【解決済み】iPad内の動画がパソコンに表示されない問題の対策をわかりやすく解説!

iPad内の動画をパソコンに移行して管理する時、案外に不具合やエラーが出てしまうことがあるでしょう。

例えば、何のためか分からなくてiPad内の動画はパソコンで表示されなくて面倒です。

今回の記事では、「iPad動画がパソコンに表示されない」問題を解決する簡単で効率的な方法を紹介しましょう。

(一) DearMob iPhoneマネージャーでiPad動画をパソコンに移行して管理する

iTunesを利用してiOSデバイス写真や動画など様々なデータを管理する方が多いようです。

だが、iPhone iPad内の動画をパソコンへ移行や管理しようとした時、故障やドラブルが発生してしまったら、iTunes側の問題が原因として考えられる場合が多いです。

なので、(パソコンに移行された)iPad動画がパソコンに表示されない問題を解決するには、一番手っ取り早い方法は、iTunesの代わりに他の管理ソフトを利用しましょう。

ここでは、iTunesより信頼性がかなり高い「DearMob iPhoneマネージャー」を利用してiPad動画をパソコンに移行します。

「DearMob iPhoneマネージャー」とは、iPhone/iPadなどのiOSデバイスのデータを簡単に管理できるソフト。市場NO.1の速度で動画を転送でき、写真、ビデオ、音楽だけでなく、メッセージやアプリデータなどにも対応しています。

さて、下記の内容はDearMob iPhoneマネージャーを利用してiPad動画をパソコンに移行しましょう。

<

事前に、このiPadとiTunesの自動同期をオフにします。

  • 基本的な流れ
  • @.PCとiPadホをケーブルで接続する。
  • A.iPadから動画をDearMob iPhoneマネージャーに読み込む。
  • B. DearMob iPhoneマネージャーで対象の動画をパソコンへ保存する。

STEP1:DearMob iPhoneマネージャーのダウンロードとインストールが終わったら、DearMob iPhoneマネージャーを起動し、USBケーブルでiPadをPCに接続します。

STEP2:ホーム画面で、「ビデオ」を選択します。 するとiPad内に保存されている動画データが、カテゴリ分けされたフォルダごとにサムネイル付きで表示されます。

DearMob iPhoneマネージャーでiPad動画をパソコンに移行して管理するSTEP2
DearMob iPhoneマネージャーでiPad動画をパソコンに移行して管理するSTEP2

STEP3:iPadからパソコンへ移行したい動画を選択しましょう。選択した動画は黄色のチェックマークが入ります。動画ファイルの中心の白丸部分をクリックすることで、複数選択が可能です。

DearMob iPhoneマネージャーでiPad動画をパソコンに移行して管理するSTEP3
DearMob iPhoneマネージャーでiPad動画をパソコンに移行して管理するSTEP3

STEP4:動画の選択が終わってしまえば、上のメニューに有る「エクスポート」ボタンを押すとエクスポートが開始されるので、しばらく待つと「完了!」のダイアログが出るので「OK」を押します。

DearMob iPhoneマネージャーでiPad動画をパソコンに移行して管理するSTEP4
DearMob iPhoneマネージャーでiPad動画をパソコンに移行して管理するSTEP4

初期設定では、iPadからパソコへ転送する動画はC:\Users\ユーザ名\ビデオ\DearMobiPhoneManagerにあります。このフォルダを開いて、すぐ動画を確認することができまます。

以上の操作で、「iPad動画がパソコンに表示されない」問題を簡単に解決できます。

  • <ヒント>
  • DearMob iPhoneマネージャーを使うと、iOSデバイスとパソコンの間で、動画の追加、削除やエクスポート、iPhone iPadが対応していない拡張子や形式の動画を変換して移行することができるので非常に使い勝手の良いツールです。
<

(二) iPad動画がパソコンに表示されないって通常な原因と解決策

次は、WindowsおよびMac OSにiPadの動画が表示されないとき、サードパーティ製データ転送ソフトを使わずに、問題解決に効く手法を紹介しましょう。

(1)iPadとパソコンを再接続する

iPadの動画はパソコンに表示されない場合、テクニックというより基本中の基本の再起動だが、知っててもついつい忘れがちでしょう。とりあえず、iPadとパソコンを別々に再起動してから再接続しましょう。

STEP1:iPadをパソコンから取り外します。

STEP2:iPadを再起動します。起動方法は機種によって異なりますが、いずれも「スライドで電源オフ」を横にドラッグして、画面が完全に消灯した後に電源ボタンを長押しすることで再起動が完了します。

STEP3:パソコンを再起動して、iPadをパソコンに再度接続します。

STEP4:iPad画面で「このコンピュータを信頼しますか?」というダイアログが現れると、「信頼」をタップします。そして、Windowsには標準搭載されている「画像とビデオの読み込み」機能を利用して、iPadからパソコンへの動画転送作業を行いましょう。

合わせて読む:【iPadに動画を入れる】パソコンからiPadに動画を転送・取り込む・移行する方法〜iTunesなし>>

<

(2)USBケーブルを交換する

iPadをパソコンに接続すると、通信とデータ転送はすべてUSBケーブルに経由で行うのです。接続している機器を正常に動かすためには、USBケーブルがきちんと機能しなければいけません。

USBケーブルの接続に故障があるのでiPad動画はパソコンで表示されない場合もあります。

別のUSBケーブルを使ってiPad内の動画が表示されるか試してみると良いでしょう。

一般的にいえば、Appleの純正Lightning USBケーブルを利用したほうがいいです。他社製のケーブルならば、データの損失、非互換性、またはハードウェアの損傷など多くの問題を引き起こす可能性があります。

