【初心者】iPhoneのクイックスタートでデータ移行!(エラー対処法付き)

機種変更する時、パソコンがなくてもiOS標準転送機能「クイックスタート」を使用すれば、iPhoneを簡単にバックアップ・移行することができます!

「iCloudの設定が面倒くさいです。」、「iTunesエラーが頻発しています。」・・・この前、AppleはいつかのiPhoneバックアップ方法を提供しましたが、機種変更に実行すると、何とか不便さを感じます。今回の「クイックスタート」であれば、iPhone機種変更を超便利にします。

では、iPhoneクイックスタートは、どうやってを使うのですか?さて、今回は初心者でもわかるように詳しく説明します。

  • iPhone機種変更・バックアップを簡単解決!

    DearMob iPhoneマネージャー-高性能のiPhoneデータ管理ソフトとして、多くの方に愛用されています。初心者でも簡単に利用できます。iPhone機種変更する際、iPhone写真や動画、連絡先、ドキュメントなどファイルを移行する際、とても役に立てるツールと思います。iTunesよりずいぶん快速・簡単・軽いです!

<

一、クイックスタートとは

クイックスタートとは、旧iOSデバイス(iPhoneやiPad)から新しいiOSデバイス(iPhoneやiPad)へデータ移行・転送を行える機能です。

iPhoneを機種変更する際、この「クイックスタート」機能を利用すれば、iTunesなどデータ管理ソフトを使わなく、2台のiPhoneを近づけるだけで、データ移行を簡単に行えます。

●iiPhoneクイックスタートで移行できるデータ

@古いiPhoneのApple IDを使ってサイインしていたもの
iCloud、iTunes、App Store、iMessage、FaceTime、キーチェーンなど

A古いiPhoneの設定
言語、地域、Wi-Fi、キーボード、ヘルスケアデータ、位置情報、などiPhoneの設定

B古いiPhoneと新しいiPhoneにiOS 12.4以降を搭載されていれば、
写真や動画、音楽、アプリなどiPhoneに保存したほぼ全てのデータをクイックスタートで移行できます。

●iPhoneクイックスタートで移行できないデータ

@アプリに使用していた情報がiPhoneクイックスタートで移行できません。

例えば、Facebookやインスタグラムなどアプリに保存したデータを引き続ぎたい場合、アプリのアカウントとパスワードが必要です。つまり、再ログインする必要があります。

AApp Storeで配信終了のアプリがiPhoneクイックスタートで移行できません。

BiTunes Storeからダウンロードした内容もiPhoneクイックスタートで移行できません。

二、クイックスタートを利用するための条件

@iOSバージョン

iOS 11以降を搭載されているiPhoneだけがクイックスタート機能を利用できます。そして、古いiPhoneと新しいiPhoneの間で写真や動画、曲、アプリなどデータを直接コピーして移行したい場合、両方の機種でもiOS 12.4以降が搭載されている必要があります。

A新しいiPhoneのストレージ

iOS 12.4以降のクイックスタート機能を使ってほぼ全てのiPhoneデータを移行したい場合、新しいiPhoneの容量を確認してください。もし、新しいiPhoneのストレージが古いiPhoneのデータ容量より少なければ、クイックスタートでデータ移行がで失敗になるかもしれません。

BWi-Fi環境/Lightning-USBケーブル

Wi-Fiを接続しなくてもいいですが、クイックスタート機能でデータを移行する前、2台iPhoneを同じWi-Fiネットワークに接続してワイヤレスで転送したほうがいいですね。

まあ、ワイヤレスのネットワーク状況が悪い場合は、有線(Lightning-USBケーブル)を利用してもいいです。

特に、iOS 12.4以降のクイックスタート機能を使って古いiPhoneから新しいiPhoneに大容量のデータを直接コピー&移行したい場合、有線(Lightning-USBケーブル)を使えば、より安定に行えます。

では、次は、クイックスタートを使ってiPhoneデータを移行する方法を詳しく説明します。

三、iPhoneクイックスタート機能を利用してデータを移行する方法

●事前準備:
@SIMカードを新しいiPhoneに差し込みます。
A古いiPhoneと新しいiPhoneの電源を入れ、起動します。
B古いiPhoneにログインし、Bluetoothをオンにします。

<

●クイックスタートを使ってiPhoneデータ移行の操作の流れ↓↓↓

ステップ1:新しいiPhoneを古いiPhoneの近くに置きます。

<

ステップ2:(古いiPhone側)古いiPhoneのロックを解除すると、古いiPhoneの画面に「新しいiPhoneを設定」が表示されます。その場合、下にある「続ける」ボタンをタップします。

<

ステップ3:(古いiPhone側)すると、新しいiPhoneに円形の認識イメージ画像が表示されます。古いiPhoneのカメラで新しいiPhoneに表示されているイメージを映します。

