【まとめ】iPhone写真がパソコンで開けない・見れない時の対処法

iPhoneで撮った写真をパソコンで閲覧や編集、管理などを行いたいことがあるでしょう。でも、iPhone写真がパソコンで開けなく、表示されない問題が発生するため、ずいぶん困っていますね。

さて、今回は、iPhone写真がパソコンで開けない・見れない時の対処法を詳しく解説します。

iPhone写真がパソコンで開けない時の原因と対処法を詳しく説明する

iPhone写真がパソコンで開けない時の対処法1:専用転送ソフトを使う

  • iPhone写真がパソコンで開けない(表示されない、見れない)原因
  • @. 性能の低い転送ソフトを使ってiPhone写真をパソコンに転送すれば、「iPhone写真がパソコンで開けない・見れない」、「動作が重い」、「転送に失敗した」など問題が発生する可能性があります。
  • A. iOS11から、写真の標準拡張子が「.heic」という拡張子です。転送ソフトがiPhone写真をそのままの拡張子でパソコンに転送すれば、パソコンはその写真を表示出来ません。
  • iPhone写真がパソコンで開けない時の対処法
  • ここでは、 「DearMob iPhoneマネージャー」というiPhoneデータ転送専用ソフトを強くオススメしたいです。「DearMob iPhoneマネージャー」ができること:
  • @. iPhone写真を超高速&簡単にパソコンに転送できます。
  • A. 転送する際、iPhone写真を拡張子「.heic」でパソコンに転送するか、それともiPhone写真の拡張子「.heic」を一般的な画像拡張子「.jpg」に変更するかを選択できます。iPhone写真を「.jpg」で転送すれば、iPhone写真がパソコンで問題なく開けます。
  • B. もちろん、動画や音楽、メッセージ、ボイス、ファイル、連絡先なども手軽にバックアップできます。

iPhoneデータ転送専用ソフト「DearMob iPhoneマネージャー」のダウンロード↓↓↓

「DearMob iPhoneマネージャー」を使って、iPhone写真がパソコンで開けない問題を解決する方法↓↓↓

iPhone写真がパソコンで開けない時の解決策
  • USBケーブルでiPhoneとパソコンを接続します。iPhoneの画面で「このコンピューターを信頼しますか」と出てくるから、「信頼」をタップしてください。

    「DearMob iPhoneマネージャー」を起動してホーム画面から「写真転送」をクリックします。すると、iPhoneに保存した写真が全て表示されされています。

  • パソコンで開けたいiPhone写真を選択後、「エクスポート」の隣にある「▼」ボタンをクリックします。すると、二つの選択肢が表示されます。ここでは、「HEICの写真をJPGでエクスポート」を選択します。

    すると、iPhone写真が「.jpg」形式でパソコンに保存します。iPhone写真がパソコンで開けない問題を簡単に解決します!

    TIPS

  • iPhone写真をJPG形式で保存すれば、パソコンでiPhone写真を閲覧できるようになるだけではなく、写真の編集なども便利になります。
<

iPhone写真がパソコンで開けない時の対処法2:変換ツールを使う

  • iPhone写真がパソコンで開けない(表示されない、見れない)原因
  • パソコンに既存のiPhone写真(heic)が開けない場合、二つの対処法があります。一つは、変換ツールを使ってheic形式の写真をjpg形式の写真に変換することです。もう一つの方法はHEIC写真閲覧ソフトをインストールすることです。まずは、変換ツールを使って、iPhone写真がパソコンで開けない問題を解決する方法を説明します。
  • iPhone写真がパソコンで開けない時の対処法
  • 写真変換ツールが多くあります。例えば、「iMazing HEIC Converter」、「HEIC to PNG」、「Apowersoft HEIC JPG変換フリーソフト」等々。基本的には、無料ツールを使うだけでもう十分です。

ここでは、「Apowersoft HEIC JPG変換フリーソフト」というオンラインツールを使って、heic形式のiPhone写真をjpg形式の写真に変換する方法を解説します↓↓↓

iPhone写真がパソコンで開けない時の解決策
  • 「Apowersoft HEIC JPG変換フリーソフト」の公式ページにアクセスします。

  • パソコンで開けたいiPhone写真を白いところにドラッグしてアップロードします。

  • 変換したiPhone写真をダウンロードしてパソコンに保存します。変換したiPhone写真をパソコンで表示してみましょう。

<

iPhone写真がパソコンで開けない時の対処法3:写真閲覧ソフトをインストールする

変換ツールを使いたくない場合、HEIC写真閲覧ツールをパソコンにインストールすれば、iPhone写真がパソコンで開けない問題も解決できます。

  • iPhone写真がパソコンで開けない時の対処法
  • HEIC写真閲覧ソフトと言えば、あまり多くないですが、利用可能なものが存在しています。今回はいくつかのHEIC写真閲覧ソフトを紹介します。因みに、Macパソコンを使っってい方は、macOSを「High Sierra」以降にアップグレードすると、標準アプリでもHEIC写真が開けますよ。そのため、以下は主にWindows向けHEIC写真閲覧ソフトを紹介します。

HEIC写真閲覧ソフトオススメ1:HEIF 画像拡張機能
対応OS:Windows10
価格:無料
「HEIF 画像拡張機能」とは、マイクロソフトが提供している無料HEIC写真閲覧ソフトです。Microsoft Storeから「HEIF 画像拡張機能」をパソコンにインストールできます。ただし、「HEIF 画像拡張機能」をインストールしてもiPhone写真が相変わらずパソコンで開けないことがあります。その場合、Microsoft Storeから「HEVC ビデオ拡張機能」をインストールする必要があります。
もっと読む:「HEIF 画像拡張機能」をパソコンでにインストールする方法の詳しく>>

