ホーム ブログ iPhone暗号化パスワード忘れる場合の解除法

iPhone

【2019年版】暗号化したiPhoneバックアップ パスワード忘れた!?解除する方法を紹介する〜復元に必要

大事なデータを引き継ぐために、iPhoneのバックアップを暗号化する
通常、iTunesを利用して、iPhoneのデータをバックアップする際、iPhone、iPad、またはiPod Touchを保護する場合、パスワードで暗号化する。バックアップの暗号化は通常のバックアップとは違い、大事なデータを確実に引き継ぐことができる。例えば、保存したパスワードやWi-Fi設定やウェブサイトの履歴やヘルスケアデータや「LINE」のトーク履歴など。そして、暗号化されることで、他人に情報を盗まれる心配も要らなくて、安心だ。その一方、この専用のパスワードは暗号化の解除にも利用しているので、iPhoneバックアップ パスワード忘れたら、バックアップを復元できなくなってしまったのだ。
けれども、このiPhone暗号化パスワード忘れたユーザーが意外と多い。
ーーiPhoneのパスワードを忘れてしまい困っています。iPhoneを探すオフ、Apple Storeに繋いだこと無し、バックアップ無し、という絶望的な状況です。
ーーiPhoneのパスワードを忘れてしまいました。そして何回もやっててもう使えなくなってしまいました。
ーーiPhone7のパスワードを簡単に解除する方法教えて下さい。
・・・・・・
というわけで、本記事ではiPhoneバックアップ パスワード忘れた場合の解除&変更するを紹介する。

iPhoneバックアップ iTunesを使わず

人気記事: 【2019年最新版】iTunes以外、最高のiPhoneバックアップソフトおすすめランキング10選〜iPhone XS/XRにも対応

iPhoneバックアップに〜iTunesの代わりに、DearMob iPhoneマネージャーお勧め

iPhoneバックアップ

iTunesを利用して、よく「iTunesが重い、使いにくい、同期する時iPhoneファイルがなくなる」、また「iTunesの操作が難しくて、使いたくない」などのことがあるでしょう。
その場合、iTunesの代わり、「DearMob iPhoneマネージャー」という 専門的なiOSデータバックアッ&復元ソフトおすすめする。
iTunesより機能が豊富で、操作が超簡単だ。初心者でも素人でもストレスなくすぐ使える。ほしいデータだけバックアップや、データ丸ごとバックアップや、自由に選択できる。ワンクリックだけで、iPhoneバックアップが完了!

◆iTunes でのバックアップの暗号化について

iTunesの暗号化パスワードとは、iTunesでiPhoneなどのiOS機器内部のデータをバックアップファイルとしてパソコン内に保存する時に、保存するバックアップファイルを暗号化するために、利用者が設定するパスワードだ。
iTunesの暗号化パスワードの機能は、簡単に言うと次の2つの機能となる:
@、iPhoneのバックアップデータを漏えい防止;
iTunesで暗号化した場合には、パソコン内に保存されたiPhoneのバックアップデータは、基本的に見たりすることが出来なくなる。
A、iPhone内部のほぼ完全なデータをパソコンに保存する;
iTunesの暗号化せずに保存したiPhoneのバックアップには、重要なセキュリティやプライバシーに関するデータは保存される。 iTunesの暗号化パスワードを設定して保存したiPhoneのバックアップは、iPhone内部のほぼ完全なデータを保存することが出来る。

iPhoneバックアップ パスワード忘れ

iTunes は、デフォルトではバックアップを暗号化しない。iTunes でバックアップをはじめて暗号化するには、パスワード保護を用いる「バックアップを暗号化」オプションを選択する必要がある。それ以降、そのデバイスのバックアップは自動的に暗号化されるようになる。そこで、次はiTunes バックアップを暗号化する設定方法を紹介する。