もし、ケーブルが1本しかないなら、他のデバイスをパソコンに接続してケーブルの故障もチェックできます。

合わせて読む:【iTunes以外】iPadファイル転送フリーソフト5選|iPadデータ転送無料>>

<

(3)USB端子を交換する

特に、長年使用しているパソコンではUSBポートの破損は珍しくないです。

パソコンの破損したUSBポート経由でiPadを接続すれば、接続が不安定になったり、iPadが認識されなくなることがあります。

USBポートの故障によってiPad動画はパソコンで表示されないドラブルが発生してしまうか確認するために、ほかのUSBポートで抜き差しを試すのもいいでしょう。

もし、パソコンに接続すると、iPad動画は表示されないが充電モードとなっている場合、基本にUSBポートとUSBケーブルの故障を排除できます。

合わせて読む:iPhone&iPadカメラロールの動画が再生できない・見れない時の対策|完璧に解決>>

<

(4)位置情報とプライバシーをリセットする

iPad動画はパソコンに表示されない問題は、位置情報とプライバシーの設定とどう関わるかと説明しづらいです。Apple公式サイトも有力な説がありません。ところが、位置情報とプライバシーをリセットすることで問題が解決される報告があります。

STEP1:iPhoneのメイン画面から「設定」アプリを開いて、「一般」>「リセット」>「位置情報とプライバシーをリセット」をタップします。

位置情報とプライバシーをリセットするSTEP1
位置情報とプライバシーをリセットするSTEP1

STEP2:パスコードの入力画面が表示されますので、パスコードを入力します。

位置情報とプライバシーをリセットするSTEP2
位置情報とプライバシーをリセットするSTEP2

STEP3:「位置情報とプライバシーのリセット」の確認画面が表示されるので、「設定をリセット」を選択します。

これで、位置情報とプライバシーの設定がデフォルトの(工場出荷状態の)設定になりました。

<

(5)Appleのドライバーを再インストールする

iPad動画はパソコンに表示されないもう1つの要因は、Appleドライバーです。 iPhoneを初めてコンピューターに接続すると、Windowsのパソコンでは「Apple Mobile Device Support」と呼ばれるUSBのドライバソフトウェアが自動的にインストールされます。

場合によって、このドライブの故障はiPad動画はパソコンに表示されない原因となります。

対策として、Apple Mobile Device Supportを再インストールしましょう。

STEP 1: 画面左下にあるスタートメニューを右クリックして、 表示されるメニューから「デバイスマネージャー」>「ユニバーサルシリーズバスコントローラー」を選択します。 

STEP 2:正常な状態であればiPhoneを接続した時「ユニバーサル シリアル バス コントローラー」に「Apple Mobile Device USB Driver」が存在します。

Appleのドライバーを再インストールするSTEP1-2
Appleのドライバーを再インストールするSTEP1-2

STEP 3:「ポータブルデバイス」から「Apple iPhone」右クリックして「ドライバソフトの更新」を選択します。

Appleのドライバーを再インストールするSTE3
Appleのドライバーを再インストールするSTEP3

STEP 4:「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」を選択。

STEP 5:フォルダの参照画面で「OS」→「Program Files」→「Comon Files」→「Apple」 →「Mobile Device Support」→「Drivers」を選択します。

Appleのドライバーを再インストールするSTE5
Appleのドライバーを再インストールするSTEP5

STEP 6:保存場所を指定し終わったら「OK」を押し、「次へ」をクリックします。その後は、ソフトウェアのインストールが終了するまで待つだけです。

<

下記の方法はiTunesを利用してiPadの動画を管理している方にとって有効かもしれません。

(6)コンピュータの認証をする

STEP1:iPhoneをUSBケーブルで接続します。

STEP2: STEP3:iTunesメニューバーで、「アカウント」>「認証」>「このコンピュータを認証」の順に選択します。

Appleのドライバーを再インストールするSTE2
Appleのドライバーを再インストールするSTEP2

STEP3:ユーザー名とパスワードを入力します。

Appleのドライバーを再インストールするSTE3
Appleのドライバーを再インストールするSTEP3

これで、コンピューターに表示されていないiPad動画が見られる可能性があります。

<

(7)iTunesでiPadを復元する

iPadと iTunesの同期設定を間違えると、iPad動画などのデータは削除される可能性があります。

iTunesで事前にパソコンに表示されないiPad動画をバックアップしておいたら、iTunesでそれらの動画をiPadに復元することで問題を解決できる可能性があります。

STEP1:iPadのデータをバックアップしておくコンピューターからiTunesをクリックします。

STEP2:USBケーブルを使用してiPadをパソコンに接続します。

STEP3:iTunesにはiPadのマークが出るとクリックします。

STEP4:「バックアップ」項目の「バックアップを復元」をタップします。

iTunesでiPadを復元するSTE4
iTunesでiPadを復元するSTEP4

STEP5:すると「バックアップから復元」ウィンドウが表示されるので、復元したいデータを選びましょう。

STEP6:復元をタップし、iPadの復元が始まります。復元にかかる時間はファイルサイズに依存します。

STEP7:復元が完了すると、iPadを再起動して、iPadとiTunesを同期をしましょう。

合わせて読む:【iPhone 11】iTunesバックアップから復元できない時に役立つ対処法10個>>

この記事を書いた人:小林ほたる

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。