iOS15サポート情報:iOS15対応機種とiOS15で切り捨てされる機種おまとめ

iPhoneの画面録画をパソコンに移す方法

6月WWDC、iOS15が発表される予定

例年通りに、WWDCが6月に開催され、iOS新しいバージョンを発表されます。今年はiOS15なので、iOS15新機能や、iOS15対応機種や、またはiOS15のリリース時期も発表されることになりそうです。

この中に一番関心を持つものは、iOS15 対応機種です。iOS15非対応の機種だったらiOS15新機能も何も楽しむことがありません。

ではこれから、iOS15の対応機種と、今年iOS15に切り捨てられる機種をおまとめします。

<

iOS15時期について:発表日とリリース日

要するに:

iOS15発表時期は:6月7日

iOS15リリース時期は:2021年九月ごろ

しかし、6月7日はアメリカ時間で、日本時間ではWWDCの開催時間は翌日の6月8日午前2時になります。

iOS15リリース時期になったらiOS15 対応機種さえであればリリースできるはずです。しかし、リリースされたばかりの一週間に、同時にリリースするデバイスが多すぎで不完全リリースのような不具合が発生する恐れがあります。バッグなども修復されていませんから、せめて一週間ぐらい待ったほうがおすすめします。

iOS15 対応機種一覧

iOS14はiOS13と変わらない互換性でした。しかし、iOS15では新機種に対応すると同時に、iOS15が非対応となる機種もあります。A10以降のチップを搭載した機種だけサポートするそうです。

iOS15は次の機能にサポートすることになります。

iPhone 12 Pro Max

iPhone 12 Pro

iPhone 12 mini

iPhone 12

iPhone 11

iPhone 11 Pro

iPhone 11 Pro Max

-

iPhone XS

iPhone XS Max

iPhone XR

iPhone X

iPhone 8

iPhone 8 Plus

iPhone 7

iPhone 7 Plus

iPhone 6S

iPhone 6S Plus

iPhone SE(2020/2016)

iPod touch(第7世代)

ちなみに、iOS15対応機種でもなくiOS15非対応機種ではなくiPad機種、例えばiPad Air3のようなiPadは、iPadOS 15にリリースすることになります。

  • iPadOS 15に対応する機種+
  • iPad Pro 12.9inch

    iPad Pro 11inch

    iPad Pro 10.5inch

    iPad Pro 9.7inch

    iPad(第八世代)

    iPad(第七世代)

    iPad(第六世代)

    iPad(第五世代)

    iPad mini 5

    iPad mini 4

    -

    -

    iPad Air 4

    iPad Air 3

    iPad Air 2

    -

  • iOS15対応機種に変更するに必要なツール

    DearMob iPhoneマネージャーは、写真はもちろん、動画、音楽、電子書籍、ボイスメモ、アプリなど大量のファイルを爆速・無劣化でiPhone/iPad/Mac/Androidの間で転送できます。UIがシンプルで分かりやすく、初心者でも簡単に操作できます。初心者にやさしく、多機能なデータ管理ソフトなので、多くの方に愛用されています。

<
この記事を書いた人:シロ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。