【新型アイフォン2020】iPhone 2020年モデル登場!スペックや・価格・発売日など|随時更新中

みなさんもう前回のiPhone 11/11 Proへ機種変更しましたのか?確かに歴代モデルと比較すると、iPhone 11/11 Proが大きな進化を遂げましたが、5G非対応が気になっている人は多くて機種変更するか迷っている方も多いです。

だから2020年に発売される予定のiPhone12については、「5G対応になるのではないか」「デザインや機能がどうなっているのでしょうか?」などという疑問を持つ人は少なくないようです。今ネット上にも2020年に発売が予定されているiPhoneについての情報がたくさん出てきて、5G対応のほかにはA14 Bionic/内指紋認証搭載/オールディスプレイ/LTPO OLED パネルなどの新技術も搭載されると噂されています。今iPhone 8を使っている私も2020新しいiPhoneに非常に期待していて機種変更を検討していますが、いったい2020新型iPhoneがどこまで進化するのか?

そこで今回は、私と同じ機種変更を考えている方のために、新型アイフォン2020年モデルの発表時間、価格、スペックなどの噂と最新情報をまとめて紹介します。

機種変更するとき、iPhoneバックアップツールオススメ!

DearMob iPhoneマネージャー:予めの設定が不要で、 1クリックでiPhoneを丸ごとにバックアップしたり、復元したりすることができる。写真や音楽、ビデオ、着信音、連絡先等15種類のファイルを個別にバックアップすることも可能。また、Wi-Fiなくても使える。機種変更の時、簡単かつ快速にiPhoneバックアップを・復元をするなら、これがオススメ!

<

新型アイフォン2020年登場するモデルは?

まずは2020年発表する予定のiPhoneをチェックしてみましょう。アップル社は、春の発売に加え、秋も新しい機種も発売されます。そして一言でiPhone新製品といっても、通常版と廉価版の2種類に分けています。

春スペシャルイベント(廉価版)

毎年アップルの春スペシャルイベントで新製品が発表されます。今年は廉価版iPhoneが登場し、iPhone SEの後継機として、新iPhone SEのデザインがiPhone8とほぼ同じ、4.7インチのディスプレイ、ホームボタン、3GBのRAMを搭載しているようです。ただし、第2世代のiPhone SEはPhone 11シリーズと同じA13 Bionicチップを搭載し、iPhone8の A11チップと比べ性能が向上しています。

秋スペシャルイベント(通常版)

iPhone 12(5.4インチ、6.1インチ)

秋のイベントで、iPhone 11の後継機となるiPhone 12が発売する可能性が高いです。iPhone 11はXRの後継機種でありながら、同時に発表されたiPhone 11 Proより32000円も安い価格となっているため、人気はいまだ衰えないです。ただし、iPhone 12がOLED(有機 EL)パネル搭載うえに5Gも対応になっている模様で、前回のiPhone 11よりも売れるかもしれません!?

iPhone 12 Pro・iPhone 12 Pro Max

iPhone 11 ProやiPhone 11 Pro Maxの後継機種「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」は、画面サイズなどデザインが全面刷新され、新機能もいろいろ搭載されると見込まれています。

発売可能の機種を紹介した後、次はそれぞれの特徴や、前機種との比較などをチェックしてみましょう。

<

新型アイフォン2020:iPhone SE

まずはイベントで発売可能の「iPhone SE」(第2世代)についてその特徴やスペックなどを紹介していきます。

  • iPhone SEキーワード:
  • √ iPhone 8と同じ;
  • √ 4.7インチ;
  • √ 5G非対応;
  • √ シングルカメラ;
  • √ Retina HDディスプレイ;
  • √ ホームボタン搭載;
  • √ A13 Bionicチップ;
  • √ 「Wi-Fi 6」をサポート;
  • √ ワイヤレス充電対応;
新しいiPhone SE画像