◎iTunes バックアップを暗号化する設定方法

iTunesでバックアップを暗号化する際に下記の設定をするようにしましょう。
1、iTunes を開いて、付属の USB ケーブルでiPhoneデバイスをパソコンに接続する;
ヒント:iTunesは必ず最新バージョンをお使いください。
2、接続したデバイスが、iTunesウインドウの左上隅に iPhoneアイコンとして表示されて、クリックする;
ヒント:必ず純正のUSBケーブルをお使いください。でないと、iPhoneアイコンが表示されない可能性がある。
3、「概要」画面で、「バックアップ」セクションの「[デバイス] のバックアップを暗号化」を選択する;
4、画面の案内に従って、パスワードを作成する。このパスワードがないと iTunes バックアップを使えないため、パスワードは覚えておけるものを作成するか、書き留めて安全な場所に保管しておいてください;
5、パスワードを確認入力した後、バックアップが始まり、すぐに以前のバックアップが上書きされ、暗号化される。
処理が終わったら、暗号化したバックアップが正常に作成されているか確認してください。

ただこのバックアップに設定するパスワードを忘れてしまうことが非常に多い
上記とおりやれば、簡単にiTunesのバックアップを暗号化に設定できる。多くの人が意外に簡単に考えているなと思うことがあるが、実は結構な人が忘れた経験があるのではないでしょうか?
iPhoneバックアップ パスワード忘れたり、失くしたりした場合は、情報を復元することや、「バックアップを暗号化」をオフにすることができなくなる。そこで、次はiPhone復元パスワード忘れた場合の対処法を紹介する。

人気記事: DearMob iPhoneマネージャーとiTunesを比較して、機能・操作などの違いを解説する

◆iPhoneバックアップ パスワード忘れた場合の対処法ご紹介

実は、iTunesの暗号化パスワードは、機能制限パスコードや、iPhoneのロックのパスコードのように、回数制限が無いので、iPhoneバックアップ パスワード忘れた場合、まずはこれから紹介するiPhone復元パスワード確認してみることをおすすめする。

iPhoneバックアップ パスワード忘れた場合の対処法一、ほかのパスワードで確認する

iPhoneバックアップ パスワード確認@、AppleIDのサインインに使っているパスワード
iTunesの暗号化パスワードを設定するのが、iTunesの画面になるので、意外に、iTunesのサインインに使っているApple IDのパスワードを入力している人もいるようだ。
もし失敗したら、iCloudとiTunesのアカウントを別々のApple IDで使用している場合には、iCloudのアカウントで使用しているApple IDのパスワードも試してみましょう。

iPhoneバックアップ パスワード確認A、iPhoneのロック解除のパスコードを試す
画面ロックに使っているパスワードも頻繁に使う代表格。特に数字だけでパスワードを作る癖がある方は要チェックだ。

iPhone暗号化パスワード忘れ

iPhoneバックアップ パスワード確認B、Gmailや他サービスでも使っているパスワード
Apple IDのパスワードではなく、Apple IDに登録しているメールアドレスのパスワードも試してみるといいと思う。サインインする時に、つい、間違って、Apple IDに登録しているメールアドレスのパスワードを入れてしまっているというケースもある。

iPhoneバックアップ パスワード確認C、誕生日や記念日など、ものすごく単純なパスワード
誕生日や記念日は基本中の基本だが、西暦を入れたものやいつも使う英語と組み合わせたものをチェックリストにバンバン入れて確認するのがおすすめ。

iPhoneバックアップ パスワード確認D、パソコンのログイン時に使っているパスワード
続いて多いのがWindowsやMacなどのパソコンに使っているパスワード。ログイン時に求めるよう設定している方は打ちやすく覚えやすいものを使っているはず。要チェック!

iPhone復元パスワード確認E、機能制限パスコードを試す
機能制限パスコードをiPhoneで設定してる人などは、機能制限パスコードを設定している可能性もあるので、機能制限パスコードを試してみましょう。

iPhoneバックアップ パスワード忘れた場合の対処法二、大文字・小文字の原因であるかどうか確認

実際に、大文字・小文字の原因で、iPhone復元パスワードが間違っている状況が意外と多い。Windowsではキーボードの「半角/全角」で英数字の大小を設定するが、Macでは「Caps Lock」で全て大文字に固定される。バックアップのパスワードは全角でも半角でも登録可能な上に、入力時は「・・・・」のように黒丸のみ表示されるので盲点になる。 だから、いつも使っているパスワードが全く通用しない。 というわけで、そんな時は英文字の大小を疑ってください。これを注意してもう一度試してみてください。

