iPhoneの動画にピックリマークが表示されて、見れない時の対策を詳解!

iPhoneカメラロールの動画を再生しようとすると、右下にピックリマーク(!)が付いて、「読み込めません」「ダウンロードできません」というエラーが出て、動画が見れない・再生出来ないようになってしまうことがありますよね。

今回は、お困りの方のために、iPhoneの動画にピックリマークが表示されて見れない時の対策について詳しく紹介したいと思います。

<

(一)iPhoneの動画にピックリマークが表示される原因

iPhoneカメラロールにある動画を見ようとすると、右下にピックリマークが表示されて、再生できなくなったことがあります。なぜでしょうか?

結論から言うと、何らかのエラーでiCloud上に保存している動画データがiPhone本体にダウンロードできなくなったのはiPhoneの動画にピックリマークが表示される原因です。

iCloudはiOSデバイス(iPhone・iPad・iPod touch)に標準搭載のクラウドストレージサービスです。iCloudの設定からiCloud写真(iCloudフォトライブラリ)をオンにすると、iOSデバイスで撮影したビデオや写真が自動アップロードされます。一つ注意すべきなところはiCloud写真(iCloudフォトライブラリ)の下に「iPhoneのストレージを最適化」と「オリジナルをダウンロード」の2種類の設定があります。

  • 「iPhoneのストレージを最適化」を有効にする場合、iPhoneの動画をiCloudにアップロードした後、iPhone本体にはサムネイルが表示されます。この場合、iPhone本体のストレージをかなり節約できます。
  • 「オリジナルをダウンロード」を有効にする場合、iCloudにアップロードしても、iPhone本体には同じ容量、同じ画質のデータを残ります。

iPhone本体のストレージを十分にあると保証するため、デフォルトには「iPhoneのストレージを最適化」を有効にしています。一般の時、Wi-Fi環境下であれば、iPhoneのカメラロールに表示されるサムネイルをタップすると、自動的にiCloudからオリジナルのデータが取得(ダウンロード)されて再生することができます。

でも、iCloudにアップロードして保存されている動画データが、何らかのエラーが原因でiCloudからiPhoneにダウンロードできない場合、iPhoneカメラロールにあるビデオの右下にビックリマークが表示されます。ビックリマーク付きの動画のサムネイルをタップしても、「この動画を読み込めません」「このビデオをダウンロードできません」というエラーメッセージが出て、動画の再生ができなくなったのです。

<

(二)iPhoneの動画にピックリマークが表示される時の対策

前述のとおり、iCloudにアップロードして保存されている動画データがiPhone本体にダウンロード出来ないので、iPhoneの動画にピックリマークが表示されます。

それでは、iPhoneの動画にピックリマークが表示される時の対策を考えましょう。

@通信環境が悪い場合の対策

iPhoneに接続する通信環境やWi-Fi環境が不安定な場合、iCloudからiPhoneに動画データを同期で来ません。この場合、iPhoneの動画の右下にピックリマークが出ます。対策は2つあります。

そんな方は「iPhoneストレージを最適化」の代わり、「オリジナルをダウンロード」に切り替えて選択することで、元の写真が治ってください

    【対策】

  • @ 、お使いのインターネットを再接続してみる;
  • A 、ご利用の携帯キャリア回線からWi-Fiを切り替えてみる;

AiPhone本体の空き容量が足りない場合の対策

iPhone本体のストレージ容量がいっぱいになったら、iCloudからiPhoneに動画のダウンロードができません。そういう時、カメラロールにあル動画の右下にピックリマークを表示されます。

    【対策】

  • @ 、iPhone本体の空き容量を増やすことで、問題を解決できる;
  • <本体の空き容量を増やす主な方法>
  • ◎不要な写真やビデオデータ、ファイル、アプリなどを削除する
  • ◎iPhoneブラウザやアプリのキャッシュを削除する

BiCloud上の元動画が削除されてしまった場合の対策

iPhone上に保存したビデオをiCloudにアップロードしたら、本体にはビデオデータがなくなり、サムネイルだけ残っています。

もし、不注意でiCloud上の元動画が削除されたら、その動画もiPhoneにはビックリマークが表示されて見れなくなります。

    【対策】

  • @ 、30日以内であれば、「最近削除した項目」から復元する;
  • A 、iCloudバックアップからビデオを復元する;

    注意

  • iCloudバックアップから復元すると、iPhone上のすべてのデータを前回のバックアップ内容に復元します。。

C、iCloudの設定に問題がある場合の対策

通常、iCloudはオンになっているはずですが、何らかの原因でiCloudのフォトライブラリが無効にしてしまった場合もあります。iPhoneの動画にピックリマークが表示されて、再生もできなくなります。

だから、iPhoneの動画にピックリマークが出ると、iCloud設定の確認と変更を行う必要があります

D、iPhone、及びアプリの不具合

iPhone、及びアプリの不具合でiPhoneの動画を見れない可能性もあります。

対策としては、1度アプリ、あるいはiPhoneを再起動してみてください。

E、iPhoneを低消費電力モードにしている

iPhoneを低消費電力モードにしている場合、自動ダウンロードが無効化されます。つまり、iPhoneの低消費電力モードを有効にしていると、iPhoneのビデオがiCloudから自動ダウンロードできなくなります。

    【対策】

  • @ 、iPhoneの低消費電力モードをオフに切り替えた後、動画の再生をやってみる;
  • <手順>
  • iPhoneの「設定」>「バッテリー」と進み、「低電力モード」のトグルをOFFにします。
<

以上はiPhoneの動画にビックリマークが表示される原因と対策を紹介しました。

iPhoneの動画のビックリマークが表示されて困っている方は、その原因を応じて対策を実行すれば、iPhoneの動画に付きのビックリマークを消して、正常に再生することができます。

iOSデータ転送の専門ソフト〜DearMob iPhoneマネージャー

DearMob iPhoneマネージャーを利用して、パソコンとiPhoneの間に大量の写真やビデオを双方向で転送することができる。数クリックだけの簡単操作で、転送速度も速い。iPhone本体の空き容量を増やす、大切な動画や写真のバックアップを取りたい時、DearMob iPhoneマネージャーを使うのは超便利! (写真と動画の他、音楽、ビデオ、着信音、PDF等のデータも対応!)

この記事を書いた人:高木

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。