簡単&無料|WAVファイルをiPhoneに取り込み、再生する方法

WAVまたはWAVE (RIFF waveform Audio Format) は、マイクロソフトとIBMにより開発された音声データ記述のためのフォーマットです。

パソコンに保存したWAVファイルやダウンロードしたWAVファイルをiPhoneに取り込んで聴きたい方はあるでしょう。さて、今回では、WAV音源をiPhoneに入れる方法を詳しく解説します。

<

無料・かんたん|WAVファイルをiPhoneに取り込む方法

ここでは、WAVファイルをiPhoneに取り込む方法を二つ紹介します。一つの方法は「DearMob iPhoneマネージャー」や「iTunes」など転送管理ソフトを使用することです。もう一つの方法は「iCloud」や「Dropbox」などオンラインストレージを使用することです。

さて、次は、WAVファイルをiPhoneに取り込む方法を詳しく紹介します。

@転送管理ソフトを使ってWAVをiPhoneに取り込む

実は、「DearMob iPhoneマネージャー」や「iTunes」などWAVファイルをiPhoneに取り込める転送管理ソフトが多くあります。でも、iTunesと言うと、転送失敗、起動失敗などエラーが頻発しているので、使いづらいと思います。ここでは、データ転送管理ソフト「DearMob iPhoneマネージャー」を使ってどうやってWAVファイルをiPhoneに取り込むかと詳しく解説します。

「DearMob iPhoneマネージャー」の使い方が非常に簡単ですので、パソコン初心者でも手軽にWAVをiPhoneに取り込みて再生できます。

DearMob iPhoneマネージャーを使ってWAVをiPhoneに取り込む方法の流れ↓↓↓

まずは、DearMob iPhoneマネージャーをダウンロードしてインストールしてください。(100%安全)

  • DearMob iPhoneマネージャーを起動し、iPhoneをUSBケーブルでPCに接続します。iPhone上に「このコンピューターを信頼しますか」という警告が表示されたら、「信頼する」をタップしてください。

  • DearMob iPhoneマネージャーのメイン画面から「音楽管理」をクリックします。

  • 上部の「音楽追加」を選択して、パソコンからiPhoneに入れたいWAVファイルを追加します。

    WAVをiPhoneに入れる
  • WAVファイルの追加が終わったら、右下方の「同期」ボタンをクリックすると、WAVをiPhoneに取り込むことが高速で開始します。完了までお待ちください。

Aオンラインストレージを使ってWAVをiPhoneに取り込む

オンラインストレージとは、利用者にファイルを保管するためのストレージ容量を貸し出すインターネット上のサービスです。 インターネットに接続する環境があれば、いつでもどこからでもハードディスクと同じようにファイルの閲覧、再生、コピー、変更、保存、削除などが自由に行えます。

「iCloud Drive」、「Google Drive」、「Dropbox」、「OneDrive」など多くのオンラインストレージを利用してWAVファイルをiPhoneに取り込むことが出来ます。

次は、Appleが提供しているオンラインストレージ「iCloud Drive」を使ってWAVファイルをiPhoneに取り込む方法を説明します。

  •  www.icloud.comにアクセスして、サインインします。

  • 「iCloud Drive」に入ってWAVファイルをアップロードしてください。

    iCloud Drive
  • iPhoneから同じiCloudアカウントを使ってWAVファイルにアクセスしてダウンロードや再生ができます。

    注意

  • iCloudのストレージ容量は5GBまで無料で使うことができます。
  • * 5GB-無料
  • * 50GB-月額130円
  • * 200GB-月額400円
  • * 2TB-月額1,300円

「補足」WAVファイルをMP3に変換する方法(iPhone容量を節約する)

WAVという音声ファイルは、圧縮されていない状態と同じ音質を保った形式です。 圧縮されていないので音質が良いのですが、ファイルサイズがとても重いと言うデメリットもあります。

それに対して、

MP3はWAVファイルを軽くするために、WAVファイルの中の、人間には聴こえないとされる音のみを取り除き、音声ファイルを大幅に軽くしたものです。

WAVをMP3に変換した後、iPhoneに取り込むと、iPhone容量を節約することが出来ます。MP3の汎用性も一番です。

で、ここでは、カンカンにWAVをMP3に変換する方法を説明します。もし必要であれば、お役に立てると思います。

WAVをMP3に変換するには、変換ソフトが必要です。ここでは高速且つ簡単に音声を変換できる「VideoProc」を使ってWAVファイルをMP3に変換する流れを説明します。

まずは、変換ソフトVideoProcをダウンロードしてインストールしてください。(100%安全)

  • VideoProcを立ち上げて、メイン画面から「ビデオ」をクリックします。

  • 上部の「音楽」をクリックしてMP3に変換したいWAVファイルを本ソフトに追加します。

    wavをmp3にする
  • 左下の「出力」をクリックします。すると、出力プロファイルが表示されます。「音楽」→「MP3」→「完了」の順で操作します。

  • 右下の「RUN」ボタンをクリックすると、WAVをMP3に変換することが超高速で開始します。DearMob iPhoneマネージャーやiTunesなどツールを使って変換したMP3ファイルをiPhoneに取り込んで再生してみましょう。

    アドバイス

  • 「VideoProc」を使えば、各種音声ファイルや動画ファイルを変換できるほか、音楽や動画をダウンロードすることも出来ます。また、画面録画、かんたん動画編集機能を搭載されているので、動画作成・投稿したいパソコン初心者にはとても使いやすいです。
  • iPhoneへの音楽転送をカンタンに解決!

    DearMob iPhoneマネージャー-高性能のiPhoneデータ管理ソフトとして、多くの方に愛用されています。初心者でも簡単に利用できます。音楽や写真、動画、連絡先、ドキュメントなどファイルをiPhoneに取り込みたい時、とても役に立てるツールと思います。iTunesよりずいぶん快速・簡単・軽いです!

この記事を書いた人:鹿島湊

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。