デザインと色

iPhone SE2は元iPhone 8とほぼ同じ外観で、筐体もiPhone 8と同じガラスを採用するかもしれませんが、コストを抑えるためにアルミボディを採用する可能性もあります。そして背面パネルの仕上がりがiPhone 11 Proと同じ、つや消し加工になり、Appleのロゴが背面の中央へ移行しました。「iPhone SE 2」のレンダリング画像によると、また現行iPhone X/XR/XS/11の顔認証/ベゼルレスデザインの代わりに、昔のiPhoneのホームボタンが復活する模様です。

色は、「iPhone SE」(第2世代)はホワイト、ブラック、(PRODUCT) REDの3色展開で、その中の(PRODUCT)REDと呼んでいる赤いiPhone SEは対象となる収益の100%がコロナウイルスとの戦いに寄付されています。

    iPhone SE・iPhone 8のサイズが同じ:

  • * 4.7インチ、138.4mm×幅67.3mm、厚さは7.3mm、重さは148g。

ディスプレイ

ディスプレイについては、iPhone SEの4インチからiPhone 8の4.7インチへ変わって、iPhone 8と同じRetina HDディスプレイ搭載しています。(iPhone採用の液晶は、Retina HDディスプレイ(iPhone 8採用)とLiquid Retina HDディスプレイ(iPhone 11採用)2つがありますが、この前Liquid Retina HDディスプレイ搭載の噂もあるが、廉価版のため、iPhone 8と同じRetina HDディスプレイを採用しました。)

CPUプロセッサ

A13 Bionicチップ

CPUプロセッサの面から言うと、「iPhone SE」(第2世代)はiPhone 11シリーズと同じ、2019年の秋に発表された「A13 Bionic」を搭載しています。iPhone 8の「A11 Bionic」と比べずいぶん性能が向上し処理も高速化になりました。

カメラ

iPhone SE カメラ

「iPhone SE」(第2世代)のカメラについては、カメラはiPhone 8を同じシングル構成ですが、背景をぼかす「ポートレートモード」、夜にも明るく撮影できる「ナイトモード」、そしてビデオ撮影においてはズームに合わせてサウンドも大きくなる「オーディオズーム」が搭載されました。

カメラ性能は、背面カメラは1200万画素で、「iPhone XR」と近く、インカメラはiPhone 8と同じ700万ですが「ポートレートモード」や「ポートレートライティング」の搭載でiPhone 8より進化しました。

    iPhone SEカメラ

  • 背面カメラ1200万画素の広角レンズ(F1.8)
  • インカメラ700万画素で、f/2.2絞り値
  • 光学式手ぶれ補正
  • 4K60p撮影可能
  • フルHD/240fpsのスローモーション撮影

バッテリー

バッテリー容量は、iPhone SEの1,624mAhより200mAh増量で、iPhone 8と同じ1,821mAhになる上に、省電力なA13 Bionicの搭載により、iPhone SE2バッテリーの駆動時間を長くすることができます。

「iPhone SE」(第2世代)は高速充電とワイヤレス充電に対応し、別売りの18W以上の電源アダプタを利用すると、30分で最大50%充電できます。そしてQi対応の充電器を利用するとワイヤレス充電も可能です。

メモリ・ストレージ

iPhone SE2 RAMはiPhone 11より1GB少ない3GBになりますが、iPhone 8の2GBと比べずいぶん進化しました。

ストレージは、iPhone SEは16GBと64GBですが、iPhone SE2ストレージ容量は、64GB・128GB・256GBへ倍増されました。

Apple Pay

今発売されているiPhoneは全モデルがApple Payに対応していため、2020新型モデルとして今回iPhone SEもApple Payに対応して、FeliCaを搭載しているため、Apple PayでSuicaやQUICPayなどが利用できます。

耐水防塵

iPhone 7からiPhoneは全機種が耐水防塵機能が搭載されていて、iPhone SE2本体は防水・防塵で、IEC規格60529にもとづくIP67等級に対応で、水深1mで30分耐えられる防水性能となっています。

    iPhone耐水

  • iPhone SE:非対応
  • iPhone 7/8/XR:IP67(水深1メートルで最大30分間)
  • iPhone 11/XS:IP68(水深2メートルで最大30分間)
  • iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Max:IP68(水深4メートルで最大30分間)
<