HEIC写真閲覧ソフトオススメ2:Apowersoft画像ビューアー
対応OS:Windows
価格:無料
「Apowersoft画像ビューアーとは」とはApowersoftが提供しているフォトビューアでです。HEICやJPG、PNG、BMPなど写真や画像を閲覧&編集できます。iPhone写真がパソコンで開けない時、Apowersoft画像ビューアーをパソコンにインストール後、iPhone写真を再表示してみましょう。

HEIC写真閲覧ソフトオススメ3:CopyTrans HEIC for Windows
対応OS:Windows
価格:無料
「CopyTrans HEIC for Windows」とはCopyTransが提供している画像処理ソフトです。HEIC、JPEGなど多くの画像形式に対応しています。iPhoneのHEIC写真をJPGに変換することもできます。個人ユーザであれば、完全無料に「CopyTrans HEIC for Windows」を使えます。iPhone写真がパソコンで開けない時、それもいいツールと思いますね。

<

iPhone写真がパソコンで開けない時の対処法4:iPhone写真の保存場所を確認する

  • iPhone写真がパソコンで開けない(表示されない、見れない)原因
  • 写真がiPhoneで見ることが出来ますが、パソコンで見ることができないことがありますか?実は、iPhoneで表示した写真=iPhone本体に保存した写真+iCloudに保存した写真。パソコンはiPhone本体に保存した写真のみを表示できます。そのため、iPhone写真がパソコンで開けない時、iPhone写真の保存場所を一応確認しましょう!
  • iPhone写真がパソコンで開けない時の対処法
  • パソコンで開けないiPhone写真の保存先を確認した後、パソコンでの閲覧を行います。iPhone写真がiCloudに保存に保存すれば、iCloudからiPhone本体にダウンロードして保存できます。もちろん、パソコンでiCloud公式にサインインすれば、iPhone写真の保存もできます。

iCloudから写真をダウンロードしてiPhoneに保存する方法↓↓↓

iPhone写真がパソコンで開けない時の解決策
  • iPhoneの「設定」アプリを開き、一番上にあるユーザ名をタップします。項目から「iCloud」を選択します。

  • 「写真」をタップします。

  • 「オリジナルをダウンロード」をタップすると、iCloudに保存した写真をiPhoneにダウンロードして保存します。

    写真を保存した後、パソコンで開けてみてください。HEIC形式であれば、開けない問題があったら、先ほど紹介した対処法1〜3を使って問題を解決してみてください、

<

iPhone写真がパソコンで開けない時の対処法5:iPhoneとパソコンを再接続/再起動する

  • iPhone写真がパソコンで表示されない原因
  • iPhoneとパソコンをちゃんと接続しているか確認してください。「信頼」をタップしますか?「DCIM」というフォルダが正常に表示されています?(「マイコンピュータ」→iPhone→「Internal Storage」の順番にクリックすれば、DCIMフォルダを見つけます。)パソコンはiPhoneを正常に認証しないと、iPhone写真がパソコンで開けないのも当然です。
  • iPhone写真がパソコンで開けない時の対処法
  • USBケーブルでiPhoneとパソコンを再接続するか、iPhoneとパソコンの双方またはいずれかを再起動するか、iPhoneとパソコンをちゃんと再接続した後、iPhone写真がパソコンで開けてみてください。
<

iPhone写真がパソコンで開けない時の対処法6:iTunesをインストールする

iPhoneとパソコンを再接続/再起動しても、パソコンでiPhoneの「Internal Storage」フォルダを見つけられないことがあるので、「DCIM」というフォルダも見つけられないです。

その場合、最新バージョンのiTunesをインストールした後、パソコンで写真を開いてみてください。

<

iPhone写真がパソコンで開けない時の対処法7:SNSやアプリ経由でiPhone写真をパソコンに転送する

iPhoneに保存した写真をLINEやFacebook、Googleフォトなど経由でパソコンに転送すれば、写真がパソコンで開けるはずです。

<

iPhone写真がパソコンで開けない時の対処法8:パソコンに転送する前、iPhoneで写真フォーマットを変更する

iPhone写真がパソコンで開けない時の解決策
  • iPhoneの「設定」アプリをタップし、「写真」を選択する。

  • 「MacまたはPCに転送」から「自動」を選択します。すると、パソコンに転送する際、iPhoneの「.heic」写真がパソコンで自動的に「.jpg」形式に変換されます。iPhone写真がパソコンで開けるようになります。

<

【補足】JPG形式でiPhone写真を撮る方法

HEIC形式で写真を摂れば、iPhoneの容量を節約できますが、パソコンでの閲覧や編集が不便です。次は、HEICじゃなくてJPG形式でiPhone写真を撮る方法を紹介したいです。

iPhone写真がパソコンで開けない時の解決策
  • iPhoneの「設定」アプリを起動して、「カメラ」をタップします。

  • 「フォーマット」をタップします。

  • 「互換性優先」を選択します。

<

では、iPhone写真がパソコンで開けない時の対処法がここで終わりです。皆さんにお役に立てれば嬉しいですね。

iPhone写真がパソコンで開けない問題を手軽に解決可能!

DearMob iPhoneマネージャー:全てのiPhone写真を簡単にパソコンへ転送して閲覧することができます!それは優秀なiOSデータ管理・転送・バックアップ・復元ソフトです。写真や動画、音楽、録音、電子書籍、アプリ、ファイル、連絡先、メッセージなどデータをPCとiOSデバイス間に管理できます。

この記事を書いた人:鹿島湊

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。