iPhoneバックアップ パスワード忘れた場合の対処法三、暗号化パスワードをリセットする

iPhone暗号化パスワード忘れて、どうしても思い出せない場合、以下の対処法を試して見てください。
@、iTunesの代わりにiCloudを使う
iTunesのパスワードを忘れると暗号化バックアップそのものもオフにできない。しかし、iCloudは別だ。けれども、iCloudを利用してiPhoneをバックアップするには、下記のことに要注意:
・iTunesと比べて、iCloudで保存できるデータは少ない;
・iCloudで無料でバックアップに使える容量は無料で5GBまで。これを超えてしまうとバックアップができなくなってしまう;
・機種変更する場合、iCloudでiPhoneのバックアップにおすすめしない;

A、暗号化したパスワードを解除する
iPhone暗号化パスワード忘れについて、ネットでよく質問されることは、「iPhone暗号化パスワード忘れてしまったので、暗号化したパスワードを解除する方法を教えてください」ということだ。
実は、暗号化したパスワードを解除するには、設定した暗号化パスワードを入力する必要があるので、もしiPhoneバックアップ パスワード忘れたら、暗号化したパスワードを解除できないのだ。

お見逃しなく:【Wi-Fi不要】ネットなしでiPhoneバックアップを取る:iPhoneバックアップでWi-Fiがない時の対処法!

暗号化パスワードをリセット

B、暗号化パスワードをリセットする
ということで、Phoneバックアップ パスワード忘れた場合の対処法として、最終手段としてiPhoneを初期化する方法しかないのだ。つまりー暗号化パスワードをリセットする。また、iOS11以降では、デバイスのバックアップを新たに作成し、暗号化できる。そこで、次は具体的なやり方を紹介する。
ヒント:iOS 10 以前をお使いの場合は、暗号化パスワードをリセットできない。
Step1、iOS デバイスで、「設定」>「一般」>「リセット」の順に選択する;
Step2、「すべての設定をリセット」をタップし、iOS のパスコードを入力する;
Step3、iPhoneを iTunes にもう一度接続し、暗号化したバックアップを新たに作成する。

上とおりやれば、暗号化パスワードを削除してリセットできる。ただし、iPhoneの初期化は、iPhone内部を一旦空にする作業になるので、iPhone内部のデータの消去も伴うので、ご注意ください。

◆まとめ

いかがでしょうか?上記はiPhoneバックアップ パスワード忘れた場合の3つの対処法を紹介した。万が一iPhone暗号化パスワード忘れて、どうしても思い出せない場合のため、ちゃんとこのバックアップに設定したパスワードを覚えてください。iPhoneを初期化することで、そのパスワードをリセットできるが、iPhoneでのデータが全部なくなる。そして、今までiTunesで保存されているiPhoneデータも復元できないのだ。ご注意ください。
iPhoneデータバックアップするには、iTunesの代わりに「DearMob iPhoneマネージャー」おすすめする。無料でダウンロードして使って見てください。

iPhoneマネージャーiPhoneマネージャー

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

お役立ち情報

DearMob iPhoneマネージャー

iTunes代替〜高速にiPhoneバックアップ・転送・管理!より簡単・安全!

 

 

新iPhone機種変更ガイド

新型iPhone XS/ XS Max/ XRに乗り換える時、データ移行やり方・注意点等を一気にわかる。

iPhone音楽マネージャー

【無料】iOS端末とPC/Mac間、音楽を双方向で転送できる専門のフリーソフト!

 

最新情報・人気記事

  1. 1

    【無料】iTunes代替フリーソフトおすすめ8選!iTunes以外のソフトでデータを転送・管理!

  2. 2

    【決定】第69回NHK紅白歌合戦2018(2019) の司会者・出演者・曲目・曲順・放送時間など

  3. 3

    【解決】iOS 12にアップデートできない・iOS 12のアップデートが終わらない/進まない時の対策!

  4. 4

    【比較】どっち買うべきか?最新iPhone XS/XR/XS Max比較:スペック・デザイン・価格など!

  5. 5

    【機種変更】旧iPhoneからiPhone XS/XR/X/8にデータを移行・引き継ぎする方法

iPhoneバックアップには〜DearMob iPhoneマネージャー

iPhoneマネージャー iPhoneマネージャー