×

5KPlayer > 動画&音楽再生 >WMV再生できない対処法

QuickTimeでWMV再生できない対処法〜超簡単にMacでWMVを再生

WMVは代表的な動画形式として、ファイルサイズが小さくなり、インタネットで配信するに向いているから、インタネットで手に入った動画はWMVであることがよくある。ところで、Mac に標準で入っている音楽・動画を再生するプレイヤーQuickTimeでWMV再生できないのはQuickTime Playerの欠点として、沢山のユーザーから指摘された。QuickTime playerのユーザーはMacでWMVを見るには、QuickTime Playerのメディア形式を拡充しなければならない。しかも、QuickTimeのメディア形式を拡充しても、MacでWMV再生できない場合もある。では、MacでWMVファイルを再生するには、どうすればいいのか?焦らないで、本文は二つのQuickTimeでWMV再生できない時の対処法をご紹介する。その一つは、Mac WMV再生ソフトを用いて、MacでWMVを再生する方法。またもう一つはMacでWMVを変換する方法。どちらかといっても、MacでWMV再生できない問題を解決できるし、間違えなく最適なソリューションである。

関連記事:DVD再生フリーソフトランキング12選

WMV再生できない

WMVとは

WMVは「Windows Media Video」の略で、Microsoft社に開発されて主にWMV9というコーデックでエンコードされた動画形式である。WMVの特徴といえば、少ない容量でも高画質を実現出来るという事。高圧縮・高画質の上、ストリーミング配信を前提に開発されており、 DRM(デジタル著作権管理)というコピーガード機能が付けられるため、著作物を配信する動画サイトではこの形式が主流となっている。例えば、「Gyao」や「Yahoo!動画」などの動画配信サイトで採用されている規格はWMVである。また、Windows標準のメディアプレーヤーである「Windows Media Player」で対応出来るため、PCでの再生環境の普及率は高い。
関連記事:動画基礎知識ーーWMVとは、一体何であるか?

iPhoneマネージャー

DearMob iPhoneマネージャー

「iTunesを使った管理が意外と面倒くさい」という人に最適なツール!写真転送・音楽動画管理・バックアップなどを簡単に!

  • 超高速でPCとiOS上のの写真/メディア/個人情報等を転送
  • iTunesなしで超簡単にデータを完全バックアップ・復元

詳しくはこちら

iTunesなしでiPhoneデータバックアップ・転送

DearMob iPhoneマネージャーでiPhone&iPadのデータ:連絡先、メッセージ、カレンダー、ブックマーク、ボイスメモなどをバックアップ・転送する方法を詳しく紹介する。

iTunes代替ソフトでメディアデータを転送・管理

DearMob iPhoneマネージャーを活かしてiPhoneメディア(音楽・動画・電子書籍など)をインポート・エクスポートすることができる。

【機種変】iTunes/iCloudを使わずにデータ移行

DearMob iPhoneマネージャーを利用すれば、簡単操作で古いiPhoneから最新のiPhone X/8へデータを移行することができる。

フォローする

ホーム | 会社概要 | お問い合わせ | ニュース | プライバシーポリシー | ユーザー規約 | サイトマップ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc. All rights reserved.
Apple、Appleのロゴ、AirPlay®、 Apple TV®、Mac®、iPhone®、iPad®及びiTunes®などはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。

Windows10 wmv再生フリーソフト〜5KPlayerオススメ

5KPlayerダウンロードWin版 5KPlayerダウンロードMac版