×

iPadからパソコンへPDFファイルを転送して保存する三つの方法

  • QiPadのiBooksに保存したPDFをパソコンに転送したいとき、どのようにしていますか?
  • QiPadのLINEまたはメールアプリで受信したPDFファイルをPCに取り込んで保存したい場合は、どうしたらいいでしょうか。

PDFファイルがiPadに入っている標準アプリiBooksで閲覧することできるため、iPadでメールを送受信したり、小説や漫画を読んでいる方も増えています。

けれど、PDF形式の電子書籍やドキュメントのサイズがもともと数MB、更に数十MBサイズになることもあるため、積もり積もっていくと結構な容量になって、iPadのストレージ容量を圧迫しがちです。

この場合は、iPadの容量不足を解消をするには、普段あまり閲覧しないiPadのPDFファイルをパソコンに移す必要があります。

そこで今回はiPadからパソコンへPDFファイルを転送する方法を3つ詳しく紹介します。

<

以上、3つの方法でiPadからパソコンへPDFファイルを転送して保存することができます。

では、それぞれ一つずつ解説していきます。

iPhoneマネージャーでiPadのPDFファイルをパソコンに移す方法

iOSバックアップソフトを利用するのは、iPadからパソコンへPDFファイルを転送させる手段の中でも、最もスタンダードなやり方ではないでしょうか。

    メリット:

  • @ iPad内の大量のPDFファイルを一括してPCに転送できます。
  • A サイズの大きいPDFファイルを転送する場合も転送の速度も速いです。
  • B インターネットに接続しなくても利用できます。
  • C 操作が簡単で、セキュリティ面でとても安全です。

    デメリット:

  • お使いのiPadをパソコンにUSBケーブル接続する必要があります。

以下、簡単にDearMob iPhoneマネージャーを使って、iPadのPDFファイルをパソコンに移す方法をまとめておきます。

  • USBケーブルてお使いのiPadをパソコンに接続します。iPadを初めてパソコンに接続する場合、「このコンピューターを信頼しますか」と出てきて、「信頼」をクリックすればいいです。

  • メイン画面の「電子書籍」をクリック
  • DearMob iPhoneマネージャーを起動して、「電子書籍」をクリックします。

  • すると、自動的にiPad内のあらゆる形式の電子書籍ファイルが読み込まれます。左側の「PDF」項目をクリックしてすぐにiPad内のPDFファイルの一覧のみが表示されます。

  • PDFにチェックをいれ、「エクスポート」を押す
  • PCに移したいPDFにチェックをいれ、「エクスポート」を押すと一瞬でiPadのPDFファイルをPCに取り込むことがされました。

    また、選んだPDFファイルを指定のフォルダにドラッグするだけで、iPadのPDFファイルをパソコンに移すことも可能となります。

<

iCloud DriveでiPadからパソコンへPDFファイルを転送する方法

iCloud Driveを利用して、iPadのPDFファイルをパソコンに移すことができます。

iCloud Driveは、iOS 8以降で使用可能なクラウドストレージサービスで、PDF、写真およびその他の種類の書類などの様々なファイルを保存・共有することができます。

    メリット:

  • @ 効率的かつとても簡単です。
  • A PCもUSBケーブルも必要ありません。

    デメリット:

  • @ 安定したインターネット環境が必要です。
  • A PDFファイルを一つずつしか転送できません。
  • B 5 GB の無料ストレージしか使えません。

iCloud DriveでiPadからパソコンへPDFファイルを転送するには以下の方法で行います。

まずは、iPadでPDFファイルを開いた状態で、画面上部の「その他」をタップして「iCloud Driveに追加」を選択すると、PCに転送したいPDFファイルをiCloudDrive内に保存されます。

PDFにチェックをいれ、「エクスポート」を押す

パソコンのブラウザからiCloud.comにサインインてから、ホーム画面の「iCloud Drive」をクリックします。

PDFにチェックをいれ、「エクスポート」を押す

iCloud Drive内のPDFファイルを選択して、画面上部のダウンロードアイコンをクリックすると、iPadのPDFファイルをPCに取り込むことができます。

<

iBooksでiPadのiBooksに保存したPDFをパソコンに転送する方法

iBooks内の「共有」機能をを利用すれば、簡単にiPadのiBooksに保存したPDFをパソコンに転送することもできます。

    メリット:

  • @ やり方が簡単です。
  • A PCもUSBケーブルも必要ありません。

    デメリット:

  • @ 安定したインターネット環境が必要です。
  • A 大容量のPDFファイルの転送に向きません。
  • B PDFファイルを一つずつしか転送できません。

iPadに入っている標準アプリiBooksでは、すばやく手軽にiPadのiBooksに保存したPDFをパソコンに転送することができますが、ネット通信の速度とファイルのサイズなどが制限されているため、iBooksを利用した転送方法は小さなファイルの転送、カジュアルな使い方にに向いています。

これからは、iBooks でiBooksに保存したPDFをパソコンに転送する方法をそれぞれ解説していきます。

  • まずは、PCに保存したいPDFファイルをiBooksに追加します。

    iPadでPCに転送したいPDFファイルを表示している状態で、アイコンをタップして、「iBooksで開く」を選択します。

  • 「iBooks」アプリに切り替わり、このPDFファイルがiBooksで表示されます。そして画面上部にある、⍐アイコンをタップして「プリント」を選択します。

  • iBooksアプリでPDFファイルを開く
  • 上図に示すように、印刷プレビューの画像上を指2本で触れて、押し広げて、PDFの印刷プレビュー画像を拡大します。

  • スマホ版LINEでPDFを自分宛に送る
  • 上記の画面が表示されたら、画面下部にある⍐アイコンをタップして、「メールで送信」または「Line」を選択し、PDFファイルを送ります。

  • 最後は、パソコンでメールソフトまたはLINEを開くと、そのPDFファイルを受信してPCで保存することができます。

以上、iPadからパソコンへPDFファイルを転送する方法は3つあります。

<

まとめ

上記で紹介した転送方法に加えて、iTunesを利用してiPadのPDFファイルをパソコンに移すこともできます。けれど次期macOS「macOS Catalina」で、Appleが「iTunes」の提供を終了するため、より簡単&安全にiPhone・iPadバックアップ・復元を行うには、専門的のiOSデータ管理ソフトを勧めします。

DearMob iPhoneマネージャー

iTunesよりも細かなところに手が届く!iPhone、iPad、iPod内の写真・音楽・動画・連絡先・メッセージなどのデータを簡単バックアップ、転送、復元できる。

この記事を書いた人:柳瀬川

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。