<

ステップ4:(古いiPhone側)できるだけ古いiPhoneのカメラの円と新しいiPhoneに表示されている円を重ね合わすようにします。

<

ステップ5:完了したら、言語の設定が自動に始まるので、しばらく待ちます

<

ステップ6:(新しいiPhone側)新しいiPhoneに古いiPhoneのパスワードを入力します

<

ステップ7:すると、新しいiPhoneのアクティベートが始まります。

<

ステップ8:(新しいiPhone側)「Touch ID」や「Face ID」を設定します。

<

ステップ9:(新しいiPhone側)iPhoneデータの転送方法を選びます。

@iOS11の場合、「iCloudバックアップから復元」、「iTunesバックアップから復元」、「新しいiPhoneとして設定」、「Androidからデータを移行」4つの選択肢があります。必要に応じて選択してください。

AiOS 12.4以降の場合、「iPhoneから転送」、「iCloudからダウンロード」、「その他のオプション」3つの選択肢があります。

●iPhoneから転送:古いiPhone と新しい iPhone が両方とも iOS 12.4 以降を搭載していれば、クイックスタート機能を使って、古いiPhoneから新しいiPhoneにデータ(写真、動画、曲など)を直接コピー&移行できます。旧iPhoneのバックアップがなくても、データを転送することができます。

●iCloudからダウンロード:iCloudバックアップをダウンロードして新しいiPhoneに保存して復元します。(iPhoneクイックスタート機能を利用する前に、古いiPhoneのiCloudバックアップが必要です。)

●その他のオプション:iTunesバックアップから復元する場合やAndroidからデータを転送する場合、「その他のオプション」をタップしてください。

<

ステップ10:「iPhoneから転送」をタップすると、利用規約が表示されるので、それを「同意する」にしてください。

ステップ11:エクスプレス設定で「続ける」をタップします。「位置情報サービス」や「iPhone解析」の設定を省略していいです。

ステップ12:「Apple Pay」、「Siri」、「App解析」の設定が表示されます。それぞれを設定してください。Apple Pay」、「Siri」、「App解析」の設定が完了したら、クイックスタート機能は古いiPhoneに保存したデータを新しいiPhoneに移行開始します。

<

四、iPhoneクイックスタートでデータを移行できない時の対処法

症状1:古いiPhoneと新しいiPhoneを近づけても画面が切り替わらない(反応しない、出来ない)

対処法:

@古いiPhoneを再起動します。

A古いiPhoneのBluetoothをオンにするかと確認してください。

A古いiPhoneのサイドボタンを押してスリープ状態にしてから、再度サイドボタンを押してみてください。

症状2:「iPhoneから転送」にしても、あるデータ情報が移行されない

対処法:

@いくつかの設定を手動で行う必要があります。例えば、Apple Payに登録したクレジットカード情報は保護するため、手動で追加する必要がります。

Aクイックスタートの代わりに、「DearMob iPhoneマネージャー」など強力なデータ転送ツールを使ってiPhoneデータを移行してみてください。

五、iPhoneクイックスタートでデータを移行する方法の感想

iPhoneクイックスタートを使えば、確かにメリットが多くあります。

@パソコンがなくてもiPhoneデータのバックアップ&復元ができます。

A有料の転送ソフトを購入しなくても、iPhoneデータを移行できます。

BiPhoneクイックスタートの使い方が簡単です。

iPhoneクイックスタート機能についていくつかの注意ポイントも説明したいです。

@ 特に、クイックスタートで移行したいiPhoneデータ量が大きい場合、かなりの時間を要するので、両方のiPhoneを電源に接続したほうがいいと思います。iPhoneバッテリーが切れてしまうと、転送途中に切断されるなんて面倒くさいですね。

AiPhoneクイックスタート機能はアプリデータを移行できないので、アプリのアカウントとパスワードを覚えておいてください。

BクイックスタートのエラーでiPhoneデータを紛失・損害することを防止するため、クイックスタートを行う前に、やはりiPhoneデータをiCloudでバックアップしたほうがいいです。

CiPhoneのクイックスタートで大容量データを移行すれば、超長い時間がかかります。クイックスタートの使用中、他のiPhone機能も使えないので、ちょっと不便利だと思います。

  • iPhoneのバックアップをカンタンに解決!

    DearMob iPhoneマネージャー-高性能のiPhoneデータ管理ソフトとして、多くの方に愛用されています。初心者でも簡単に利用できます。機種変更する際、iPhone写真や動画、連絡先、ドキュメントなどファイルをバックアップする際、とても役に立てるツールと思います。iTunesよりずいぶん高速・簡単・軽いです!

この記事を書いた人:鹿島湊

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。