新型アイフォン2020:iPhone 12シリーズ

  • キーワード:
  • √ 5G対応;
  • √ Lightningポート(USB-Cではない);
  • √ カメラは6400万画素;
  • √ 角張った筐体;
  • √ ネイビーブルー;
  • √ ノッチ廃止;
  • √ 内蔵式のTouch ID;
  • √ AirPodsは付属イヤホンで、選択可能;
  • √ Apple Pencil対応;
  • √ 有機ELディスプレイ;
  • √ A14 Bionicプロセッサ;
  • √ RAM 6GB。
iPhone 12予想画像

デザインと色

現時点iPhone 12の最新情報によると、2020年新型のiPhone 12/12 Pro/12 Pro Maxの外観デザインはこの前iPhone 11シリーズと比べ大幅刷新され、昔大人気のiPhone 4/4sのような角張ったデザインが復活されるとみられています。しかもiPhone 12全シリーズが同じ筐体デザインを採用する可能性が高いです。

色なら、2020新型iPhone 12はiPhone 11 Proシリーズのミッドナイトグリーンを廃止し、代わりに新しいカラー「ネイビーブルー」を追加するかもしれません。

ディスプレイ

画面サイズについて、iPhone 12は4種類のラインナップで、5.4インチのモデルはと6.1インチのモデルが登場する見込みです。一方、iPhone 12 ProはiPhone 11 Proの5.8インチから6.1インチへ大きくなり、iPhone 11 Pro Maxの後継機としてiPhone 12 Pro Maxは6.5インチから6.7インチへ大きくなるとみられています。

ディスプレイは、「3機種が有機ELディスプレイ、1機種は液晶ディスプレイを搭載」という推測があるため、iPhone 12 5.4インチのモデルは液晶ディスプレイ搭載、iPhone 12 6.1インチのモデル/ iPhone 12 Pro/ iPhone 12 Pro Max3機種が有機ELディスプレイ搭載する可能性が多いです。

5G対応

iPhone 12 5G対応

世界各国で5Gサービスが迅速かつ低価格に提供されていて、中国の華為技術(ファーウェイ)をはじめ多くのメーカーは5Gスマホの新製品が次々と発表されているため、新型アイフォン2020年も5G通信対応になります。この前アップルストア店員さんに聞きました、2020年5G対応のiPhoneが発売されると伝えられました。

    5G特徴

  • 高速・大容量(4Gの100倍)
  • 超低遅延、超高信頼性
  • 省電力、低コスト

CPUプロセッサ

「iPhone 12」全モデルは共通して、「A14 Bionic」チップを搭載しているようです。「A14 Bionic」は「A13 Bionic」と比べ大幅に性能が向上し、高い処理能力でMacBook Proに匹敵できるかもしれません。また、「A14 Bionic」は低消費電力で、使用電力はA13 Bionicと比べ30%ほど削減されると見られています。

カメラ

    キーワード

  • 6,400万画素
  • インカメラナイトモード
  • 超広角レンズ
  • ToFセンサー
  • 手ぶれ補正機能進化

iPhone 12のカメラも大幅に向上され、より高画質な写真撮影が可能になります。

6400万画素:今までの機種はずっと1200万画素を搭載していたが、iPhone 12には6,400万画素が搭載されるようになる上に、超広角レンズやソニーの新型センサーの搭載により、より多くの光を取り込めると見られています。インカメラにもナイトモードに対応でき、自撮り画質も向上しています。

ToFセンサー:新型アイフォン2020年はToFという3Dセンシングセンサーの搭載により、遠くの被写体も認識でき、しっかり撮られます。ただし、ToFカメラを搭載するのが全機種ではなく、6.1インチモデルと6.7インチモデルのみです。この前の「iPhone 11」シリーズは最大で3眼カメラを搭載したが、「iPhone 12」シリーズは最大で4眼カメラを搭載するといわれています。

ノッチ廃止

iPhone Xからノッチデザインが採用された後、「ノッチが邪魔」「美しくない」と感じる人も少なくないでしょう。2020年発売の新機種「iPhone 12」シリーズは画面上部のノッチを廃止して、完全ベゼルレススタイルになるという噂がありますが、実現できるかどうかは発表するまで待ちしかないです。

