【簡単・快速】iPhoneの動画をWindowsにバックアップする方法5つ|2分でわかる

iPhoneの容量が足りない場合、iPhoneに保存している大容量の動画を手元のWindowsパソコンにバックアップすることで、問題を解決することができます。また、iPhoneで撮影した動画をWindowsの大画面で視聴したいときもよくありますよね。そういう時、iPhoneの動画をWindowsに転送する作業が必要です。

しかし、iPhoneの動画を手元のWindowsパソコンにバックアップしようとしたが、やり方が知らないとか、うまく保存できないというケースが少なくないようです。

というわけで、本文はiPhoneの動画をWindowsにバックアップ・取り込みする6つの方法を詳しく紹介していきます。ご参考ください。

<

(一)iPhoneの動画をWindowsにバックアップする5つの方法

手元のWindowsパソコンにiPhoneの動画を転送して保存する方法はiTunesを使うだけではなく、iPhoneデータ管理ソフト、USBケーブル、iCloudなど、様々あります。

ここからiPhoneの動画をWindowsに取り込みする一般的な方法を5つを紹介していきます。早速ご覧下さい!

<

(1)iTunesを使う

iPhoneとパソコンの間でデータ転送を行いたい場合、一番よく使われているのはAppleの標準アプリ「iTunes」でしょう。

しかし、残念なのはiTunesを使うことで、iPhoneの動画だけをパソコンに取り込むことができません

iTunesを使って、iPhoneの動画をWindowsパソコンにバックアップする場合、動画を含むiPhoneのデータを丸ごとにバックアップするしかないです。操作手順は以下の通りです。

  • iTunesを使って、iPhoneの動画をWindowsにバックアップする手順

ステップ1、iTunesの「自動同期」をオフにする

@、Windowsパソコン上にインストールしたiTunesを起動し、上部のメニューバーから「編集」→「環境設定」→「デバイス」と進みます。

A、「iPod、iPhone、および iPod を自動的に同期しない」前のボックスにチェックを入れ、「OK」をクリックします。

iTunesの「自動同期」をオフにする

ステップ2、iTunesでiPhoneの動画をバックアップする

@、付属USBケーブルを経由して、iPhoneとPCを繋ぎます。接続を許可した後、iPhoneがiTunesで自動で認識されます。

A、iTunesの左上にあるデバイスのマークを選択し、「概要」→「今すぐバックアップ」を選択すると、バックアップがすぐ開始します。その後、バックアップを完了するまでお待ちください。

iTunesでバックアップを取る

    デメリット

  • * iPhoneのデータを丸ごとにバックアップするので、バックアップが完了するまでには時間がかかります。
<

(2)DearMob iPhoneマネージャーを使う

iPhoneデータ管理ソフトで、iPhoneの動画を簡単にWindowsパソコンにバックアップすることができます。それではiTunesの代わりとして便利なiPhoneデータ管理ソフト「DearMob iPhoneマネージャー」をお薦めします。

DearMob iPhoneマネージャーは動画をはじめとした、写真、連絡先、音楽、着信音、電子書籍、ボイズメモ等殆どのデータをiPhoneからパソコンへ、パソコンからiPhoneへ転送することができる専用のiPhoneデータ管理ソフトです。

このソフトを利用して、iPhoneの動画をWindowsに取り込むなら、以下のメリットがあります。

  • √ 容量やサイズの制限なしでiPhoneの動画を手軽にパソコンに移動できる;
  • √ iPhone上の必要な動画データだけをパソコンに取り込める;
  • √ 動画のサイズや画質も変わらない;
  • √ iPhoneの動画を暗号化してパソコンに保存することができる;
  • √ iPhoneの動画を個々にエクスポートしたり、複数の動画を一括で転送することができる;
  • √ 使いやすい上、転送速度がとても速い;
  • √ Wi-FiなしでもiPhoneからパソコンへの動画転送も可能;
  • DearMob iPhoneマネージャーで、iPhoneの動画をWindowsにバックアップする方法

ステップ1、DearMob iPhoneマネージャーをダウンロードとインストールする

以下のボタンをクリックすることで、DearMob iPhoneマネージャーを無料でダウンロードとインストールすることができます。

ステップ2、iPhoneとパソコンを接続する

DearMob iPhoneマネージャーを起動した後、iPhone付属のUSBケーブルを使って、iPhoneをパソコンに接続し、iPhone側の接続を許可します。

ステップ3、iPhoneの動画をWindowsパソコンに取り込む

ソフトの主画面にある「ビデオ」をクリックすると、iPhoneに保存している動画が読み込まれます。その中から必要な動画を1クリックで選択し、上部の「エクスポート」をクリックします。すぐ動画のエクスポートが始まります。「完了」のメッセージが出てきたら、iPhoneの動画がパソコンに保存されます。

iPhoneの動画をWindowsパソコンに取り込む

    操作ヒント:

  • ◎ 「すべて選択」の前にチェックを入れると、iPhoneにあるすべての動画を選択できます。
  • ◎ キーボードの左下にある「Ctrl」キーを押しながら、マウスで必要な動画を複数に選択できます。
  • ◎ 転送完了の後、パソコンに転送したビデオの保存フォルダが自動的に現れるので、すぐ確認できます。
  • ◎ iPhoneの動画を暗号化してパソコンに保存するとか、またパソコンの動画をiPhoneに入れるとか、DearMob iPhoneマネージャーの使い方をよく知りたい方はコチラへ
<

