • オンラインサービス(URL: https://www.apowersoft.jp/heic-to-jpg)にアクセスします。

  • 以下の画像のところにクリックすると、HEICファイルを選択して追加します。(HEICファイルをドラッグ&ドロップして追加することもできます。)

  • 後は、HEICファイルの変換が自動で開始します。変換して終わると、「ダウンロード」または「全てをダウンロード」をクリックして、パソコン本体に保存すればOKです

  • オンラインでHEICをJPGに変換する

    注意

  • オンラインサービスでHEICをJPGに変換する場合、ソフトのダウンロードも不要ですが、一旦ファイルをインターネット上にアップしなければならないです。。
<

(五)補足:HEICの代わり、JPGで撮影する方法

HEIC形式として保存された写真は、JPGと比べて画質はそのままで容量は約半分になります。でも、ほかの端末で保存、又は閲覧する時、変換しなければならないです。なので、iPhoneで写真を撮影する時、「JPGで撮影したい」という方が少なくないでしょう。

その場合の設定は以下の通りです。

iPhoneの「設定」アプリを開き、「カメラ」→「フォーマット」を選択します。後は、「カメラ撮影の項目を「高効率」から「互換性優先」に切り替えます。

iPhone写真をJPG形式で撮影する
    
<

以上はWindowsパソコンで見れるように、HEICファイルをJPGに変換する4つの方法を紹介しました。

iPhone のHEIC画像をパソコンに取り込む前、「DearMob iPhoneマネージャー」、或いは「 iOS内蔵コンバータ」を使うことで、HEICからJPGに変換することができます。

既にパソコンに取り込でしまった場合、「拡張機能」、又は「オンラインサービス」を利用して、WindowsでHEICをJPGに変換してください。

HEICをJPGに変換するのは面倒くさいと思ったら、最初にiPhoneで撮影した写真をJPGに保存してください。

以上、参考になれば幸いです。

HEIC JPG変換フリーソフトオススメ!

DearMob iPhoneマネージャー:iPhoneデータ管理・転送ソフトとして、1クリックだけで、iPhoneからWindows/MacパソコンにHEICファイルをJPGに変換して送ることができる!iPhoneのHEICファイルをWindowsパソコンに閲覧する場合、DearMob iPhoneマネージャーを使うのはとても便利!

この記事を書いた人:高木

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。