メモリ・ストレージ

iPhone 11シリーズのRAMは全て4GBとはいえ、今回の「iPhone 12」シリーズは上位モデル(iPhone 12 Pro/Pro Max)しかRAMが6GB搭載され、下位モデル(iPhone 12)はiPhone 11シリーズと同じ4GB搭載の可能性が高いようです。

ストレージについての情報は今まだ公開されていませんが、iPhone 11のストレージをご参考ください。

  • iPhone 11:64GB、128GB、256GB。
  • iPhone 11 Pro/ iPhone 11 Pro Max:64GB、256GB、512GB

Touch ID復活

iPhone Xから顔認識が搭載され、ホームボタンが廃止されました。一方、顔認証にはマスクをした状態ではロックを解除できない、指紋認証の復活を望む声も多いです。新型アイフォン2020最新情報によると、新しいiPhoneでTouch IDが復活する可能性があります。ただし、従来のホームボタンではなく、画面内蔵式のTouch IDが採用されると見られています。全画面のままで「Touch ID」も実現され、大変期待しています。

Apple Pencil

現時点新型アイフォンはApple Pencil対応という噂もあります。ただし、iPhone 11発表する前も同じ予想はありますが、結局ただの噂程度で、あまり期待しないほうがいいと思います。

AirPods同梱

発売された後大人気を獲得したAirPodsですが、2020年新型iPhoneはAirPodsを同梱品として選べると、通常のイヤホンとAirPodsが選べる二つの噂があります。AirPodsは超便利で、かなり高価ですが、買った後「もっと早く買えばよかった」と多くの人がそう思っているでしょう。もしiPhoneと同梱して発売するなら、単品よりも価格が安い可能性があります。

<

新型アイフォン2020価格は?

    2020新型アイフォン:「iPhone SE(第1世代)」

  • 64GB:約44,800円
  • 128GB:約49,800円
  • 256GB:約60,800円

現時点2020年iPhone価格は発売されるまで不明ですが、いいまで発売されたiPhoneの価格により、iPhone 12シリーズは以下の価格帯になると思います。

    2020新型アイフォン価格予想

  • iPhone 12(5.4インチ):約70,000円
  • iPhone 12(6.1インチ):約80,000円
  • iPhone 12 Pro:約105,000円
  • iPhone 12 Pro Max:約120,000円
<

新型アイフォン2020発売日は?

iPhone SE2

iPhone SE2(iPhone 9)は毎年アップルの春スペシャルイベントで発表します。春スペシャルイベントは普通の場合3月で開催しますが、今年は新型コロナウイルスの影響により延期され、4月16日午前0時(日本時間)に長い間待ち望んでいた新型「iPhone SE」がようやく発表されました。

    Phone SE発表日・発売日

  • 発表日:2020年4月16日午前0時
  • 予約日:2020年4月17日
  • 発売日:2020年4月24日

iPhone 12シリーズ

iPhone 12シリーズは秋イベントで発表します。例年の発表日を参考にしてみましたが、たぶん今年も同じ時期で発表する可能可能性が高いです。

    2020新型アイフォン発表日・発売予想

  • 発表日:2020年9月8日(火)〜9月10日(木)
  • 予約日:2020年9月11日(金)
  • 発売日:2020年9月18日(火)

秋イベント開催のとき、新型コロナウイルスの流行は終わるかもしれませんが、製造過程にも影響が出ている生産能力が戻っていないせいで、発売を延期する可能性もあります。

<

まとめ

新型アイフォン2020年の進化や特徴などを見た後、今回の新しい機種はかなり期待できそうですよね。現時点2020年iPhoneについての情報はただの噂程度で、新しい情報がはいたら随時更新してまいります。

<

DearMob iPhoneマネージャー

新しいiPhoneへ変更するとき、簡単&快速&一括でiPhoneの動画をパソコンにバックアップするツール!こんな場合にオススメ↓↓↓

√ 複数の動画を一気にバックアップしたいとき
√ 長時間・大容量の動画を快速で転送したいとき
√ データ通信やWi-Fi不要で動画をバックアップしたいとき

この記事を書いた人:ミツキ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。