(3)iCloud Driveを使う

AppleのクラウドストレージiCloudを使って、iPhoneの動画をWindowsパソコンに移動できることが知っていますか?

iCloudはウェブ版を用意したので、iCloud Driveへアップロードした動画をPCやタブレットなどiPhone以外のデバイスにアクセス、ダウンロードすることができます。

※iCloud Driveの他、Googleトライブ、Dropbox、OneDrive等のクラウドサービスも利用可能です。

  • iCloud Driveを利用して、iPhoneの動画をWindowsにバックアップする手順

ステップ1、iPhoneの動画をiCloud Driveにアップロードする

@、「設定」アプリを開き、「ユーザ名」→「iCloud」と進み、「iCloud Drive」をオンにします。

A、iPhone「ビデオ」に保存した動画を選択し、左下の「共有」ボタンをタップします。その後、「ファイルに保存」→「iCloud Drive」と進み、「追加」をタップします。すると、選択された動画のアップロードが開始します。

iPhoneの動画をiCloud Driveにアップロード

ステップ2、Web版のiCloudにサインインする

WebブラウザからWeb版のiCloudにアクセスし、iPhoneに登録したApple IDとパスワードを入力します。

https://www.icloud.com/

Web版のiCloudにサインインする

ステップ3、iCloud Driveから必要な動画を選択してダウンロード

iCloud Driveを選択し、iCloud Driveにアップロードされているデータの一覧が表示されます。その中からバックアップしたい動画を選択した後、右上の「ダウンロード」ボタンをクリックします。これで、iPhoneの動画をWindowsパソコンに保存することができます。

iCloud Driveから動画をダウンロード

    デメリット

  • * iCloudの動画をダウンロードとアップロードする際にデータ通信が発生します。
  • * 大容量の動画を転送したい場合は、有線で転送したほうが速いです。
  • * iCloudは無料で利用できる容量には限りがあります。
<

(4)USBケーブルを使う

AppleのクラウドストレージiCloudを使って、iPhoneの動画を

以上の方法はiPhoneの動画をWindowsに取り込みすることができますが、全部第三者のソフトやアプリを使用しました。

実には、USBケーブルを接続するだけで、iPhoneからPCへの動画転送も可能です。ソフトやアプリのインストールを面倒くださいと思う人にお薦めします。

  • USBケーブルを利用して、iPhoneの動画をWindowsにバックアップする手順

ステップ1、USBケーブルでiPhoneとWindows PCを接続する

iPhone付属のUSBケーブルを利用して、iPhoneとWindowsパソコンを接続します。また、iPhone側でアクセスを許可します。

ステップ2、iPhoneの動画をパソコンに読み込む

Windowsパソコンでエクスプローラーを開き、[Apple iPhone]→「Internal Storage」を選択する。すると、iPhoneの写真と動画を保存しているフォルダの一覧が表示されます。

ステップ3、必要な動画を選択してコピーする

パソコンにバックアップした動画を選択し、それをパソコンのどこにコピーすればよいです。

iPhoneの動画をパソコンに取り込む

    デメリット

  • * iPhoneの動画はパソコンでの並べがバラバラになるので、見つかりにくい;
<

(5)メールを使う

AppleのクラウドストレージiCloudを使って、iPhoneの動画を

iPhoneで撮影した動画をWindowsに保存するには、メールを使う方法もあります。

ソフトやアプリ、ケーブルが必要ないから、上記の四つの方法に比べて、この方法は最も簡単です。次はyahooを例にして、iPhoneの動画をWindowsに移していきましょう。

  • メールを使って、iPhoneの動画をWindowsにバックアップする手順

ステップ1、iPhoneの動画をメールで送信する

@iPhoneの動画を選択した後、左下の「共有」ボタンをタップし、「メール」を選択します。

AYaHooメールアプリを選択した後、新規メール画面で、「宛先」等を入力して、「送信」をタップします

iPhoneの動画をメールで送信する

ステップ2、パソコン側で動画をダウンロードする

@パソコンからyahooメールにサインインし、送信したメールを開きます。

A添付した動画の上にマウスポインターを置くと「ダウンロード」を「ダウンロード」を選択します。これで、iPhoneの動画をWindowsパソコンに保存することができます。

    デメリット

  • * メールの容量が限られているので、長い時間のビデオは送信できません。
<

(二)iPhoneの動画をWindowsにバックアップする方法の選び方

個人的に、iPhoneの動画をWindowsに取り込み、保存する方法を選ぶポイントは以下の3つがあります。

  • 1操作の手軽さ

第三者のツールを介せず、iPhoneの動画をパソコンに直接取り込むのは一番です。

  • 2転送速度

転送速度は無線よリ有線のほうが速いです。また、使用ツールによって異なります。

  • 3データ容量

メールやクラウドサービスなどを利用して動画転送を行う場合、データ容量に限られています。iPhoneからWindows PCに大容量の動画を移動するなら、この一点注意すべきです。

前述はiPhoneの動画をWindowsにバックアップする5つの方法を紹介しました。でも、どの方法も一長一短です。

操作の手軽さ・転送速度・データ容量面で何を優先したいですか?ニーズに応じて自分にあった方法を選んでください。

DearMob iPhoneマネージャー

簡単&快速&一括でiPhoneの動画をパソコンにバックアップするツール!こんな場合にオススメ↓↓↓

√ 複数の動画を一気にバックアップしたいとき
√ 長時間・大容量の動画を快速で転送したいとき
√ データ通信やWi-Fi不要で動画をバックアップしたいとき

この記事を書いた人:高木

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。